なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

宮っち

男性 - 群馬県

ご覧いただきありがとうございますm(_ _)m

平均点 86.621点
最終レビュー日 2019年5月18日
311 186 0 369
レビュー 店舗 スキ いいね

「【限定】白蛤と蛤の塩そば」@会津ばんだいらーめん 伊勢崎店の写真毎週ではないものの火曜日に限定メニューを出してるこちらのお店

前日に情報を仕入れて伺ってきました

ハマグリは皆さんが知ってるあのハマグリ

白ハマグリは正式名称ホンビノス貝

よくクラムチャウダーに入ってるあの貝です

鍋物などに相性がいいそうで

それで今回の限定に取り入れられたのでしょう

限定30とあり14時頃に伺いましたが

他の方は飲んでるかランチセット

という事もあり難なく限定にありつけました


パッと見普通のスッキリした塩らーめん

あれ?蛤は?と思ったらしっかりスープに存在してました

最初は塩の旨味と鶏油の香りがしますが

遅れて蛤の旨味が

じっくり丁寧に旨味のみを抽出されてるため

思わず一気に半分くらい飲んじゃいました

ツルンと滑り良い小麦にもこだわったストレート麺

噛むごとに小麦の香りと味がじんわり口に広がり

追ってスープを飲めばもうこれは格別です

すっかり存在を忘れちゃってたトッピング

大量の小葱も相性良く爽快感が心地いい感じです

噛むごとにじんわり味が染み出る穂先メンマで過行く春を体感し

海を感じられる風味になる海苔で夏を先取り気分

それなりに厚みがありますが柔らかく

一口で行っちゃうと幸福感も味わえるロースチャーシュー

もう1杯食べてもいいかな?と思える1杯でした


美味しい一杯ごちそうさまでした

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「支那そば(鴨塩・煮玉子付)」@支那そば まるこうの写真久々に訪問してきました

自分の大好きな鴨肉のチャーシューを出すお店

スープも素材の野性味を抑えつつ

かつ甘味や旨味を抽出し

濃厚な白湯系やスッキリとした清湯系の2種類でした

ですがメニューを見ると最近は醤油にもこだわってるのか

白醤油や黒醤油などのメニューもある模様

ですがよだれ鴨涼麺というメニューが気になって

訪問したんですが、メニューをよく見ると「辛」の文字

芋を引いてしまい以前の清湯であろう鴨塩を

今回は煮玉子付で頂いてきました


こちらのお店特有のトリュフオイルが先に着丼

鉄板焼き屋の様に目の前で調理されラーメンも着丼です

丼から立つ香りも輝いてそうな豊潤な鴨の香り

鴨と野菜の雑味無い旨さ濃厚なスープです

初手だとやはり濃いな~と思いますがこれはラーメン

麺をすすって初めてスープはこの一杯の内の

一部でしかないと認識出来

全粒粉のストレート細麺を食すと

良いバランスになり口が急いでします程です

細麺ながら固めで良い塩梅のアルデンテ

必然的に咀嚼が増え幸福が絶え間なくやってきて

気が付くと麺があと少し…

半分食べたころにオイルを入れようと思ってたので

焦って投入です

入れると香りが一気にトリュフになり

さながらフランス料理に様変わり

香りに厚みが出て心なしか食べ応えも増えたように思えます

お店の隠れたオススメの煮玉子

じっくり煮込まれており味がしっかり浸みてます

他の店舗と違うのが黄身の味

濃厚な味わいでコクがあるのが大半ですが

こちらのはコクと言うよりスッキリしてて

仄かな甘みで食後のデザートとも感じ取れます

半熟さ加減も自分的にはドストライク

スープはもちろん完飲です


美味しい一杯ごちそうさまでした

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「太麺もやしまぜそば+チーズ増」@らーめん まぜそば 麺屋 福龍 通町店の写真ツイッターで見るたびにお腹が鳴ってたこちらのメニュー

ようやく突撃してきました

割とジャンクな食べ物だと思うまぜそばに

トロットロのチーズをかけるなんてもうこれは罪ですよ

このメニューはデフォルトでかけるチーズはないので

トッピングのチーズ増でスタッフさんが目の前でチーズをかけてくれます

最初からナチュラルチーズが入ってるものの

追いでレンジでチンして溶かしたチェダーチーズ

固まりやすいので混ぜるのも時間との勝負です

肉に味付けされてる豆板醤の甘辛い香りに胃を刺激されつつ

麺量250gとモヤシ250g+他のトッピング

のヘビー級をせっせと混ぜ混ぜ

質量が多いので混ぜ辛いですが

美味しくなーれ美味しくなーれと唱えながらようやく実食です


卵黄が入ってたものの

タレの醤油などが味の大部分を占めており

甘じょっぱい味わいで顎が痺れちゃいます

アルデンテ以上に芯が残ってる

歯応えボッキボキの太麺

必然的にあの濃厚な味わいが口いっぱいに広がり

思わずライスが欲しくなっちゃいます

ナチュラルチーズでまろやかさを感じ

チェダーチーズでコクを感じ

噛めば噛むほど染み込んだタレと旨味溢れるほぐしチャーシュー

モヤシの水気用で味が薄まったら使ってくださいと

タレも提供されましたが、薄味派の自分は出番なしです

刻みニンニクも入ってたので

食欲にブーストがかかってましたが

総重量500gオーバーはちょっとしたチャレンジメニュー

麺の硬さもあるので

二郎系で食べなれてる方向けのメニューですね


美味しい一杯ごちそうさまでした

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「イカ油そば」@小烏丸 ramen-laboの写真ツイッターを拝見するとイカ油そばと見慣れないメニュー

近年出すお店が多くなってきた煮干し系の一杯

それを油そばで再現したとなると

飛びつかないわけにはいかないので食してきました

油そばとまぜそばは基本的には同じで

スープではなくタレを絡めて食す一杯

トッピングがシンプルなのが油そば

トッピングが多種類入ってるのがまぜそばとの事です


店主さんが一杯一杯に入魂してるので

少々時間を潰しての着丼です

着丼前から店内に充満してたイカの香りの発生源

生でもないスルメでもない良いイカの香りです

麺の半分を覆ってるロースチャーシュー

色合いからもわかるシットリとした感じの鶏チャーシュー

そして粉チーズとトマトペーストと刻み玉ねぎ

加水率が低めの麺なので塊易いですが

全体が混ざってないともどかしい性分なので

麺の色が均一になるまで混ぜ混ぜ・・・

時折まとまってしまう糸唐辛子をほぐしつつ混ぜ混ぜ・・・

麺全体にタレが絡まると香りも一気に花が咲きます

タレで黒光りする麺を一口分持ち上げ口に挿入

濃厚な香りとタレの旨味

噛むと歯応えの良い麺がクキンクキンと

噛むたびにに広がるあの旨味

思い出しただけでも涎が出ちゃうほどです

トマトペーストの酸味も刻み玉ねぎもいい引き立て役です

しっとり柔らかく仄かな甘みの鶏チャーシュー

肉の旨味が何杯にも凝縮されたロースチャーシュー

お腹に余裕があるのであれば追い飯か

おかわりがしたかったほどでした


美味しい一杯ごちそうさまでした

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「まぜそば(中盛り)」@景勝軒 高崎総本店の写真自分が好きな大食い系ユーチューバーさんが

こちのお店に来店してて美味しそうに食べてたのが脳裏に過り

突撃してきました

暑い日だったからか他の人も注文はまぜそば

中盛りにすると丼が変わり他の方も同じ丼

らすかるさんの影響でいっぱい食べる方の来店が

多いように見受けられます

混んでる時間帯を避けましたが

太麺なので10分ほどで着丼です


ジャンクな見た目に食欲が刺激され口の中はよだれでいっぱい

逸る気持ちを抑えつつニンニク以外を

しっかり混ぜてからいざ実食です

濃厚な醤油ダレ

甘じょっぱい味を堪能しつつ

香りも楽しむと節系の香りも

鼻孔と舌でたれを感じ取れたら

歯応えで麺を堪能出来ちゃいます

硬くも無く柔らかくもない丁度良い塩梅の太麺

混ぜることでモヤシも一緒に口に入り

モチッとシャキッのコラボレーション

視覚、食覚、味覚、嗅覚の4感で楽しめちゃいます

混ざりやすいようにサイコロ状になってるチャーシュー

厚みがあるので噛むたびに旨味溢れて

こ、これは隣の人同様ライスが欲しくなっちゃいますね

クニュっとした柔らか食感のメンマ

味がまろやかになるチーズ

温泉卵も良いコクなどがプラスされいいですね

さて後半戦です

半分食べた後に味変としていつも取ってあるニンニク

お店によっては生ですがこちらは醤油漬けで

しっかり漬かってるので角が取れててダブルパンチ

更に箸が進んじゃう味変です

そんなこんなで多分250gの麺とトッピングはもう空…

お腹に余裕がある方は追い飯などもどうぞ


美味しい一杯ごちそうさまでした

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

「塩ラーメン(大盛り)」@地鶏中華そば 祥秀の写真温かいから暑い季節になってきました

塩分補給が大事な季節ですので

折角なら美味しく摂取したいと思い

少々混む高速を通って行ってきました

ETCだと波志江SAから出れて5分程

華蔵寺公園の観覧車が見える位置にある

のどかな風景の中にお店は佇んでます

栃木の有名な地鶏らーめん研究会出身で

ほかの同じ出身の店舗のように店先に

一枚板で看板があります

塩バターも気になりましたが

まずは基本をと思い塩ラーメンを大盛りでいただいてきました


家族経営っぽい感じであばちゃんが配膳です

随所にこだわりが感じられるビジュアル

丼半周してる穂先メンマに感動を覚えながらまずはスープです

力強くも優しい塩と地鶏の旨味

この半透明の黄金色が旨味かと思うと

無くならないでほしいと切に願ってしまいます

大盛りなので少々ギッチギチに入った中細麺

やや黄色みが入ったストレート麺で

面で混雑してるのでなかなかスルッと啜れませんが

スー王の絡みも良く毎口濃厚そのもの

加水率が高いのか後半はややソフトな食感に変わります

夏にはピッタリな爽快感が加わる刻みネギ

柔らかくも程よい歯応えの穂先メンマ

長さがあるので1本で口いっぱいになっちゃいます

柔らかくホロホロと崩れやすいロースチャーシュー

崩れやすくも繊維1本1本にしっかり味が染みており

しかもほぐれ易いので噛まずとも

旨味が一気に口いっぱいに広がる幸せな1口です

大盛りなので飲む予定はなかったんですが

スープは完飲してしまいました


美味しい一杯ごちそうさまでした

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「Aランチ(炒飯+醤油ラーメン)」@チャイナはうす龍の写真観音山の小烏丸の麓ら辺にありますこちらのお店

なんとも歴史を感じられる建物です

店主の奥さんでしょうか?やや流暢な日本語での接客

昼時ともなると近所の方や馴染みの方で賑わってます

案内され席に着こうとカウンターテーブルに手を置くと

端の方が油汚れでベトベト…

何ならメニューも箸入れもベトベト…

積年の営業努力が厨房にも積もっています

お得でボリュームもありそうなランチメニュー

やはり注文が重なり程なくしての着丼です


シンプル イズ ザ ベストを極めたかのようなビジュアル

味見をと思い一口…しょっぱい…

旨味も存在はしてますがそれ以上にしょっぱい

麺はセットメニューだからか固めの食感

適量を口に運んでもしょっぱいのは変わらないので

ある程度スープを切ってから口に運ぶ感じなってしまいます

美味しいとの評判を聞いてたチャーハンもしょっぱい…

ハムやネギなど代表的な食材は入ってますが

やはり塩が強めでお冷大活躍です

1枚だけ入ってるチャーシューの柔らかさに感動は覚えましたが

やはり全体の味付けにより感動も半減です

塩分補給にはいいかもしれませんが

久々に引いた健康に気を遣う一杯でした


ごちそうさまでした

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「小まぜそば」@らーめん いち大の写真身体がモヤシを欲してまして行ってきました

到着するまでに醤油か塩か考えがまとまりませんでしたが

発券機を見てみるとそそられるまぜそばの文字

そういえばまだ未食だったと思い

指が自然にまぜそばをポチリです

ラーメンと同じくコールを聞かれましたが

全部普通でお願いしてきました


お好み焼きか!と思うくらいに振りかけられた削り節

背脂も入ってるので意外と量がある麺が浸る位のタレ

万能ねぎとニンニクチップス?とどでかいチャーシュー

まぜそばなので一生懸命混ぜ混ぜ…

削り節とニンニクの香りが食欲を刺激してきます

やはり乾いた食材が固まりやすいですが

もう我慢できないので食して行きます

平打ちでボッキボキで歯応え抜群な中太麺

背脂も溶け込んだ濃厚なタレを堪能しつつ噛みしめていきます

最初から混ぜちゃったので口の中で爆発するニンニクの風味

時折豊かな味わいで和を感じられる削り節

あれ…?ネギはどこ行った?

肉に浸み込んだ旨味・脂身のトロミと甘味

噛むごとに口いっぱいに広がり

飲み込むのが勿体ないくらい

後半味変で別皿提供の卵を浸けて

卵で冷やされコクが加わりますが

味わいはシャープにそして食べやすくなるので

後半でもガツガツいけちゃいます

最後は噛み切って小さくなって

底に沈んでた麺やモヤシを全部卵にイン

最後まで美味しく頂けちゃいました


美味しい一杯ごちそうさまでした

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

「ネギラーメン(醤油)+半ライス」@ラーメンショップ 東大室店の写真当初お目当てのお店に行ったら臨時休業

検索してもこの日は定休日のお店が多く

頭の中にあの方の言葉が浮かんできて

家とは逆方向の方に向かい伺ってきました

なにもネギをきめるのはラーメンだけではなく

ネギライスなるものもありましたが

そこまでのネギ欲求はなく

ラーメンだけのネギをきめて食してきました


他にお客さんもいなかったので2分ほどで着丼

食欲をそそられるビジュアルです

表面は背脂でコーティングされてるので

背脂を出来るだけかき分けスープの味見

背脂も入ってるからか意外とスッキリとした醤油スープです

背脂と一緒に口に運ぶとコクもありいいですね

さて背脂という雲の下に隠れてる中細の麺たち

スープがそんなに濃くはないので

ツルツルと口の中に消えていきますが

やはり背脂のパンチがあり

意外と胃袋に聞いてくるので過信は厳禁です

ですが旨味濃厚なのでライスとの相性は抜群です

サッパリとさせてくれるモヤシ

歯応えとあの辛みが病みつきになるネギ

醤油と相性が良いワカメ

柔らかめだが程良い歯応えのメンマ

こりっとした食感が心地よいキクラゲ

口に入れた瞬間から豊潤な香り広がるノリ

スープに浸せばご飯ともベストマッチ!

麺量は200g位かな?

帰るころにはお腹パンパンで

幸せな一杯でした


美味しい一杯ごちそうさまでした

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
90

「塩ラーメン」@麺や Co粋の写真相変わらず落ち着ける店内

世間の雑踏からも離れており隠れ家的な存在です

やはり他の方も同じように感じてるのか

主婦の方も昼休憩の社会人の方も各々寛がれてます

今回はメニュー表の一番最初に書かれてる

お店の基本ともなる「塩ラーメン」を食してきました


おもてなしの心で着丼ではなく着膳です

煌めく黄金色の塩スープ

海鮮系の旨味濃厚で具材の旨味が全てこの中に入ってます

なかなかの濃いめなスープですが全て旨味で

舌への色々な旨味の刺激もあり初手からグイグイ行けちゃいます

麺にもこだわりを感じられる全粒粉の中細麺

噛むという行為に喜びを感じられる程よい硬さ

咀嚼も多くなり噛み度にスープの香りなど身体を駆け巡り

大盛りであればさらに喜びを味わえたでしょう

塩スープとの相性も良い海苔

程よい歯応えのメンマ

バラ肉ですが意外とサッパリとした口当たりのチャーシュー

油と肉の旨味のバランスとスープとの相性が絶妙で

次回はチャーシュートッピングが必須ですね

香り高くさっぱりとした印象になる

柚子も心地よい演出でした


美味しい一杯ごちそうさまでした

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件