なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「梅塩らーめん(870円)」@柳麺 呉田-goden-の写真2月7日(土)12時40分訪問(^_^)v
開店日 2015年2月6日
1月にオープン予定が伸びていましたが昨日「2ちゃんねる」を見ていたらここがオープンしたことを知り、急遽訪問です。
近くのCPにクルマを止めて店に入ると丁度満席(^_^;)
でも、お客さんは店主さんの知り合いの方ばかりの様で席を空けていただけましたm(_ _)m
カウンター席に座るとラーメン屋さんとも思えないようなカッコイイメニューを渡されます。
いつも通りメニュー筆頭の「梅塩らーめん(870円)」をかわいい女性店員さんに伝えます。
厨房は店主さん一人で、ホールはかわいい女性店員さん二人。
店主さんはフレンチのシェフか何かだったんでしょうか?
ユニフォームがそれですよね(^_^;)
なんせ事前情報が全くない状態なのでどんなラーメンかも分かりません(^^ゞ
先客が多いので提供に時間がかかりそうなので、いつもの様につぶやいたりしていると店主さんから「卵は大丈夫ですか?」の声がかかりました(・・?
「大丈夫です」と答えると「だいぶおまたせしたので」とのことで注文の品が到着(^_^)v
煮玉が入っていますがデフォでは付かないけどサービスということでしょうかm(_ _)m
デフォでもハーフの煮玉でも入っていると見栄えがしますけどね(^^ゞ
いつも通りスープから飲んでみましょう。
旨味の多い美味しいスープですね。
梅はわずかに感じられる程度です。
ベースは鶏でしょうか?
梅は種抜きの梅干しの梅肉がそのまま入っているので、細かくしないと梅の味はあまりしませんのでまずは崩さないようにスープを飲み麺を食べていきます。
そして後半にには梅肉を崩して味を変えながら楽しんでいきます。
思いの外、ラーメンに梅肉が合うことに驚かされますね。
最近は和風な食材、例えばこのラーメンにも使用されているとろろ昆布やわさび、そしてこの梅肉などに取り組む店も出てきて新しい味の発見があるのは嬉しい事ですね(^_^)v
ただ、梅肉そのままではやや舌触りが悪かったり、一気に梅肉を食べてしまうと酸っぱさを強く感じたりすることもあるので、出来れば梅肉を梅紫蘇と一緒に裏ごしして別皿で提供してもらえたりすると量を調節しやすいしいいんじゃないでしょうかね(^^ゞ
麺は細麺でこのタイプのスープだと低加水の麺をやや硬めに茹でて提供する店が多いですがここはやや柔らかめ。
このくらいの茹で加減だとスープの馴染みも良く、美味しくいただけました。
会計の後、店主さんに開店日を確認して店を出ました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 9件

コメント

まだコメントがありません。