なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「中華そば 「680円」」@ハングリードラゴンの写真今回は、課題メニューを頂くため平日のアイドルタイムに立寄りました。  
前回は週末の昼食時間帯に訪れたので込んでいて、16台分のスペースが有る駐車場にすんなり入る事が出来ずに駐車待ちを行いましたが、今回は余裕で駐車する事が出来て即入店。  
店内に入ると先客の姿は無く適当な席に座り、女将さんに課題メニューの「中華そば」を口頭で注文です。

程なくするとラーメンが出来上がってきたので早速頂く事にしましょう。   
店主さんが、東京六本木で屋台時代に出していたと云う鶏ガラのスープを啜ってみると今まで私が味わった中で最高に美味しい深みの有るスープです。   
出汁は鶏ガラの他に鰹節や煮干しを使用し、タレは魚介系の醤油で無添加ラーメンとの事ですが、塩加減も絶妙で私の好みにドンピシャです。   
麺は、軽いウエーブが付いた中太で、並の茹で加減です。  
弾力の有る食感で此方もスープに合った美味しい麺です。   
流石は屋台で一日500杯の注文を受けただけの有るラーメンは美味しさが違いますね。   
具材は、直径8~9センチのチャーシュー1枚・ナルト。海苔・カイワレ・刻みネギで、チャーに程好い厚みが有り柔らかさも程好く美味しい品でした。      

食べ終わった後余りにも美味しかったので店主さんに尋ねた処、中華そばの作り方は誰に教わった事もなく独学との事。  
何処のお店でも味わったことがないスープでしたが、その話を聞いて納得です。  
又、豚骨スープの出汁は、豚の頭で採っているとの事。  
その出汁を取っている豚の頬肉を醤油タレを掛けて食べさせて頂きましたが、プリプリとした食感で美味しい品でした。   
その肉は煮込む事で溶けて仕舞うと伺いましたが、料理品として提供すれば凄い人気商品になるでしょう。   
又、この方法が博多ラーメンの本来の作り方で、高温で豚骨をグツグツ煮込んで作ったスープは本来の博多ラーメンではないとの事で、火加減の調整も必要との事した。   
又、ラーメン作りに思いを寄せる店主さんの情熱は凄く、屋台時代の事から八王子・栃木・千葉のお店の事や口外出来ない秘伝の味作りの事まで色々と聞かせて頂きました。  
その話を聞いて、美味しい中華そばである訳が解った一杯でした。    
店主さんと女将さん貴重なお話有り難う御座いました。  
ご馳走様でした。また寄らせて頂きます。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 3件

コメント

こんばんはー

美味しそうな一杯ですね。貴重なお話まで。
何だかスルーっと1000レビですね。おめでとうございます。

こんにちは

 高得点ですね~♪
 まだ中華そばは未食なので
 次回食べてみます!^^

voice50 | 2012年12月25日 11:54

どもー。

遅ればせながら,祝☆1000採点~!
お互いに体に気を付けながらぼちぼちイキましょう。

松戸にあった時に行きましたが,今はこちらなんですね。
豚のホホ肉は食べたことありますが,ちょー旨でした。

Ra.Ibasen | 2012年12月25日 22:20

祝 1000 祝 !!!
おめでとうございま~す♪&ご苦労様ですw
大節目に相応しい点数ですね~!
何やら色々な曰く付きな感じのお店ですが、この醤油の味わいは本物でしたか~。
群馬と松戸で豚骨を頂いたので、もういいかと思ってましたがコレはまた行かなくちゃいけない気がしてきましたw
これからもご活躍を期待しております!またご一緒できたらイイですね♪

おうじろう | 2013年1月10日 16:04

1000採点おめでとうございます。

しかも、最高採点ヽ(=´▽`=)ノ
年末って、点数上がりますよね~~~w

ランディ | 2013年1月12日 21:12