なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ピップ

男性 - 茨城県 (1941年生まれ)

最近、ラーメンに目覚めました。昔、SNSで面白日記を書いていた影響が最近、色濃く出てきました。少し、クスッと笑えるレビュー...そんなレビューがあってもいいのではないでしょうか?ちなみに髪の毛はフッサフサです。宜しくお願い致します。

平均点 82.956点
最終レビュー日 2019年10月9日
2,357 1,152 0 31,571
レビュー 店舗 スキ いいね

「【限定】坦々つけそば-Ver.2- 850円」@麺屋 必道の写真円やかで濃厚な坦々つけ汁は、特筆すべき一杯だった~!の巻

9月中旬の週末、夜に訪問。先客6名、後客0名。
 
Smart Pig」で大人的二郎系を食べた後、
一寝して、八千代の系列ジムでトレーニング。
帰る際、こちらの看板を見つけ、思わずピットインした次第。
営業時間終了の2分前でした。
限定4ボタン850円は、鮮魚と貝の塩つけ蕎麦と
坦々つけそば-Ver.2- の2種類。
鮮魚と貝狙いでしたが、売り切れており、
坦々なら有りますとのこと。
麺量は200g、250g、300gからの
選択なので、250gをお願い。
 
お冷やが届きつつ、やや待って着ラー。
それでは綺麗に畳まれた麺から。
麺は加水中程度の太ストレート麺。
生温かでプリッと張りがあり、歯切れも良好。
熟成された小麦の旨味が感じられます。
 
次につけ汁だけを。
ゴマが香るラー油のコクに適度な塩気、
節や煮干等の魚介も感じつつ、
円やかで濃厚なゴマペーストに
相性良く白湯スープが下支えしながら伸びていきます。
おっ、これは美味しい!
円やかで濃厚なゴマペーストが秀逸です。
艶っぽい魚介が効いていて、
旨味に膨らみが感じられます。
この坦々つけ汁は美味しいですね~。
 
そして、麺をつけ汁に浸して。
濃厚なつけ汁がドロリと麺肌に絡みます。
麺とつけ汁のバランスも良好。
濃厚なつけ汁に食べ応えもある麺なので、
麺量250gでお腹一杯です。
 
具は麺側にチャーシュー、
つけ汁にナッツ、メンマ、ネギです。
バラチャーシューは煮豚っぽい、ホロッと崩れるのが2枚。
外側は炙ってありますが、スモーキーな香りは感じず。
つけ汁にはクラッシュ・カシューナッツが入っており。
麺に絡むと、カリッとして美味しいです。
坦々なので、具材がやや寂しいのは仕方がないかも。
 
一緒に届いたポットの割スープは昆布出汁みたい。
割スープを飲みますが、ちょっと違うかなぁ..
 
あっと言う間に完食。
具材やスープ割に驚きは無かったけど、
麺と特につけ汁が秀逸でした。
ご馳走様です。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 6件

「【夏季限定】伊東の胡麻タレ冷やし 850円」@麺や 結の写真酷暑の日にはピッタリなキンキンに冷えた、サッパリと食べれる一杯だった~!の巻

写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12508878812.html

8月中旬のお昼に訪問。
先客9名、後客6名。

とにかく暑いので、
冷やし中華が食べたくなりこちらへ。
その前に「へべれ家」で
らーめん芝浜」インスパイア
と思える一杯を狙ったのだが、
既に売り切れてた次第。

入って奥のハイテク券売機で
限定2ボタンをポチリ。
お冷やセルフでお好きな席へどうぞとご案内。
店内は伊東店主さん、
男女店員さん2名の体制。

少しして着ラー。
王道的冷やし中華なビジュアルです。
初めてですか?の確認後、
よく混ぜてお食べ下さい。
味玉は宜しかったらどうぞ...
的なアナウンス。

それでは麺から。
麺は多加水の平打ち太ストレート麺。
冷水の〆で強い麺肌の弾力にムチッとしたコシ。
ビジュアルは普通の冷やし中華に近いのですが、
決定的に違うのは麺が美味しいこと。
麺量は体感200g程度。
無料の大盛りにしなかったことを後悔。
でも、最終的には具材も多いので
ほどよい満腹感でした。

それに絡むタレは酸味が強めですが、
後味には胡麻ペーストのコクが感じられます。
初動は酸味が強すぎるように感じたのですが、
食欲が増して後を引きます。

具はサイコロチャーシュー、味玉、金糸玉子、
キュウリ、プチトマト、紅生姜、ナルト、
カイワレ、カラシです。
チャーシューは柔らかで肉の旨味も十分。
SNSではベーシックなお装いの
短冊チャーシューだったので、
こちらの方が嬉しいかも。

味玉は黄身が半ゼリーで適度な味付け。アザッス
金糸玉子は炒めに使った油のコクに柔らかな卵味。
キュウリ、プチトマトはサッパリと体をクールダウン。
紅生姜はアクセントに。
紅生姜の後にナルトを食べたら、甘かった。ナゼ?
カラシは冷やし中華に合います。

酸味の強いタレに追い飯は合わないだろうな...と思い完食。
酷暑の日にはピッタリなキンキンに冷えた
サッパリと食べれる冷やし中華でした。
採点は接客+1。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件

「【期間限定】まろやか豆乳の冷やし坦々まぜそば 850円」@三代目 むじゃきの写真隣の女性客から感嘆の声が漏れる綺麗なビジュアルは、食べて更に満足度が上がる一杯だった~!の巻

写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12485455742.html

6月下旬の週末、夜に訪問。先外待ち客3名、後客6名。

21日から始まったメニュー狙いでこちらへ。

自家製芝麻醤と数種類の香辛料、
辛ひき肉を使い豆乳で割った
ピリ辛まろやかな口あたりの一皿。
サラダ感覚で頂ける まぜそはです。
・大盛可・追い飯付
・温玉100円
材料が無くなり次第終了。

少し待って中待ち席へ。
券売機で「限定2」ボタンをポチリ。
女性店員さんに食券を渡しつつ、
カウンター席へご案内。

少しして、左後ろからラーメンが到着。
なんとも綺麗なビジュアルはインスタ映えしそう。
ほぼ食べ終えた隣の女性客から
「わぁ~、美味しそう」と声が洩れます。

それではタレから。
強めな塩気に辛挽き肉の旨味と
芝麻醤(ゴマペースト)や
豆乳の円やかさを感じつつ、
スパイスや辛味がピリリ。
動物系は不使用だと
思いますが、十分なコク。
スパイス感があり、
辛味も思ったより強いです。

次に麺を。
麺は加水高げな太ストレート麺。
冷水の〆は冷たすぎずですが、
強い麺肌の弾力に歯切れも良し。
自家製麺の味わいも良好です。
麺量は体感250g程度で十分。

それに絡むタレからは、
最初にゴマペーストや
豆乳らの甘味が飛び込んできます。
おっ、これは美味しい!
麺とタレの相性は抜群。
冷たくてもコクは十分で、
スパイスや辛味も効いていて、
芝麻醤&豆乳の円やかなコクが下支え。
もっと、サッパリでヘルシーなのを
想像していましたが、
いい意味で期待を裏切られました。

具はベビーリーフ、トマト、玉ネギ、
紫キャベツ、カシューナッツ、糸唐辛子です。
いつもながらの...
お前なんか滅茶苦茶にしてやる~!
ベビーリーフは水菜やルッコラなどでしょうか。
麺に絡んで、若い青さがヘルシーです。
トマトは爽やかな酸味が体をクールダウン。
滅茶苦茶にして感じられた酸味はトマト由来でしょうか。
玉ネギはシャキシャキで甘味が有ります。
カシューナッツはカリッとして、良いアクセントに。

後半は味変したくなります。
卓上の酢でサッパリと。
ブラックペッパーでキリッと引き締まります。
個人的にはタバスコが欲しいでしょうか。

麺を食べきるといい感じで
タレと具材が残ります。
追い飯をお願いすると、
ライス適量が入れられてリターン。
ほかほかライスで冷たいタレの味が浮き出ます。
これは美味しいね。

あっという間に完食。
お腹一杯♪
夜なのに糖質を取りすぎました。
野菜タップリでヘルシー感がありますが、
コクやスパイス感もタップリ。
女性は追い飯まで辿り着けなさそうな
ボリューム感で満足度が高いです。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 21件

「排骨担々麺(5辛) 1,100円」@かつぎやの写真想像以上に辛味と痺れが強く、排骨も美味しい一杯だった~!の巻

写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12479398987.html

6月中旬の夜に訪問。先客7名、後客0名。

仕事を済ませ、帰る前にラーメンを。
キングが昼営業だけなのを見逃して、
フラれた後、こちらへ。
地下一階にあり、ラーメン屋さんとは思えない外観。
外看板を見るとお酒も楽しめるみたいで、ワクワク。

階段を降りて左手に券売機が有り。
排骨担々麺の5辛をポチッとな。
アルコール類のボタンは見当たらず。

振り替えると布お絞りが席にご用意。
生ビールをお願いすると、
税別ですが宜しいですか?
他に何か頼まれますか?
ツマミをお願いしそうと思ったら、
お時間が掛かりますとのこと。
生ビールだけをお願いして、
430円を先払い。

小さめなジョッキの生ビールが到着。
他客には完全に飲んでいるグループが
2組と一人で飲んでいる方が1名。
飲んでいる人しか居ませんでした。
他客からはオーダーがガンガン入っています。
「時間が掛かりますので」のアナウンスも
そのうち聞こえなくなり。

店内は男性店主さん、男性店員さんの体制。
「ラーメンも提唱までに時間が掛かります。」の
アナウンスはなかったけど、
結構待ってからカウンター越しに着ラー。

それではスープから。
ラー油のコクに適度な塩気、
シビ辛が強めでゴマのコクに
ライトな白湯スープが下支え。
思ったより、辛味も痺れも強くないかな。
と一口目は感じたのですが...

次に麺を。
麺は加水やや低げな中細微縮れ麺。
ボイルはやや確り目か。
スープと刺激物を良く持ち上げ、
少し柔らか目な張りに
小麦感もある味わいに
花椒の香りが鼻孔に抜けていきます。
スープを少し飲んだ時には感じませんでしたが、
花椒の香りと刺激を強く感じます。
スープを飲んだ時より、辛味も強めです。

具は挽肉、モヤシ&ニラ、白ゴマ、別皿に排骨です。
挽肉は甜麺醤で味付けがしてあり、好み。
担々麺の挽肉は、この甘さのある
中華甘味噌の味付けじゃないと!
ゴマもタップリと掛けられ、風味が増します。
その下には、モヤシ・ニラの
炒め&スープに浸してそうな野菜。
クタッとして、刺激物もよく拾って来ちゃいます。
排骨は衣がカリサクで、
オイスターソース?の味付けや
カレーが香る柔らかくて
肉々しさもある、スペアリブ的な味わい。
激辛スープに浸してもカリサク感は
維持されてヒリッと辛味が加わり美味しいです。
それが6キレあって、
+250円はお得感が有りますね。
単品だと税抜きの350円ですが、
何か違うのかしら?

徐々に辛味とシビれが強~く感じられ、ヒ~ハ~!
4辛と5辛はレベルが違うのか、
俺の耐性が低いのか...
結構なカロリーでしょうが、
凄い発汗量だったので、
多分、カロリーはゼロ♪
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「暴力坦々麺 830円」@七福軒の写真個人的に激辛具合と美味しく食べれる範疇のせめぎ合いがベストの一杯だった~!の巻

写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12455141234.html
 
4月中旬の夜に訪問。
先待ち客10名、帰りの待ち客1名。
 
久し振りにこちらへ。
待ち客が店外にも溢れ、人気です。
天久保最強コスパで現金対応の
「裏油そば600円」も気になりますが、
汁有りの気分だったのでこちらをポチリ。
坦々も激辛も好きなので、私好みのメニューです。
 
25分程で席へご案内。
店内は男性店主さん、男性店員さん2名の体制。
10分程でカウンター越しに着ラー。
 
それではスープから。
油脂分のコクに適度な塩気、
適度なゴマペーストと動物系のコクに
ヒリッとした辛味が続きます。
ゴマペーストとベーススープに
不足はありませんが、辛味が引き立つ仕様にも。
激辛具合とベーススープとのバランスが個人的にナイス。
 
次に麺を。
麺は低加水の中太ストレート麺。
ボイルはやや確り目で適度。
スープを適度に持ち上げ、
麺肌からモチッとした粘りを感じて、適度なコシ。
スープの馴染みは良く、
自然な小麦感があり、味わいも良好です。
麺量は体感150g程度。
 
具は挽肉、味玉、メンマ、
刻み玉ネギ、青ネギです。
挽肉は濃すぎない適度な味付け。
粗挽きな肉感に味付け濃いめな
ゴボウにシャキとした食感も。
食感が楽しい挽肉で量も多めです。
味玉はデフォなのかサービスなのかは不明。
気味がネッチョリ半ゼリーで、味付けもウマ~。
穂先メンマはカットしてあり食べやすく。
コリシャキで食感がいいです。
刻み玉ネギは鉄板的な相性の良さ。
 
我慢出来ずに小ライス50円を現金でお願い。
丁度良いボリュームで50円が嬉しいです。
ドボンライスは美味しいの~。
辛味は舌に蓄積するので、終盤はヒ~ハ~!
発汗が凄かったらしく、一笑されましたw。
 
あっという間に完飲完食~。
個人的に激辛具合と美味しく食べれる範疇の
せめぎ合いがベストの一杯でした。
最後に映画化もされる、キングダムの話で少し盛り上がり終了。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 8件

「花山椒とラー油の担担麺 755円」@バーミヤン 佐原東店の写真想像以上に確りとした、担担麺だった~!....がの巻。

写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12443253924.html

7月下旬のお昼に訪問。
先客3割程、帰り6割程のお客。
 
茨城の外れで、一人寂しくラーメンを。
前日に再度、「北青山」へ向かうと、
現在、店内改装中とか。(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

3月9日から再開するよう。
結局、黒い激辛味噌「北極ブラック」を食べました。
ザ・カップ麺です!
その時、テレビでやっていたのがバーミヤンのラーメン特集。
全国に333店舗もある「バーミヤン」。
2014年から業績が右肩上がりしているのだとか。
今、20種類以上のラーメンを販売しているといい、
年間1000種類の新メニューを試作しているという。
3日に1度試食会を行い、
約1ヶ月半に1度新作を販売しているとのこと。
その中でも甘辛チゲラーメンや
ネギラーメンなどのピリ辛麺シリーズが女性に人気。
また、最近販売を開始した激辛麻婆ラーメンは、
1日2000食も売れるのだとか。
バーミヤンに、レッツ――ヽ(@,,>∀<)ノ――ゴォォ♪
 


な~に~!?
やっちまったな!
茨城の外れでは、まだ提供されていないようです。
ラーメンの種類は13種類ほど..20種類?
すっかり麻婆な気分だったので、
コクマーボー麺をお願い。
 

な~に~!?
また、やっちまったな!!
単品での提供はできないそうです。
ならばと、花山椒とラー油の赤麻婆豆腐を
麺に載せてとお願い。
 


な~に~!?
またたま、やっちまったな!!!
それも出来ないそうです。
 
つう訳で、炎3つのこちらを口頭でお願い。
少しして、花椒と共に着ラー。
ちょっと、見た目的にもう少し
気を使って欲しいと思うビジュアル。
 
それではスープから。
ラー油のコクに適度な塩気と穏やかな花山椒のシビれ、
ゴマペーストの十分なコクも感じられます。
思っていたより、確りしたゴマ感があります。
 
次に麺を。
麺は加水中~多の中細麺。
適度にスープを持ち上げ、
穏やかで自然なコシと粘りと歯切れ。
麺も思っていたより、美味しいです。
麺量は体感130~140g程度で、
もう少し食べたいでしょうか。
 
具は挽肉、ほうれん草、ネギです。
挽肉は、ゴルフボールを二回りくらい大きくしたくらい。
味付けはそれほど強くないのですが、
徐々にスープへコクを添加していきます。
ほうれん草はベシャッとした感じ。
ネギはもう少し欲しい派。
担担麺だけに具材が寂しいのは仕方がないのか。
 
花椒をブッ掛けると、刺激でスーハ~。
ゴマ感は薄れますが..
挽肉の旨味が添加されたスープは
なかなか美味しくてチビリチビリ。
あっという間に完食。
 
激辛麻婆ラーメンが食べれなかったのは残念だったけど、
担担麺は想像していたより美味しかったです。
採点は外税-1、チェーン店-1、
ビジュアル-1、対応の硬直さ-1。
ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (7) | このお店へのレビュー: 2件

「【当日限定】トマトの担々麺 850円」@麺や 松辰の写真ライスドボンも含めて、リピーター続出も納得できる一杯だった~!の巻。

写真が沢山のブログはこちらこら↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12442374859.html

2月下旬の週末、昼過ぎに訪問。
先客6名。後客8名。

バタバタして、昼過ぎにこちらへ。
主に週末に提供されている本メニューが美味しそうでしたので。
こちらは限定メニューの提供にも精力的。
この日は期間限定の牛そば福来風味、
焼きアゴ鶏白湯にこちらなど。
入って左側に券売機が有り。
中央付近の鶏白湯煮干しorトマトタンタン麺をポチリ。

お冷やが用意されたカウンター席へご案内。
女性店員さんに食券を渡して、
こちらを口頭でお願い。
若くて細身の女性ですが、
この娘が一昨日にトマタンを食べた後、
スープでご飯を2杯食したのかしら?

前客、後客にも本メニューは人気のようです。
店内は男性店主さん、接客の女性店員さんの体制。
少しして着ラー。
それではスープから。
油脂分のコクに適度な塩気、
クリーミーで濃厚なゴマペーストと
白湯スープが伸びていきつつ、
余韻に仄かなトマトの酸味と
適度なトマトの甘味が感じられます。
抑えられた酸味などトマト感は
強くないのですが、トマトの甘味は効いています。
飲み進める毎にトマトの甘味が
最後にグンとスープの厚みを押し上げるかのよう。
ラー油からも確りとしたゴマのコクに
トマトの甘味が感じられます。
このスープは旨い!

次に麺を。
麺は低加水の中細ストレート麺。
濃厚なスープが束になってドロッと絡み、
強めな張りと良質な小麦の凝結感のある味わい。
安定の菅野製麺製で、麺量は150g。
食べ応えのある麺に濃厚なスープなので、
満足感が有ります。

具はチャーシュー、挽き肉、メンマ、
刻み玉ネギ、白髪ネギ、青ネギ、生クリームです。
バラチャーシューは煮豚タイプ。
シトッと柔らかですが、脂身の入り方は
もう少し多い方が好みかも。
でも、担々麺でチャーシューが載るのは嬉しいです。
挽き肉は花椒が効いている感じで、ピリリ。
メンマはコリシャキな食感。
刻み玉ネギは鉄板な相性の良さ。
ネギ類も多目で嬉しいです。
生クリームはよく判らなかったけど、
ビジュアル的にもナイス。

熱々なので、汗を掻き掻き完食。
そして、前客に釣られるように
ライスも現金100円でお願い。
半ライスはないみたいです。
そして、ライスをドボン。
トマトは更に感じられないけど、美味しいね~。
ドボンは世界を救う?w

あっという間に完飲完食。
これはリピーター続出も納得できる一杯でした。
週末はライス多目の準備も必須ですねw。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 4件

「担々麺(大盛り・激辛)850円+追い飯50円」@ふる川の写真こちららしい、どこか洋も感じさせる担々麺だった~!の巻。

写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12432032697.html

1月上旬の週末、お昼に訪問。
先待ち客4名、帰りの待ち客16名。

妻の病院に付き添ったあとラーメンを。
夫婦でのラーメンは数年に一回あるかどうか。
逆に「ラーメン、食べないの?」と言われ、
帰り道にある「中華そば 先崎」に向かった次第。
オープン30分前なのに、
20名以上の並びが更に伸びていきます。
諦めて、こちらへ来た次第。

入って右手に券売機が有り。
妻には女性に人気の塩ラーメンと担々麺をポチリ。
回転は早く、直ぐにテーブル席へご案内。
店内は男性店主さん、男女店員さん4名の体制。
食券を渡すと辛さは三種類から選択可能とか。
迷わず、激辛をお願いします。

少しして、着ラー。
それではスープから。
油脂分に適度な塩気、
スッキリとしたゴマペーストに
海老も香った気がしつつ、
強めな辛味がヒリリッ。
担々だけど、どこか洋風にも感じます。
しかし、ベースを置いてきぼりにする辛さが有ります。
許容範囲内ですが、結構、辛い。
2年半振りに食べたけど、こんなに辛かったっけ?
この辛味はデスソース系ですかね?

次に麺を。
麺は低加水の細ストレート麺。
スープを束になって拾い、
むせそうなのを堪えながら、強い弾力とコシ。
激辛スープにも負けない麺です。
麺量は大盛りで180g也。
コシの強い麺なので、食べ応えが有ります。

具は挽き肉、鶏ムネ肉、小海老、ニラ、ネギです。
挽き肉は甘ショッパで、旨味をスープに添加。
担々に挽肉は必需品ですね。
解した鶏ムネ肉も結構な量で嬉しいです。
担々麺だと具材が寂しくなりがちですので。
小海老は乾燥桜海老でしょうか。
カリカリッとして、海老の風味が加わります。

卓上調味料で味変を。
酢はサッパリとします。
ラー油はゴマの風味と油脂や辛味がよく合います。

最後に追い飯をドボン。
ここでもなかなか辛いですね~。
お腹一杯だったので、
半分のライスは妻にスルーパスw。

妻も美味しかったと言っていたので良かった。
ただ、少し塩分濃度が高いと言ってましたが...
個人的には飲み疲れなのか、
激辛じゃない方が良かったかも...
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 5件

「【限定】担々麺(ちぢれ麺)850円」@麺や 千成の写真ゴマ感の演出を芝麻醤に頼らない、亜流とも言える担々麺だが、その辺の担々より美味しかったのだ~!の巻。

写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12408573316.html

9月下旬の夜に訪問。先客6名、後客1名。

美味しそうなレビューを読んだので、こちらへ。
入って、左側に限定メニューの張り出しを発見。
券売機右上のこちらをポチッとな。

特に案内はないけど、カウンター席へ。
セルフのポットで喉を潤します。
店内は若い男性店主さんと
ご両親で切り盛りとの印象。
すぐに「材料切れ閉店」の
紙が張り出されたようです。
店内にはJポップが流れております。

「大変、お待たせしました~」
とやや時間がかかっての着ラー。
五香粉使用という、スパイスが香ります。
五香粉は、シナモン、クローブ、花椒、
ウイキョウ、八角、陳皮等を使った、
中国の代表的な混合香辛料。
普通の担々麺ではあまり感じられない香り。

それではスープから。
五香が香りつつ、ピリッとした
ラー油のコクに適度な塩気、
ライトな動物系が感じられます。
動物系は鶏ガラと妄想。
飲み進めるとラー油がなくなり、
白味噌系ラーメンの味わい。
アレ....ゴマは何処に?

次に麺を。
麺は多加水の平打ち手もみ太ちぢれ麺。
表面積の多さと縮れが適度にスープを持ち上げ、
ツルツルッと引き込まれ、
穏やかなコシで喉越しも良く。
スープとの相性は良好です。
麺の味わいはまずまず。
デフォの中細麺150gに対し、こちらは200g。
でも、食べやすい麺なので、ペロリです。

具は、挽き肉、チンゲン菜、白髪ネギ、糸唐辛子です。
挽き肉は甜麺醤(中華甘味噌)の濃い目な味付け。
量もタップリでこれがいい仕事をします。
スープに溶かし込むと、甘味とコクが出ますよ。
チンゲン菜は適度な湯通しでシャキシャキ。
担々麺には小松菜じゃなくて、青梗菜じゃないと。
茨城の生産量は日本一だし、地元産かな。
羽鳥の名店では、食べやすいようにと
隠し包丁が入っていたのを思い出しましたが...
糸唐辛子がピリッとしつつ、
白髪ネギがシャキシャキ~。

あっという間に完食。
残ったスープが一番美味しい頃で、
ご飯を投入したくなるけど、自粛。
ゴマ感の演出を芝麻醤に頼らない、
亜流とも言える担々麺。
でも、その辺の担々麺より美味しいのです。
野菜も美味し。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 3件

「冷やし中華(ゴマ)700円」@中国料理 別館 中島屋の写真定番の冷やし中華が食べたかったので、美味しかったのだぁ~!の巻。

写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12397337712.html

8月上旬、お昼に訪問。先客11名、後客6名。
 
SNSで「冷やし中華」を検索したら、こちらがヒット。
店内に入ると、しばし放置プレイ。
厨房を覗きつつ、小上がり席へ。
と思ったら、相席に誘導されました。
 
冷えたお茶とお絞り、メニューが届きます。
最初から決めていた、冷やし中華をお願い。
醤油とゴマがあるそうで、ゴマをお願い。
 
小声でちょっと時間が掛かりますので..と。
店内は年配のご夫婦での切り盛りとの印象。
混雑振りを見て帰る人も居て、人気です。
 
隣の餡掛けの汁無しが旨そうだな..
時間を持てあまし、
お絞りでヒヨコを作っていると着ラー。

それでは麺から。
麺は多加水の細ストレート麺。
麺肌の弾力は穏やかで、少し粘って歯切れます。
街中華の麺としては美味しい方かなと。
麺量は体感170g程度。
 
タレはゴマ感がライトで、酸味や甘みがあり。
ゴマ感は控え目ですが、甘酸のバランスは好みです。
 
具は鶏ムネチャーシュー、豚チャーシュー、ハム、海老、
キュウリ、錦糸玉子、カイワレ、白ゴマ、和辛子です。

鶏ムネチャーシューはシットリしていて、ビックリ。
と思ったのは一口目だけでしたが..

豚チャーシューは硬質な食感。
その他、ハムなど肉類が思ったより充実しています。

海老は大きくて、プリプリッ。
キューリ、錦糸玉子は冷やし中華には定番。
和辛子でツンとするのもアクセントに。
 
あっと言う間に完食。
冷やし中華が食べたかったので、美味しかったです。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件