なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

tatsu

男性 - 東京都 (1969年生まれ)

基本家系、博多、熊本のこってり豚骨系が好きですが、意外と佐野ラーメンなんかも好きだったります。苦手なのは、化学調味料の味が立った大勝軒やくじら軒、なんつッ亭等の味。吉祥寺に住んでますが、横須賀勤務時代に家系の魅力を覚えました。

平均点 69.980点
最終レビュー日 2011年11月19日
50 43 0 2
レビュー 店舗 スキ いいね

二郎系ラーメンとしては麺が細く、上品な装い。
鰹節のトッピングが意外なほどスープにマッチします。
小盛でも野菜はたっぷりで、楽々などのエセ二郎系に見習ってほしいレベル。
自分は二郎本家含めて二郎系ならここが一番好きです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件
35

先週に引き続き2度目の来店。
先週食べた時は並で非常に麺が少ない印象だったので、今回は中盛りにトライ。
ちょっと濃いめの醤油が麺の食べ応えにどれくらい影響を及ぼすか、と思っていました。

出てきたラーメン、レンゲでスープを一口すすってみました。
あ、味がしない…。
先週とは打って変わって醤油の味も豚骨のパンチも足りない極薄のスープ。
この薄さで中盛りのボリュームは正直拷問のレベルでした。

この味のばらつきはここのデフォルトなのでしょうか?
少なくとも昨日の味では再訪することはないと思います。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

浦安に家系のお店があると言うことで、こちらで調べていって来ました。
家系デフォルトのかためで頼んで出てきたラーメンは、第一印象で少ない…。
普段食べている洞くつ家が結構ボリュームがあるのかとも思いましたが、ほかの家系と比べても少ないと感じました。
麺は段ボールに入って送られてくるようでしたね。
中太のストレートでしたが、こちらも自分の家系スタンダード的にはちょっと細すぎる印象でした。
かためのかたさはまずまず。

スープは洞くつ家と比べると醤油の効き、化調とも強い印象。
スープ自体は薄めであっさりしています。
それだけに余計に醤油の効きが強く感じました。

バランスは良いけど、小さくまとまっているな、と言う印象です。
チャーシューは家系スタンダード(つまり特筆すべきことはなし)でしたね。
他のラーメンよりはこっちに行こうか、という印象のお店でしたが、よってこやがあるのを帰りに見て、よってこやにすれば良かった、と思うくらいの味だった、ということで。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件
52

各種ランキングで吉祥寺1位を記録していたので期待していってみましたが、大いに期待はずれでした。
僕は土日限定のラブ麺小を妻は定番の白を注文しましたが、いずれも中途半端な味。
ラブ麺は麺の太さだけ目立って、特色のない味でG麺としては勘九郎の方が好みでした。
白は、一口頂きましたが、特徴のない白湯系Wスープでした。

期待していただけに余計に残念です。

この程度の味なら吉祥寺には他にゴロゴロおいしい店があるな、と思いました。
余程のことがなければ再訪することはないでしょう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

あっさり系京都ラーメンと言う感じで、東京で食べられる天下一品と同じようなシステムながら、あちらより美味しく感じました。
スープ、麺、トッピングのバランスも良かったです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

久々に採点します。
横浜勤務時代に家系にはまり、地元でもうまい店はないものかと探していて教えていただいて以来、ここに通い詰めてもう5年以上にはなると思います。
その間週に1~2度は通い、作り方も覚えていただきました。

武蔵家を飛び出して以来一貫しておいしいラーメンを追求する店主・永井さんの情熱はとどまることを知らず、にんにくをすり下ろしから刻みに代えたり、家系のアイデンティティ・酒井製麺の麺は当然変えずに麺のマイナーチェンジを施すなど、進化する客の下に合わせて洞くつのラーメンも進化させようという気概を感じます。

まず、食券を置いて作り方をきかれ、しばらくして出された時点で、すでに食べるのに丁度良い熱さなのがいいです。
家系みたいに油の多いラーメンは食べていてもなかなかさめないので、普通のラーメンのように熱々で出されると、最後まで熱々でラーメンの味が分からなくなってしまいます。ぬるくなく、チンチンでない丁度良い温度で最後まで食べられますね。
油の量も多くもなく少なくもなく適量で、ぬるりとした食感を感じずに済み、醤油ととんこつのバランスも適当でストレスなく食べられます。

麺は硬めを頼めば、最後まで伸びずに食べることが出来ます。酒井製麺の麺はやはり家系のスープにはジャストフィットですね。
トッピングは、自分は山くらげの食感が大好きで、いつも山くらげ増しをやってくれと要望していました。メニューに追加された時はうれしく、それ以来いつも山くらげ増しでオーダーしています。
六角家系の地盤沈下が激しい中、家系ではナンバーワンではないかと思っています。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 2件

野方ホープは環七ラーメン戦争などで名前を聞くことは多いのですが、初体験です。
どうせ、本舗や千駄ヶ谷と同じ系列の味でしょ?と思っていました。

さて出されたラーメンのスープを一口すすって、生にんにく1個と特製唐辛子を1さじ入れていただきます。
スープはこってりした背脂チャッチャのとんこつスープ。
これがかなり麺にまとわりつきます。加水率の高い縮れ麺なので余計に絡みますね。
背脂がそれほど目立たないのはスープ自体がかなりこってりしているから。

天下一品ほどではないにせよ、かなりこってりですよ。
ホープ軒本舗とは、味はだいぶ違い別物の印象です。
今度はあっさりを頼もうと思います。疲れた身体にあのパンチの効いたスープは結構つらいですね。

特製唐辛子はごま油がきいてイイカンジでした。
背脂チャッチャで「本舗」と「野方」とどっちか選べといわれたら「本舗」かな、という感じですが、妻は「吉祥寺で一番かも」とお気に入りの様子です。

餃子のたれは酢が入ってなくて好感が持てました。餃子は小さくて少ないですけど…。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

麺は以前のレビューと違い博多風の細麺になっていました。
背脂タップリで最後までアツアツのスープは、あぶり焼きチャーシューの香ばしさがうつってたいそうこくのある味になっていますが、これがなければかなりあっさり目だと思います。

背脂自体あまり最近は食していないこともあって懐かしい味だと感じました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

5年ぶりに訪れました。
ねぎは時代の趨勢で有料になってしまいましたが、それ以外のトッピングはいまだ無料で入れ放題、細麺、太麺が選べるのも相変わらず。

味のほうも5年前から水準をキープしていて感動しました。
今食べるとスタンダードな家系よりも若干あっさりした味ですが、それが珍しい細麺にマッチしてとても美味しくいただきました。

トッピングは、スライスにんにく、おろしにんにく、わかめ、もやし、コーンとたっぷり入れていただきました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件
78

女性一人や女性同士でも入れそうなおしゃれな店内に流れるのはジャズ。
清潔そうなのもポイント高くて、接客態度も合格。
店内もゆったりしていますて好印象。

味は結構おいしいとんこつ醤油。京風ということで濃厚を期待すると裏切られます。
しかし、営業時間内でも支度中になっていることが多いことはマイナス要因。
さらに、隣に洞くつ家があるのは苦しいところ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件