なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「エペレラーメン¥730」@ラーメンと餃子の店 エペレの写真注文すると女将さんが
「スープが少ないラーメンですけどいいですか?」
と壁のメニュー写真を指差して確認をする。
スープが少ない事に戸惑うお客が多いのだろうか。
果たして届いた丼は、確かに汁なしにも見える。
カレーライスにも、麻婆豆腐にも、見えなくもない。
麺に上にタップリと乗せられた熱々の餡かけ。
丼の端には僅かにスープが垣間見える。
何とか素スープを味わおうと試みるが、如何せんスープが少ない為、詳細は不明。
恐らく鶏ガラメインのシンプルなものと推測される。
餡が乗る事を考慮して、素スープやカエシは控え目。
主役の餡には細かく刻まれた具材が躍る。
挽肉・ピーマン・ニンジン・タケノコ・タマネギ・椎茸。
付け合わせにメンマ・コーン・キュウリ。
多めに投入された挽肉が旨味を一段押し上げる。
椎茸の風味も生きる。
餡の味付けは醤油、ここに胡椒が投入されている模様。
後からピリピリジワジワと辛味がくる。
ピーマンは微塵切りだからか、風味、苦味共に少な目。
メンマは味染み濃い目の柔らか目で、八角と思しき漢方風味が香る。
キュウリは意外と悪くない。
餡の下に沈む麺はピロピロの手打ち風。
純手打ちっぽいが、昭和の喫茶店を彷彿とさせる店内からは麺打ち室等は伺い知る事はできず。
柔らか目な辺りも、如何にも手打ち麺な印象。
まさかこれで製麺所製だというのか。
麺そのものの長さが短く、ズルズルッと啜り込むのではなく、箸とレンゲでモサモサと食べ進める形になる。

オリジナリティー溢れる、不思議なメニュー。
お手頃なセットメニューや、何故かお弁当まで扱っており、地元民に愛されている感が伝わってくる。
尚、エペレとはアイヌ語で「小熊」という意味だそう。
北海道系だというのか。
今度は味噌ラーメンを試してみたい。

「御馳走様でした」

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

こんばんは。

今まで見たことがないビジュアルです。
また、味の方も挽肉+野菜等+醤油+コショウの餡かけということで、これに近い中国料理が思いつきません。

ただ、寒い時期の方がより美味しく感じるのではないでしょうか。

おやす | 2014年6月3日 19:14

お疲れ様です。

これは興味深い逸品ですね〜。ルーツはアイヌの民族料理なのでしょうか⁈
ご当地ラーメン的なビジュアルと個性も見逃せませんし、
何とも変わった店名も由来を聞けば他人事とは思えません(笑)

子熊 f^_^; | 2014年6月3日 20:59

歪んだ煙を見つめながら。
あてにならない明日を占えば。
いつもよりは少しましなはず。
泣き出しそうな空の下でも。

ランディ | 2014年6月3日 22:43

同級生なわけだが。

研オナコ | 2014年6月4日 08:18

餡かけの下に手打ち風・・・ナイス♪

黒衣のペテン師 | 2014年6月4日 08:54

おやすさん

中々不思議なメニューでした。
千切り胡瓜が乗る辺り、冷やし中華的要素も…www
冬の方が良さげではあります。

嘆きの六連星 | 2014年6月14日 03:11

子熊 f^_^;さん

太田市近郊にはアイヌ語を店名に冠したお店が比較的多く見られます。
味噌ラーメンをウリにしておりますので、北海道系といえば北海道系なのですが。
北海道味噌とはまた異なる独自の味噌ラーメンを提供しております。
いつか群馬県太田市にお越しの際は、味噌をお試しあれ。

嘆きの六連星 | 2014年6月14日 03:19

ランディ

増えていくのは嘘の数だけ
錆びついた夢にもたれながら
いらだちを隠せずにいたけど

嘆きの六連星 | 2014年6月14日 03:23

研オナコさん

こちらの息子さんが…ですよね?w

嘆きの六連星 | 2014年6月14日 03:25

黒衣のペテン師さん

印象としては…おやつですかねw

嘆きの六連星 | 2014年6月14日 03:25