なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ピップ

男性 - 茨城県 (1941年生まれ)

最近、ラーメンに目覚めました。昔、SNSで面白日記を書いていた影響が最近、色濃く出てきました。少し、クスッと笑えるレビュー...そんなレビューがあってもいいのではないでしょうか?ちなみに髪の毛はフッサフサです。宜しくお願い致します。

平均点 82.957点
最終レビュー日 2019年10月20日
2,359 1,154 0 31,582
レビュー 店舗 スキ いいね

「醤油 八 730円」@麺店 やす八の写真麺量はもう少し欲しいが、和風な旨味が有り、割スープや味変も印象的な汁無しだった~!の巻

写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12537284372.html

10月中旬の週末、お昼に訪問。
先客2名、後客6名。

最近、仕事が忙しくてトレーニングもしたくて、
ラーメンが御無沙汰。
週末も学校の奉仕作業だったのだが、
雨で中止に!(*´▽`)v
という訳で、新店へダッシュ ε=(ノ゚д゚)ノ
見覚えのある住所だと思ったら、龍介の有った場所だ。
目をつぶっても行けると思ったけど、
目を閉じては運転は出来なかった..ナンジャソレw

ガラガラ~と入ると、女性店員さんに食券購入を促されます。
何も考えず、券売機左上のボタンをポチリ。
カウンター席に座ると、セルフと言いながらお冷やが到着。
前店とは違い、カウンター席が増設されております。
店内は男性店主さん、女性店員さんの体制。
券売機の隣にあったセルフの割スープをチビリチビリ。
おっ!この割スープ、ウマ!
昆布、野菜、鶏と妄想する出汁が濃いです!
いくらでも飲めるw。

少しして、「よく滅茶苦茶にしてお食べ下さい」
と幻聴とともに、着ラー。
あれ、汁がないよ...
ここで初めて、汁無し専門店であることを認識しますた。

それでは麺から。
麺は多加水の平打ち太縮れ麺。
熟成感もある美味しい麺です。
龍介繋がりで、製麺もそちらではないかと妄想したりして。
麺量は体感200g程度。
汁無ししては少な目です。

それに絡むタレは醤油の塩気に昆布の旨味らに
ラードと妄想する油の力強さも。
和を感じる旨味が効いていて美味しいです。

アレをナニする前に具材の確認。
具はカットチャーシュー、メンマ、
ホウレン草、海苔、ネギ、ワカメ、
白ごま、ナルトです。

「お前なんか滅茶苦茶にしてやる~!」
味にまとまりが出て、美味しいです。
具材の存在感はそれほどでもないですが、
海苔、ワカメ、ネギなど和風なまぜそばに良く合います。
チャーシューは最後に汁有り化したら、
熱で更に美味しくなりました。

卓上には豊富な味変アイテムが有り。
昆布酢は、昆布の旨味が加わった酸味がよく合います。
ブラックペッパーは正反対な洋風な刺激が面白い。
ラー油はゴマのコクが際立ちます。
ガーリックパウダーはガツンと来るけど、ニンニクは好きです。
山椒は痺れが癖になるかも。
最後は割スープを投入して、汁有り風に。
汁有りとして作られてない不自然さはあるけど、
出汁が濃いので旨い!

あっという間に完食。
汁無しにしては麺量の少なさが気になりますが、
和風の旨味が効いた美味しいまぜそばでした。
出汁の濃い割スープや豊富な味変アイテムも
ツボを心得ているかと。
採点は新店+1、初レポ+1。
ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「【期間限定】Pizzaまぜそば(追い飯付) 850円」@麺や 結の写真正にピザっぽい一杯だった~!の巻

写真家が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12531419441.html

9月下旬の週末、夜に訪問。
先待ち客8名、後客6名。

以前から気になっていたメニュー。
提供が終わりそうなので、急いで来ました。
以前に増して人気です。
若者が多いですね。
汁無しメインで、大盛り無料+追い飯(大盛可)です。
先に食券を購入。
限定2ボタンをポチリして、食券を渡します。

少しして呼ばれ、カウンター席へ。
セルフのお冷やは給水機の勢いが
笑っちゃうくらい凄いです。

そして、タバスコと共に着ラー。
それでは麺から。
麺は加水中~やや低の中太ストレート麺。
適度な麺肌の張りに小麦感のある歯切れの良さ。
むじゃき製麺の味わい良好です。
麺量は体感220g程度でしたが、どうでしょう。
底には鶏と思われる確りとしたスープが有ります。
トマトソースやチーズ部を単独で食べますが、美味しいです。

アレをナニする前に具材の確認。
具はサラミ、板チーズ、粉チーズ、トマトソース、
サラミ、オリーブ実のオイル漬け、カットチャーシュー、
ナッツ類、パプリカ、ベビーリーフ、サービス味玉....
え~とです。

お前なんか滅茶苦茶にしてやる~!
おっとこれはピザな味わい。
トマトとチーズが特にそれらしさを演出か。
箸が止まらんです。

ピザって、10回言ってみ。
ピザピザピザピザピザピザピザピザピザピザ~。
これは何味?
ピザ~~~!

具材は細かく刻んであり食べやすいです。
その分、具材の自己主張はやや控え目か。
ただ、麺を食べ終わった後に具材が
多目に残るので、追い飯時には堪らんです。
サービスの味玉は、黄身が半ゼリーで味わいも上等。
本店はもう辞めた、常連サービス。
つか、昔から知っているけど、
そんなに通ってないので恐縮です。
つか、また来なきゃ...と思わせます。

一緒に届いたタバスコをドサッと。
やはり、ピザにはタバスコが合います。
この酸味と辛味が堪らん。

あっという間に食べきると、
タレと具材が多目に残ります。
これは追い飯が旨そうだ!
背後から店主さんの指示で、追い飯の確認が有り。
多目、普通、少な目は、思わず多目でお願い。
ちょっとこれは多すぎだろw
という追い飯が到着。
具材もタレも多目なので、ウマウマ。
足りない分はタバスコを掛けてフォロー。

でも、ライスは少し残して終了。
都内の有名店より、ピザっぽい汁無しでした。
斜向かいのピザーラも戦々恐々だね。チガウカ
採点は接客+1、残してゴメン+1。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 3件

「【限定】豚スタミナ冷やし(中)950円」@麺屋 天海の写真優しいタップリの甘辛餡と素揚げしたタップリの豚肉が美味しくて、最後まで飽きない一杯だった~!の巻

写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12529430921.html

9月下旬の週末、夜に訪問。
先客2名、後客3名。

人気と思われる長期提供中の
限定メニュー狙いでこちらへ。
ひたちなか市の「中華 大進」インスパイアかと。
ドアを開けると説明書きが有り。

豚スタミナ冷やし
※あつ盛り、汁ありもできます。
並 150g 800円
中 225g 950円
大 330g 1100円
※麺量増えるごとに肉量も増えます。

150gは少ないけど、中盛りは+150円かぁ...
でも、肉量も増えるならいいか。
と券売機最下段のボタンをポチリ。

いつもの女性店員さんに食券を渡します。
両足に酷い火傷を負った店主さんは、
回復されたようで何より。

少しして、着ラー。
大きな丼にテンションアップです。
それでは麺から。
麺は極太ストレート麺。
餡がドロリと絡み、
強めな張りにザクッと歯切れも良し。

この日は天海極太麺は、
少し小麦粉の配合変えたバージョンでの提供とか。
ツルッとしていて、加水が少し
上がってるような気がします。
デフォの麺より、汁なしとの
相性が良さそうな麺です。

菅野製麺なので、味わいも良好。
食べ応えのある麺で、具材も多いので
中盛り225gでお腹一杯です。
大300gにしたら、遭難してたと思いますw。


それに絡む餡は片栗粉のトロミが強めで、
優しい甘ショッパとコクが有ります。

普通のスタミナ冷やしほどの強い甘ショッパではなく。
更に熱々の餡とキンキンに冷えた麺との
温度変化の妙は感じられず。

でも、優しめな餡とお肉もタップリなので、
飽きずに最後まで食べられます。
直接的に拾ってないけど、
ワカメの風味を感じて和風な装いも。

具は焼き肉、ワカメ、コーン、ヤサイ、ネギです。
焼いてない焼き肉は、
片栗粉を付けて素揚げしたのを餡に絡めたのかと。

衣がネットリとして、お肉が柔らか~い。
麺と絡めれば、満足度がアップします!
コーン、ワカメ、ネギの下にも潜み、
ボリュームが有ります。

餡の下にはモヤシ、キャベツが多目。
タップリの餡に絡めてボリバリと美味しいです。
これは本家にはないこちららしさかと。

ワカメは和風になります。
コーンにはホッコリ。
ワカメとコーンの必要性は人それぞれかも。

卓上の酢や一味唐辛子で味変を。
特に一味は掛けまくりますw。


あっという間に完食。
本家の焼き肉冷やしは、
今でも690円なのでしょうか。
値段据え置きで内容を削るのと
満足度優先有での値段設定だと
単純に比較はできません。
こちらは美味しいお肉は多かったのです。
ひたちなか市まで行き、
コイパに止めるならこちらに行く派かも。
でも、久し振りに本家も食べてみたくなりましたが...
既にファンも多いようですので、
デフォルトメニューになったりはしないのでしょうか。
ご馳走様です。

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 31件

「【限定】まぜそば(カレー味)900円」@麺屋KENJUの写真完全アニマルオフなのに美味しいのは流石だが、お高く感じてしまう一杯だった~!の巻

写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12526805489.html

9月中旬の週末、お昼に訪問。
先客1名、後客3名。
 
週末に二郎系を2日連続などラーメンを食べ過ぎました。
よって、ヘルシーなラーメン狙いでこちらへ。
結局、ラーメンを食べるのですがw。
本来は定休日ですが、臨時営業での「まぜそば祭り」とか。
メニューはまぜそばの醤油味とカレー味の2種類。
カレー味をポチリ。
 
お店のスープ、麺。具材を冷凍して
そのままの味を楽しめるのが、宅麺.com。
こちらの宅麺は、全国のベジタリアンから
注文が殺到しており、入荷待ちとか。
オンリーワンならではですね。
 
店内は男性店主さんお一人での切り盛り。
衛生管理者の表示を見て、店名の由来を理解。
 
少ししてカウンター越しに着ラー。
こちらは、肉魚卵無しのノンオイルとか。
それでは麺から。
 
麺は加水中~多の中太ストレート麺。
強すぎない適度は張りとコシに熟成された小麦の旨味も。
麺量は体感220g程度でしたが、どうでしょう。
 
それに絡むタレからはカレー粉が香り、
やや強めな塩気に野菜と思われる
艶っぽい旨味が感じられます。
 
アレをナニする前に具材の確認。
具はトマト、チーズ、ベビーリーフ、
紅白なます、フライドオニオンです。
お前なんか滅茶苦茶にしてやる~!
とよく混ぜ混ぜ...
ノンオイルですが、旨味は確りとしていて、
思ったより味わいに不足はないです。
塩気が確りとしているのも不足がない理由かも。
トマトの酸味、大根&人参の紅白なます、
ベビーリーフはサッパリと。
チーズやフライドオニオンはコクを増すのになくては。
縁に付いているワサビペーストの味変が効果的です。
 
あっと言う間に完食。
タレが残ることもないので、
ライスへの未練はおきません。
 
アニマルオフで作られた割に美味しかったです。
ただ、そこに特別な有り難みを感じられないと
お高く感じられますが..
汁なしにはジャンクさを求めたくなりますし..
お肉がレスですし..
肉を模した代替食品とかがあれば、まだ?
採点は先進性+1。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 3件

「【限定】キーマカレー炙りチーズまぜそば(追い飯付)890円」@ラーメン 富次郎 堀町店の写真キーマカレーに炙りチーズもタップリで、腹パン必至な一杯だった~!の巻

写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12525465087.html

9月中旬の週末、夜に訪問。
先待ち客1名、後客4名。

久し振りにこちらへ。
そそる限定メニュー名でしたので。
店内の細い通路沿いに券売機が有り。
豚1枚付きで100円、角煮2コで200円アップとか。
ノーマルの限定1ボタンをポチリ。
チーズ増し+100円も気になるが...

中待ちしていると女性店員さんが来て、ご説明。
麺量は500gまで選べます。
茹で前の量なので、茹で後は1.7倍になります。
310g×1.7=510gか...
勢いで、麺量は300gでお願い。
ヤサイ、アブラ、ニンニクの量は「多め」をお願いします。
更に追い飯も聞かれたのでお願いします。

店内は手ぐすねを引いて待っている猛者共と
一心不乱に喰らう猛者共達という印象。
S店長さんに男女店員さん2名の体制。
声がよく出ています。
那珂市の「豚●」時代は知らないけど、腕は確かとか。

思っていたより早く着ラー。
直径30cmは有ろうかという、洗面器みたいな一杯。
こ、これは...やっちまったか...

まずは麺を。
麺は低加水の平打ち太うねり麺。
キーマカレーがドロッと絡み、
小麦感のある張りに歯切れも良し。
オーション小麦100%の麺は
小麦の高密度感があり美味しいです。
麺量は300gは何とか食べきれる量です。

それに絡むキーマカレーは
挽き肉のコクが感じられます。
これは美味しくて食が進みます。
更に炙りチーズ部分はネチョーと延びて、
円やかなコクが加わります。
チーズは増さなくても十分な量です。

ベーススープは非乳化の豚スープで、
ヤサイの上にキーマカレーがタップリと
掛けれております。

アレをナニする前に具材の確認。
具材は、ピザ用チーズ、スライスチーズ、
その下にモヤシ、キャベツ有り、アブラ、
半割茹で玉子、福神漬けです。

お前なんか、滅茶苦茶にしてやる~!

キーマカレーが薄まりますが、一体感は出ます。
苦しくなる前にライスをドボン。
やはり、カレーには麺よりライスだw。
半半ライス的なので、すぐに無くなります。

ヤサイはクタシャキで、
カレースープとの馴染みも良いです。
お肉かと思ったアブラは、
意図せずにか炙りで外側がカリッとしつつ、
脂のコクがあるので多めで良かった。
ニンニクは結構な量でヒリッとします。
福神漬けは行方不明に...
因みに福神漬けが浸かっているタレを
カレーに掛けると、かなり美味しくなりますよ。
ちょっとお肉が欲しくなりましたので、
肉付き版があるのも納得。

ブヒブヒ言いながら、一心不乱に食べ進めます。
何とか格好がつくかな?ってところで終了。

あ~、お腹一杯。
食べた直後は動くのも億劫で、
ネガティブな気持ちにもなるのだが、
翌日以降は好印象です。
採点は少しだけど、残してゴメン+1。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 4件

「スタミナ冷やし(並)780円」@スタミナラーメン がむしゃの写真松五郎系の美味しいスタミナ冷やしだった~!の巻

写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12519156352.html

8月下旬の週末、お昼に訪問。
先客12名程、後客5名。
 
はりけんラーメン 南店」で
絶品の冷やしの食べ後、結局、こちらへ。
煮干中華ソバ イチカワ」へ久し振りに行ったら、
手前で奥様がニッコリと死刑宣告。
油そば 油虎」へ久し振りに入ったら、
目の前の日笠をさしたマダムがニッコリと死刑宣告。

よって、看板を見掛けて食べたくなっていたこちらへ。
昼営業も終了時ですが、先客多数で人気です。
入ってすぐの券売機でこちらをポチリ。
こちらへどうぞとカウンター席へご案内。
セルフのお冷やを持って席へ。
 
店内は男性店主さん、男女店員さん3名の体制。
店内には食欲をそそる、甘辛い香りが漂います。
少ししてカウンター越し着ラー。
 
それでは麺から。
麺は多加水の太ストレート麺。
熱々な甘辛い餡がタップリと絡み、
冷水で〆られた麺はプリモチ食感で歯切れも良し。
冷水の〆も丁度良く、
スタミナでよく使われそうな多加水麺。
スタミナ冷やしは、熱々な餡と
冷たい麺とのコンストラストが妙味。
スタミナの中でも美味しい麺かなと。
並の麺量は150gですが、
連食なので丁度良いです。
 
それに絡む餡からは上質なラードの
香りとコクに甘ショッパな塩気に
動物系のコクも十分で最後にピリリ。
甘ショッパなバランスが好みで、コクも十分。
一味唐辛子をやや強めに効かせたのも好みです。
松五郎に近い味わいで美味しいです。
 
具はレバー、カボチャ、キャベツ、ニンジン、ニラです。
レバーは大小9,10片くらいで十分なボリューム。
素揚げしておらず、レバー独特の臭みも少し感じられます。
素揚げしている方が好きですが、
レバーは好きな方なので問題無し。
カボチャはホクホクとして、
餡とは違う自然な野菜の甘味があります。
厚みや量も適度で、カボチャ好きには嬉しいです。
キャベツは素揚げの張りがあり、パリシャキ食感。
カットが大振りで厚みも感じる食感がナイス。
これは松五郎のより好きです。
終盤には卓上の一味を振りかけてパワーアップ。
 
あっという間に完食。
美味しいスタミナ冷やしでした。
数年前に食べたホットより好印象です。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「【夏季限定】伊東の胡麻タレ冷やし 850円」@麺や 結の写真酷暑の日にはピッタリなキンキンに冷えた、サッパリと食べれる一杯だった~!の巻

写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12508878812.html

8月中旬のお昼に訪問。
先客9名、後客6名。

とにかく暑いので、
冷やし中華が食べたくなりこちらへ。
その前に「へべれ家」で
らーめん芝浜」インスパイア
と思える一杯を狙ったのだが、
既に売り切れてた次第。

入って奥のハイテク券売機で
限定2ボタンをポチリ。
お冷やセルフでお好きな席へどうぞとご案内。
店内は伊東店主さん、
男女店員さん2名の体制。

少しして着ラー。
王道的冷やし中華なビジュアルです。
初めてですか?の確認後、
よく混ぜてお食べ下さい。
味玉は宜しかったらどうぞ...
的なアナウンス。

それでは麺から。
麺は多加水の平打ち太ストレート麺。
冷水の〆で強い麺肌の弾力にムチッとしたコシ。
ビジュアルは普通の冷やし中華に近いのですが、
決定的に違うのは麺が美味しいこと。
麺量は体感200g程度。
無料の大盛りにしなかったことを後悔。
でも、最終的には具材も多いので
ほどよい満腹感でした。

それに絡むタレは酸味が強めですが、
後味には胡麻ペーストのコクが感じられます。
初動は酸味が強すぎるように感じたのですが、
食欲が増して後を引きます。

具はサイコロチャーシュー、味玉、金糸玉子、
キュウリ、プチトマト、紅生姜、ナルト、
カイワレ、カラシです。
チャーシューは柔らかで肉の旨味も十分。
SNSではベーシックなお装いの
短冊チャーシューだったので、
こちらの方が嬉しいかも。

味玉は黄身が半ゼリーで適度な味付け。アザッス
金糸玉子は炒めに使った油のコクに柔らかな卵味。
キュウリ、プチトマトはサッパリと体をクールダウン。
紅生姜はアクセントに。
紅生姜の後にナルトを食べたら、甘かった。ナゼ?
カラシは冷やし中華に合います。

酸味の強いタレに追い飯は合わないだろうな...と思い完食。
酷暑の日にはピッタリなキンキンに冷えた
サッパリと食べれる冷やし中華でした。
採点は接客+1。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件

「【期間限定】台湾野菜まぜめんライスセット 740円」@幸楽苑 新石岡店の写真激辛と言いつつ、万人受けしそうな、旨辛~な一杯だった~!の巻

写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12507958378.html

8月中旬のお昼に訪問。
先待ち客11名、帰りの待ち客8名。

子供の病院通院後、一緒にこちらへ。
狙いはCMで流れていた、
9月9日までの本メニューです。
名古屋発の台湾まぜそばを幸楽苑流にアレンジしたとか。
SNSでも評判がいいね。
でも、提供がされていない店舗あるみたい。
待ち席でメニュー表を眺めるが、本メニューの表示は無く。
思わず、会計カウンターでチンして、確認した次第。

すぐにカウンター席にご案内。
同時にお冷やも到着。
天板には張り付けた、本メニューの表示が有り。
ピリ辛と激辛の二種類で、単品だと640円とお安い。
ライス付きで+100円のこちらを口頭でお願い。
子供には、人気No.1の中華そば440円をお願いします。

店内は男女6名ほどの体制。
時間帯によって、厨房と接客が
入れ替わったりするんだね。
もっと待たされるかと思ったら、意外に早く着ラー。
思ったより大きな丼です。

それでは麺から。
麺は多加水のやや細い中太微縮れ麺。
ツルプリモチな食感で、
デフォの麺と同一かなと。
麺の味わいはまずまず。
もう少し太い麺の方が相性が良さそうにも。
麺量は体感225g程度で、
思ったより十分なボリュームです。

油の適度な塩気に加え、鰹節の旨味がよく感じられます。
意外に和な味わい。
この時点でも結構美味しいです。

アレをナニする前に具材の確認。
具は辛挽肉玉、半熟玉子、モヤシ、
キャベツ、ホーレン草、キクラゲ、
ネギ...え~とです。
辛挽肉玉をチビると、
後味に花山椒が香りますが、
そんなに辛くは無く。

お前なんか滅茶苦茶にしてやる~!
旨辛~な味わいで山椒も少し香ります。
激辛と書かれた辛味は、全く問題のない辛さ。
小四の娘も辛くないと言ってましたので。
美味しいけど、ボイル野菜は少なくて、
食べ進めると、糖質万歳!てな印象。
個人的には更なる野菜量にニラも欲しいが、
お値段も安いですし...

卓上に醤油、ラー油、酢、白胡椒が有り。
白胡椒は合うような合わないような。
酢はスッキリとしてリフレッシュ。

あっという間に麺を食べきり、ライスをドボン。
ライス量が多目なのもあってか、薄味。
台湾まぜそばは、麺より追い飯が旨い
とさえ思える場合も多いのだが...
ちょっと飽きてしまい、残そうかなとも...
それを救ってくれたのが、
客の半数は注文するという餃子でした。
餃子&ライスが美味しくて、一気に完食。

従来の台湾まそせばと違いますが、
旨辛な汁無しでした。
もう少し辛くてもいい気がしますが、
万人受けタイプかと。
あと、ライスは少し持て余したので、
頼むなら餃子も一緒がお勧め。

餃子と言えば、持ち帰り餃子は
30ヶで630円と安くて旨い!
この日の夕食は購入した餃子らでパパが調理w。
採点はチェーン店-1。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 2件

「辛豚まぜそば 950円+肉増 +タマネギ +生卵」@茨城豚そば 特龍 水戸堀町店の写真麺やタレなどの基本スペックは、流石にレベルの高い一杯だった~!の巻

写真が沢山のブログはこたちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12507352135.html

8月上旬、夜に訪問。
先客5名、帰りの待ち客7名。

8月から始まった、こちらの
まぜそばが食べたくなりました。
入って右手に券売機が有り。
まぜそばとつけ麺(未提供)は
以前の表示より50円づつアップしています。
追加で肉増150円、タマネギ50円、生卵50円をポチリ。
お冷やが置いてあるカウンター席へ。

ここで、運び屋のA総帥が登場。
お隣で厨房に厳しい眼差しを向けています。
店内は男性店主さんと女性店員さんの体制。
「何でも出来る女性店員さん!スバラシイ~」
と思わず声が漏れながら、
イヤらしい目線が鈍く光ります。
あ、イヤらしいは言い過ぎたかも。シッケイ

少しして、カウンタ―越しに着ラー。
無料トッピングのコールはしなかったので、
ニンニク、ヤサイ、アブラの設定は普通かと。
あ、卵黄が載っている...
生卵は要らんかった?イヤイヤ
それでは麺から。
麺は低加水の平打ち太縮れ麺。
縮れが唇にアタックしつつ、
ゴワッと入ってきて良質な粘りとコシ。
麺の味わいも上等です。
麺量は300g也。
茹で後では510gと聞くと躊躇しますが、
最近は食べれちゃいます。ヤバッ

タレが事前によく絡めてあります。
ピリッとした油のコクに適度な塩気、
節や煮干しらの魚介も確りと効いた、
豚チリタレが良く絡めてあります。
意外に魚介が確りと効いてきますね。
辛さは万人受けするレベルで、良いアクセントに。
これは美味しいね~。

具はチャーシュー、イカ天、タマネギ、
キャベツ、モヤシ、ニンニク、卵黄です。
チャーシューは繊維質なシーチキンタイプ。
豚のウデ部分で、柔らかい薄味です。
味付けが濃いので、濃い目な味付けの緩衝材にも。
ただ、+150円だし、もっと満足度の高い
チャーシュートッピングメニューも欲しいかも。
しかし、カレー味のイカ天が美味しいね~。
カリッとして、適度な脂気とイカとカレーの風味が旨し。
どこで売ってるのかな? ツマミニホシイ
増したタマネギは十分過ぎるボリュームで、シャキシャキ。
エグミもなく、甘いです。
逆にヤサイは存在感が希薄か。
無料のチョイ増しにすれば良かったかも。
ニンニクは時々現れて、ジャンクな味わいに。

お前なんか、滅茶苦茶にしてやる~!
美味しく食べ、酢で〆たりして。
最後は卵黄側に具材をインしてペロリンチョ。

あっという間に完食。
二郎系にしてはお高めですが、
麺やスープ・タレという根幹部分は
レベルの高い一杯でした。
そんなに大食いではない方も多いでしょうし...
採点は浅野総帥降臨+2、総帥が麺量100gを申請-1w。
そろそろつけ麺も始まるようなので、楽しみです。
ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 2件

「辛味噌油そば(W盛り320g)830円」@油そばの写真突っ込み所が満載なお店の一杯だった~!の巻

写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12506710662.html

8月上旬の夕方に訪問。先客後客0名。

新店なので、とりあえず来てみた次第。
隣はスーパーで、多店舗が居並ぶ一角。
油そばの他にタピオカミルクティーも
提供しているみたい。

暖簾は出ているのだが、
ドアは閉められていて、中は薄暗く。
慌ててドアが開けられて、電気が点灯した次第。
店内は男性店主さんと中学生男子の体制。

券売機はあるのだが、機能していないらしい。
と言ってもメニュー表があるわけでは無く。
外で見掛けた、辛味噌油そばをWでお願い。

さてさて、調理が一から始まります。
アジアンな言葉は何語でしょうか。
お子様は両言語を話せるようですが、
店主さんは片言っぽく。
親子かと思ったのですが、店主さんは
20代と思われ計算が合わない。
そんなこんなで、居心地がとても悪いですw。
こちら、以前は豚骨ラーメン屋さんだったみたい。

テーブル席の椅子の並びも雑多で、直していたり。
やや待って、「滅茶苦茶にしておやり!」
という幻聴と共に着ラー。

まずは麺だけを引き出して。
麺は多加水の平打ち中太麺。
ホカホカで、程好いコシが食べやすいです。
この時点でも、醤油タレと油とラー油が絡んできます。

アレをナニする前に具材の確認。
具はチャーシュー、メンマ、キクラゲ、大根オロシ、海苔です。
お前なんか、滅茶苦茶にしてやる~!
したら、バラチャーシューはバラバラ。
でも、濃い目の味付けで、お肉は有り難い感じ。
その他の具材は麺量が多いので、存在感は希薄。
油が分離しているような?変な味わいが2度ほど。
つか、辛味噌はどこ?どこ!? ねぇ、どこなの!?
醤油、ラード、ラー油ってな構成としか...
時々感じるラードの不自然さと
辛味噌感がないのを除けば、普通の油そばです。

卓上には醤油タレ、酢、ラー油、ブラックペッパーが有り。
酢を入れてスッキリと。
ブラペを入れて、ピリリと。
ニンニクやマヨなども欲しかったりしますが...

麺量は320gですが、難なく完食。
暖簾が出ているのに、施錠されていて、
真っ暗とは初体験でした。
でも、2玉なので、量的にはそれなりに満足度が有りました。

会計時、840円でしたっけ?
いや、830円です。
そっか、少し徳した気分。
てか、外の表示では820円でした。
ま、どうでもいいレベルですが。
採点は新店+1、初レポ+1、接客―2。
ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件