なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

M

男性

知識、分析力ありませんが、ラーメン好きです。レビューに間違いな情報がありましたら、優しく指摘してください。よろしくお願いします。

平均点 87.085点
最終レビュー日 2019年9月9日
471 217 0 2,336
レビュー 店舗 スキ いいね

「【限定】魚介ソバ」@らー麺屋 バリバリジョニーの写真【限定】魚介ソバ 900円

疲れた~、そうだ、ジョニーさんに行こう!

疲れて何もしたくない土曜、美味しいラーメンを食べにちょっと遠出。

近くのコインパーキングに車を停めて、トコトコ。
店内に入り、券売機の上の限定メニュー?を発見。
ウニポタや豆乳と生姜の塩ラーメンなど数種類の魅力的な限定メニューの中から、オススメと書かれた魚介ソバをいただくことに。

食券を購入し、カウンターへ。
先客のラーメンをつくり終えた店主さんが、私の食券を見ながら、おつり 取り忘れてますよーのアナウンス。アザーす。
ってなこともありながら、暫くして着丼。

濃厚そうなスープに節が浮いてます。追い節ですかね。チャーシューも美味しそうです。

スープを一口。
ベースは鶏ポタでしょうか、鶏や野菜からと思われるふっくらとした甘味のある味わいに、複雑な節の塩味のある旨味が加わり、味わい深く広がります。さらに、時折あるピリ辛感がレンゲを次々に運ばせてくれます。
美味しいです。

麺は、加水やや高めと思われる、手打ち麺のような平打ち太麺。
ツルモチな食感に小麦感が豊かな美味しい麺です。
麺量は150g程度でしょうか。
大盛でも良かったかも。

具は、チャーシュー、メンマ、板海苔、玉ねぎ、ねぎ。
チャーシューは、柔らかで美味しい。程よい厚みがあるので食べ応え十分。
板海苔は、上質なもの。
玉ねぎは、フレッシュ感が濃厚スープのアクセントになります。

濃厚な旨味たっぷりなスープですが、重たさも少ないので、
スープを飲み干して完食。

鶏ポタに数種の節を合わせた味わい深い一杯。
美味しくいただきました。

後客さんが食べていた、ウニポタも気になりましたが、店主さんからお止めの言葉が。
お腹いっぱいだったので、また今度にします。

美味しい一杯と、見た目とは違う優しい店主さんから、元気を貰えました。
来週も頑張ろうっと。

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 2件

「濃厚特製つけ麺(並)」@松戸富田麺業の写真濃厚特製つけ麺(並) 1180円

野暮用で千葉へ。
20時頃、お目当てのお店は終了のツイート。
せっかく来たのでコチラヘ。

着丼までは省略。

つけ汁を一口。
ショッパイ!
豚、魚介の旨味も濃厚なのだが、それを上回る塩分の高さ。

麺は、モチモチッとした食感のストレート太麺。
麺量は220g。

具は、麺の上に、チャーシュー、味玉。
つけ汁の中に、メンマ、板海苔、ねぎ。
チャーシューは、ロースト、釜焼き、バラの3種類。普通に美味しい。
味玉は、黄身がゼリー状。

つけ汁の塩分がかなり高めに感じ、
麺には少しだけつけて いただいたので、
つけ汁はあまり減っていない。
どうにか、もう少しスープをいただきたいと、
割スープをお願い。
戻ってきたスープを一口。
先ほどよりは低めになったが、
無理せず残して終了。

本店には、1年前に一度しか行ってないが、
あの時のような感動はなかった。
普通に美味しい一杯でした。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「【皐月の一杯】紅ズワイ&赤海老 和えそば C」@MENYA 食い味の道有楽の写真【皐月の一杯】 紅ズワイガニ&赤海老和えそばC 2000円

豪華な一杯をいただきたく久しぶりにコチラへ。

限定を確認後、表題をポチリ。
暫くして着丼。
大振りな赤えび、紅ズワイガニもたっぷり、ラーメンとは思えない豪華さ。

具材と麺をかき分けてタレを一口。
香ばしい海老油の主張が強く、それを上品さのある八正醤油のカエシが優しく包み込むように広がります。一口で美味しさに痺れましさた。

麺は、ツルモチ食感の中太麺。タレとの相性もバツグン。麺量は250g程度。

具材は、紅ズワイガニ、赤えび、とびっ子、チャーシュー、メンマ、温泉玉子、青さのり、水菜、ねぎ、はじかみ生姜、別皿でタルタルソースと超豪華。まだあったかも。
赤えび、紅ズワイガニ、とびっ子がラーメン屋で出てくるとは驚き。どれも新鮮で美味しかった。
チャーシューは、鶏むね、鶏もも、豚ロースとどれも絶品。特に、鶏のハーブをつけ酒蒸しされたと思われるものは柔らかで香りがいい。
また、青さのりの香りにもやられた。コチラも自家製でしょうか、香ばしさと香りのよさが堪らない。
タルタルソースも美味しかったが、絶品なタレ、具材があれば私は必要なしかな。

紅ズワイガニ、とびっ子を少々残し、最後に、いただいたライスをドボン。
これまた豪華なカニ雑炊に。とびっ子の食感がアクセントになり、美味しさと楽しさでもっと食べたかった。

値段は高めだが、コチラのお店でしか味わえない超豪華な一杯。
コッテリもいいが たまには身体にご褒美を。

今回も美味しくいただきました。

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 6件

「特製つけそば(並)」@中華蕎麦 とみ田の写真特製つけそば(並) 1100円

8時40分頃食券を購入、12時25分までに再集合。
12時40分頃店内へ、調理をする店主さんを背にしたカウンター。残念。

暫くして、麺、つけ汁の順番で着丼。
これが 名店とみ田さんのつけ麺かーと緊張。

先ずは麺を一本。
全粒粉入りのストレート極太麺。
しっかりとしたコシがあり小麦の風味もいいです。
麺だけでも美味しい。
麺量は320g。

次につけ汁を一口。
どろりとした舌触りの濃厚な豚骨魚介。
動物系の豚を中心に煮干やさばの魚介を加えたスープで、それぞれの旨味が重層的に広がります。
魚介の風味もいいです。
やっぱり美味しい。

具は、麺の上にチャーシューと、つけ汁の中に味玉、メンマ、ナルト、ねぎ。
チャーシューは、ピンクの生ハムのような低温燻製ロースと脂身が程よく入ったホロ柔なバラロール。どちらも絶品。
味玉は、黄身がベストなゼリー状。
メンマは、極太タイプでやや甘辛な味付け。

麺と具材を食べ終わったところでスープ割りをお願い。
煮干のあっさり魚介スープで割られたスープに、刻みチャーシュー、ねぎ、おろし柚子が入って戻ってきた。
柚子の清涼感で後味がスッキリ。
割った後も美味しくて飲み干し、完食。

全てが絶品で迫力満点な一杯、美味しくいただきました。

今後、ここの味を思い出し、定期的に食べたくなるんだろうなぁ。

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】家系ラーメン」@らー麺屋 バリバリジョニーの写真【限定】家系ラーメン 850円

トッピング
・チャーシュー 300円
・ほうれん草 50円

2月中旬の土曜日 19時20分頃、
もももさん、RAMENOIDさんのレポや、
土浦市の特級鶏蕎麦 龍介さんの情報から、
お伺いしたかったコチラに念願の初訪問です。

この日は、行徳移転一周年記念で限定のみとのこと。
(おめでとうございます)
券売機でポチリ、ポチリと食券を買い、1席空きのあったカウンターへ。

程なくして着丼。
豚骨と醤油の家系特有の香りと美味しそうなチャーシューが食をそそります。

スープを一口。
豚の旨味が円やかな醤油ダレの旨味と広がります。
粘土のないジャバ系で、豚骨特有の臭みや癖がなく食べやすいです。

麺は、加水率やや高めの平打ちストレート中太麺。
滑らかな啜り心地にモチッとした食感。
スープとの相性もいいですね。
麺量は140g程度でしょうか。

具は、チャーシュー、ほうれん草。
板海苔はなくなってしまったと常連さんとの会話から。ほうれん草を増してくれたと推測。
チャーシューは、大振りで脂身とのバランスがよく柔らかな逸品。
ほうれん草は、シャキシャキ。家系って感じ。

美味しさにもっと食べたい気持ちを残して、完食。

逸品チャーシューが乗った食べやすい家系の一杯。美味しくいただきました。

店主さんとお客さんとの会話を聞いていると店主さんの人柄の良さがわかります。(子供さんにも人気ですね)
コチラも、美味しい一杯と店主さんの人柄に、たくさんの常連さんがいる魅力的なお店だと思いました。

ちょっと遠いですが、またお邪魔したいです。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 2件
このレビューは移転前のものです。

「濃厚つけそば(大)」@松戸中華そば 富田食堂の写真濃厚つけそば(大)

トッピング
・特製( 肉2枚、半熟味玉、のり4枚)250円

1月下旬の土曜日 20時30分頃 待ち7人目。

どこいくの?と聞く家族には「コンビニ」と言って、コチラへ。
1時間半ちょっとドライブし、近くの駐車場に止め、先ずは本家を拝んで、コチラの待ちの列へ。

店内を覗くと、カウンター7席のみ、男性店員2人でまわしています。

暫くして店内へ。
食券で濃厚つけ(並)を買い、大盛は現金での支払いとのこと。
券売機に特製トッピングのボタンも見当たらず、大盛をお願いするときに現金で渡しました。

先ずは、つけ汁につけないで麺を数本。
小麦の香ばしく甘味の感じるツルモチッとした食感の中太麺。
麺だけでも香りよく美味しいです。
麺量は大盛で350g。

次に、本家と同じものを使用しているという濃厚つけのスープを一口。
魚介がやや強く効いた濃厚豚骨魚介スープ。
粘土は少なく、魚介と動物系のそれぞれの旨味がバランスがよく広がります。
塩分はそれほど高くなく飲みやすいです。

具は、チャーシュー、味玉、メンマ、ねぎ、板海苔。
チャーシューは、炙られた香ばしくジューシーなバラ肉。旨い。
味玉は、黄身がゼリー状。
メンマとねぎは、つけ汁の中に。メンマは木材形でコリシャキな食感。
板海苔は、上質なもので、つけ汁につけて麺に巻いていただくと、つけ汁の旨味に海苔の旨味がプラスされ香りよくいただけた。旨い。

大盛、特製トッピングで、腹パンパンの完食。

動物系と魚介系のバランスがよく食べやすい美味しい一杯でした。
次回は本家に行ってみたいです。

とりあえず、コンビニへ寄って帰宅です。

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「【睦月の一杯】鶏スープ天然柚子塩 IN大蛤」@MENYA 食い味の道有楽の写真【睦月の一杯】鶏スープ天然柚子塩 IN大蛤

今月の限定をいただきに、久しぶりの訪問です。

店主さんにペコリ。
覚えてくださっていたようで良かったです。
今月の一杯のA、B、C みんなあるよ~。
とのことで、
C「店主におまかせ」も気になったが、
Bの蛤ダブル(1500円)でいただくことに。

カウンターに座ると
「今日の蛤は、大洗の天然ものね~。」と、調理する前の大振りな蛤を見せていただいた。

暫くして着丼。
麺が見えないほど具がどっさり。
調理された蛤は大振りで美味しそうです。

スープを一口。
鶏清湯に蛤からでた旨味が加わり奥深さのあるスープが柚子の香りとともに広がります。
美味しさにレンゲが止まらなくなりますね。

麺は、麺肌がしなやかなストレート細麺。
優しさのある麺はスープによく合いますね。
麺量は160g程度でしょうか。

具は、大蛤、チャーシュー、小松菜、メンマ、ねぎ2種類、はじかみ(筆生姜)、柚子。
大蛤は、口の中に貝汁がぶわーっと飛び出てきました。また、ぷりぷりで弾力があり新鮮なものですね~。
チャーシューは、薄味のバラ タイプ。ホロホロ柔らかで厚みもあります。絶品。たっぷりなねぎに隠れていました。
小松菜のシャキシャキ感は食感のアクセント。
はじかみは、最後に口の中に刺激を。

スープまで飲み干して完食。

久しぶりに、こちらならではの拘りのある美味しい一杯をいただきました。ご馳走さまでした。

店主おまかせのCも気になりますが、
また食べる機会があったら、大蛤を増したいですね。

じゃいさんレビューの 活牡蠣も美味しそうです。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 6件
このレビューは移転前のものです。

「凄濃中華そば(並)」@煮干し中華そば 蓮の華の写真凄濃中華そば(並) 780円

11月3日 18時頃 先客6名、後客多数。

北柏の某店に訪問したら「完売で夜の部なし」とのことで、コチラへ。

限定で背脂煮干がありましたが、
超濃厚なものを食べたく表題をポチリ。
カウンターに座り暫くして着丼。
メチャメチャドロドロのスープですね、

スープを一口。
超濃厚で粘土の高い豚と鶏のスープをベースに、節系と煮干を大量に加えている超濃厚なスープ。
臭みなくクセのない味わい。
メチャメチャ濃厚でかなりの粘土です。

麺は、全粒粉のストレート中太麺。少々固さの残るジャストな茹で加減。程よいコシがあり歯切れのいい麺です。
麺量は、並で140gとのこと。

具は、チャーシュー、メンマ、刻み玉ねぎ、カイワレ。味玉は席の移動でサービス。
チャーシューは、香ばしいロースとホロホロなバラ、食べやすい小さ目サイズが2枚つづ。
メンマは、シナコリの極太木材メンマ。
刻み玉ねぎは、辛味があり濃厚スープのアクセントに。
味玉は、柔らかトロトロ。

超濃厚なスープにバラチャーシューの脂で、胃もたれが、、、。
スープを少々残して完食。

ここまで超濃厚ドロドロのスープは初体験でした。
次回はあっさりか限定狙いでお邪魔したい、

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「エビ辛子つけそば」@中華そば・つけそば 浜屋 我孫子店の写真エビ辛子つけそば 850円

10月中旬 20時頃、先客5名、後客6名。

土浦の龍介さんで、濃厚煮干をいただいた後、
久しぶりに行こうと、北柏の食い道有楽へ、19時20分頃着でガラガラ~と開けると、「材料なしでおしまいです~」とおやっさん。ガ~ン⤵(せっかく来たのに~)残念。
携帯でお店を物色、比較的近いコチラへ。
10数分で到着です。
駐車場はないのでコインパーキングへ。

カウンターへ座り、暫くして着丼。

つく汁を一口。
粘土のある濃厚豚骨魚介に、ふっくらとした旨味もあるので鶏も使われていると思われます。
振りかけられている少々のエビ辛子が、海老の風味を出しています。
後味に酸味が残るので好みが別れそうです。

麺は、自家製麺とのこと。加水高めの平打ちのストレート中太麺。
ツルツルでしっかりしたコシのある麺です。
麺量は250g程度。

具は、
つけ汁の中にチャーシュー、メンマ、ねぎ、万能ねぎ。麺の上に板海苔。別皿でエビ辛子、万能ねぎ。
チャーシューは、薄い豚バラ。普通。
メンマは、細切りタイプ。普通。

途中、エビ辛子を半分ほど投入。
なかなか辛いですが、エビ感もしっかりの旨辛に。
私には辛くて全部投入は無理でしたが。
最後は、ご飯を投入していただきたくなったが、本日2食目で腹パンパン。

エビ辛子がいい働きをする なかなか美味しい一杯でした。

最近、いろいろあり、麺活できていません。
これからも忙しくなりそうですが、
ゆっくり麺活していきます。

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「【卯月の一杯】旬の蕨蕎麦…塩 利尻 顎 青の三つ巴にて(D」@MENYA 食い味の道有楽の写真【卯月の一杯】旬の蕨蕎麦…塩 利尻 顎 青の三つ巴にて(D) 1500円

今月の一杯を狙って、月末の駆け込み訪問です。

4月24日 18時頃 先客10人、後客 6人 。
家族連れもいます。テレビではチビ○子ちゃんが始まり、店主さんが子供に「椅子があるから見てていいよ」と優しい声かけ。店内では ほのぼのとした時間が流れています。

既に多くの先輩方がレビューをされているので、
そちらのほうが参考になると思われますが、とりあえず。

カウンターに座り、ほのぼのとした時間を楽しんでいると、手羽先と丼ぶりが次々に着丼。
今回も具沢山ですね。

五島列島の顎、相模湾の青(鯖)、利尻昆布で作られたスープを一口。
煮干、昆布、節のそれぞれの出汁の旨味がたっぷり。追い顎もあってか顎の優しくほんのり甘い出汁がしっかり効いてます。塩加減も程よく、飲みやすいです。
この出汁の効いたスープは、レンゲが止まらない何度も飲みたくなる絶品スープですね。

麺は、ストレート中太麺。ツルツルした滑らかな啜り心地と、ややモッチリした食感。
。スープの絡みがいいです。麺量は160g程度。

具は、蕨、ジュンサイ、タケノコ、きくらげ、桜の塩漬け、ネギ。
蕨は、大振りな茨城産天然物。
ジュンサイは、粘液がしっかりのチュルンとした食感。
タケノコは、京都産の風味豊かな若筍。
キクラゲは、大振りな天然物。
この豪華な食材でいただけるなんて、、、美味いに決まってます。

別皿で手羽煮と糸がき。
手羽は、しょうがが効いた甘い味付けで柔らか。
糸がきは、蕨をまぶしていただきました。

最後は、いただいたご飯に出汁の効いたスープをかけて、雑炊のように。メチャ旨でした。

今回のこだわりも凄かった。
最高に美味しかったです。
電車での帰宅中、口の中はスープの出汁の余韻が暫く続いていました。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 6件