なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「まぜそば+生玉子」@麺屋 豚道場の写真2016/3/9
個人的超期待の新店。
月初から休みがままならず、ずっとお預け。満を持して?ようやく初訪。

開店時間は16時からとの事で、夕食前のおやつにするべく朝から食事を軽めにしサウナで絞ってきました。連日麺切れ早仕舞いらしいので、さぞかし開店から猛者達が攻め込んでいるものだろうと15分前に時間を合わせてシャッター狙い。が、猛者達の姿も無くお店は堅くロールカーテンに閉ざされてます。今日って営業するよね?って不安になり、Twitterを再確認し向かいの公園で待ちます。

いよいよ開店時間ですが、一向に人も集まらない。2~3分遅れてカーテンが開いたようです。おっしゃと立ち上がりお店に向かうとどこに待機していたか、パラパラと集まり入り口に食券を購入する列ができる。お店に到着すると5番手。せっかくシャッターする気できたのに、こりゃファーストロットにもありつけないな。と思いながら食券を購入します。内容はわかりませんが、限定のボタンは全て×が付いてる。いずれ何かやるつもりなのだろうか。
厨房内を伺うと丼が5つ。嬉しい誤算でした。先客4人はいずれも学生さんのよう。皆さん今時珍しくスマホもいじらずじっと待ってます。私も静かに待ちます。
順にコール。こちらヤサイ増しは後コール制らしい。野菜から出る水分でタレが薄まるからとの理由らしいですが、ヤサイ増しって店によって盛りも違うし、薄まるからって優しさ以上に良いサービスに感じます。
生玉子は狙い通り別皿で提供でしたので、コールはニンニクカラメで。
野菜を盛る前にもう一回しタラっとカネシを回しかけて着丼です。

高台から下ろすと花鰹がヒラヒラ踊ります。
早速マゼマゼ。勢い良く混ぜると鰹節が、フワフワ舞いこぼれてしまう。そっとタレを絡めながら頃合いをみて勢いをつけていく。よーく混ざったところで頂きます。混ざり合う頃には、芳しい鰹とカネシの香りに口内洪水。
麺はオーションの香りが凄い茶褐色の極太麺。ゴワワシな食感にホンモノだーと顔がほころぶ。麺に絡む濃厚な豚骨醤油のタレもまたがっつりカネシが効いてウマい!
絡んでくるフライドガーリックや鰹節で変化も感じながら、タレの絡んだ肉を頬張ると肉塊ほどの荒々しさは無いが、やっぱり二郎っぽい食感と味わい。野菜は8:2くらいかな?思ったよりキャベツ多めが嬉しい。
後半は、温存していた生玉子ですき焼きも楽しみながらサクッと完食。

待望のお店は期待を裏切ることなく、いっぱいになったお腹は嬉しい悲鳴をあげている。バイト不足で営業もままならないらしいが、はやく人材を安定確保してラーメンの提供も期待したい。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

どうもです。
なかなかの高評価ですね~
GWに行こうと思ってますが、2日あたりやってくれないかな~

わた | 2016年3月29日 17:59

わたさん、ど~も~

初めてジャンガレでまぜそばを頂いた時の感じを思い出させました。
最近はちゃんと営業できているようです。
けどバイトは、大学生頼みみたいなのでGWは険しそうですね。幸運を祈ります。

ペカっ!! | 2016年4月4日 15:59