なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「日替りランチ」@バスラーメン 喜龍の写真2011/10/6
富山を活動拠点とした私ですが、県内でも小矢部市のレビは一件もありません。
せめて県内全市町村をレビしてみたいと思いコチラまで。お店の選択理由は、他に知らなかったから。小矢部のラーメン店ってあんまり聞かない。コチラは、かつてお店の前の通りが国道8号であった頃から営業してる記憶があります。街を迂回するようにバイパスが整備され、現在はほとんどの車がそちらに流れてしまうため、今は車の通りがほとんどない。賑やかだったあの頃は・・少しセンチメンタルになりながら、到着。

訪店は初めてですが、外観は当時の記憶のままのピンクバス。さらに通りに面した「喜龍」の文字は逆さま。当時の記憶のままですが、当時としては斬新なアピールです。バスも看板も色褪せした感じは無いので、塗り直しなどのメンテナンスはしているよう。
到着間際に小雨が降ってきました。手早く外観をパチリして入店。

バスの中ほどにつけられた引き戸の入り口より中に入ります。と、いきなりの段差。やや高めの段差を上り入店しますと目の前にメニューの札がずらりと並んでいます。バス内は、客席オンリー。厨房は横に隣接した家屋?に直接つながってる。カウンターに着席し、手元のメニュー表で確認します。ラーメンだけかと思っていましたが、中華料理的なメニューも多彩。ラーメンメニューも知床、長崎、五箇山、ソウルなど名前だけでは内容が良く分からないメニューが並ぶ。お店の名前を冠した喜龍ラーメンなんてのもありましたのでそちらにしようかと思いましたが、お昼はお得なランチメニューがありましたのでそちらを。ラーメンに日替わりのご飯もの、サラダと唐揚げがセットになっているものです。

お店は店主さんと奥様ですかね。さすがにベテラン、小気味のよい鍋振りと湯切りで手早く調理が完了。奥さまがサラダなどを準備し、あっと言う間に完成です。お盆に乗って出てきました。日替わりのご飯ものは炒飯。結構ボリュームあります。

スープは、富山のラーメンらしく黒いですね。豚骨ベースに煮干しでしょうか?少しエグミを感じる。醤油も結構濃いです。
麺は、中太のやや縮れ。茹で加減は調理時間から考えても固めに仕上がってます。
具は、厚めに切られたチャーシューに柔らかめのメンマ。特に特筆はなし。

炒飯は、角切りのチャーシューと玉子のシンプルなもの。醤油ベースで香ばしくパラパラしてるが、油は多めです。唐揚げは、作り置きされているようで冷めていましたが、下味がしっかりしてなかなかおいしかった。サラダは、基本的にドレッシングが好きではないので対象外とします。

変わった名前のラーメンも気になりますが、レンゲの持ち手が黒ずんでいるのが気になった。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

こんにちわ!

バスラーメンって地方の国道沿いで昔はよく見ましたが最近は無くなりましたよね~w
しかもピンクバスっていうのがいいです!
そして多彩なメニュー。豚骨ベースに煮干し?固めの麺なんて近くにあったら間違いなく通いますね~♪

バスの運転手 | 2011年10月24日 14:57

どもです。

小矢部まで行かれましたか~
私の最寄にあったバスラーメンは富山市中川原の佐伯外科病院の隣に今から20年ほど前にあったお店で、その名も「バスラーメン 喜龍」でした。
味噌ラーメンなんかがお気に入りでしたね~
その他には未食でしたがほうれん草か何かを練りこんだ緑色の翡翠麺「まずいラーメン」なんかがありました。

こちらのラーメンは見るからに濃い目ですね~
炒飯も美味しそう。

朴さん | 2011年10月24日 20:19

バスの運転手さん、ど~も~

コチラは、動かないバスですが、昔はどこからともなくやってきて
いつもの場所で営業開始。あちこちで見れた光景でしたが、ホントに見なくなりましたね
代わりにお洒落なラーメン屋が増えてきました。これも時代の流れでしょうか?
バスはバスで味があって良い感じですが


朴さんさん、ど~も~

>小矢部まで行かれましたか~
小矢部はやはり遠かった~
>私の最寄にあったバスラーメンは富山市中川原の佐伯外科病院の隣に今から20年ほど前にあったお店で、
>その名も「バスラーメン 喜龍」でした。
ありましたね~。私も何回か行きました。その先のスーパーの駐車場に居た屋台ラーメンも好きでした。

ペカっ!! | 2011年10月29日 07:26