なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

あらチャン

男性 - 埼玉県

いつもありがとうございます。おかげさまで2016、17、18年アクセス数1位…多分m(_ _)m感謝。採点は少し高めです。出来るだけ公平にとは思ってますが…ちょっと偏ってます(^_^;)興味がある方、4 行位でも良いから気軽にレポしても楽しいと思いますよ^ ^【これ以上コメント仲間増やせません。負担が大きく限界です。申し訳ありません】

平均点 87.689点
最終レビュー日 2019年10月21日
1,905 1,335 18 19,012
レビュー 店舗 スキ いいね

「つけ麺(濃厚)半額で440円 味玉110円」@UNDERGROUND RAMEN 頑者 コクーンシティさいたま新都心店の写真87点+半額感謝1点

ラーメンWalker埼玉の半額クーポンを使うシリーズ全4店舗の4店舗目。

本の中で元SKE48のメンバーで和光市出身の松村香織さんが行った2店舗のうちの1店です。

調理場に男性スタッフ2名?ホールに女性スタッフ2枚。

普通に食券を購入して後から返金してもらいます。

広い店舗ですが、満席で大人気。

提供は順調です。

平打ちの麺はきしめんの様な見た目。モチモチグッグッとした食感で一般的なつけ麺より硬めかな。

スープは濃厚な豚骨魚介。

豚骨、鶏ガラ、モミジなどを18時間強火で炊いて、カツオやさば節、昆布で旨味を追加したものだそう。

頑者の川越本店よりドロリと濃厚。六厘舎寄り。

麺にスープをたっぷり絡めて口に運ぶとカーニバル エンド フェスティバール。口の中は至福空間。でもあと少し柔らかければスープとの一体感が生まれるかも。

味玉は甘めの味付けでクリーミー。

スープの丼の中には
チャーシュー
メンマ
ナルト
ノリ
たっぷりの刻みネギ
柚子片

が勢ぞろい。良い感じでオーソドックス。

ゆっくり(早いけど)とジンワリとスープ割りまで楽しみました。


本の中の『かおたん CHECK!』には、

『埼玉でつけ麺といえば頑者。めっちゃ濃厚なつけ汁だけど、たまに柚子の香りがして食べやすい』

めっちゃその通りです。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「里芋と煮干のとろ〜り濃厚つけ麺 950円」@中華そば よしかわの写真最近アクセス数が伸びないので稼がせてもらいに来ました。

コッソリ入りましたが、今日は直ぐにバレてしまったのでもしかしたら盛り付けが少し丁寧かもしれません。失礼。

新人君が入ってお冷のタイミングが合わなかったので、1番定位置の石神ラーメン王のサインの横の席に座りましょう。

店長が寄って来て『昨日よっしーさんがこの席で、食べに来てくれたんです…』と。なんかソワソワしますね。

席を立ち券売機の前で消費税増税での値上がり具合を確かめてたりしたら、提供の時間です。

麺側の丼から。

麺は太めのツルツルモチモチ多加水。なんか僅かに塩気も感じ美味しくなった気がします。

甘めに煮た里いもと蓮根。どちらも同じ味付けかな。隠し味的に僅かにイカもいる?かな?

里いものトロリ感は大人しめでサクサクとトロリが楽しめるタイプ。

蓮根はサクサク。

味玉も甘ウマの染み込ませ方が更に上手になりましたね。

大判の豚肩ロースの低温調理のレアチャーシュー。

周りがサクッとした鶏むね肉。

後はミツバの布陣でした。


スープ側の丼。

濃厚な煮干しを里いものトロミが包みます。動物系は鶏かなと。麺を漬けると美味しいスープがたっぷり絡み付いてきますよ。

後で店長が煮干しを6時間煮込んで、里いものすり流し、鶏などを加えたと教えてくれました。

今回は割と簡単で予想通りかな^ ^

スープの中にはこんにゃく、ごぼう、刻みタマネギがゴロゴロと。特にごぼうが美味しかったです。

軽く食べ終わり。


店長と話す時間があったので色々聞くと。

消費税増税でもあまり値上げしてない。白と黒が10円づつ。特製トッピングが10円。いわしそばが20円。後は据え置きと。

本当は全部据え置きにしようとしたらしいのですが、社労士の方にやっていけないと言われて、少しだけ値上げしたそう。

『お客さんに喜んでもらいたくって』だそう。

もう…やっぱりバカなんでしょうね…多くの方に愛されてる理由でしょう。


店長に言われるまで、すっかり忘れてましたが、本日10月3日から大つけ麺博に3日間出店。吉川社長が出陣するそうです。

頑張ってください。行けませんが^ ^

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (16) | このお店へのレビュー: 90件

「【9月限定】完熟トマトつけ麺 大250g 950円」@まるふじ食堂の写真味のあるアーケードをくぐるとお店を発見。

店主さんと女性スタッフの2名体制。

前客は4名程。たまたまか女性客が多いかな。

カウンターの真ん中に座り、ぐるりと見回すと頭上に限定の張り紙を発見。


◎三種のトマト使用でフレッシュ感がありながら、コクのあるスープに仕上げました!

◎つるモチ食感の太麺(12#)を使用!!

◎バジルペーストinで味変!!!

◎アラビアータ風ペペロンチーノオイルもありますので辛党の方はスタッフまで!

これにしときましょう。

程なくパルメザンチーズがたっぷりとかかって提供です。

麺はコシの強いツルリとした太めのもの。張り紙に書いてあったもっちり感よりコシの強さの方が優ってる印象。それでもわるくないです。

スープはミネストローネの粘度を上げてトマトを大量にぶち込んでトロリとさせた感じ。程良い塩気。ベースは鶏がらかな。少し大豆の味が…気のせいかな。トマトの水煮がゴロゴロと入っていて甘さと酸味を重ねます。

麺をスープに投入。べっとりと絡みつき、硬めだった麺も少し熱が入ってもっちり感も出てきます。美味いですね。

具材は軽く湯通ししたキャベツとベビーリーフと赤タマネギ。

鶏むね肉は柔らか仕上げ。

途中からバジルのペーストを合わせると独特な香りに包まれ大人の味わいに。

スープの下の方はトマト感が濃厚。ゆっくりと完飲まで。

アットホームな雰囲気で居心地の良いお店でした。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件

「つけそば 特盛り1000円」@丸長 坂戸店の写真かなりの人気でビックリ。30分以上並んで店内へ。少しナメてました。

男性スタッフ2名体制。

一回一回茹で湯を変え鍋を洗う気の使いよう。

でもザルの中には先に茹でた麺が残ってて、次の麺を合わせる感じ。質が落ちにくい麺なのでしょう。

丁寧なので少し時間はかかりますが、提供は順調です。

七味をかけて写真撮影。

麺は太めで軽い縮れのあるもの。麺だけ食べるとつるりとした麺肌にやや固めの食感。特別に小麦の香りがするとかは無く、普通に美味しい麺。

スープは醤油の立った甘めのもので酸味はそれ程でもないです。バスの運転手さんのレポを読むと鶏ガラ、香味野菜、醤油ダレ、旨味調味料だそうです。

麺を汁碗に入れるとコクウマだけどキレがあるスープが程よく絡んできます。

つけ碗の中にはチャーシュー、ナルト、メンマが麺と馴染むように細く切られているもの、刻みネギが入っています。

みんなが頼んでいるスープ割りをお願いします。

常連ぽい方々が空になった麺の器の上に、スープの器を重ねてるのを真似して自分も。溢れないようにの心遣いなんでしょうか。

懐かしくホッとする味わいでゆっくり飲み干して食べ終わり。

常連さんが多い愛されてるお店でした。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「鶏つけ麺 塩 大盛り」@ら〜めん剣豪の写真入口にあった限定?の表題を。

人気店の様ですが夜の部なので前客2名。

ちょっとカッコイイ細身の店主さん。

可愛い女子2名のスタッフ。羨ましい布陣です。

調理を見てると、

スープは店主さん。

麺は女子が箸で器用にクルクルと。

途中で麺に鶏油をかけて良く混ぜ合わせてから麺線を整えます。

提供は順調です。

麺はコシがしっかりある中太の全粒粉入り。小麦の香りは鶏油にコーティングされて感じませんが、鶏油のほんのり甘い香りが口いっぱいに広がり美味しいです。

スープは結構しょっぱめの鶏清湯。少し発酵してる様な香りもしてしょっぱく無ければかなり美味しい。

中にはアラレと斜めに切ったネギが入っていて食感を楽しめます。麺側に乗っているネギと熱の入り具合に差を待たせてるのかな。

バラ肉は甘じょっぱくタレが染みた焼豚。

豚肩ロースは美味いハムの様な感じ。

薄い塩辛の様な味わいのメンマ。

小松菜もシャキシャキ。

麺をスープに合わせるとスープの絡みが今ひとつ。

元々清湯のつけ麺で麺肌に鶏油コーティングが災いしたのかな…塩気を強くしたのも納得です。

個人的な電話が来て、メールで折り返します。

…スープの中に麺を入れっぱなしだった。

浸け置き状態の麺を喰うと抜群に美味い。

普通に喰うとやっぱりイマイチ。

麺をスープに入れて1分半くらい染み込ませてから食べるとおつまみになりそうな感じで美味い。

全然違う味わいにビックリしながら食べ終わり。

つけおき麺気に入りました…何点にしようか迷います。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (16) | このお店へのレビュー: 1件

「特製つけそば 大盛り 1080円」@Miya De La Soulの写真『宮寺魂』

入間市の宮寺からまた同じ宮寺に移転したそう。

地図を頼りに来るも見当たらない。必死に探すも見つからない。こんな田舎の宮寺に拘る必要があるのかな。

番地も定まりきってない土地なのだそう。

疲れた…嫌だな宮寺。もう探すの心が折れました。



食券を購入後カウンターへ。

コンクリ打ちっ放しのオシャレでクールな造り。

店主さんと奥さんの2名体制。

提供は順調です。

この際奥さんから丼の縁にある柚子コショウを好みで使う様に説明がありました。

麺はしっかり氷水で〆られています。縮れのある中太平打ち。ツルリとした麺肌でコシの強いもの。

スープは煮干し強めの醤油味。豚骨かな。たっぷり刻みネギが浮いていてピリピリと一味の刺激。

スープと麺の相性も程良く絡む感じが良いですね。

味玉は甘めの味がしっかり染み込んで中まで温かい気の使い様。

豚肩ロースはハムの様なしっとり仕上げで丁寧な仕事なのが伺えます。

柔らかめのメンマがたっぷり。

後は海苔とカイワレとメンマの布陣でした。

帰りは外まで優しい感じの奥さんがお見送り。余裕がある時はホスピタリティをかな。話を聞いて素敵な接客でした。

良いお店。点数以上に過ごしやすく癒されました。

ごちそうさまでした



『何かお探しですか』

お店の場所が分からずクタクタで彷徨っていると、通りがかった少し年輩のご夫婦が話しかけてくる。

『新しくオープンしたラーメン屋を』と言うと、

『やっぱり』と。

ウォーキングをしていたご夫婦。大宮ナンバーでグルグルしている車を見かけ、徒歩でウロウロしているのを見てわざわざ戻ってきて声をかけてくれたそう。

『ここから500メートル真っ直ぐ行った角』『花が飾ってあるから』と親切に教えてくれた。

涙が出そう。

宮寺。人が温かいね。

ありがとうございました

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺 大盛880円 餃子5個300円」@麺や ふくろうの写真深夜営業。

飛鳥涼のライブ映像が流れています。

バラバラに来たっぽい常連のおじさん達がカウンターに座って飲みながら楽しげに話しをしています。

店主さんも酔ったお客さんと上手に会話をしています。

カウンター裏側には製麺室が見えますね。

提供は順調です。

中細の麺を口に運ぶと軽いぬめりがある麺肌で柔らかいのですが、歯に力を入れるとぎゅっとしたコシがあります。

豚骨主体のスープかな。そこにたっぷりの魚粉を浮かべ溶かしたもの。ライトミドル級の豚魚です。

麺をスープに浸すと麺肌のぬめりみたいのが消えてポソポソとした食感。

スープはもちろん魚粉もたっぷり持ち上げます。


常連さんは店主さんにプレミアムなバナナだからとお土産を渡しています。『弟は飛鳥の若い頃にそっくりなんだよ』…そんななんでもない話を軽く相槌を入れながら笑顔で聞いてあげてます。


しっとり柔らかい豚バラロール。もう一個はウデ肉かな。どちらもコンビーフのようなシーチキンのような味わいも面白い。

味玉は黄身半熟のが半分。薄味仕上げ。

スープ割りのスープは薄味の豚骨かな。ちょっとレンゲが魚粉まみれで細かく判別出来なかった。

温かくなったスープはチーズの様な芳醇な旨味を感じます。

餃子は平均かな。食べやすいサイズで飲む方にはもってこい。

愛されてるお店でしたね。

来月から始まる大つけ麺博に出るそう。

会計時に『つけ麺博頑張ってね』と言うと、

『これとは違うやつでやりますんで』とニッコリと。

頑張って下さい。

ゆっくり時間の流れる深夜営業。良い味がありました。

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (15) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「濃厚つけめん(中)860円 Aセット280円」@東池袋大勝軒 ROZEOの写真いつも通り過ぎてばかりでしたが、9月27日でとみ田初の直営店としてオープンして11周年。そして10月16日で閉店するそうなので寄ってみました。

広めの店舗。富田店主さんは居ませんが、スタッフは一生懸命働いていますよ。

提供は順調。力強い盛り付けで登場です。

全粒粉入りの麺は割り箸の先より少し細い位の太さ。つるりとした麺肌ながら僅かにザラつきもあるもの。水切りも程良くツヤツヤ。

スープは豚骨魚介の王道。魚粉の旨味がガンと来て、動物系の旨味もしっかり後押し。濃厚だけどエグミみたいのはなく食べやすい。粘度があるスープなのでたっぷり麺に絡みつきます。

中に沈んでる刻みネギが美味い事。これも豚魚の醍醐味でしょう。

沈んでるチャーシューは薄めにカットしてありますが、大判で食べ応えがあり美味しいです。

材木メンマは甘じょっぱく、軽快なコリコリのリズム。もう一個はとろける柔らかさだったのも偶然だとは思いますが面白い。

あとはナルトが居ましたね。


餃子は普通サイズのが3個。モチモチの皮とカリッとした焼き面。肉餡の野菜などのバランスも良い。

白飯も美味いね。

スープ割りは卓上ポットを渡されます。鰹節と煮干しかな。割りスープ自体がしっかり美味い。

ゆっくり味わいながら完飲まで。

10月25日よりテラスモール松戸にて『松戸富田麺桜』としてスタッフは移動。メニュー構成は変わるそうです。頑張って下さい。

本店は狭いし格もあるので食べ手を選びますが、ここは広い店舗で肩肘張らず、ファミリーなどの団体でも使いやすい。きっと思い入れがある方も多い事でしょう。

良いお店でしたね。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「カレーつけ麺 880円」@69treeの写真区切りの1300店舗目はとっておきのこちらをご紹介。

群馬の山の中。

この間行ったラーメンCHOPの新店主さんが、以前の店主さんが群馬の山奥でお店をやってると教えてくれました。もうすぐ一年になるそう。

https://ramendb.supleks.jp/review/1259879.html

黒保根水沼を左折して坂を登ります。

平らな所が出て来て小学校が見えました。偶然ですが自分の父親の母校。歴史は古く明治六年に前橋に第一番小学校。第二番小学校をここ。第三番小学校を中之条に新設したそうです。明治政府が欧米式の学校制度を公布したのが前年ですからいかに早く、重要視されていたかが分かります。

そこから少し右の方の脇道へ。更に右側を注意してると下に降りる小さな道が。小さく文字が書かれてるのでここですね。

狭いので用心しながら車で降り、木の間を抜けて駐車場へ。

皆さんの写真で予習してましたが、凄い場所。建物。

中に入ると超素敵。

ご主人が『いらっしゃい』と。ほとんど話した事も無かったのでスルリと。

奥さんも出て来て『いらっしゃい』と。忘れられてたかなと思ったら『あら?あら?』と覚えててくれた様。

好きな場所へと言うので低めのテーブルへ。小上がりもあります。

大好物だったマサラはあるかと聞くと、マサラは無いけどカレーならと言うのでそれをアツモリでお願いします。

待ってる間に断りを入れて撮影会。店内装飾全てがSNS映え。

その中でも入口付近に薪ストーブがあります。帰り見たときに薪が積んであったので冬場になると暖かくお出迎えしてくれるのでしょう。

他にも沢山のSNS映えポイントがあります。店内、外観写真に一部置かせていただきました。

目をキラキラさせてると提供です。

麺は大好物だったマサラ(辛いです)が振りかけられたアツモリの極太。モチモチとした口当たりで麺肌が柔らかくなってる分スープがたっぷり絡みつきます。写真だと少な目に見えますが深い器なのでなかなかの量。

スープはCHOPの時は豚鶏魚介のスープにカレーをぶち込んだやつでしたが、これは鶏豚の清湯寄りのスープにジャワカレー的なやや黒っぽいカレールーを入れたものかな。トロミがあって美味しいです。

甘い玉ネギやネギ、ナルトも入ってます。

大きな肉が多めに入ってたのはサービスなのか皆さんもなのかは分かりません。

豚バラやひき肉なんかも入ってました。

味玉は半分ですが、トロリと甘くかなり美味しい。

後は水菜と海苔ですかね。

物件を色々見て回りこの古民家を気に入って購入したそう。それでお金も無くなったので自分達で、友達にも手伝ったりしてもらいながら作り上げたそう。店舗になってるこの場所も畳だったそうです。頑張りましたね。

また来ますと言って店の外へ。

外観写真を撮っていると『ガサガサ』と物音が。何か出たかなと裏手の方を覗くと犬が鳴かないで耳を寝かせて尻尾を思いっきり振ってました。

なんかね、グッと来ちゃったな。

男女問わず楽しめ、ゆっくり贅沢に時間を過ごせる事でしょう。

一番のオススメ。

そうそう。フェイスブックの写真も時間があったら眺めても楽しいですよ。写真家みたいに上手いです。

ではでは

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (30) | このお店へのレビュー: 1件

「【五周年記念限定麺】1000円」@中華そば よしかわの写真五周年おめでとうございます㊗️

金曜日夜の部50食
土曜日朝の7時から整理券配布の100食

計150食も…こなせるのか心配です。

吉川社長も顔出してます。プレッシャー。

そのせいプラス、オペレーションの厳しさで上尾の店長の顔には全然余裕がありません。

でも提供は順調です。

順番に出されますが食べずに集合写真を撮りました。外で並んでる方がいてちょっと迷惑かなと思いましたが、サラリと食べて自分の後の客には抜かされなかったので被害は無かったかな…でもごめんなさいね。

では実食。


【先付け】雲丹と生湯葉の一口そば

(写真右奥)冷たいです。

コシのある全粒粉入りの細麺。優しい塩気と煮干しの出汁がしっかり効いた白醤油スープに浸かっています。

生湯葉、雲丹(ウニ)、ワサビ、メネギと乗っています。

雲丹は食べた事ないくらい良いもの。粒々がハッキリしていて臭みなど無く甘くてとろけます。

生湯葉は芳醇な大豆の香りとトロミが心地良い。麺全体に風味を与え美味しい。


【肴麺】稚鮎と穴子八幡巻 冬瓜のすり流し

(手前)冷たいです。

中ぐらいの太さのモチッグッとした平打ち麺。最初の先付けの麺と同じ様な煮干しのスープに浸かっています。熊笹の下に冬瓜のすり流しが優しく潜んでました。

熊笹の上には

揚げた蓮根、松の針みたいな葉っぱで刺した銀杏が二個、彩りと香りの菊の花びら、ラデッシュ、稚鮎、穴子八幡巻、シメジ。

稚鮎は干して焼いたのかな。小さくてもちゃんと苦味もあり美味しい。

穴子八幡巻は牛蒡を穴子でまいたもの。フワリと柔らかく甘く大好物です。

麺はそのまま食べたり、一緒に出された《汁》に浸けて食べました。


【汁】埼玉県産しゃも白湯

(真ん中右)熱いです。

レンゲで持ち上げるといきなりしゃものモモ肉がゴロゴロと。口に放り込めば肉汁がジュワッと。

刻みタマネギが浮いた濃厚なしゃも白湯醤油味。甘めでコクウマ。麺をくぐらすとつるりとした麺肌に旨味、香りをしっかり纏い素晴らしい。


【止め椀】和牛の炙り ぬるめのそば

(左奥)ぬるめです。

最後にぬるめのそばを持ってくるとは流石よしかわ。気持ちが落ち着きます。

麺も柔め。中ぐらいの平打ちツルリとした麺肌。

少し甘めの薄い甘露の様なスープに浸っています。

その上に乗っているのは和牛のローストビーフ。モモかな?ふんわり柔らかくて甘みがあって素晴らしい。

肉の上には『とんぶり』が乗っています。畑のキャビアと呼ばれてるそうです。忙しいのにチョロっと聞きに行ったら店長さんの顔がいっぱいいっぱいで面白かった。ドSなもので^ ^

プチプチして美味しい。

この葉っぱは…クレソンかな?ひと飲みでした。

全部完飲まで。

良い食材をふんだんに使い盛り付けも素晴らしい。温度まで変えてくる立体的な攻撃力。やられました。

今年一番の贅沢をしました。

閉店後チョロっと顔を出したら店長さんは忙しさを楽しんでる。スタッフも笑顔。明日も頑張って下さい。

レポ読んで行かれる皆さんもありつけます様に。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (16) | このお店へのレビュー: 90件