なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「中華そば¥600」@森田屋支店 緑町店の写真2014.08.17

館林のお蕎麦屋さんで“冷し中華”を頂こうと向かうが、お盆休みm(_ _"m)ペコリ
“手打ちの冷し中華”を求めて、久々にコチラ。

13:14入店、先客は多数。しかし、広いお店をどうやら2人で切り盛りしているらしく、かなりパニくっている様子。すると店主さんが入口付近で、
「時間掛かりますよ…。」の一言。
「大丈夫ですよ^^」と、笑顔でかわし座敷席へ。

さて、“冷し”をオーダーしようとすると、フロア担当の女性店員さん、
「今日は、ラーメンと餃子だけです!」OH MY GOD!“冷し”はおろか、“カレー”も無し!
え…、これが、お盆の洗礼か…m(_ _"m)ペコリ

ある意味凄いフラれかたw いえいえ、お盆にラーメンにあるつけるだけでも幸か? デフォをありがたく頂きましょうm(_ _"m)ペコリ

待つこと32分! ラーメンが配膳されます。6年半ぶりの一杯です。

先ずは、濁りのない琥珀色のスープから。
ズズズズズ~~。あああ、ジンワリm(_ _"m)ペコリ
やばいな…。昔より美味しく感じるのは、私が歳をとったせい? 五臓六腑に染み入る味わい。
優しく広がるベースの鶏・豚に、森田屋特有のやや酸味を感じるカエシ。安心感すら覚える味わい。
まだボクには帰れる所があるんだ…。こんなに嬉しいことはない…。分かってくれるよね?

お次は手打ちの麺。今回はかなりの太さ。
ゾゾゾゾゾ~~。あああ、ジンワリm(_ _"m)ペコリ
ツルツルの啜り心地に、フワフワの歯触り。微かに感じるモッチリ感。気侯の関係か、若干柔らかめで所々切れている個所もありますが、十分に美味しさを感じれる仕上がり。
あああ、この麺で“冷し”を頂きたかったm(_ _"m)ペコリ

具には、チャーシュー、メンマ、薬味のネギ。
キシキシとした歯触りに、モッチリした歯応えのチャーシュー。噛み締めると肉の旨味がジュワ~~っと溢れます。
コリコリの歯触りのメンマは、味付けも程良いもの。しかし、2本ですか…m(_ _"m)ペコリ
ネギの清涼感と辛味は、全体の味を引き締める良い働き。
後半崩れた麺も、まるで煮込みうどん。スープが染み込んで、更に美味しく頂けます。


久々の森田屋のデフォ。美味しさを超えた、安らぎを感じる一杯。
珍に疲れた胃袋を、優しく包み込みますm(_ _"m)ペコリ

さすが森田屋。されど森田屋。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

まだコメントがありません。