なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

M

男性

知識、分析力ありませんが、ラーメン好きです。レビューに間違いな情報がありましたら、優しく指摘してください。よろしくお願いします。

平均点 87.085点
最終レビュー日 2019年9月9日
471 217 0 2,336
レビュー 店舗 スキ いいね
92

「雲呑麺(塩)」@良温(Ra-on)の写真雲呑麺(塩)

スープは、節系と動物系のコクのある出汁がバランス良くじんわり広がります。
以前よりも節系の出汁の旨みの主張があるように思います。
美味しい。美味しくなってます。

麺は、加水低めなストレート細麺。
小麦感豊かでモチッとした食感。
スープとの相性もいいです。

具は、雲呑、チャーシュー、メンマ、板海苔、ねぎ。
雲呑はチュルンと滑らかに口に入り、生姜がフワリと香ります。
チャーシューはしっとり柔らかで絶品。

スープを飲み干して終了。

ちょっと前に醤油もいただきましたが、
今回の塩と同じように、
以前よりも出汁の美味しさが味わえるように変えていると思います。

美味しくいただきました。

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 39件

「地鶏中華そば(塩、手揉み麺)」@麺や 虎徹の写真地鶏中華そば(塩、手揉み麺)
釜焼きチャーシュー、味玉

2月下旬にいただいたものです。
やっぱり美味しかったので。

スープを一口。
地鶏の濃密な旨みに、煮干しとしじみが奥行きと深みを演出して広がります。
上品な絶品スープですね。美味しいです。

麺は、モチッとした小麦感ある手揉み麺。
麺量は160g程度でしょうか。

具は、チャーシュー、味玉、メンマ、ねぎ他。
チャーシューは、旨み溢れる釜焼きと、柔らかな煮バラの2種類。どちらも絶品。
味玉は、柔らかとろーりで味が濃厚。

スープを飲み干して終了。

スープ、麺、具材と全てが美味しい
一杯でした。

3月上旬に、豊深煮干しをいただきましたが、
そちらも美味しかったです。

と、2017年にいだいた 新春 福塩そば の美味しさがどうしても忘れられないので、
点数を95点から100点に変更します。
また 食べたいなー。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 24件
85

「塩らーめん」@麺処 春の風の写真塩らーめん 750円

1月上旬の日曜、午後2時頃、中待ちあり。
人気店ですね。

券売機を見ると、メニューも豊富ですね。
某雑誌に掲載されていた塩をいただくことに。

約20分でカウンターへ。

程なく着丼。
丼ぶりのやや間口いっぱいの大きなチャーシューが印象的。

濁りのあるスープを一口。
動物系は鶏ですかね、下支えになり昆布や節系の魚介が広がります。
あっさりながらしっかり旨みを堪能できるスープです。美味しい。

麺は、モチモチした弾力のある独特な中細麺。
小麦感も豊かな自家製麺。
麺量は150g程度。

具は、チャーシュー、メンマ、麩、ねぎ、水菜。
チャーシューは薄味の柔らかなバラロールタイプ。
大きいので食べ応え十分。

スープを飲み干して終了。

あっさりながら旨み十分な一杯。
美味しかったです。


次に 近所の白河ラーメンのお店に伺ったが休みでしたが、守谷地区も美味しいラーメン屋がたくさんありますね。また行こうっと。

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件
85

「塩そば(細麺)」@饗 くろ㐂の写真塩そば(細麺) 1000円

青島さんでいただいた後に。
開店10分前に到着で約25名の待ちに接続。

順番に食券を買いに行くシステム。
食券を回収しにきた従業員に、細麺か手揉みか聞かれ、細麺で注文。
後ろの方々は手揉みが多いですね。注文、間違えたかなー。

約40分後に店内カウンターへ。
キレイで清潔感のある店内。
テレビや雑誌で見かける店主さん。
カウンターの目の前にあるお肉さんが美味しそう。
と、思っていたら着丼。

数種類のブランド鶏をメインに鴨がらや昆布などを使用している透き通ったスープは、上品な旨みが優しく広がります。

数種類の小麦をブレンドした小麦を使用した麺は、
まるで日本そばのよう。
麺も優しい食感と味わいがある。
スープにもよく合います。

具は、チャーシュー、鶏団子、メンマ、ドライトマト、生姜餡、黒生胡椒、ねぎ。
チャーシューは、弾力のある鶏ももと、しっとりでふっくらした鶏むねの2種類。
鶏団子は、口の中で溶ける柔らかさ。
メンマは、上品な味付け。
ドライトマトは、ねちっと歯につくが、酸味がいいアクセントになっている。
ねぎは、新鮮さのある食感がいい。ねぎ好きに多いのは嬉しい。

スープを飲み干して終了。

一つ一つに上品さのある一杯。
美味しかったです。


注文の確認だろうか、
店内に響くデェフォ、デェフォという元気な声。静かに食べている私には、この綺麗な店内には合わないなーと、面白おかしく聞いてました。

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「焼あごラーメン(塩)」@ラーメン浦咲 駅前の写真焼あごラーメン(塩) 880円

0時半頃に訪問。
けっこう混んでますね。
皆さん呑まれたような雰囲気の方々ですね。

店主さんらしき人に、オススメを聞くと、
焼きアゴの塩、とのことで注文。

スープは、動物系を支えにアゴの上品な旨みがじんわり広がります。

麺は、ツルツルな細縮れ。
麺量は140g程度でしょうか。

トッピングは、チャーシュー、メンマ、ワンタンの皮、ねぎ。
チャーシューは小振りな豚トロ?が3枚。皮がトロトロ。

じんわり広がるスープ、美味しかったです。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件
85

「塩ラーメン」@五輪書の写真塩ラーメン 690円
おん玉 80円
ミニライス 80円

久しぶりに来てみると、新しい道路もできて周りの雰囲気も随分変わりましたね。

ガラガラーと扉を開け、カウンターへ。
貼り紙にあるメニュー全てを注文。
先に会計を済まし、暫くして着丼。

スープを一口。
やや角のある塩気から鶏などの旨みが溢れます。
初動で、先輩がレポされたあの味を思い出しました。それよりは断然に美味しいですが。

麺は、手打ちのやや縮れのある平打ち太麺。
若干コシを残す柔らかな茹で加減。喉越しがいい。
麺量は先輩方のレポを見ると140g。もう少しあったと感じたのは太さからの満足度があったからですかね。

具は、チャーシュー、厚揚げ、海苔、ねぎ。
チャーシューは、優しい味付けの煮豚。
厚揚げは、スープがしみているので、ライスに乗せて。

麺を食べ終わった頃、
あれ、すっかり温玉を忘れてた。ライスに投入し、スープをかけていただ。これも美味しかったが、次回はラーメンに。


美味しかったです。ご馳走さま。

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚岩のりラーメン」@いけす割烹 圭の写真濃厚岩のりラーメン 850円+税
(さきづけ500円+税)

呑みの締めに。

ラーメンのメニューを見ると、
濃厚ラーメン、しじみラーメン、ぶたつけめん、カニ天ラーメン、納豆ラーメン、一番お高いのが 贅沢うにラーメン2800円、などなど十数個のメニューがあったかと。

その中でも、最初に書かれていた濃厚ラーメンに岩のりをトッピングさせたであろう濃厚岩のりを注文。
ラーメンだけ食べにきても、さきづけ500円+税も発生するので注意してください。

いけすの見えるカウンターに案内され、
暫くして着丼。
細かな背脂が丼ぶりの中にたっぷり浮いてます。
チャーシューはないんですね。

スープを。
レンゲの中に背脂がたっぷり入ってくるが、しつこくなくあっさりして飲みやすいスープです。熱いですが。
素材は何だろう、背脂が多くて、、、鶏かな、魚介はなさそう、よくわかりません。塩味は確かです。

麺は、加水高めで縮れのある細麺。
最近のラーメン屋では見かけないどこか懐かしさを禁じる麺でした。
縮れが背脂をよく持ち上げてくれます。
麺量は140g程度。

具は、岩のり、ねぎ。
岩のりは細かなもので、丼ぶりの半分を埋めている。岩のりを食べようとして、ついスープを全て飲んでしまった。


背脂たっぷりだがあっさり食べれる一杯。
美味しくいただきました。

メニューがたくさんあるので、他のも食べてみたい

価格の話になるが、
濃厚かけラーメンが500円だったと思う。
すると、岩のりの価格が350円となる。
ちょっと敷居の高いお店だから仕方ないのかな。でも、チャーシューもしくはチャーシューに代わるものは欲しいと感じました。


この日の さきづけは、あん肝ぽん酢 でした。

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「煮干し拉麺(塩、アゴ出汁Ver)」@良温(Ra-on)の写真煮干し拉麺(塩、アゴ出汁Ver)

「諸事情により、煮干しがアゴ出汁に」とのツイートを見て訪問。

スープを一口。
アゴ特有の優しい煮干し感が、ベーススープと思われる良温そばをさらに奥行きのあるものにしているようです。
いつもの煮干し拉麺は、煮干しの若干の苦味を感じ、動物系出汁にも負けない主張をしてくるが、今回はベースとのバランスがバツグンにいい。
これは美味しい。

麺は、加水低めのストレート細麺。
小麦感豊かで美味しい。
麺量は160g程度。

具は、チャーシュー、メンマ、ねぎ。
チャーシューは、肉感たっぷり厚みのあるロース。

スープを飲み干し完食。


いつもの煮干し拉麺とは違う、
バランス バツグンの一杯。

美味しくいただきました。
諸事情でなくてもまた提供してほしい。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 39件

「うま塩ラーメン」@麺家 ゐをりの写真うま塩ラーメン 680円

佐野の2軒目、
コチラも先輩に紹介していただいたお店です。

20時過ぎだが待ちができている。人気店なんですね。
店内はカフェ風な造りで、女性の割合が多く、おじさん1人は恥ずかしい。

待っている間にメニューをチェック。
コチラの名物という うま塩ラーメンと、
佐野市から佐野ブランドの認定を受けたとの醤油ラーメンで迷う~。名物か。

テーブル席に案内され、名物の塩を注文。
暫くして着丼。

スープを一口。
焦がしねぎの香りがよく、旨みの余韻が残るスープです。
先ほどのザ佐野とは違うタイプだが、これはこれで美味しい。

麺は、ツルモチな縮れのある平打ち太麺。
これもザ佐野と比べてしまうが、先ほどいただいだ手打ちの食感よりは優しい食感。
麺量は140g程度。

具は、チャーシュー、メンマ、水菜。
チャーシューは、優しい味付けで柔らか。

食べ終えて帰るときも数人の待ちが。
佐野の人たちには、ご当地ラーメンとは違う今風なラーメンをいただけるのも人気なのだろうか。

余韻を楽しめる一杯。
美味しくいただきました。

また、先輩方の紹介で、佐野を楽しめることができました。
ありがとうございました。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「限定 亀井式 純手打ち塩中華そば(柚子入り極太麺)」@麺や 虎徹の写真限定 亀井式 純手打ち塩中華そば(柚子入り極太麺)

薬涼の今シーズン最終提供日、
皆さんお早い~。
あれ、千葉の先輩ご夫婦。
その先~にはMMM先輩、お早い。
Twitterでお世話になっている先輩方も。
お疲れ様でーす。
待ち時間も皆さんとお話ができて、有意義でした。
ありがとうございます。

薬涼を目当てで来てみましたが、
蒲田にある「煮干しつけ麺 宮元」さんの、若きエース亀井さんが自ら打ったとの麺の提供があるとのことで、そちらを注文。

宮元さんは2回訪問したことがある、RDBを始めた頃に美味しい煮干しと、もう1回は、この亀井さんが作られた極濃イカ。これも何かの縁だろう。

テーブル席に座り、暫くして着丼。

スープを一口。
鶏、蜆?が主体と思われるやや塩分高め。余韻を楽しめる美味しいスープだ。
皆さんが言われていた蜆。塩気と温度の高さのせいか、蜆はうっすら下支え程度にしか感じれなかった。ダメ舌です。
後から聞くと、薬涼ベースとのこと。なるほど。

亀井さんの手打ち麺は、
柚子の爽やかな香りとモチーとした適度なかたさのある幅広麺。個性的な主役になっています。
短く切れてしまうのがちょっと残念。
これは 宮元さんでも提供しているのでしょうか。

具は、チャーシュー、味玉、メンマ、ねぎ、三つ葉。
チャーシューは4枚。2種類?噛む度に旨みが広がり美味しい。
味玉は、柔らかとろーり。

スープを飲み干して完食。

亀井さんの個性的な麺が主役の一杯。
美味しくいただきました。

合い席してくれた、あ◯ら さん あざーした。

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 24件