なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

暫く東京を離れることになり、馬鹿馬鹿しいことを考えてしまいました。
それは、クリスマスの日にラーメン屋さんを4軒はしごするという狂気の沙汰を実行するということです。
当日の朝も、いったん止めようかと思いました。
「食」を自由に楽しむという私のポリシーに反するからです。
しかし、結局は誘惑に負けました。「ぜんや」「中村屋」「多賀野」はどうしても伺いたいと長年思っていたお店だからです。
そして、最後に、これまで最高点をつけてきた「はるばるてい」にも伺いたいと。

開店時間の11時30分ジャストにお店に着くと、1回り目が、お店に入った後に6人の方が待っておられました。
20分ほどで、お店に入ることが出来ました。2周り目のラストだったようです。

麺の量が少なそうなので、大盛にするか、餃子を注文するかしたかったのですが、今日は、この後に恐ろしい計画があるので、我慢しました。

注文したのは、「ぜんやラーメン」650円です。
スープを一口飲んで、絶句しました。
素晴らしいスープです。
ラーメンのスープとしては、完璧なのではないかと思います。
「神名備」の「神名備そば」も塩ラーメンとしては、かなり美味しいと思い、感動しましたが、それを明らかに凌駕しています。

雑味を一切感じさせず、塩の角もなく、限りなく綺麗な味ですが、旨味とコクはしっかりとあります。
「神名備そば」のスープは非常に繊細で、もちろん美味しいのですが、上品過ぎて、ラーメンとしての醍醐味が感じられない嫌いがありましたが、「ぜんやラーメン」のスープは、味の輪郭がしっかりして正しくラーメンとして美味しいのです。

うーん、塩のレベルも相当高いでしょうが、使われておられる食材が半端ではないですね。
そして、それを融合させるバランス感覚の凄さ。
ラーメンもここまで凄いものが作れるのだということがよくわかりました。
この味は塩でしか出せなかったのでしょう。
スープ切れ閉店がよく理解できます。
ご主人は天才です。

マイナス点は、スープが完璧すぎて、麺を食べる時にかん水の匂いを感じてしまったところです。
2種類のチューシューもちゃんと肉の味がして美味しいです。
ほうれん草は好みではありませんが、メンマも素材が良いので美味しいです。

接客も良いですね。一流の料理人は接客も一流です。

うーん。
しかし・・・・・・。
このスープは凄すぎる。
当然、評価最高点になります。

2006.12.25 訪問

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。