なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「魚系ダシコテ塩ら~めん(2ヶ月間限定)」@わのやの写真8月26日訪問。

この日は夜にちょっと出かける用事があったのでついでに遅めの夕食に。高崎、前橋ともにまだ未訪の課題店はあるものの、ちょっとここらで気分を変えてみようとあまり行かない玉村町の方まで行ってみることにしました。まずは生豚骨が気になっていた「麺屋 修」へ行こうと20分くらいかけてようやくお店を発見。が、しかし電気点いてないじゃ~ん!まぁ電話して確認すれば良かったんですが手元のラ本にも定休日無しって書いてあったのに~。とはいえまだ近くにもう一軒ある、ということでほど近いこちらへ移動です。5分少々で到着してみると、良かったこちらはやっているよう。
さっそく入店してみると、げ、靴を脱いであがるスタイルか。裸足で来たのをちょっと後悔。とりあえずカウンター(っぽいところ)についてしばしメニューとにらめっこ。ここの売りらしい魚系ダシ塩にでもしようかと思ったら何やら限定の文字が目についたのでそちらにしてみました。魚系ダシコテ塩ら~めん(880円)を注文です。2ヶ月間限定って夏季限定とは違うのかしら。
しかし3人いたここのお姉ちゃんたちはみんな若いですね。しかもみんな元気で明るく、対応はほとんど居酒屋です。

10分かからないくらいでもう着丼。すり鉢っぽい、というかすり鉢そのもので来るんですね。
さっそくスープをいただいてみますと、イメージ的には鶏ベースの塩らーめんに魚粉とたっぷりの背脂を浮かべたような感じでしょうか。考えてみればこういうタイプは珍しいかもしれませんね。魚介メインの淡麗系よりは鶏を感じられますし、豚骨ベースの塩よりはすっきりしていますし、それでいて背脂の甘みとコクがプラスされていますのでそれなりにコッテリ感もありますし。これはなかなか美味しいですよ。
麺は細縮れ麺。正直インスタントの袋麺っぽいイメージがあるので残念ながらこれは苦手なタイプですね。もちろんそれよりはコシもあるし、スープとの相性は悪くなかったんですがちょっとボソッとした食感が自分はあまり・・・です。
具のチャーシューはしっとりタイプのホロ系です。それが3枚も入っているので量は十分。ただ若干歯に挟まるタイプだったのが惜しいところかなと。メンマは薄めで味は可もなく不可もなく。とはいえこちらも量は十分。半分入っている味玉も色が濃い見た目どおりの味付けと、固ゆでだったのでこれは普通か。他に海苔とネギに三つ葉が入っていて具はなかなか充実していましたね。
終盤卓上のラー油を少し投入して味変し、スープまで完食しました。

自分の好みで若干のマイナスはありましたが、それでもこのくらいの評価にはなりますね。この値段でもそんなに割高感は無かったんですが、どちらかというとチャーシューは1枚で良いんでそれで780円とかの方が満足感が上がったかもしれません。
入店時から退店時まで常に店内賑わっていて、若い団体客や、老若男女揃った家族連れまでいたことからもこちらの店柄がうかがえますね。玉村町のもう一軒の雄である「手打らーめん 玄」もすごく温かいというかアットホームな印象だったんですが、ここの地域の特色なんでしょうか。また機会があればぜひ再訪したいです。
ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

どもー。

背脂の浮いた魚介塩ラーメンですか。
コッテリ系の塩,けっこう好きかも。

Ra.Ibasen | 2012年8月28日 00:43

コッテリの塩も良いですね~♪

玉村ですかぁ~?
トラックに乗っている時はよく行きましたけどね~。
バイパス沿いのダイ〇ーの倉庫に缶コーヒーを積みに。。。
あの頃は何も無かったのでいつも東松山のラーショまで戻ってから食べてましたね。
そのお店は今「らーめん つけ麺 奔放」さんになっていてビックリしましたがww

バスの運転手 | 2012年8月28日 23:13

どもです

佐波郡ってどこだ? と思って地図を見たら高崎線と両毛線の間のエリアなんですね。

鶏ガラベースの淡麗塩に背脂プラス・・・確かにあまり見ないタイプかも。

☠秋☠ | 2012年8月29日 10:17

Ra.Ibasenさん
塩と言えばやはり淡麗系のイメージがあるので
正直以外でしたね。
しかしこれはけっこうはまるかもしれませんよ。

バスの運転手さん
おっさすが来たことありますか~。
とはいえ今でもお店はあまり無いのでそんなに変わっていないかもw
しかしその少ないお店がどこもレベルが高いようなんですよね~。

☠秋☠さん
高崎と伊勢崎に挟まれた緩衝地帯なので見落とされがちですが
なかなか侮れないようですよ。
高崎ばかりでは無くてこちらも少し新店ができて欲しい気がします。

かのう(レビュー終了) | 2012年8月31日 00:13