なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「チャーシューメン」@おおつき食堂の写真草津方面に向かって車を走らせていると、「純手打ラーメン 焼肉」と書かれた年期の入った大衆食堂風の建物の前に、多くの車やバイクがいつも止まっていて気になっていた。
にもかかわらず、RDBではレビューが1件も上がっていない。
今回、勇気を振り絞って入店した。

麺は弱縮れで幅が4㎜ほどの平打ち。
手打ち麺だそうで、幅が揃うよう丁寧に切っているようだ。
「硬め」で頼んだので初めのうちはプリプリとした好ましい食感だったものの、麺の厚みが薄いため伸びるのが早く、食感がどんどん劣化していくのは惜しい。
また、麺が異様に長くかなり食べにくいのが難点。

スープは、見た目は醤油色が濃いが実際は醤油の風味はほどよく、いかにも田舎の食堂の醤油ラーメンといった雰囲気。
結構複雑な味がするので、たぶん少量の煮干しを使っているのだろう。
油浮きはほとんどないのでコクはかなり軽めだが、チャーシューメンにしたので問題なし。

そのチャーシューは厚みのある肩ロースが5枚載る。
+200円なので1枚50円という計算になるが、これならお得感がある。
ほどよく軟らかく、肉の旨味も十分で美味しくお勧めできる。
ほかには茹でたホウレンソウと小口切りのネギ。

ドライブイン的食堂ながらラーメンをウリにするだけのことはあると思わせてくれる一杯だった。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。