なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
85

「醤油」@ふうふう亭の写真麺が変わった、と地元ブロガーの記事で見た気がして訪問。
10月の祝日、15時訪問。先客は3。
メニューを眺めると、醤油、あっさり醤油、塩に、手打ちたまご麺という文字が付随しています。その中から、醤油600円を注文。ちなみに、味噌系のラインナップは大きくは変わっていない様子。
さて、私はこの店を味噌推しの店と認識し、味噌な品しか食べていませんでしたが、この品はどうでしょう?
提供まで10分位。

透明なアブラ層が表面を覆っています。結構醤油色は強いです。
過去レビューの醤油は「豚骨醤油」に分類されていますが、この品は清湯。醤油昆布な、昔ながらの味わいを狙った感じといったらいいでしょうか。
麺は不揃い強縮れ。舌触りはソフトながら歯ごたえモチ。ゴワモチ、特にゴワではないのですが、若干白河チックな感じもします。
チャーシューはバラ1枚、崩れるが、旨い。
メンマは極太、コリとしているが咀嚼に従ってシャリシャリと消えていきます。

いい一杯でした。
脂種は違うと思いますが「こっさり」なところとか、麺の見た目の特徴は、この店の立地もあってか、白河ラーメンを思わせる物。
それでいて、スープの旨味や、チャーシューには非白河な要素もあり、それぞれが個性的。
他の方がどう感じるか、レビューを待ちたいです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

コメント

まだコメントがありません。