なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

あらチャン

男性 - 埼玉県

いつもありがとうございます。おかげさまで2016、17、18年アクセス数1位…多分m(_ _)m感謝。採点は少し高めです。出来るだけ公平にとは思ってますが…ちょっと偏ってます(^_^;)興味がある方、4 行位でも良いから気軽にレポしても楽しいと思いますよ^ ^【これ以上コメント仲間増やせません。負担が大きく限界です。申し訳ありません】

平均点 87.689点
最終レビュー日 2019年10月21日
1,905 1,335 18 19,019
レビュー 店舗 スキ いいね

「ラーメン(小)850円 うずら100円」@ラーメン 滋悟郎の写真群馬の課題店。

外に並びがあります。中待ち席も6席あり。

ラーメン(小)300gとうずらの食券を買ってから外待ちに連結。奥さん?が途中で券の確認に来ます。

店主さんと奥さんの2名体制。

30分程待ってテーブル席に通され先に食券を見せていて準備が出来ていた様で直ぐにコール。

ヤサイ、アブラ、ショウガで。

ヤサイはやや柔らか仕上げ。上に乗ったアブラがクリーミーでほんのりバターの様。ヤサイとしっかり絡まり一体感があり美味しいです。

肉はウデ肉かな?形が崩れる程のホロホロ仕上げ。味もしょっぱ過ぎず好み。これもヤサイと絡まったりしながら一体感。

手前に一個引っ張り出したのだけが、やや硬めで醤油ダレが染み染み。

スープは非乳化の円やかながらもキレ味勝負。醤油ダレの主張は強めですが豚感もしっかり出ていて不足感は無し。増したおろしショウガが結構主張してきます。

麺は平打ちで、弱いうねり。割り箸の先位の幅で厚みはその3分の1位。

オーションぽくはないけど、モチモチゴワとした食感。二郎系だとやや柔らかめの部類かな。

うずらは5個100円と安い。冷たいけど味が中まで染みてます。

軽く食べ終わり。

食べ終わってお会計を済ますと、自分の後ろに並んでた人は提供もされてない様子。自分はたまたま早かったですが、太麺で茹で時間がかかるのかもしれません。

少し麺とスープが好みと外れてましたが、ヤサイとアブラとホロ肉の一体感は良かったです。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「カレーつけ麺 880円」@69treeの写真区切りの1300店舗目はとっておきのこちらをご紹介。

群馬の山の中。

この間行ったラーメンCHOPの新店主さんが、以前の店主さんが群馬の山奥でお店をやってると教えてくれました。もうすぐ一年になるそう。

https://ramendb.supleks.jp/review/1259879.html

黒保根水沼を左折して坂を登ります。

平らな所が出て来て小学校が見えました。偶然ですが自分の父親の母校。歴史は古く明治六年に前橋に第一番小学校。第二番小学校をここ。第三番小学校を中之条に新設したそうです。明治政府が欧米式の学校制度を公布したのが前年ですからいかに早く、重要視されていたかが分かります。

そこから少し右の方の脇道へ。更に右側を注意してると下に降りる小さな道が。小さく文字が書かれてるのでここですね。

狭いので用心しながら車で降り、木の間を抜けて駐車場へ。

皆さんの写真で予習してましたが、凄い場所。建物。

中に入ると超素敵。

ご主人が『いらっしゃい』と。ほとんど話した事も無かったのでスルリと。

奥さんも出て来て『いらっしゃい』と。忘れられてたかなと思ったら『あら?あら?』と覚えててくれた様。

好きな場所へと言うので低めのテーブルへ。小上がりもあります。

大好物だったマサラはあるかと聞くと、マサラは無いけどカレーならと言うのでそれをアツモリでお願いします。

待ってる間に断りを入れて撮影会。店内装飾全てがSNS映え。

その中でも入口付近に薪ストーブがあります。帰り見たときに薪が積んであったので冬場になると暖かくお出迎えしてくれるのでしょう。

他にも沢山のSNS映えポイントがあります。店内、外観写真に一部置かせていただきました。

目をキラキラさせてると提供です。

麺は大好物だったマサラ(辛いです)が振りかけられたアツモリの極太。モチモチとした口当たりで麺肌が柔らかくなってる分スープがたっぷり絡みつきます。写真だと少な目に見えますが深い器なのでなかなかの量。

スープはCHOPの時は豚鶏魚介のスープにカレーをぶち込んだやつでしたが、これは鶏豚の清湯寄りのスープにジャワカレー的なやや黒っぽいカレールーを入れたものかな。トロミがあって美味しいです。

甘い玉ネギやネギ、ナルトも入ってます。

大きな肉が多めに入ってたのはサービスなのか皆さんもなのかは分かりません。

豚バラやひき肉なんかも入ってました。

味玉は半分ですが、トロリと甘くかなり美味しい。

後は水菜と海苔ですかね。

物件を色々見て回りこの古民家を気に入って購入したそう。それでお金も無くなったので自分達で、友達にも手伝ったりしてもらいながら作り上げたそう。店舗になってるこの場所も畳だったそうです。頑張りましたね。

また来ますと言って店の外へ。

外観写真を撮っていると『ガサガサ』と物音が。何か出たかなと裏手の方を覗くと犬が鳴かないで耳を寝かせて尻尾を思いっきり振ってました。

なんかね、グッと来ちゃったな。

男女問わず楽しめ、ゆっくり贅沢に時間を過ごせる事でしょう。

一番のオススメ。

そうそう。フェイスブックの写真も時間があったら眺めても楽しいですよ。写真家みたいに上手いです。

ではでは

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (30) | このお店へのレビュー: 1件

「つけめん800円 大盛り(ラーパス) 味玉100円」@らーめん つけめん 和み屋の写真1年半位前にオープンしたこちら。以前1度だけチャレンジして真っ暗。再挑戦で無事に店内へ。

時間もズレてて半分程の入り。

評価の高い清湯が気になりますが、豚骨魚介のつけ麺が大好きですからそちらを選択。

ラーパスで大盛りサービスをしてもらいます。

店主さんとアルバイトの女子の2名体制。

常連さんと仲良く話しています。

見回すとゴールデンタイガー公認のTKMのメニューが…店内に張ってあってももう遅いです。

提供は順調。

麺は割り箸の先位の太さで全粒粉入り。ツルリとモチモチとした食感で大変美味しい。

スープは期待通りのトロリと濃厚な豚骨魚介。豚の旨味に煮干しを中心とした魚介の旨味が覆い被さり大変美味しい。たっぷりのネギやほんのりの柚子がまた良いのです。

豚バラは焼き豚。甘じょっぱく味付けされていてほんのり生姜。ジューシーで噛み応えもあり大変美味しい。

材木メンマは柔めの歯応えで優しい味付け。

味玉は中がほんのり温かく、深漬けでメチャウマ。

席も遠いし、常連と話してて(常連が良く喋る)スープ割を頼むタイミングが無いなぁとそのまま飲み干しに掛かったら、店主さんからスープ割いかがですかと声が掛かる。

半分程飲んでしまいましたがお願いして、柚子入りでアツアツになってリターン。

ゆっくりと味わって飲み干しました。

今度、勝手に小つけ麺博をやったら群馬代表はここにしようかなと妄想。

素敵マタオマでした。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌ラーメン 750円」@鳴馬良の写真鴨出汁の美味しい一杯を頂いて、もう一杯味噌を追加します。

中華鍋で炒めて盛り付け提供です。

スープを飲むと円やかな味噌が香ばしく広がります。

ラードで炒めた野菜、ニンニクに鶏ガラのスープ、合わせ味噌を加えた風。

美味いんだけど、ひき肉をバンバン入れてこってり感があるのが好きなので、僅かに物足りないか。

今度は縮れのある太麺で来ました。少し透明がかったオレンジ色でやや硬めのモリモリとした食感が好み。

炒め野菜はもやし、玉ねぎ。

チャーシューは大判のが2枚。2枚がデフォなのか、それとも何か危険で賄賂的な怪しい忖度が働いたのかは知りません。ご想像にお任せします。

後は白髪ネギがたっぷりなのが嬉しい。

こちらもスープを半分程飲んで食べ終わり。

最後に話を聞くと都内でお蕎麦屋さんをやられていたそう。

出店するので群馬をかなり食べ歩いたとの事。

違いを出したくて鴨を選択。

最初に食べたジワジワ来る鴨出汁、焼いた鴨肉の肉汁抜群でした。

繁盛しますように。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 2件

「醤油ラーメン」@地鶏らーめん とりじの写真券売機は新し目のタッチパネル式。

メニューの写真は醤油も白醤油も塩もそっくり。醤油ワンタンメンと塩ワンタンメンの写真はおんなじの使ってますし。

新しくて綺麗なお店。

男性スタッフ2名と女性スタッフ2名かな。にこやかで和やか。

思わず『早過ぎる』と言ってしまうくらい間髪入れずに提供。

流行りの鶏と水のビジュアル。

レンゲを運ぶと、香ばしい醤油の風味と鶏の旨味ジンワリと広がり、下支えに鰹節などの魚介でしょうか。新店ながら間違いのない安定を感じる美味しさ。

麺は全粒粉入りでしっかりコシのある中細。モリッモリとした食感で美味しい。

一昨日レポを上げた前橋市内の新店『鳴馬良』と同じ小櫻製麺。勢いを感じます。

豚肩ロースは筋が僅かに気になったけど、モチモチジューシーで美味。

カイワレと九条ネギが彩りと爽やかさをプラス。

普通のメンマではなく姫竹メンマ。

九条ネギを掬いながら完飲まで。

こう言った系は個人的に慣れてしまって目新しさや感動は少ないけど、今どきで美味しい一杯でした。グッと来る方も多いのでは。

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「鴨塩ラーメン 780円」@鳴馬良の写真前橋の新店に2軒行って来ました。

1軒目は鳴馬良。

以前は二郎系のお店。1度だけ来て凄く頑張っていました。お疲れ様でした。

ご主人と奥様の2名体制。

前の店は二郎系とは思えない位の清潔感。このお店も引き継いでいます。

アツアツのサービスの茶碗蒸しから提供されます。

程なく鴨そばも提供。

スープは鴨出汁…鴨って表現しにくい味ですよね。じわじわとブレながら旨味が広がると言うか…昆布、煮干しなどの魚介もいそう…なんか深く考えてしまう。

麺はもう一軒行った新店の『とりじ』と同じ小櫻製麺。中細のやや硬めの茹で加減。食感ももさりとした部分があり、同じ製麺所でも味わいが少し違います。

鴨は前レポのゴロさんには申し訳ない3枚半(何の忖度も無いと思いますが…)。半の部分は端っこで少し筋があるようで噛みきれないので、丸呑みで対処。塩で味付けして焼いてありモチモチ。鴨の脂がベリージューシーで超美味い焼き鳥を食べてるよう。

大判の豚バラロールは鴨ロースに比べるとアベレージ。生姜味です。

白髪ネギ、水菜。彩りと清涼感。

海苔も直前に炙ってる様な香ばしさ。調理してる手元は見えませんが、七輪でも置いてあるのかな。


軽く食べ終わり、凄く気に入ったので味噌ラーメンも追加します。


待ってる間に先出しされた茶碗蒸しへ。

アツアツだったのが食べやすい温度へ。出汁の入った玉子がフワリと解け、鶏むね、三つ葉、椎茸、かまぼこと…美味しゅうございました。

一旦、ごちそうさまでした。

味噌へ。

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 2件

「豚そば 780円 和え玉 塩 200円 味玉 サービス」@麺屋 照の坊の写真今月来月と小山市で開かれる『最強ラーメン祭』第二陣に『千茶屋』『弥七』とコラボで出店する『照の坊』にやって来ました。

店主さんと女性スタッフ(奥様?)の2名体制。

ラーパスで味玉を付けてもらいます。ありがとう。

常連客?に話しかけられていて、最強ラーメン祭は煮干しじゃない、生姜等のやり取りが。

この時はまだ第一陣も始まってなかったのですが、盛り上がってきてますね。

提供は汁そばと和え玉がほぼ同時に提供で写真に収める側としてはありがたいです。

豚骨っぽいのを予想してましたが、豚骨魚介の甘くないバージョン。

濃厚な豚骨と煮干しでちょっと塩分強め。上級者向けです

麺は平打ちの縮れがあります。煮干し系でこの麺は少し驚きましたが、面白いアプローチかなと思います。

もちもちプルンとした食感でスープもしっかり絡んできます。

柔らかく煮た豚バラ肉。

低温調理の豚肩ロース。

味玉は深漬けで黄身のトロリ感も完璧。

後はメンマ、かつお節、ネギ、海苔の布陣。

和え玉(醤油or塩)は塩で頼みました。

200円でチャーシューやネギが乗り、甘くフワリと小麦が香って大変美味しい。

軽く完食。

ごちそうさまと言ってお店を出る時に、

『ありがとうございました』と店主さんが出口付近まで頭を下げに来たので、最強ラーメン祭のチラシを指差して『頑張って下さい』と言うと、

ニコニコと嬉しそうに『ありがとうございます』と。

最近Twitterを見てみると、イベントのトッピングを店主さんの名前で付けられてました。

早くも弥七の…

『最強ラーメン祭』頑張って下さい。

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (11) | このお店へのレビュー: 3件

「濃厚タンメン 野菜増し」@極濃湯麵シントミの写真あってりめんこうじ、なんなんと来てこの日の最終。

群馬のスタンプラリー4軒目です。

伊勢崎の『フタツメ』の2号店だそうです。

やはり人気があります。

20分ほど外待ちを経て店内へ。

着席後も結構待ちますが、座席も多く、野菜も煽ってるので調理は大変そうでやむなしです。

濃厚タンメン+野菜増しを頼みます。(750+100)×1.08の10円単位未満切り捨て。

ラーパスで麺大盛りとウーロン茶から選べます。あまりお腹も空いてないのでウーロン茶を付けて貰いました。

まずジョッキのウーロン茶が来てお待ちかねの大きなタンメンの登場です。

先ず野菜達はモヤシが多く見えますが中の方に沢山入っていて、

『フタツメ』と同じ【モヤシ、キャベツ、ニラ、チンゲンサイ、ニンジン、タマネギ、ハクサイ、豚肉、イカ、カマボコ】の布陣の様です。

香ばしく炒めてあり美味しいです。

スープは甘みの強いクリーミーな豚骨。

麺は極太のウネリ、ゴワ感のある二郎系の麺の様です。

野菜から溶け出したのも合わさり強めの旨味たっぷりなスープの絡み具合も良いですね。

ただ今回はたまたまか甘くて少し困りました。

イメージとしては二郎系。スープが甘寄りで野菜は種類が豊富で香ばしく炒めたのが乗る感じでしょうか。

人気なのが分かります。

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「なんなん塩ラーメン700円ゆで餃子340円半ライス(無料)」@麺屋 なんなんの写真あってりめんこうじから車移動。

群馬のスタンプラリーでやって来ました。3軒目。

アニメ声の多分可愛い子(マスクしてたので)に塩ラーメンを頼みラーパスを見せてウーロン茶をサービスして貰います。

後、半ライスも無料と言うのでお言葉に甘えて…なんか急に見栄を張りたくなりゆで餃子もプラス。

順調に提供です。

あっさり優しい味わい。豚ベースのスープかな。タレには五島灘の塩を使用しているそう。

透明なレモンの果肉色の多加水細縮れ麺。ツルリとモチリ。

真ん中の梅のペーストは群馬の有名な梅林のものを使っているそう。

あっさりスープに梅の爽やかな酸味が加わり後半に入っても飽きる事がなく食べ進められます。

大きめな豚バラ肉も優しく煮込まれてます。

メンマは柔目のコリコリ。甘めの味わいです。

味玉は半分。

水菜とネギで最後まであっさりと。

ゆで餃子は餡の野菜肉のバランスは平均的。モチッとネトリとした皮が美味しい。

軽く完食。

『老若男女に愛される、飽きのこないラーメン』を目指していると言う通り特別な何かは無いけど、値段が安く店舗が広く寛いでる人が多かった印象でした。

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば【特選黒醤油】800円」@あってりめんこうじ 安中原市店の写真ラーメンデーターベースパソコン版の下の方のInstagramをクリックするとラーメンの写真を頑張って貼り付けくれてます。

最近フォロワーが増えてて

この間のとみ田の写真に2000以上のいいねが付いていました。只々感謝。

ここもインスタ映えしそうなお店です。


スタンプラリー攻略でこちら方面へ。

ここは本には載ってましたがスタンプラリーは不参加店。

ギリギリ腹を擦らない斜めの駐車場に車を停めます。

店内に入ると古民家改装の様な落ち着いた雰囲気。

カウンターに座り表題をお願いします。

座ってる間に薀蓄を読むと

丸鶏+親鶏ガラ+三種の煮干+三種の節+凝縮(ぎょうしゅく)豚肉出汁+超特選醤油三種のスープだそう。

凝縮豚と言う銘柄豚かと思ったら凝縮した豚肉出汁との事。豚肉1水1位の割合で煮詰めたとの事。

麺上げを見てるとテボの中で丸めるスタイル。

器に入れて整えて見事なビジュアルになって提供です。

スープをひと口飲むと旨味が円やかにでもしっかりと広がります。上記の材料の中でも鶏と煮干しが効いてる様な雰囲気。美味しい。

麺は中ぐらいの太さの平打ち。こういった麺線を綺麗に出すお店に多いタイプで、滑らかだけど僅かにザラリとした麺肌で噛み締めるとコシがあります。

チャーシューは低温調理の豚肩ロース2枚と柔らかく煮た豚バラ。どちらも上手。

後はメンマとネギですね。

美味しく完飲完食。

食べ終わってチラリと見えた隣の人が食ってる油そばも凄く美味しそうでした。

羨ましそうに見ていたからか店主さんが『足りましたか?』と。

油断してると顔に出るんですね…気を付けないと。

最後は外までお見送り。

遠いですがオススメですよ^ ^

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件