なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

M

男性

知識、分析力ありませんが、ラーメン好きです。レビューに間違いな情報がありましたら、優しく指摘してください。よろしくお願いします。

平均点 87.085点
最終レビュー日 2019年9月9日
471 217 0 2,336
レビュー 店舗 スキ いいね
86

「醤油soba」@Japanese Soba Noodles 蔦の写真醤油soba 880円

7月21日 19時20分頃、待ち8人に接続。
待ちも少なめは夜だから?

スープを一口。
鶏の濃密な旨みに魚介や昆布のような旨み、甘味や深みのある醤油がバランス良く味わい深く広がります。香りもよく美味しいです。

麺は、しなやかで小麦感豊かな中細麺。
素材もいいものを使っているのがわかる美味しい麺ですが、柔めの茹で加減が気になります。
何か仕掛けがあるんでしょうね。
麺量は140g程度。

具は、チャーシュー、メンマ、ねぎ。
チャーシューは、香りがいいロースと柔らかなバラの二種類。
メンマは大振りな穂先メンマでシナコリの食感がいい。

二種類のチャーシューそれぞれの上に、
酸味の強いトリュフソースと
香りのいいポルチーニソースが。
チャーシューと一緒にいただくのか、
スープに溶かすのか、どちらが正しいの。
どちらのチャーシューにもソースがあるので、
チャーシューをこのまま食べたらソースの味わいが強く、お肉の旨みがどうなる?
スープに溶かすなら、その前に今のスープで半分いただくか、ん?、それまでチャーシュー食べれないし、チャーシュー増せば良かった~、いや、スープを半分まで食べたら、お店の意図するバランスが崩れるのか、、、。
んなことを考えながら、
結局、スープを半分いただいたいたあとで、両方のソースを溶かしていただいた。
ソースの香り、酸味が加わり、今までのスープとは違う味わいに変化。これも美味しい。

で、スープを完飲して終了。

美味しくいただきました。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件
84

「煮干しそば」@煮干そば 流。の写真煮干しそば

7月21日、
先ずは先輩方のレポで気になっていた 板橋本町のお店へ行ってみると「本日終了」の張り紙が、、、。
ちょっとショック。
それではと、歩いてこちらへ。約20分。

駅前の商店街はお店がたくさん人通りもあり雰囲気がいいですね。

さて、食券を購入しカウンターへ。
程なく着丼。

スープを一口。
やや多めの香味油、動物系の出汁がコクと旨みを演出しながら、主役の煮干しの香ばしさがじんわり広がります。

麺は、加水高めな縮れのある中太麺。
ツルモチな食感と滑らかな喉越し。
麺量は180g。

具は、チャーシュー、メンマ、ナルト、玉ねぎ。
チャーシューは香ばしく炙られたものが二種類。やや小振り。

次も考えていたので、スープは残そうと思っていたが、後を引く美味しさで、スープを飲み干して終了。

香ばしい煮干しのスープ、スープとの相性のいいツルモチな麺、
美味しくいただきました。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「すごい煮干ラーメン」@すごい煮干ラーメン凪 新宿ゴールデン街店 本館の写真すごい煮干ラーメン 890円

この日の2軒め。
煮干し好きなので訪問したいと思っていた こちらへ。
12時45分頃で約10名の待ちに接続。
13時20分に店内へ。

狭い店内ですが、雰囲気や店員さんとの距離感がいいですね。
店員さん同士何を話しているのか丸聞こえ。

ほどなく着丼。
煮干しの香りが食をそそります。

スープを一口。
煮干しの香ばしさや酸味と、タレからか甘しょっぱさが一丸となってインパクト強めにガツンと主張してきます。これが病みつきになり、レンゲが止まりません。数回口に運ぶと、上に乗っていた辛味ダレがスープに溶け込み、後味にじんわり辛味が広がり、更にレンゲを運ばせます。

麺は、加水高めの中太縮れ麺。
スープに負けないツルモチな食感。
麺量は150g程度。

数個入っていた いったん麺は、チュルンとした食感がいいですね。

具は、チャーシュー、ねぎ。
ピンクのロースチャーシューは柔らか。

スープを飲み干して終了。

煮干しの旨みをしっかり感じ、しかも病みつきになるインパクトのある一杯。
美味しくいただきました。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「醤油らぁ麺」@らぁ麺 はやし田 新宿本店の写真醤油らぁ麺 800円

5月1日、久しぶりに上京。
久しぶりのレポです。
目指したSOBAHOUSEの前に立つと、残念な張り紙が。えー 休みだったのね。事前に確認は必須ですね。

さて、どこ行こう。
まず近くの五ノ神へ、 約40名の並び。
で、こちらへ。約20名の並び。
どこも混んでるのね。まーいいか。
11時40分頃に並び、12時5分頃に食券購入。
その後暫くして カウンターへ。

店員さん大きな声で元気ありますね。
ほどなく着丼。
油が多めに浮く透き通ったスープ。ピンクのチャーシューも美味しそうです。

鴨と大山どりを使用したスープを一口。
油多めでコクや香りが広がりますが、熱々からか鴨や鶏の出汁感はあまりわかりませんでしたが、程よい甘味のある上品なスープです。

麺は、全粒粉入りの細ストレート。
小麦の香りがよく、適度なコシがある啜り心地が上品な麺です。
麺量は150g。

具は、チャーシュー、メンマ、ねぎ。
チャーシューは、柔らかなロースと、しっとりジューシーな鶏の2種類。
メンマは、大振りな穂先メンマ。シナコリ食感がいいアクセントになっています。

スープを飲み干して終了。

上品な一杯。美味しくいただきました。

先輩方のレポで高評価だった、のどぐろ も気になります。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚煮干しそば」@煮干しつけ麺 宮元の写真濃厚煮干しそば 800円

1月下旬、
野暮用で 近くに来たので。
店内に入ると、店主さんの元気な声、
雰囲気がいいですね。

スープを一口。
煮干しがガツン!と主張してきます。それにも負けない動物系の厚みのある旨みもありますね。ちょっと塩気が高めですが、美味しいです。

麺は、加水低めなストレート中太麺。
やや硬めで小麦感が豊か。
麺量は150g程度。

具は、チャーシュー、メンマ、玉ねぎ、板海苔。
チャーシューは、レアと炙りの二種類。どちらも美味しい。
メンマは、極太タイプ。食感がグニャグニャなのが残念。


ガツンとくる煮干しが堪らない一杯。
美味しくいただきました。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 3件

「濃厚牡蠣煮干中華そば」@麺屋 まほろ芭の写真濃厚牡蠣煮干中華そば 900円

野暮用で近くに来たので、
某雑誌で評価の高かったコチラヘ
期待を膨らませての初訪です。

券売機で表題を購入し、カウンターへ。
程なく着丼。
セメント色のスープがドロドロ濃厚で強烈そう。
また、大きなピンク色のチャーシューも美味しそうです。

一杯の丼ぶりに広島産牡蠣を8個と、下支えに鶏白湯と大量の煮干しを使用しているとの
スープを一口。
牡蠣の旨みが先行して押し寄せ、大量に入っているだろう煮干しは強烈な主張はなく、鶏白湯とバランスよく下支えになっています。
見た目よりは飲みやすいです。

麺は、小麦がギュッと詰まったやや硬めに感じるストレート中細麺。
小麦感豊かで濃厚なスープに合いますね。美味しい。
麺量は140g程度。

具は、チャーシュー、牡蠣、玉ねぎ、板海苔。
大きなチャーシューは香りがよくジューシー。
醤油で味付けされた牡蠣は、味付けが絶妙で独特な旨みが堪能できる。これは美味しい。ご飯と一緒にもっと食べたくなりました。

スープを飲み干して終了。

牡蠣を堪能できる食べやすいドロドロな一杯。
美味しくいただきました。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件
87

「ワンタン麺」@稲荷屋の写真ワンタン麺900円

この日の2軒め。
先輩方のレポやツイートで、気になっていたこちらへ。

店内に入ろうとすると、
券売機の前で悩む外国の方々が、
私の流暢な英語で、、、、とはいかず、
なんとなくで、
店員さんにボタンを教えてもらいました。

限定は×、その店員さんにオススメを伺うと、
醤油とのこと。
店の前の大きなメニューの上にあるワンタン麺をいただくことに。ボタンは下のほうなのね。

カウンターに座り、店員さんに、
「美味しそうなお肉も提供してるんですね~、先輩のツイートなんですが」と、写真を覗いてもらうと、
「これ、昨日のですー」と。その他も、いろいろお話をさせていただきました。
おじさんの話し相手になってもらいありがとう。

そして、ほどなく着丼。
大きなピンク色のチャーシューが美味しそうです。

スープを一口。
分厚い動物系の出汁感が味わい深く広がります。この味わい深さを演出しているのは、やや甘味のある醤油ダレでしょうか。いろいろ入っているのでしょうが、動物系の旨みをよく引き出しています。美味しい。

麺は、ストレート中細麺。
パツン系で小麦感も豊かに感じます。
麺量は、150g程度。

具は、ワンタン、チャーシュー、メンマ、板海苔、カイワレ。
ワンタンは、餡がパンパンに入ったものが5、6個あったかと。食べ応えがあります。
大きなチャーシューは、柔らかで噛むと肉の旨みを感じる絶品もの。


分厚い出汁感のあるスープに、ワンタン、チャーシューも食べ応えがあり満足感たっぷりな一杯でした。

今度は限定狙いで。

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件
90

「特製ワンタンメン麺」@八雲の写真特製ワンタンメン麺(白だし、ハーフ)1000円

12月22日、18時頃、初訪問です。
待ちなく、すんなりカウンターへ。
5分ほどで着丼。
丼ぶりの八雲マークの下にある
ワンタンが雲のように見えます。

スープを一口。
動物系の厚み、煮干し、昆布などの旨みがバランスよくじんわり広がります。優しいスープですが素材の旨みがしっかり伝わってきます。これは美味しい。

麺は、麺肌が滑らかで小麦も豊かに感じる中細ストレート麺。
麺量は150g程度。

具は、ワンタン(肉×2、海老×2)、チャーシュー、メンマ、板海苔、ねぎ。
ワンタンの餡は少なめで皮が大きいタイプだが、餡のプリプリとした食感、皮のチュルンとしたのど越しが楽しい。
チャーシューは、やや小振りなものが2枚。噛むほどに旨みが溢れる絶品もの。
メンマは、極太タイプでシナコリな食感。このくらい太いと丼ぶりの中で食感の変化が楽しめますね。

スープを飲み干して終了。

素材の旨みをしっかり感じる一杯。
美味しかったです。
また来ようっと。

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件
85

「塩そば(細麺)」@饗 くろ㐂の写真塩そば(細麺) 1000円

青島さんでいただいた後に。
開店10分前に到着で約25名の待ちに接続。

順番に食券を買いに行くシステム。
食券を回収しにきた従業員に、細麺か手揉みか聞かれ、細麺で注文。
後ろの方々は手揉みが多いですね。注文、間違えたかなー。

約40分後に店内カウンターへ。
キレイで清潔感のある店内。
テレビや雑誌で見かける店主さん。
カウンターの目の前にあるお肉さんが美味しそう。
と、思っていたら着丼。

数種類のブランド鶏をメインに鴨がらや昆布などを使用している透き通ったスープは、上品な旨みが優しく広がります。

数種類の小麦をブレンドした小麦を使用した麺は、
まるで日本そばのよう。
麺も優しい食感と味わいがある。
スープにもよく合います。

具は、チャーシュー、鶏団子、メンマ、ドライトマト、生姜餡、黒生胡椒、ねぎ。
チャーシューは、弾力のある鶏ももと、しっとりでふっくらした鶏むねの2種類。
鶏団子は、口の中で溶ける柔らかさ。
メンマは、上品な味付け。
ドライトマトは、ねちっと歯につくが、酸味がいいアクセントになっている。
ねぎは、新鮮さのある食感がいい。ねぎ好きに多いのは嬉しい。

スープを飲み干して終了。

一つ一つに上品さのある一杯。
美味しかったです。


注文の確認だろうか、
店内に響くデェフォ、デェフォという元気な声。静かに食べている私には、この綺麗な店内には合わないなーと、面白おかしく聞いてました。

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「青島チャーシュー」@青島食堂 秋葉原店の写真青島チャーシュー900円

11月中旬の土曜日、
午前10時半頃着で、待ち8人目、 開店時には約20人の待ち。

ハイテク券売機で食券を購入し、
カウンターへ。

厨房は男性と女性の2名。
女性が、チャーシューをトントントントンと薄く切りながら、丼ぶりにスープを入れ、茹で上がった麺をチャッチャッチャッとテンポよく湯切りをし、丼ぶりへ。
男性が丼ぶりにタレ、麺が入るとチャーシューなどを盛り付けてお客へ。私の座ったところは女性の方からでしたけど、二人の流れるような作業は見ものでした。


あっ、ラーメンの感想を忘れてるとこでした。

スープは、表面に浮くラードと思われるコクに、ほんのり甘味のある醤油、生姜も軽くほんのり広がります。
生姜はガツンとくると思いきや、ほんのり感じる程度だったのね。

麺は、加水高めの中細麺。
ツルツルな食感が楽しい麺です。
麺量は175gとのこと。

具は、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、海苔、ナルト、ねぎ。
チャーシューは薄く乱切りされているものが多数。
味が染みてなかなか美味しい。

ほんのり生姜が効いた一杯。
美味しかったです。

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件