なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ノブ(復活)

男性

人生なんて上手くいかなくて当たり前だよね。プライベートと仕事も麺活も楽しくイケればいいかな。

平均点 82.691点
最終レビュー日 2019年10月16日
418 268 3 9,774
レビュー 店舗 スキ いいね
74

「沖縄そば」@空港食堂の写真12月26日、社員旅行も無事終わりに近づき、那覇空港でお土産を買い足して少し時間があるのでコチラへ。

ちょうどお昼にさしかかる時間で、観光客やタクシー運転士さん、空港関係者でごった返してます。
旅行中は朝から晩までオリオンビールと泡盛を飲みまくってたせいでこの日は朝から絶不調…。
とりあえず胃に何か入れようと標題を選択してテーブル席へ。
活気がある街の食堂といった雰囲気です。

約6分程で着丼♪
沖縄でよく見る一杯ですがスープ量が多いですねー。
具材は三枚肉に沖縄かまぼこ、小葱に紅生姜です。
沖縄そばとソーキそばでは肉が違って、沖縄かまぼこの有無もあるのかな。
卓上のコーレーグースを回し入れいただきます!

スープは豚ベースに鰹出汁の定番なもの。
コーレーグースが効いて旨いんですが、二日酔いの身体にはちとキツい…。
麺は小麦の風味よくやや硬めの茹で加減。
モチツル食感で歯ごたえのいい麺です。
肉はソーキではなく三枚肉でちょっと濃いめの味付け、沖縄かまぼこは美味しいですね。
もう少し紅生姜が欲しいところ。

何とか固形物をいただきスープは残してのフィニッシュ。
これ以上はシーサーではなくマーライオンになってしまう恐れが…。

さて、いよいよ帰京です。

ご馳走さまでした☆

投稿(更新) | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「ソーキそば(中)」@ひめゆりそばの写真12月24日、クリスマスイブなのに社員旅行…。
家族の事を全く無視した行程の行き先は沖縄。
何年振りだろ…。

そして空港から観光バス(同業ですが)に乗せられ着いたのはコチラ。
ひめゆり会館で昼食ですが途中で抜け出し、道路を挟んだコチラへ電撃訪問です。

標題を口頭注文し待つ事5分でご対麺〜☆
オーソドックスな沖縄そばのビジュアルです。
鰹と昆布由来の味付けのスープはこれぞソーキソバなもので、コーレーグスを投入すれば大好きなお味に。
麺はやや平打ちの中太麺でモチっとした食感と、加水は意外と少なめなのが印象的。

ソーキは4つ程乗ってますが、どれも硬めの仕上げ。
個人的に紅生姜はテーブル上にお好みで置いてある方がいいですね。
私は好きですがナイチャーには好き嫌いが分かれそうなので。

沖縄で初のRDBレビュー。
社員旅行なので色々制約はありますが、楽しく麺活してみまーす!

投稿(更新) | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「トマトの冷やしタンタンめん」@レストラン  ベルナールの写真8月7日、お客様はおんたけロープウェイへ。
昼食もコチラで取るので、ご厚意で私もご馳走になります。
メニューからお好きなモノをどうぞと言われ、やはりココは唯一のラーメン系の表題を選択してテーブル席で待ちます。

こちらのレストランは、御岳山の5合目にあるおんたけロープウェイ乗り場の2階に併設され、夏場のハイキングや冬のスキーなどに対応したレストランです。

待つ事5分程で着丼〜♪
キリッと冷やされた白い丼には、賽の目にカットされたトマト、メンマにザーサイ、カットされた茹で卵、刻み葱にカイワレと黒ゴマのメンツが載ります。

早速スープから…鷄ベースに芝麻醬やトマトソースがサッパリ感を織り成し、辛さ控えめながらも風味の良さを感じます。
トマトの酸味とゴマの香りがファーストインパクトで、ピリッとした辛味が後からやって来る感覚ですね。
麺は丁度良い加水の中太平打ち縮れ麺で、冷水の締めもよくモチモチでツルツルとした喉越し。
メンマに混じって入っているザーサイが、アッサリの中に中華風のスパイス的役割を担ってますね。
これはなかなかの仕事人です(笑)
茹で卵は味玉のように漬け込まれたタイプではありませんが、黄身のトロ加減が絶妙。
刻み葱、カイワレの辛みと相まっていい箸休めです。
賽の目にカットされたトマトはとてもフレッシュで、スープの辛さを引き立て、また辛味を中和してくれるメインの具材ですね。

まさか、こんな場所でこんなに旨い冷やしに出会えるとは思いませんでした。
木曽福島から1時間近くかかる山奥なのでCPはお高めですが、観光地価格と思えば許せますね。
肉系はなくヘルシーで女子ウケしそうですが、挽肉でも入ってれば更にポイントアップでしたね。

ご馳走様でした☆

投稿(更新) | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】豆乳仕立ての冷製豚しゃぶ担々麺」@中華蕎麦 瑞山(ZUIZAN)の写真8月3日、ふと思い出した「瑞山」さんの冷やし。
ローストビーフの冷やし中華と、冷やしの二枚看板(?)のコチラをいただきにまいりました。

前客2で後客3。
店内の様子は前レビュー参照で(笑)
いや、ホント書くのが面倒な訳ではありません(≧∀≦)
チケットを渡して7分程で着丼〜♪

涼しげなガラスの器には、中細ストレート麺にカボチャのスライス、刻み葱に豚しゃぶなどが盛られ、豆乳仕立てのスープに辣油と山椒が香ります。
麺はしっかり冷水で締められ、コシが強くモチっとした歯応え。
しゃぶしゃぶされた豚肉は柔らかく、刻み葱はシャキシャキです。
カボチャのスライスは程よい薄さなので硬くはなく、サラダ感覚でいただけますね。
スープは豆乳仕立てというより、鶏白湯のようなシルキーさに辣油の辛さと山椒がとてもよくマッチして、仄かな甘みの中に爽やかな辛味を感じますねー。

担々麺をあまり食べる方ではないですが、コチラはアッサリと完食でした!
暑い日には冷やしで、食欲を増幅させる刺激のあるものもいいですね。

ご馳走様でした☆

投稿(更新) | コメント (10) | このお店へのレビュー: 5件