なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「納豆らあめん(800円)」@らあめん大安の写真会社帰りに所用を済ませた帰り道、八王子で路線乗り換えのタイミングで夕食を取ることに。駅からあまり歩かないで済むお気に入りのお店ということで、この日はこちらを訪問しました。入店したのは21時を回った時間帯で、先客は1名のみ。でもその後、私の在店中にも後客がぽつりぽつりと入って来ていたので、すでにこのお店しっかりと客には認知されているようですね。

この日は以前から狙っていた標記メニューの食券を購入して奥の方のカウンターに着席。ご主人と奥様の連携プレイで、着席から3分、あっという間にわが一杯が目の前に配膳されました。そう、こちらのあの独特の麺は茹で時間が短いんですね。

クリアな醤油スープの上には生卵と一緒にホイップした納豆がトロ~リ。他にはロース肉のチャーシューが1枚、小松菜、メンマ、小口ネギに刻み海苔といったルックス。麺を取り出してみると、見慣れた平打ちタイプの中太ピロピロ麺がたっぷり。では納豆が浮遊するあたりのスープからいただきます。

低温で豚骨を炊いた清湯タイプのベースに、合わせるのは旨みの多い少し甘めでコクのある醤油ダレ。今風ではなくクラシカルながらしっかりとした味わいのスープです。ここにねっとりとした卵黄納豆ホイップが合わさり、コク・旨み・トロみが3倍増の印象。ベースの清湯醤油で充分に美味しいのだけど、納豆が一体化してトロみを増したスープの味わいは、ベースから発展した独特の味世界です。

さて麺に行きましょう。多加水仕様の中太平打ち麺で、ピロピロとした縮れが入った特徴的なもの。ツルツルとした喉越しの良いタイプでありながら、トロみを増したスープが絡む絡むw ご主人の出身店である満来やほりうちなどと同様、茹で時間短縮を目的としてこのタイプの麺を使っているのかな。

さてトッピング関係。以前、同じ系統の新宿御苑の佐高で同様のメニューをいただいた際、納豆らーめんには自慢のチャーシューが載らない仕様のようでしたが、こちらでは1枚ちゃんとトッピングされています。ロース肉の煮豚でしっかりと歯ごたえがあり、且つジューシーなもの。メンマもコリコリと食感の楽しい箸休めでした。

トロみを増したスープから麺を啜っていると、あたかも高尾のそば処でとろろ蕎麦をズルズルと啜っているような心地。ときどき納豆ホイップのなかから柚子の欠片が現れ、鼻腔をリフレッシュしてくれるのもなかなか楽しい。量の多めな麺もなくなり、いちいち納豆をサルベージするのも面倒なので、丼から直接スープを納豆ごと飲み干して終了w

納豆ホイップが入ったせいで、ちょいスープが温めに感じられたのが唯一の残念ポイントだったけど、充分に美味しかったです。こちらの系統のお店ではこのメニューは素通りできませんね。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 7件

コメント

NSASさん、こんばんは。

何か食べたくなってきました。
でも明日は定休日なんですよねw

このお店は駅近で提供が早いのも魅力ですね。
南口周辺は店の入れ替わりの激しい場所でもあるけど、頑張って欲しいです。

nga | 2012年12月1日 22:15

ngaさん、こんにちは。

こちらオープンから2年ちょいですが、今や八王子駅アクセスの好きなお店の
一つになりましたw
同系統の他店での経験から、納豆メニューは間違いないと思っていました♪

あとは、いつ行っても売り切れになっているチャーシューめんを一度は食べて
おきたいですねw

NSAS | 2012年12月2日 16:38

どもです!

ルックス的には
勤務地近くの佐高の納豆らーめんとニアな
気がしました!

久々佐高いって、納豆な一杯堪能したくなりましたよぉ

YMK | 2012年12月3日 12:13

YMKさん、こんにちは。

前回、佐高でいただいた納豆な一杯が忘れられず、佐高と同様に満来出身のこちらで
同じメニューをいただいてきたものですw
他ではあまり見られないこの系統のお店独特のメニューですが、ある意味看板メニュー
のチャーシューめん以上に特徴的な一杯だと思いました♪

NSAS | 2012年12月3日 22:18