なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

宮っち

男性 - 群馬県

ご覧いただきありがとうございますm(_ _)m

平均点 86.717点
最終レビュー日 2019年10月17日
343 198 0 426
レビュー 店舗 スキ いいね

「中華そば(大280g)」@もちもちの木 川越店の写真カップラーメンにもなってた「もちもちの木」さん

本店の白岡店には伺ったことはありました

今回本来は別のお店目的で川越に行きましたが

時間が遅かったからかスープ切れで終了のご様子

他にもお店は無く

ググってたらもちもちの木さんが近くにあるじゃない!

という事で遅い時間でしたが伺ってきました


お店が決まった時点でメニューも決定

中華そば(小)だと麺量140gなので(大)280gで注文です

相変わらずの器の大きさ

湯気は見えないのでそんなに熱くない?と思いがちですが

表面に油の膜があるので見た目とは裏腹に熱々です

分かっては居ましたが確認のためスープを一口

冷ましが足らずもれなく軽く火傷も貰いました

魚介系の旨味と魚粉のさらなる旨味

それをまとめてる醤油のアッサリ感

もうちょっと温度が落ち着いてたらグビッといってる代物です

店名にも入ってるもちもちとした食感の中太麺

フーフーしてもなかなか冷めず次の分はレンゲで待機

レンゲ分をすすってる時は箸で持ち上げて第2待機

行儀は良くないかと思いますが

両手食いが自分はテンポがいい感じです

スープも麺も存在はしっかりしており毎口旨味濃厚

後半は刻みネギも添えて味を少々変えつつ食べ進めます

太めのところもあり部分により食感が違う穂先メンマ

肉々しさは抑えられてますが

しっかりと存在が感じられるチャーシュー

280gと少々多めの麺量ですが

あっという間に完食です

熱いのでスープは完飲出来ませんでした


美味しい一杯ごちそうさまでした

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「楊喜家ラーメン(並)+小ライス」@横浜家系ラーメン 楊喜家の写真やっと行けました横浜家系ラーメン 楊貴家

ラーメン好きのスタッフの紹介です

ここら辺界隈では珍しく

本格的な家系のラーメンが食べれるお店とのこと

本庄インターからも近く

駐車場の看板も大きかったので迷わず駐車

凹の字のカウンター席のみの造り

下がコンクリートなので足元が冷えるのが難点ですね

家系にはライスでしょ!と考えてたので

ノーマルの方にするか全部乗せの楊貴家ラーメンにするか

迷いましたがせっかくここまで来たので

全部乗せの楊貴家ラーメンをチョイス

デフォルトを確かめるべくコールは全部普通です


ノリが何枚も敷き詰められており画面に収まらない…

トッピングのインパクトは絶大ですが

スープは自分が知ってるのより

白いというか透明度があるというか…

女性でも食べ易いがモットーなので

特濃!というよりはあっさりと

バランスが取れてるスープで

臭みもほとんどないので誰でも美味しく行けちゃいますね

ですがやはりそこは横浜家系で

豚骨と醤油のバランスが良く

表面の鶏油もありしっかりしたコクと旨味

ライスともベストマッチで

初手からスープだけでも

ライスがバクバクいけちゃいます

短めのストレート太麺

がっつりスープが絡み毎口濃厚そのもの

ライスの上に麺を乗っけて

ラーメン界のモンブラン♪

をしようと最初は考えてましたが

あまりの美味さに口が急ぎ忘れちゃいました

お口直し的な存在のホウレン草

程良い歯応えキクラゲ

食べても食べてもまだある幸せ続きのノリ

肉本来の旨味で意外とサッパリとした口当たりのチャーシュー

黄身がトロトロ、スープとの相性も抜群の味玉

気が付いたらライスが無い…

ライスは並み以上がおすすめです

食欲が暴走しちゃう一杯でしたw


美味しい一杯ごちそうさまでした

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン」@ジャンクガレッジ 熊谷店の写真年末位から行きたいと思ってましたが

タイミングが合わず

今頃になってようやく行けました

さいたま市に本店を構えてるチェーン店

1月末には深谷にも新店が出来るみたいです

事前学習ではちと物足りないかな?と思いましたが

初見のお店ではデフォルトを確認しないと危険なので

オーダーは全部普通で食してきました


表記で野菜は200g

いつも食べてるこれ系は何gか知らなかったので

自分としては少々小盛りな感じ

300g位までのちょい増しが出来れば自分にはベストですね

一見普通の醤油スープと見間違う

背脂浮く豚骨醤油スープ

味が濃いというよりただ塩っ辛い

スープは飲むべきではないですね

もやしだけでなくキャベツも沢山入ってて

野菜の甘味が引き立ち

スープは野菜を浸けるのが前提のように思えます

真ん中に一本筋が入った麺

この形どこかで見た事あるような…

と思ってたらこちらでした



知ってる人は知っている昔懐かしダブルソーダ

自分も子供の頃はよく食べてました

ゴワゴワの固めかなと思ったら意外と柔らかく

プルンとした食感

幅は少々ありますが厚みはそれほどでもなく

食感的にはフォーに近いものがあります

麺だけだとやはり寂しいものがあるので

野菜も一緒に口に運びましょう

スープの塩気、野菜の甘味

丁度良い感じで口の中で織り成すハーモニー

厚みはありますが麩の様に柔らかいチャーシュー

この一杯の中では優しい存在で

噛むごとに旨味広がり

飲み込むのが勿体ないくらいでした


ごちそうさまでした

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「角ふじ麺(中盛り)」@常勝軒 本庄店の写真数年前に上司とお伺いし

粋って大盛りを注文し

残してしまった記憶のあるこちらのお店

リベンジで伺ってきました

麺屋こうじグループの中の一店舗

茨城大勝軒系列からの独立店です

なかなかの繁盛っぷりで駐車場の車の入れ替わりが激しく

裏口もあるので混む時間帯は裏からの出入りがいいでしょう


お盆に乗っての着丼

セルフで味を濃くできるようにカエシと

モヤシが多いので取り皿用にお椀と

ニンニクが入ってるのでブレスケアがセットで付いてきます

背脂がまぶされてますが粒が細かいからか

殆どがスープに溶け込み色は乳白色

油の甘味も程々に醤油の旨味も感じられ

これは中毒性がありそうなスープです

軽く浸すだけではまずまずなので

モヤシはしっかり浸した方が美味しくいただけます

油のおかげで口当たり滑らかな太麺

モッチリとした歯応えとシープとのマッチ感がベストで

これは箸が止まりません

天地返しして浸したモヤシも味とシャキシャキ感が加わり

毎口口いっぱいに頬張ってがっついちゃいました

レンゲに乗せて避難させてた漬けニンニク

がっつきすぎちゃって途中まで存在を忘れてしまってました

油のコーティングもあってか

ニンニクそのものを食べないと匂いは感じ取れませんでしたが

味にパンチが効くのでこれまたいいトッピングだと思います

厚みも大きさも立派なバラ肉チャーシュー

肉の旨味と脂の甘味

スープに潜らせると濃厚で至福な一時

これはご飯が欲しくなっちゃいます

麺量250gだとは思いますが

初めて足りないと思った一杯でした


美味しい一杯ごちそうさまでした

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「特製四つ葉そば」@中華そば 四つ葉の写真数年前に一度お伺いし結構自分好みの味だったんですが

いかんせんなかなか遠く

今回ようやく再訪問してきました

店前に10数台分の駐車スペースはありますがいつも満車

ですが入れ替えが激しいので

駐車することは大体できます

今回はお店の集大成の四つ葉そばを特製で食してきました


やはり回転率が良く待ちが10人以上いても程なくして着席

やはりオーダーが溜まってるので

着席して少々待ってからの着丼です

そばよりもこれでもかという位に

盛られたレアチャーシューに目が行ってしまいますね

比内地鶏で丁寧に取られたスープはガツンと濃厚というよりは

上品でアッサリしてるが力強い味わいです

醤油にこだわったカエシもコクと旨味もあるが

後味は結構爽やかで毎日でも食べれちゃいそうです

喉越し良く程よい歯応えのストレート麺

プルンプルンでスープと一緒に口に運べば

もうそれは至福の一時です

暑い夏にはいいですね爽やかさプラスの三つ葉

醤油との相性も良い香り高い海苔

スープの中に潜んでた鶏胸肉チャーシュー

シットリ柔らかくあっさりとした味付けで

口の中をサッパリとしてくれます

自分好みの硬さの半熟味付け玉子

これまたスープとの相性も抜群で

ごはんが欲しくなる一品です

そしてメインのレアロースチャーシュー

ステーキもレアが好きな自分としては

今までに食べたことがない位の旨さ

肉の色が変わらないように熱を通して食すのが自分的ベスト

噛めば噛むほど肉の旨味が口いっぱいに広がり至福の一時

1枚でも口いっぱいになるほどの大きさっていうのも

嬉しい逸品でした


美味しい一杯ごちそうさまでした

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「正油豚骨らーめん」@中華そば専門 めんやいただきの写真夜は21時50分までのラストオーダー営業なので

ちょっと遅くなって他店舗が終わってたとしても

まだチャンスがあるこちらのお店

そうでなくても本庄は遅くまでやってるお店も多いので

ある意味激戦区なのかもしれません

メニューには初心者オススメの豚骨らーめんが載ってましたが

ガッツリ行きたかったので定番の正油豚骨らーめんを食してきました


極細の博多麺なのであっという間に着丼

表面には油と一緒に背脂の輝きが

豚骨臭は抑えられてますが味は濃厚そのもの

背脂のコクも加わり飲み応え抜群です

かた(かため)で注文させていただいた博多麺

硬すぎず程よい歯応えでスープのコクも加わり噛むのが楽しくなります

やはり極細ですので1玉では物足りず

替え玉もかたで注文しましたが最初の1玉と変わりない硬さ

大概替え玉の方が硬い状態での提供が多いですが

変わりない硬さというのが嬉しいですね

しかも麺の下にはチャーシューの端っこが一口分入ってます

コリコリの歯応えのキクラゲ

濃い一杯には欠かせません口がサッパリする青ネギ

デフォルトで丸々1個入ってる味玉

スープのインパクトが強くて感じ取れたのは

白身に染み込んでる風味のみ

ご飯とともになら相性はいいかもしれません

柔らかく噛めば噛むほど味が染み出る2枚のチャーシュー

これもご飯に合いそうで替え玉ではなく

小ライスと一緒にでも美味しくいただけそうでした


美味しい一杯ごちそうさまでした

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
85

「背脂醤油麺」@芳麺の写真首都圏方面に向かうときには必ず寄る三芳SA

24時間営業なので何時台に寄っても大丈夫ですが

人気のない時間ですとごはん物がないので

麺のみの販売になります

基本は醤油系のラーメンのみのお店

最近は派生で味噌やトムヤムクン系のラーメンも出来たみたいです


すきっ腹にはガッツリ系という事で背脂醤油麺を頂いてきました

どんぶり茶碗並の器での提供

背脂を掻き分け基本ベースのスープは醤油の香ばしい香り

一口飲めば背脂の甘味も感じられながらも

旨味豊かで鼻通り良い醤油の香り

SAのフードコートのラーメン屋ですが、結構グビグビいけちゃいます

麺も侮ることなかれ、キチンとしたラーメン屋並みの中太ストレート麺

歯切れよく噛み切れ、背脂やスープの絡みも程良く箸が進みます

昔はラーメンでの定番の「の」の字のナルト

シャキシャキと歯応えも良く、口の中がサッパリとする刻みネギ

風味豊かな口当たりになる海苔

2つも入ってるベーコン並みのチャーシューは肉厚もなかなかのもの

細部まで食べ応えがある一杯でまかない飯セットなども期待出来ますね


美味しい一杯ごちそうさまでした

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件