なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

M

男性

知識、分析力ありませんが、ラーメン好きです。レビューに間違いな情報がありましたら、優しく指摘してください。よろしくお願いします。

平均点 87.085点
最終レビュー日 2019年9月9日
471 217 0 2,336
レビュー 店舗 スキ いいね
88

「煮干しそば」@中村屋総本山の写真煮干しそば 750円

川越の2軒目。
車で来た私には広い駐車場もあって嬉しいです。
13時頃で、待ち7人目。
券売機て表題を買い、外の椅子へ。
券売機に、麺量が並み180g、中盛り230g、大盛り280gまでが無料と書かれていた。
(濃厚は中盛りまで、つけは対象外)

暫くして店内カウンターへご案内。
食券を渡すときに麺量を聞かれ、並みでお願い。
まわりの方々は大盛りで注文される方がほとんど。

程なくして着丼。
煮干しのいい香り。チャーシューも美味しそうです。

スープを一口。
カエシからかほんのり甘味を感じ、
煮干し特有の苦味が程よくあり、煮干し感を引き立ている美味しいスープです。
これは好きなやつですわ。

麺は、小麦の旨味のあるストレート細麺。
やや固めの茹で加減もジャスト。
この麺も美味しい。
これは大盛りにして食べたくなります。

具は、チャーシュー、バラ海苔、玉ねぎ、ねぎ。
チャーシューは、しっかりした味付けで柔らか。

途中、卓上にあった、煮干の内蔵とにんにくを煮込んだとのオイルを入れてみると、苦味と独特な癖があるが、より煮干し感がアップします。

スープを飲み干し完食。

バランスよく煮干し感のある美味しい一杯でした。

濃厚も食べてみたい。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「純煮干しそば極み」@中華SOBA にぼ乃詩の写真純煮干しそば極み 800円

ちょっと遠出。

目指したお店に振られ、
2軒目に予定していたコチラヘ。
小江戸の蔵造りの町並みの外れの商店街にありました。看板が小さく、入口が狭く目立たないかも。

カウンターに座り、
メニュー表に、かなり濃厚な煮干し、苦味ありと書かれた表題を注文。

イケメン店主さんが一人で、一杯一杯を丁寧につくられています。

しばらくして着丼。
思っていたセメント色とは違う、焦げ茶色だが濃厚そうなスープ。ピンクのチャーシューも美味しそうです。

スープを一口。
ん、ガツンとくると思いきや想像していたより煮干し感の苦味や塩分が抑えられているので飲みやすいです。
メニュー表に書かれているものとは違うような、、、美味しければいいですか。

麺は、加水低めで小麦感のある中細麺。
この麺は美味しい。
麺量は140g程度。

具は、チャーシュー、玉ねぎ。
チャーシューは、厚く大きく食べ応えがあります。

見た目より煮干しの苦味と塩分が抑えられた食べやすい一杯でした。

他のメニュー、川越中華、海老塩煮干し、純煮干しも食べてみたい。

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件
84

「鴨出汁・黒」@麺屋 葵の写真鴨出汁・黒 780円

この日の3軒目。
13時30分頃で、先客1名。
カウンターに座り、口頭で注文。

隣の先客が注文した カレー鴨油そば が着丼されるとカレーのいい香りが こちらまで やってきます。
美味しそうだな~と思っていると、
私のも程なくして着丼。
透き通ったスープ、鴨チャーシューも美味しそうです。

鴨出汁と日本三大漁醤の「いしる」を使用したとのスープを一口。
鴨とわかる旨味と、「いしる」からなのかやや独特な味わいが加わり広がります。
独特な味わいが癖になり、レンゲが止まらないです。
なかなか美味しいかも。

麺は、全粒粉入りのストレート細麺。
ライ麦の全粒粉を配合した細麺で、どことなく日本そばのよう。
麺量は140gとのこと。
あれ、2016年11月にレポされているR先輩やP先輩、2017年8月にレポされているGチャマン先輩のときの中太縮れとは違うな~。
帰りに伺うと、年末から変わったそうです。

具は、チャーシュー、メンマ、ねぎ、三つ葉、糸唐辛子糸。別皿にゆずおろし。
チャーシューは、やや小ぶりだが旨味たっぷりの鴨チャーシューが3枚。
ねぎは、白髪ねぎのほか、スクエアにカットされたねぎには焼きが入っている。

途中、別皿のゆずおろしを少しずつ投入すると、スープに爽やかさが加わります。
3軒目でしたが、スープを飲み干し完食。


一見すると日本そばのような一杯、
鴨の旨味と日本三大漁醤の いしる が癖になるスープ。
美味しくいただきました。

乱切中太麺の汁なしやつけ麺も気になるので、
また行きたいです。

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】塩煮干そば」@つけめん・らーめん・煮干そば 金狼の写真【限定】塩煮干そば 900円

3月中旬。
武里で美味しい煮干しをいただいた後、コチラヘ。

食券を買い、1つ空いていたカウンターへ。
店主さん1人での調理。
まわりを見ると、先客の7名分の提供がまだのようで、時間がかかりそう。
次の候補地を探しながら待つこと約30分、やっと着丼。
店主さん、お疲れ様です。


外のボードに、この日の煮干しは、背黒をベースに追煮干しで千葉産、いぶき産を使用していると書かれていた
スープを一口。
大量の煮干しを使用しているようで、煮干しの旨味がガツンと広がります。
苦味、えぐみは感じられなく、やや塩分は高めですが、見た目で想像していたよりは飲みやすいです。

麺は、低加水のストレート中細麺。
硬めの茹で加減のパツン系で、小麦の美味しさが感じる。
麺量は130gとのこと。

具は、チャーシュー、メンマ、三つ葉、ねぎ。
チャーシューは、低温調理された鶏が2枚と豚が1枚。
メンマは、大振りな穂先メンマ。

煮干しの旨味をたっぷり感じる一杯。
美味しくいただきました。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件
86

「中華そば(塩)」@煮干乱舞の写真中華そば(塩) 800円

3月中旬の土曜日、初訪問です。

券売機で食券を購入し、カウンターへ。
程なくして着丼。
丼ぶりから煮干しの香りがします。

この日は千葉の背黒、白口、青口を使用したとのスープを一口。
煮干しの芳醇な旨味が広がります。
口に入れた瞬間、先週いただいたつくば市の有名店にも似ているような。
苦味、えぐみはなく、塩分もいい感じで、
飲みやすいです。

麺は、低加水のストレート中細麺。
小麦の美味しさがあるパツン系。
麺量は130g程度。

具は、チャーシュー、玉ねぎ、板海苔。
チャーシューは、低温調理でしょうかピンク色の豚ロース。ジューシーで美味しい。

スープを飲み干して完食。

食べやすく煮干しの旨味が堪能できた一杯。
美味しくいただきました。

3月31日より 朝の営業を廃止し、レシピを見直すとか。
今後も楽しみですね。
また伺います。

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「煮干そば(白醤油)」@中華そば よしかわの写真煮干そば(白醤油) 690円

8月の平日 11時50分頃 待ち2人目。その後続々。

通常の3、4倍の煮干を使っているとの「濃い目」 も気になったが、本日2軒目でサラリと食べたかったので、表題の食券を買い店員さんへ。

外待ちから暫くして店内へ。
店内は煮干の香りがプンプンします。

店員さんの あいさつが元気ですね。活気があります。

煮干香る丼ぶりが着丼。
適度に油が浮くスープを一口。
煮干の程よい旨味と塩ダレの香ばしさが広がり、若干の余韻が残るスープです。
煮干は数種類をブレンドの無化調とのこと。
煮干特有のエグミはなし、塩分はそれほど高くないので、飲みやすいです。

麺は、国産小麦全粒粉を独自にブレンドした自家製麺とのストレート中細麺。表面が滑らかで、パツッと歯切れがいい。
麺量は150g程度。

具は、チャーシュー、メンマ、味玉、ねぎ、三葉、 板海苔。
チャーシューは、薄く切られたピンク色の豚が2枚と、柔らかな鶏が1枚。
薄いピンクの豚チャーシューは、時間が経つとスープの熱が入り色と食感が変わってくるので、レアが好みでない方にも食べやすいと思われます。
味玉は、しっかりした味付け。この価格で味玉が付いてくるのは嬉しい。

スープを最後まで飲むつもりはなかったが、
煮干の旨味が程よく効いた飲みやすいスープで、つい、全て飲み干してしまった。

低価格でも、拘りが詰まった一杯。
美味しかったです。

次回は、気になった 濃い目 を狙って再訪問したいです。

川島町のチャーシューもそうだったが、
この辺りはピンクの薄いチャーシューが流行りなのでしょうか。

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件
93

「四つ葉そば」@中華そば 四つ葉の写真四つ葉そば 780円

8月の平日 10時35分頃着 待ち5人目、その後続々。

気になっていたコチラへ、念願の初訪問です。

玄関前のボードに、限定らしい書き込みが、
・本日のにぎり カツオとあじ 2貫350円
とのこと。???
よく見ると隣はお寿司屋さんでした。
ということで、表題 と 本日のにぎり の食券を購入。

開店は10時48分の早開け。嬉しいですね。
カウンターに座り、暫くして着丼。

多めの油が浮くスープを一口。
香りよく鶏の旨味がしっかり感じる清湯。
油が多いがキレやすっきり感がある。
あくまでも鶏が主体で、醤油ダレの主張は控えめ。
塩分は高くなく飲みやすい。
比内地鶏を中心に鶏は複数をブレンドしている。と、メニューに書かれていたが、店内に秋田比内地鶏と熊本の天草大王のポスターが貼られていたのでそれなどを使っていると思われる。

麺は、表面がザラッとしたストレート中細麺。
噛んだときのムチッとした食感が独特。
麺量は150g程度。
麺を啜ったときに鶏の旨味がガツンと溢れるように口へ入ってくる。

具は、チャーシュー、メンマ、三葉、板海苔。
チャーシューは、薄くスライスさられたピンク色のレアな豚が2枚と、
低温調理された柔らかな鶏が1枚。
メンマは、コリシャキした食感の穂先メンマ。

最後に、本日のにぎりのカツオとあじを。
新鮮で普通に美味しかった。

鶏の旨味が溢れる一杯。美味しかったです。
やっぱりランキング上位は違いますね。
訪問して良かったです。

食べ終え、待ちが少なかったら、蛤で連食しようとも思ったが、待ちが約20人。次回の課題にします。

で、上尾の煮干屋さんに向かいます。

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件