なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

tatsu

男性 - 東京都 (1969年生まれ)

基本家系、博多、熊本のこってり豚骨系が好きですが、意外と佐野ラーメンなんかも好きだったります。苦手なのは、化学調味料の味が立った大勝軒やくじら軒、なんつッ亭等の味。吉祥寺に住んでますが、横須賀勤務時代に家系の魅力を覚えました。

平均点 69.980点
最終レビュー日 2011年11月19日
50 43 0 2
レビュー 店舗 スキ いいね

教会通りを二葉目指したら休みだったし、野方ホープは吉祥寺にもあるから、とあまり期待せずに入ってみたのですが、予想外に美味しかったです。
白湯ベースの醤油スープ自体にはそれほどインパクトはありません。というかサラっとした白湯スープは想定外なあっさりさで無化調を感じさせます。

細麺のストレートにはもう少しこってりした感じでもいいかもしれません。次は脂多めにしてみようかな、と思いました。
トッピングは青菜、メンマ、結構たっぷりはいった白髪ネギ、そして実はこのラーメンのメインじゃないかという揚げ鶏(パーコーではありません)。
この揚げ鶏がかなりのお味で、スープの一見物足りなさをカバーしています。
結果トータルで考えて大満足なお味となり、スープまで完食、となりました。

大満足です。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

久々の入店。
化調べったりなのは覚悟して入りましたが、薄口醤油だとたんに醤油が薄いだけなので、極端な話化調の味しかしませんでした。
化調を少しでも隠すためには支那そばにした方が良かったかもしれません。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

今年の初ラーメンは実家そばに新規開店した常勝軒。
もともとは和歌山ラーメンのお店だったはずですが、ほぼ居抜きで入居したようです。
実は和歌山ラーメンを期待して向かったので、のれんに「東池袋大勝軒」の名前を見た途端に味の想像がついて脱力してしまいました。

ベッドタウンのショッピングセンター内の店舗だけにファミリー向けにカウンターはほんの少しでテーブル席中心、座敷もある店内にちょっと待たされて通されます。
東京の店と違って水がまずいと言うことがないのはすこしありがたいです。

スープは化調が前面にくる東池袋大勝軒らしい味。想像通りですが、舌がビリビリしっぱなしです。
油の量もかなり多めで、一緒にいった母と妹はスープはほとんど飲めず。
そのわりにスープはぬるめだったのは不思議でした。

麺は黄色のかなり濃い中細のちぢれ麺で、油やスープとの辛味がよく割と合っていたと思います。
具のバランスはチャーシューの大きさもあわせて、標準的だと思います。
とにかく化調が味のすべてを作り上げている印象しか残らないので、自分は一度食べればいいかなという評価ですが、化調に抵抗のない人は美味しく感じると思います。

ラーメンの方を食べればもうすこしよかったのかもしれませんね。

焼飯を一緒に頼みましたが、パラパラ感を出したいがために油っぽすぎてミニなのに半分たべれませんでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

有名な醤油ラーメンのお店ですね。
幼少時通った永福町の大勝軒とは関わりないようです。
本店の店主・飯野氏が「俺の味はこれだ!」として味の素の広告塔を果たしているとおり、スープは味の素味で下がビリビリします。ですので、ラーメンの味とか以前の問題でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

京都ラーメンのルーツの一つと言うことで楽しみにしていました。
人気はお隣の方があるようですが、シンプルな醤油ラーメンの味には好感が持てました。
麺がかなり柔らかかったのは自分的には残念です。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件