なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

tatsu

男性 - 東京都 (1969年生まれ)

基本家系、博多、熊本のこってり豚骨系が好きですが、意外と佐野ラーメンなんかも好きだったります。苦手なのは、化学調味料の味が立った大勝軒やくじら軒、なんつッ亭等の味。吉祥寺に住んでますが、横須賀勤務時代に家系の魅力を覚えました。

平均点 69.980点
最終レビュー日 2011年11月19日
50 43 0 2
レビュー 店舗 スキ いいね
35

先週に引き続き2度目の来店。
先週食べた時は並で非常に麺が少ない印象だったので、今回は中盛りにトライ。
ちょっと濃いめの醤油が麺の食べ応えにどれくらい影響を及ぼすか、と思っていました。

出てきたラーメン、レンゲでスープを一口すすってみました。
あ、味がしない…。
先週とは打って変わって醤油の味も豚骨のパンチも足りない極薄のスープ。
この薄さで中盛りのボリュームは正直拷問のレベルでした。

この味のばらつきはここのデフォルトなのでしょうか?
少なくとも昨日の味では再訪することはないと思います。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

浦安に家系のお店があると言うことで、こちらで調べていって来ました。
家系デフォルトのかためで頼んで出てきたラーメンは、第一印象で少ない…。
普段食べている洞くつ家が結構ボリュームがあるのかとも思いましたが、ほかの家系と比べても少ないと感じました。
麺は段ボールに入って送られてくるようでしたね。
中太のストレートでしたが、こちらも自分の家系スタンダード的にはちょっと細すぎる印象でした。
かためのかたさはまずまず。

スープは洞くつ家と比べると醤油の効き、化調とも強い印象。
スープ自体は薄めであっさりしています。
それだけに余計に醤油の効きが強く感じました。

バランスは良いけど、小さくまとまっているな、と言う印象です。
チャーシューは家系スタンダード(つまり特筆すべきことはなし)でしたね。
他のラーメンよりはこっちに行こうか、という印象のお店でしたが、よってこやがあるのを帰りに見て、よってこやにすれば良かった、と思うくらいの味だった、ということで。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

今年の初ラーメンは実家そばに新規開店した常勝軒。
もともとは和歌山ラーメンのお店だったはずですが、ほぼ居抜きで入居したようです。
実は和歌山ラーメンを期待して向かったので、のれんに「東池袋大勝軒」の名前を見た途端に味の想像がついて脱力してしまいました。

ベッドタウンのショッピングセンター内の店舗だけにファミリー向けにカウンターはほんの少しでテーブル席中心、座敷もある店内にちょっと待たされて通されます。
東京の店と違って水がまずいと言うことがないのはすこしありがたいです。

スープは化調が前面にくる東池袋大勝軒らしい味。想像通りですが、舌がビリビリしっぱなしです。
油の量もかなり多めで、一緒にいった母と妹はスープはほとんど飲めず。
そのわりにスープはぬるめだったのは不思議でした。

麺は黄色のかなり濃い中細のちぢれ麺で、油やスープとの辛味がよく割と合っていたと思います。
具のバランスはチャーシューの大きさもあわせて、標準的だと思います。
とにかく化調が味のすべてを作り上げている印象しか残らないので、自分は一度食べればいいかなという評価ですが、化調に抵抗のない人は美味しく感じると思います。

ラーメンの方を食べればもうすこしよかったのかもしれませんね。

焼飯を一緒に頼みましたが、パラパラ感を出したいがために油っぽすぎてミニなのに半分たべれませんでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件