なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
このレビューは移転前のものです。

「炎の担々麺」@京都拉麵 信長 木屋町店の写真2012年10月16日訪問
木屋町界隈を彷徨中、炎の担々麺の看板を発見。からいもの好きの当方としては見逃す手はありません。早速、炎の担々麺800円也を注文。

到着した丼は真っ赤な表面にニラをモヤシを湛えたものであります。真っ赤なスープは唐辛子が中心の辛さのようで、表面に浮く油が辛さの中心のようです。辛さ30倍とのことですが、そんなところでしょう。

麺は硬めで細麺。博多ラーメンのような仕様です。麺が辛さと協調しているかというと必ずしもそうではなく、何かミスマッチのようです。世にあふれる激辛ラーメンとして、一般的な仕様はもう少し太めのものが多く、その方が辛さと麺がうまくマッチするように思われます。

同行し入店した相方の注文した醤油味のラーメンは平打ち麺で甘いスープ。これなら十分納得できる味です。朝方までやっている貴重な店です。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。