なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「紀州湯浅吟醸醤油ラーメン」@麺屋 ひしおの写真メニューを見るとご飯や餃子などのセット物に力を入れているようです。ご当地色のありそうな表題メニューを注文。
厨房はクローズですが、厨房入口のれんの隙間から…常温保存のスープを行平鍋で温めて仕上げている様子が見えます。
提供時、店員さんがモヤシに醤油をかけてくれました(次男坊の名前の店が脳裏に…)


香ばしい醤油…

ほぼ真っ黒に近い色のスープは物凄く円やかな醤油味、液体ラードの層が厚く背脂(固形)も浮いてますが、ぜんぜん重たくなくスッキリしています。
豚主体と思われる動物出汁も軽め、円やかで香ばしい醤油味を主張している印象です。
また、塩分はカナリ控えられていました。

中太縮れ麺はカンスイ臭やや強め。
ボソッとした食感で時折粉っぽさを感じる、ワタクシ的には苦手なタイプ。
スープが大人し過ぎるためか絡みを堪能しづらかった。

具は、モヤシ・チャーシュー・穂先メンマ・青ネギ・辛味噌。

モヤシはこの大人しいスープに対しては量が多く水っぽさが気になる。
チャーシューはパサつき気味だが味が良くしみており甘みもあります。
穂先メンマはいい感じ、旨いね。
青ネギは程よい薬味感。
辛味噌は動物出汁の旨みをよく引き出す。けれどすぐにその効果は薄れてしまう幻のような存在。


かつて、今は亡きラーメンの鬼も藤沢の店で使用してた湯浅醤油。鬼はシャープに仕上げていたので、その意外性に驚かされました。
同じメーカーの醤油でも、こんなに違うのですね。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。