なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
このレビューは移転前のものです。

値段は 750 + 100 = 850。半チャーハンはランチタイムの価格。
給仕の女性から厨房で調理をしている男女へと伝えられる注文の内容が中国ないし韓国語的なニュアンスだったので、どうやら隣国から渡ってきた方々のようである。本場の味が感じられるかもしれないと軽く期待しつつ待っていると、昼時ということで客が続々と詰めかける。外から見た時は分からなかったが、なかなかに繁盛しているらしい。

やがて料理が配膳された。見た目はいわゆるまぜそばという風体で、麺とタレがすでに混ぜ合わされたものの上に具材が乗っかっている。タレは胡麻ダレをベースに香辛料とラー油が加えられたもの。塩味強めであるが味はよく、シビシビとした花椒の風味も控えめながらある。
麺は中太の軽く縮れたもの。少し柔らかめだったが美味しい。
具材はもやしに青ネギ、そぼろ肉の炒めたもの、黄身が一つ。そこに胡椒(?)が振りかけられている。

残念ながら美味しくはいただけなかった。というのも、上述した通り、麺とタレが混ぜ合わされた状態で出されてくるのであるが、こってりとしたタレの味が濃いので終始くどさがついてまわるのである。せめて自分で混ぜることが出来れば味の調節ができたろう。あるいはタレ自体の量がもう少し控えめだったならば……。
もやしや黄身は、本来、味をマイルドにする効果があるはずだが、タレの強さに圧倒されてしまっていた。味そのものは塩気強めという以外は決して悪くないので、もったいない。細かな配慮とバランスの調整をすれば、より満足を与えられる品になるのではないかと思う。

炒飯は普通。量も控えめだが値段を考えれば妥当だろう。
レビューするかどうかは別にして、機会があれば普通の担々麺の方も食べてみたいと思う。ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。