なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ラム煮干中華そば(味玉のせ)」@自家製麺 MENSHO TOKYOの写真個人的に最も注目するラーメンプロデューサーである
庄野氏が手がけたお店。
食べ手を選ぶが傑作である、との情報に、早くいかねば!
と思いつつ、いろいろあって遅くなった初訪。

開店当初は限定メニューとして提供されていたラム煮干が
常駐メニューとなったようです。
ラムの使い方をじっくり確かめるなら、まず基本メニューなのでしょうが、
ガツンとくるというラム感に若干恐れをなし(?)、
このラム豚骨煮干中華そばからいただいてみました。

快作です!
片口・ヒラゴ・アゴ等からなるという、しっかりした煮干エキスに、
個性的なラム+豚骨の動物スープを合わせたスープ。
いわば、トロミの強い流行の煮干ラーメンスープなのですが、
豚骨より無邪気に舌にまとわりつく粘度の強さが面白く、
豚骨やラムの甘さとラム特有の風味に、煮干のエグミを対抗させた緊張感、
互いに「癖」という部分を際立たせつつ、しかし一面では中和させ、
しっかり一体感を創出したセンスの良さ。
魚介の濃さを競争しているかのような煮干ラーメン界に、
動物質を変えるという手もあるよ、こういう視点もあるよ、
と語りかけているかのようです。
薬味のタマネギ・浅葱などは、スープの個性に埋もれそうになりつつも、
清涼剤効果と隠し味効果を発揮して意地を見せます。
柚子も少々、これにより、ラムの風味すら、動物質なのにフルーティさを
感じるような仕上がりになっています。

併せる麺は、博多タイプを少し太くし、風味を強くしたような感じで、
パツンとした食感を絡んだスープの粘度が諌めるようなタッチ。
煮干にもラムにも負けない存在感を示しております。

味のよく染みた味玉、しゃっりっとした食感で、心地よい出汁の染みこんだ穂先メンマ、
細かく砕かれた低温調理のトッピング肉は、
多分豚ですが、スープを吸うからか、どこかラムっぽい噛み心地、
バラチャーは、トロッとした口どけのもので、具材一つ一つに隙がない。

やはり庄野氏の作るもの、凄く好きだなあ。
自家製麺ということで、これはつけ麺も食べてみなくては。

豚骨系煮干ラーメンに、新たな角度から新風を吹き込むのではないかな、
と、ちょっと贔屓目なのかな、しかし確かにそう感じた一杯でした。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

高得点ですね!
開店時以来ご無沙汰ですが
貴殿がこの点数なら再訪してみたくなります

まるまる(°…°) | 2015年4月6日 09:30

こんにちはぁ~
まだ未訪なんですよ こちら。この得点見たら食べてみなくちゃ!ですね。
ラム肉で一杯もいいかも。ラムは好きなので。

mocopapa(お疲れ気味) | 2015年4月6日 17:45

おっと、変化球から行かれましたかw
煮干しとラムのクセを真正面からぶつけてもさすがのバランス感のスープのようですね。これは未食なので食ってみたいです。

個人的には、ここのカルダモン酢がお気に入りなんですが、試されました?
つけ麺は、さすが「麺匠」庄野店主!と拍手喝采したくなるような素晴らしい麺ですよ〜。ぜひ!

タキ54000 | 2015年4月6日 20:56

うおーーー、突き抜けましたね〜。
煮干しは、どうしてもラ活してたら抑えておきたいテーマですし、
ラムとの合わせ技が素晴らしすぎるご様子。
さっそくBMです。問題は、いつ追撃できるか・・・。
(豚骨よりも攻めみたいなのがおもろーですね)