なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「らぁめん(小 520円)+生玉子(50円)」@らあめん大安の写真この週末、息子と一緒に繰り出したのはコチラ。開店直撃を狙いましたが、11時を少し回って到着すると既に満席で外待ち2名。20分近く待って入店。私は腹具合と相談してらぁめんの小(520円)と生玉子(50円)。息子はチャーシュウめん(1,300円)+バター(50円)の食券を購入して着席。待つこと5~6分で各配膳となりました。

琥珀色に澄んだ清湯醤油スープ、水面下には緩やかにウェーブのある中太麺が綺麗に折り畳まれています。トッピングは肩ロースの煮豚チャーシュー、メンマ、小松菜、海苔、小口ネギ、そしてど真中に生玉子。同系統の一杯を出す西新宿のほりうちの「月見らぁめん」に肖ってみましたw

息子のチャーシュウめんの方は、丼上に特に大きいものを含むチャーシュー、というより肉の塊が4つほどゴロゴロ。ど迫力ですねぇw では実食。

まずスープ。煮立たせずに炊いた清湯の豚骨をベースに、少し薄口寄りの醤油ダレを合わせた清湯醤油スープ。あっさりながらコクと旨みがしっかりと出ています。特に乾物系の複雑な旨みが強めに出ていてとても美味しい。もっと直球な、西新宿にある出身店のスープとはそのあたりは違うかもしれません。

麺は、少し平打ち気味の中太麺。適度にモチモチ感があり、滑らかな麺肌がスープを絡め取りながらツルツルと啜り上げられてきます。そして咀嚼すると麺の小麦の香りと、スープの乾物系か醤油由来の郷愁を誘うような残り香が、一緒に鼻に抜けていきます。スープとの相性もバッチリな麺ですね。

チャーシューは、小ではなく並サイズの一杯に比べると小振りなものが1枚だけ。でも肩ロースが柔らかく煮込まれていて美味しい。メンマはサクッとした好みのタイプ。並サイズに比べると気持ち少なめだけど、小松菜もしっかりと入っています。

小で150gの麺量は、特にお腹を空かせていない限りそれだけで充分満足できる量ですし、トッピング類も納得のクォリティ。満足のうちに完食、完飲で終了しました。

元々は、ご当地八王子ラーメンのワンコインに対抗ということで、価格を合せてスタートしたメニューと思われますが、名だたる八王子系の名店たちの一杯と比肩しても、決して引けをとらないお得で秀逸なメニューだと思います。八王子の良心、なんて言っても良いんじゃないかと思った一杯でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 7件

コメント

確実に好きですよこれ!
生卵がいいっすねぇ~(^^)

YMK | 2015年9月24日 09:07

YMKさん、こんにちは。

Yさんのエリアにある佐高と同じく満来系です。
なかなか機会はないと思いますが、八王子では外せないお店です。

NSAS | 2015年9月24日 20:01