なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「らあめん(小)500円」@らあめん大安の写真連食の予定が、最初の一軒に振られて 麺屋 ひとつなぎ からの帰路、立川経由、八王子で横浜線に乗り換える際にピピッと閃いて途中下車、こちらを目指し連食することにします。こちらのお店、通常のらあめん(700円)で300グラムの麺量のところ、おそらくは、ワンコインでいただける八王子系への対抗上だと思いますが、麺量を150グラムに減らした標記メニューが提供されていることを思い出したのです。

19時50分頃入店、先客2名、標記食券を購入して着席します。この日は予定はありませんでしたが、チャーシューめんとチャーシューざるはこの時間で売り切れ。前回も夜来たけど同様でしたので、チャーシュー関係はランチタイムしか用意がないのでしょうか。さて、厨房内のご主人に食券を渡すと即調理開始。相変わらず茹で時間の短い独特の麺のおかげか、3分ほどで配膳されます。早っ! 香味油が多めに浮く清湯醤油スープ、淡い黄金色にキラキラ輝き、ビロビロに縮れた中太平打ち麺、小振りながら厚手の煮豚チャーシュー1枚、青菜に海苔といった一杯。

では早速スープから。動物系は低温で炊き出された豚骨を強めに感じるベース、これに淡い色合いながら、旨味が多く多少甘めでコクのあるカエシが合わされています。液体油が多めなこともあり、多少まったりとした感じもするスープです。このあたり、ご主人の出身である満来やほりうちの、どちらかといえばさっぱりした感じのするスープとは、少し違った印象がありますね。また、先ほど訪れたお店の八王子系醤油スープとも対照的です。

麺は、多加水のビロビロした平打ち麺。以前、ざるらあめんでいただいたときに喉越しの良さが良くわかりましたが、このらあめんのスープとの相性もなかなか良いです。チャーシューは多少歯ごたえのある煮豚タイプ、脂が少し多めかも。普通サイズのらあめんのものに比べて小さめな気もしますが、普通700円との差200円は、麺量だけでなくチャーシューのサイズも併せて捻出しているかも。メンマと青菜は歯ごたえ良く箸休めになってくれており、香りの良い刻みネギも良い仕事をしています。

普通のラーメン屋さんの一杯くらいのボリュームはありながら、酒の〆や2杯目にはもってこいのサイズと値段で、八王子系のワンコインに充分対抗し得る一杯ではないでしょうか。麺をツルツル啜り、味わい深いスープもほぼ飲んでサクッと完食。まだ20時前、入店からちょうど8分で退店しました。オープンから1年で、しっかり八王子の実力店になりましたね。また来ます。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 7件

コメント

どもです!

平打ちのピロポロ麺、旨そうですねぇ~
ざるめんでも堪能してみたいです。

なかなかの実力のお店の様ですね(^^)

YMK | 2011年8月4日 08:32

YMKさん、こんにちは。

こちら、西新宿の満来ご出身の店主さんなので、Yさんがよく利用される佐高に感じが
似ているのではないかと思います。
以前にざるも試しましたけど、のど越しの良さが印象的な麺ですw

今度、佐高と食べ比べてみます。

NSAS | 2011年8月4日 22:13