なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ひびき肉増らぁめん(ハリガネ)+替え玉(ハリガネ)」@食彩麺酒房 響の写真1/26 午前2時前に訪問。


 準夜勤が穏やかに終わったので、素直に帰ろうと思っていたところに男子メンバーから悪魔の囁きです。それに乗ってしまい、さらに行き先をこちらに設定しまうというダメなパターンに走ってしまったわけです・・・。ちなみに彼は2日前に訪れたばかりのようです。
 月曜の夜ということで空いているかと思いきや、店内は深夜でも賑わいを見せています。そして早速チェーンスモーキング攻撃を受けて大ダメージです。攻撃は止む気配を見せず、退店するまで精神力を削られ続けました。(-2点)
 さて、オーダーは何となく標記をチョイスしました。何故肉を増してしまったのかが全く持って不明です。麺の硬さはとりあえず「ハリガネ」でお願いしました。お値段は990円です。


 丼!!
 深夜に遭遇してはいけない見るからにこってりな一杯の登場です。

 スープはとろりとした高濃度の純豚骨です。非常に豚感が強いうえにサポートもあってダシ感はマシマシです。丼の底にはザラリとしたものを感じるのもまた嬉しいところです。ただ、いつもにも増して非常に温度が低いのが気になりました。

 麺は博多風のストレート細麺です。風味良く、スープとの相性も抜群です。・・・が、「ハリガネ」指定にしてはボソ感が足りず、柔く感じてしまうのが残念です。
 そこで「替え玉」130円を同じく「ハリガネ」でお願いしました。それでもやはり柔く感じてしまい、博多豚骨独特の歯応えが味わえずに終了です。その時点でさらなる追加は諦めました。

 具はチャーシュー、メンマ、キクラゲ、ネギ、海苔、味玉1/2個といった豪華な取り合わせです。
 チャーシュー薄めのストレートバラが4枚です。超絶的な柔らかさは健在で肉質も良好なしっとりタイプです。香ばしさも感じるしっかりとした味付けもまた印象は良いです。脂身の主張が強いのがちょっと難点ですけど・・・。
 店名を記した海苔によるアピールもいつもの如くといった感じです。


 『どうしちゃったの??』と思える程に気になったスープの温さと麺の柔さが非常に残念な感じです。
 何よりも環境的に最悪なので、ちょっと足が遠のいてしまいそうですね。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 6件

コメント

まだコメントがありません。