なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「中華そば+煮卵」@麺処 遊の写真15時前訪店。地図どおり来たはずなのに見つからず、「地図どおりなら、この建物が...。」と覗き込んだ小さな店の入り口に、小さく店の名前が貼ってあり、これまたやや小さいサイズの券売機が見えにくいところに置いてある。来客を拒むような外観。あとから思ったのですが、これは、店の趣旨をわかっているお客だけに来てほしいという店主の主張なのでしょうか。
濃つけを目当てで行ったのですが、夕方からの提供になるということで、中華そばを注文。さほどお腹の空き具合に自信がなかったので並で、肉そばも切れていたので卵をつける。外観とは裏腹に、店主さんの応対は丁寧で、前の方が書かれているように、調理場から外のカウンターまで自ら優しく丼を運んで来る所作は、どことなく好感すらもてます。
写真のように、小さく感じる器に少な目のスープ。麺は「半身浴」状態で、ややスープから盛り出てすらいます。シンプルに一枚のチャーシューにアクセントのネギ。では一口。う、やばい、超美味い!麺は博多ラーメンのような細めの麺ですが、固目の食感で、スッと歯を受け止め、プチリとリズミカルに噛み切れます。切れる際に、見事な甘味を放ちながら。スープは想像以上の煮干ワールド。口に含むとシュワーッと広がります。これは心地よいという以外に表現が見当たらない。麺とスープがこの組み合わせなのがよくわかります。細身の麺のおかげでスープのすっきりとした煮干の風味が引き立ち、スープによって麺の甘さが引き立っています。ここでチャーシューをかじりますと、染み出た肉汁が、コーヒーに投入したミルクのごとく、ジュワーッと煮干ワールドに溶け込んでいきます。シンプルなのに見事なコンビネーション。あっという間に感触。まだ後味が残り、口から離れないような感じさえします。中盛にすればよかった。感触と同時に後悔の念がこみ上げます。
で、後悔の念と同時にこみ上げてきたのが煮干の「えぐみ」。お父さんのお店もよく知る方の書き込みから察するに、これが店主の主張か、この店の持ち味なのでしょうか。私はほんの少しの減点材料としましたが、これは好みの問題かもしれません。しばらくするとえぐみさえ再び味わいたくなるかも、という味です。
あとは、麺の「半身浴」の意味がわかりません。必要以上に麺に火が通って軟らかくならないように、ということ?
つけ麺党の私ですが、かなり感動しました。いろいろ変わったところのある店ですが、すべてが店主の計算というか、主張の表れのような気がします。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件

コメント

旨さを伝える文章が上手で、ああっこう表現したらいいんだなってお手本になりました。
また行きたくなりました。ありがとうございました。
「半身欲」は伊藤でも同じです。こちらはスープ増しでお金を取るので、「遊」も相当の
材料費がかかっているのだと思います。「半身欲」の意味は、・・謎ですね。

もなもな | 2007年12月19日 23:27

こんにちは。
私が初めてGT猫さんと会話したのがこのレビュだったように記憶しています。
閉店していたんですね。なんだか残念。

mona2(多忙短レビュ) | 2015年11月17日 20:12