なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

あらチャン

男性 - 埼玉県

いつもありがとうございます。おかげさまで2016、17、18年アクセス数1位…多分m(_ _)m感謝。採点は少し高めです。出来るだけ公平にとは思ってますが…ちょっと偏ってます(^_^;)興味がある方、4 行位でも良いから気軽にレポしても楽しいと思いますよ^ ^【これ以上コメント仲間増やせません。申し訳ありません】

平均点 87.693点
最終レビュー日 2019年5月22日
1,753 1,216 18 16,412
レビュー 店舗 スキ いいね

「洋二郎 野菜増し チーズ ウズラ」@特級中華蕎麦 洋介の写真どうせ土浦の人気店である龍介のFC的な存在でしょう。

と思ってましたが、なかなか人気が落ちないので様子を探りに行ってみる事に。

二郎系にしては850円となかなかのお値段。

更にヤサイ増しまで有料とは…どんなものか頼んでみましょう。

店主さんと女性スタッフ、後は助っ人なのかな…ベテラン感のある方。3名体制です。

提供は順調。ウズラを少し並べ直しての撮影です。

ヤサイから食べるとメチャ旨い。なんか旨味調味料なのかな…味が付いてます。僅かにクタめな茹で加減。キャベツ割り合いは程良くぐらい。

スープは濃厚な豚骨醤油。ドロリとしていて厚みがあり僅かに骨粉のザラザラ感もある濃厚さ。塩分は抑えめで飲みやすくメチャクチャ旨い。

麺は極太平打ち。ウネリもあり小麦粉の粗さも感じるもの。やや柔らかめでスープもしっかり吸い上げ大変美味しいです。

ウズラは味は付いてませんが、五個は嬉しい。

ウズラの左側のチーズ。乗っけてくれと頼んだら、調理の際になんか戸惑いがあったみたいで、店主さんが『20秒』とレンチンする時間の声かけ…長くないかと不安になりました。

案の定。表面はトロリも中はスナック菓子の様なパリパリ感。固形物として美味しく頂きました。

味玉の右側のは煮込んだ脂身。甘じょっぱくトロリとしていて絶品さん。

脂身の隣の横向きの豚バラ。こちらもトロリとしていて美味しかったです。

途中からニンニクも溶かしてパンチアップ。

軽く完食。

レポ書く段になって二郎好きのpotiさんのレポを読むと低評価。

確かにpotiさんのはビジュアルも弱いし下ブレだったのかな…でもやっぱり好みもありますよね。

個人的につくば近辺は二郎系だけは弱いかなと思ってましたが、改めさせていただきます。

素晴らしい一杯でした。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉しお 900円」@RAMEN Wingの写真4月1日オープンの新店。

ダーツも出来るとの事なのでどんな感じか気になります。

入るとラーメン屋っぽく無いオシャレな空間でカッコイイ。

偉くなった気分で贅沢に席を占領。

空いてますが、オシャレな空間が逆に気軽に入れないのかな…

茶髪とメガネが似合う女の子に何がオススメか尋ねると一拍おいて、

『塩です』とキュートに笑いながらオススメしてくれる。

待ってる間、店内撮影して良いか聞くと全然良いとの事なので。

ピンクのダーツを指差して『ここだけかも』と。かなりレアなダーツみたいですが、全然分からず写真に収めました。

『大スクリーンでカラオケも楽しめるんです。ライブみたいな大音量で』と色々と。愛想も良くて看板娘ですね。


提供は店主さん。少し話をしてる間も鶏の香りが襲い掛かって来ます。

早く食べたいと目線を送りレンゲを運ぶと鶏の旨味爆発。

柔らかくて鶏の厚みが半端無くあるスープ。塩分は抑えめ。鶏清湯でここまでの濃度は…記憶にあるかなか無いかな…鶏肉とかもぶっ込んでそう。

軽く塩ダレに魚介は使ってるかもしれませんが、強めの鶏推しのスープで絶品でした。

中ぐらいの太さでエッジの効いたツルツルとコシのある麺。時間が経ってもあまり柔らかくならないタイプでゆっくり食べてもオッケーな感じですね。

味玉はトロリさん。

厚みのあるメンマは優しい味付け。

豚肩ロースは低温調理されたもので、程良い厚みがありモチモチとしたもの。

鶏肉も同じく低温調理されたもので、柔らかくジューシー。

ベビーリーフ、水菜の野菜にはフレンチドレッシングみたいなのが掛かってて美味しく、そのドレッシングの酸味とかが丼全体に影響を与えます。

刻んだ赤たまねぎ。

花の形のお麩。

レモン(ライム?)の輪切りはいつもの丸呑みで対処。

ゆっくりと完飲まで。

素晴らしい一杯でした。

修業先はあそこかな…

レジで店主さんに『凄く美味しかった。修業先は?』と持ち上げながら聞いてみると、

『他の方に少し言ったら広まっちゃって…』と困った様子。どうやら非公開の模様。

スタッフも気さくで、素晴らしい一杯でした。後はお客さんがもう少し入って欲しい状況でしょう。

なんとか工夫しながら繁盛しますように。人柄と開店祝いでにプラス1点。

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「鴨中華そば 830円」@はりけんラーメン 南店の写真1年半ぶり5回目の訪問。

この日は腹ペコ。

動きの素早い店長さんと仕込みを頑張る男性スタッフとホール、調理補助をこなす気の利く綺麗な女性スタッフの3名体制。

食べた事がなかったなと、看板のデフォのボタンを押します。

提供はもちろん順調。

一口飲むと腹ペコの胃に染み渡るのが分かります。

ふわりと良い匂いのするスープは甘めで鴨の旨味がたっぷり。醤油も色ほどキツくは無く優しく包み込む様。コクウマで溜まり醤油を使ってるのかな?好みの味わいです。

麺は中細位のストレート。プツンとモチッが両立したような美味しいもの。

穂先メンマは柔らかくシャキシャキ。

ナルトが彩りとかわいさを演出。

チャーシューは、

ハムの様な豚肩ロースが1枚。

ハムの様な鴨ロースが3枚。軽く炙ってあって脂身が甘くて美味しい。

後で他の方の写真を見ると鴨ロースは2枚。きっとあらチャンだからとサービスしてくれたのでしょう。凄く嬉しいですが、他の知ってるお店にも言ってるのですが、普通で大丈夫なのです。ありがとう。

コネギや甘い白ネギをシャクシャクいわせながら完飲まで。

『溜まり醤油使ってる?』

『いえ、濃口醤油にみりんを使って…』

…またはずしました。

良いお店です。

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (9) | このお店へのレビュー: 6件

「特級純鶏そば  ローストポーク丼  つけそば」@特級鶏蕎麦 龍介の写真小山市で開かれている『最強ラーメン祭』。第二陣の出店する『龍介』に来ました。

ちなみに第二陣は30日と31日の二日間です。

ベンチに座ってる人に話しかけると人懐っこい。

かなりの常連さん(ほぼ身内?)みたいで、ラーメンの事で話が弾み、名前も知らない自分につけ麺も食べさせてあげたいからと、店主さんに言ってくれて、店主さんもふたつ返事でOK。

店内へ。

提供は順調。

◎特級純鶏そば1000円

甘い香りのする白濁したスープは鶏の旨味たっぷり。

濃過ぎず薄過ぎずバランスが取れた柔らかさ。

煮詰めて濃厚にするスタイルをやめて、バランス重視し切り替えたとの事。

天草大王主体で名古屋コーチン、更に天草大王の油を足しているとの事。

大変美味しいスープでした。

麺は中ぐらいの太さで、モチッとした後にグッとした噛み応えがくる感じ。

もちろんスープとの相性も良好です。

右側の胡椒がかかっているものは柔らかい鶏むね肉の上にカマンベールチーズっぽいソースがかけられています。

思わず『チーズがおいしい…』と隣の常連さんに。

鶏団子はきめ細かい感じで柔らか。

メンマは丁寧に作られた程良い歯応えと邪魔をしない優しい味付け。

味玉は味しみで黄身がトロリ。

柚子片や刻みネギ、刻みタマネギが彩りや爽やかさをプラス。


◎龍介つけそば(サービス。ありがとうございます)

味見と出してくれたつけそば。思ったよりも量が入っています。

極太のしっかり〆られた麺だけを食べるとムニュッとした後にモチッとしてグググッと押し返してくる感じの美味しい麺。

『麺だけで美味しい』と言うと、隣の常連さんはニコッと満足げ。

後で店主さんに聞くと、麺にも味を付けてるとの事。

スープはかなり濃厚な鶏白湯。トロリとしていて、塩分もやや強めでカラメルの様な甘さがあり大変美味しい。

スープは鶏だけの様ですが、醤油ダレに魚介をたっぷり使ってるとの事。

常連さんが忘れない様にと何度も何度も復唱してくれた鶏の銘柄はレポ書く頃にはすっかり忘れています。すいません。

チャーシューも美味しくいただきました。

つけそばは88点かな…麺は抜群でしたが、純鶏そばと交互に食べるとちょっと濃厚過ぎに感じてしまったので。

スープ割りをしてどちらも完飲まで。

あっ…ローストポーク丼も甘めのタレで美味しくいただきました。


大変お世話になったその常連さんは『もりーべ』さん。ラーメンデータベースはやってませんが、Twitterなどをやっているそう。

とても良い人で優しく柔らかく、ラーメンやかき氷、甘い物などの話を目をキラキラさせながら話してくれる。

途中から浅野店主さんともう1人の超常連さんとの4人で立ち話を。

店主さんのお店の事や鶏や麺への拘りなどなどを聞いていると凄く勉強になりました。長い時間ありがとうございました。

裏のスープを作るスペースを見せてもらい、ラーメン屋さんは大変だなとつくづく。

最後はもりーべさんと握手をして。

良い時間を過ごせました。

これからも頑張って下さい。

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (14) | このお店へのレビュー: 2件

「味噌とりそば 850円」@麺堂 稲葉の写真今月、来月と小山市で開かれる『最強ラーメン祭』に『神志』とタッグを組んで出店する『稲葉』に来ました。

古河市は茨城県ですが、栃木県の小山市は割と近いので地元勢の扱いでしょう。

平日夜の部

外待ち、中待ちと順調に進出。

店内モニターからはB’zのライブ映像が音量大きめで流れています。

店内に置いてあるスポーツ新聞も大きく一面に『稲葉』と書いてあるので写真をパチリ。

大混雑ですが、座ってからの提供は順調です。

スープは看板の鶏白湯に白味噌を合わせたもの。まろやかで旨味が深い。

チャッチャではなく、細かくカットした背脂と鶏油が旨味とコクをプラス。

麺は中細位の平打ちストレート。硬めの茹で加減でスープとの相性も抜群。

豚バラ肉のチャーシューは噛み心地良好。

後の具材は

シャクシャクの穂先メンマ

ネギ、葉ネギ、モヤシ

と割とシンプルなんだけれども、RDB総合79位の稲葉で初めてハマった。

今まで、順位程じゃないなぁと思ってましたが、

まろやかで旨味たっぷりのスープと硬い細麺のハーモニーにやられてしまった。

クセになる味わいで大変美味しかったです。

完飲まで。

『最強ラーメン祭』頑張って下さい。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 2件

「ワンタンメン 大盛り 味付たまご チャーシュー」@麺処 大木の写真平日夜の部。なかなか遠いです。

横にはお墓があったり結構な田舎のロケーション。

富士山ナンバーが一台あるだけで、後は地元なナンバー。

店内はお酒を飲む人も多く大繁盛。

人気 ワンタンメン 750円
麺大盛り 100円
味付たまご 100円

を注文。

他の客へ運ばれていくチャーシュー (350円)付きのがデカくて美味そうだったので慌てて追加。

優しげな店主さんが調理全般。

綺麗な女子高生のスタッフがチャーシューを網の上で炙る係。それをニコニコしながら男子高生のスタッフが話しかけたり調理場は和やかなムード。なんか甘酸っぱいですな( ̄(工) ̄)

順調に提供です。2回目なので美味いのが分かっていますがやっぱり美味そう。

スープを飲むと鶏>豚の動物系が優先で魚介は使ってたとしても支え位かな。円やかな甘さがあって旨味たっぷり。

麺は中ぐらいの太さの平打ちストレート。ツルツルモチモチでスープが染みて美味いのですが、もっと合いそうな麺が頭の中をいくつも浮かんで来る。失礼。

ここの名物?なワンタンは一個が味玉半分くらい(以上?)ある超大物。それが6個も。薄めの皮にこれでもかとパンパンに詰まった肉餡。生姜が効いて肉汁がジワリと…やっぱりな美味しさ。

チャーシューは豚肩ロースを直前で炙ったもの。プルンとした弾力。醤油ダレが周りに染みていて香ばしく、噛み締める度に肉の旨味がジュワリ。

味玉も深漬けで熟成されているような美味さ。

後は海苔とカイワレとメンマでした。

食べても食べてもあるワンタン。舌を少しヤケドしながらも口の中へ。なんて美味いのでしょうね。

ネギを掬いながら完飲まで。

お会計時。女性スタッフのお釣りの渡し方も優しい。

この地域の宝のお店。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (15) | このお店へのレビュー: 2件

「鶏白湯つけめん しお」@麺屋 京介の写真『必道』『名無し』の後。

ここも運良く一台駐車場の空きがありました。

食券を購入して大きなモニターの横に着席。

モニターには氷室京介のライブ映像が流れています。

『京介』はここからなんですね。

断りを入れて写真撮影。

スタッフは地元の方かな?少し訛りがありますかね。

◎豚バラ
◎豚肩ロース
◎鶏むね

の3種類から2種類選べるらしく豚バラと鶏むねを選択。

ギュッとしまった全粒粉入りの太麺。ツルリとした麺肌で美味しいです。

つけ汁は濃度ミドルな鶏白湯。しつこさはなく飲みやすい。

つけ汁の中は具沢山。

ネギや水菜が入っていて火が通ってるので甘く食べやすい。

サイコロ状に細かく刻んだチャーシューは鶏むねが多めですが、豚も。たっぷり沈んでいて嬉しい。

麺をつけ汁に合わせるとモチモチ寄りに変化。スープの絡みも申し分なし。

氷室京介の曲を聴きながらテンポ良く食べ進めます。

豚肩ロース、鶏むね肉は特別ではないけれど美味しくいただきました。

穂先メンマは柔らかめのシャキシャキ。

最後はスープ割りをお願いして完飲まで。

リズム良く美味しく食べられました。

NEW YORK NEW YORK 星になるだけさ♪

(作詞:深沢和明 作曲:布袋寅泰)

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「醤油ラーメン 550円」@自家製麺 名無しの写真駐車場は運良く一台の空き。

老若男女入り乱れての大人気。

少し待ってからの着席も提供は素早い。

スープは鶏ガラに鰹節で昆布かな。まろやかで軽い酸味があり塩分はやや強め。

自家製と言う麺は中細の結構薄めの平打ち。多加水でカンスイがしっかり効かせてあるのでコシがしっかりとしていて滑らかで美味しい。

麺の厚みが薄い分、スープを上手に持ち上げ相性が良いです。

豚肩ロースのチャーシューはクラシカルな仕上がりだけど味がしっかりあり美味しい。

優しい味わいのメンマ。

浮いてるネギが良いアクセントになりますね。

後はナルトに海苔かな。

麺は最初のコシのあるものから終盤はモチモチ。それもまた美味しい。

近くの学生さんが『フードコートのラーメンを美味しくした感じ』と言っていたのが聞こえた。なんとなく分かるなぁ。

RAMENOIDさんのレポの佐野ラーメンっぽいというのが一番しっくり来そう。

美味しいのだけど、なかなかの郊外にある店で、この素朴なラーメンにこれだけのお客さんが集まるのがビックリでもあり面白い部分でもあるなと感じました。

長く愛されて行くことでしょう。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「必道そば 180g 750円」@麺屋 必道の写真ひと月程前の昼の部。

重鎮の皆さんがこぞってレポを上げてたので気になってました。

筑波山の麓の田園風景の広がる長閑な地域。

裏側の駐車場は車がいっぱい。

食券を買って小兵のあらチャンも無事に外待ちに合流。

ショーケースの様に使っているスペースに小麦粉の袋が飾ってあります。何か期待出来そう。

10分程で中待ちに昇格。

ミニファミレス的な広めの店内。

調理場に男性スタッフ2名。
ホールに女性スタッフ2名。

更に10分程でコの字型のカウンターへ。

提供は順調。

スープを飲むと香ばしさの中に玉子の様な甘い香り。

重鎮の皆さんのレポを読むと鶏などに節系の魚介を合わせたものだそう。

ちょっと他の店だと味わった事のない独特の旨味の広がり方です。

グッとしたコシのある麺。これもまた珍しい。ちゃんぽんなどで使うタイプに少し近いかな…

香ばしい豚バラチャーシューは小さめだけど2枚。

中華風な味付けのメンマ。

ほうれん草は歯応えの残るベストな茹で加減。

赤たまねぎのスライスは甘く爽やか。

後は海苔ですかね。

見た目は平凡なクラシカル?かなと思いましたが、味わってみると面白い味わいで気に入りました。

また来て他のメニューも食べてみたいです。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「辛塩つけめん 880円」@中華そば ことぶきやの写真少しの外待ちを経て店内へ。

静かにジャズが流れています。

カウンター9席となってますが、この日はテーブル席も稼働。

昔な雑貨が飾られて、古い映画のポスターが貼ってあり良い雰囲気。

小洒落た素敵なお店。

店主さんと奥さんかな。奥さんの食べ終わってくつろぐ遅い女性客への優しい圧のかけ方とか客さばきはお見事です。

先に出されたつけダレをIHヒーターに乗せて、少しフツフツして来たら麺の提供です。

割り箸の先位の太さの麺。

ツルリのモチモチグッとした口当たり歯応え。

スープは鶏白湯に魚介。一般的な豚骨魚介を柔らかくした様な味わい。

ネギと一味が良いアクセントになっていて飽きさせないです。

麺への絡みはやや穏やかで優しく旨味を伝えます。

ブロックの豚バラチャーシューも沈んでました。

味玉は半分ですが、あると嬉しいんですよね。

卓上の魚粉を入れると鰹節の香りと旨味が広がり美味しさアップ。

奥さんに聞くと『鰹節の魚粉です』との答えが。あってました^ ^

麺に直接少しだけかけて食べたりと楽しみました。

隣の学生さんはつけダレを温め直してます。IHヒーターは便利ですね。

スープ割りは卓上ポットのものをセルフで。

今度は店主さんに聞いてみるとポットの中身は『鶏と豚の白湯です』との答えが。

熱くなったスープをゆっくりと余韻を楽しみながら完飲まで。

良いお店でしたよ。

ごちそうさまでした

〜追記〜

辛味はピリ辛位です。弱い方でも安心レベル。

投稿(更新) | コメント (15) | このお店へのレビュー: 1件