なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「中華そば」@中華そば 青葉 飯田橋店の写真061009昼
この数年「青葉」は各地に支店を広げている。かつて中野でひっそりと一杯一杯を心を込めて作っていたイメージがあったが、それは遠い昔。今は味を追求するというよりは儲けを追求しているんじゃないの?と、思われても仕方がないだろう。店主への暴行事件まで起きてしまった背景には、このような同業者の嫉妬もからんでいる。
そんな「青葉」の初めての支店がここだ。「飯田橋大勝軒」の隣という立地だが、わざとなのか偶然なのか・・・。
祝日の昼間、行列は4人。カウンターだけの店内。男性従業員と中国人留学生らしき女性店員がひとり。そういえば中野本店にも中国人留学生がいたような気がする。さて、10分程待ち、席へ。すると30秒以内に中華そばが運ばれてきた。事前に注文を聞かれていたので、座るタイミングに出来上がる。これは見事だ。
まずスープ。うーん!Wスープの元祖の旨さは健在だった。豚骨と鶏ガラを煮込んでから一晩寝かせるこのスープは、今でも無敵だ。
麺は中太麺を使用。文句のつけようがないぐらい旨い。
チャーシューは肩ロース肉。肉厚で抜群にいい。メンマの食感も良し。そしてナルトが美味しかった。ナルトが美味しいと感じたのは初めてかも。この中華そばをいつまいでも味わっていたいという中毒性が、食べている途中から生まれている。
私にとって、とてもマイナスのイメージだった「青葉」。しかし今回、飯田橋を改めて味わって、その悪い評価は払拭された。お見事だ。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。