なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「極太つけ麺(780円)」@ラーメン一心 本店の写真2011/9/16
最近良く見ている「とやま麺類情報」というサイト(http://toyama.noodles-japan.net)で極太つけ麺というのがあるのを見て気になってました。こちらはかなり好きなお店なので、丸源ラーメン 掛尾店で残念な感想となってしまったつけ麺に対するイメージが変わるかもと期待を込めての訪問。店前にたち込める豚骨臭に期待が膨らみます。(・・・こんなに豚骨臭のする店だったっけ?)
カウンターに着席して壁にかかったメニューの極太つけ麺(300g)を注文しました。
極太だからでしょうか、茹で時間は結構長くて10分長です。茹でている間も別鍋でつけ汁の調理をされています。手持ち無沙汰なので店内を眺めていると、壁にはでかでかとラーメンに関するうんちくが書かれています。ベースとなるスープは、豚骨と鶏がらをそれぞれの旨みが最高になるように時間差で煮込んで強火で炊き、がっつりとした白濁スープに仕上げるそうです。醤油ダレは富山ブラックの製法で仕込むそうですよ。そうこうしている内に完成したつけ麺が運ばれてきました。
見るからに濃厚なつけ汁。表面にはラー油がたらしてあるようです。真ん中に魚粉が山盛りにしてあります。とりあえずつけ汁を啜ってみます。濃厚な豚骨系に魚介の旨み、少しラー油のピリ辛感があり、熱々です。
麺は極太ほぼストレートゆるくウェーブ。幅約4mm、厚みは2mm強のごん太です。割り箸だったら先端から1/4くらいの位置の太さです。しこしことしてとっても美味しいです。氷水ではなく流水でシメた太麺は熱々のつけ汁に入れるとほんのり温まります。麺がキンキンに冷えてない分スープがぬるくなりにくいようでとっても美味しくいただけます。
つけ汁の中にはとろとろのチャーシューが2枚と太目のメンマが入っています。それぞれしっかりとした味付けで美味しいです。
300gがスグに無くなってしまいました。割りスープは煮干系のスープです。うわさの水出し製法でしょうか?熱々をつけ汁に注いで最後の一滴まで美味しくいただきました。つけ麺に対する不信感を払拭することができました。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件

コメント

こんばんわ!

高得点出ましたね~。
コレですね。新しいつけ麺というのは。
今年久しぶりに訪問したら店内のテーブルの配置が変わっていたり、そうそう何かうんちくが書いてありましたが店主さんがあちこち食べ歩いた。。。なんてことも書いてありましたよね~w
なにか影響があったのかなぁ・・・

なんにしろ美味しくなったのはいいですよ~。
機会を見て食べてみたいですね~♪

バスの運転手 | 2011年9月16日 23:32

どもです。
極太つけ麺は期間限定と書いてあったんですが、年間通して提供していくそうです。(とやま麺類情報調べ)
熱々割りスープでほっこりと満腹感が増して幸せな気分になりました。
後半はさすがにつけ汁も冷めてきたんですが、麺が残ってる段階で割りスープ入れてミニラーメン風にして食べてもおいしかったかも?とか色々想像も膨らみます。

朴さん | 2011年9月17日 00:07