なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ノブ(休止)

男性

諸事情により暫く留守にします。

平均点 82.698点
最終レビュー日 2019年10月8日
417 267 3 9,754
レビュー 店舗 スキ いいね

「冷やし中華」@台湾料理 吉祥 増穂店の写真7月29日、2泊3日の合宿仕事もいよいよ最終日。
午前練習でグラウンドまで送迎した後、入浴と昼食を済ませれば帰京となります。

お昼は近くにあるコチラを訪問。前回訪れた「悟空」さんはお休みでした。
行ってみると最近地方でよく見かける中華料理店のよう。コチラは台湾料理となってますが…。
元々はコンビニエンスストアだったようで面影が残る外観。
お昼時とあって結構な客入りです。
アジアンなお姉さんに促され着席。

この日もかなり気温が上がってるので迷わず口頭にて標題を注文、後会計式で880円。
待つ事10分程で提供された一杯は想像とは違う意表をつく麺顔。

具材はレタス、ハム、キュウリ、トマト、イカ、エビと一見するとサラダ麺のよう。

タレはやや酸味のあるゴマダレで、レタスにもゴマ風味のドレッシングがかけられる。
酸味はやや抑え気味でゴマ特有の甘さを感じるので、お決まりの練り辛子を混ぜてパンチを出していただく。

麺は黄色味がかったクラシカルな細縮れ麺で、しっかりと冷水で締められモチモチ食感。茹で加減はジャスト。
麺量は体感で250gはあるような…食べ応えあるね。

錦糸卵などの見慣れた具材は無く、ボイルされた大ぶりのエビと松笠切りされたイカは珍しい具材。

サラダ感覚で具材を楽しみ完食!
麺量があるのでお値段なりの満足感は得られたかな。
夏じゃなければ麻婆麺や担々麺なども試してみたいところ。

ご馳走様でした☆

投稿(更新) | コメント (26) | このお店へのレビュー: 1件

「【数量限定10食】辛トマまぜそば(味玉)」@麺や 笑 ~Sho~の写真限定メニューなので先上げ。
も一つ限定メニューのレポがありますが、レポが重なりそうなのでこちらから。

2月8日、仕事終わりにこの日から提供されてる標題をいただきに「笑」さんを訪問!
所定の位置に車を停めて店内へ。おや?券売機が右に移動されてますね。

標題をポチっとしてカウンターへ。遅ればせながら新年のご挨拶(ホント遅い)。
店内POPが増えてるような気が…。約1ヶ月半振りの訪問ですから変わっててもおかしくはないですね。
トマトの匂いが漂い始め約7分程でご対麺♪

おぉ〜、具沢山ですね。色とりどりで目にも鮮やか!
表面には何種類かのパウダーが振りかけられ、いいアクセントになり粉チーズとの相性もよし。
それでは卵黄を潰して混ぜ混ぜしていただきます。
自家製のトマトペーストはほんのりとニンニクの香りを纏ってピリ辛に仕上げられてますが、奥久慈卵の卵黄が混ざり尖のない円やかな印象に。
オーション使用の太ちぢれ麺はギュッとした締まりを感じモチモチとして、ゴワ感はないもののポコポコした麺肌で躍動感のある麺。麺量は220gとの事。
瑞々しいトマト、ルッコラや水菜などの野菜はフレッシュで素揚げされた茄子が大きめにカットされてて嬉しい。
味玉は今回ちょっとハード気味かな。でも濃厚な黄身とプリっとした白身は相変わらず美味しいね。
チャーシューはいつもの柔らか仕上げ、カットされたソーセージがパスタ感覚。
よくまとまったイタリアーンな一杯といった印象。
味変タバスコとかも合うかもしれない。

具沢山とオーション麺のおかげで腹パンでフィニッシュ!完食完飲です。
追い飯と味玉付きの特製も選択出来るので、追い飯でいただくのもいいかも。
次はゆっくり飲みに伺いたい。

ご馳走様でした☆

投稿 | コメント (16) | このお店へのレビュー: 24件

「【1月限定】辛味ネギそば(サービス味玉)」@中華そば とんびの写真〈男臭い激狭店で優しい鯛の一杯〉

1月4日、具合いもだいぶ良くなり私用を済ませた後にコチラをハツホーです。

駅から歩いて店舗前に到着時外待ち3名、そのまま接続します。
下調べしておいたけどかなりの激狭店(笑)
熱海の「雨風本舗」さんを思い出しますね。

外並びトップになった所で右手の扉を開けて券売機にて標題を選択、空いた席の近くのサッシを開いてカウンターへ座ります。店内で座席の後ろを通る事は出来ない狭さと言えば分かるでしょうか。
その店内はカウンターで7席、厨房は2名でのオペレーションです。
待つ事6〜7分でご対麺♪

口径が広めな丼には、圧巻の辛味ネギと14日までサービスの味玉、チャーシューにお揚げ、水菜にメンマ、海苔に白ゴマと柚子皮などなど。

ではスープから…ふわりと鯛が香るライトな白湯仕様で、鶏豚の下支えと共に鯛の旨味が優しい和の印象。
麺は中加水の細ストレート麺、断面はスクエアでスープとの絡みも良く、ムニっとした歯応えとツルリとした喉越しも良い美味しい麺です。
辛味ネギは大量投入、それ程辛さはないのですがシャキシャキ感はサイコーです。
チャーシューはロースだったかしら、混ぜてるうちに崩れてしまいました(笑)
水菜はフレッシュ、メンマは極太仕様が嬉しいね。
海苔はパリパリで風味の良いもの。
味玉は「しげる松崎」のようなガングロ…燻製のような色ですが仕上げも若干ハードタイプです。
そしてMVPは何と言ってもお揚げですね。炙られたお焦げは香ばしくパリっとした食感と、スープを吸った柔らかな食感とを同時に味わえます。
このお揚げがあるから店名が「とんび」なんでしょうかね。お揚げマシがあるならしたい位の逸品。
爽やかな柚子皮が効果的で、食べ飽きる事無くスープを少し残しただけで完食です!
うん、体調もだいぶ良くなったかな。
この日は鯛をメインにしたメニューと、この限定だけの提供でしたが、麺大盛りや味玉のサービスは嬉しいですね。
また是非伺いたいと思います。

ご馳走様でした☆

投稿(更新) | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件
74

「沖縄そば」@空港食堂の写真12月26日、社員旅行も無事終わりに近づき、那覇空港でお土産を買い足して少し時間があるのでコチラへ。

ちょうどお昼にさしかかる時間で、観光客やタクシー運転士さん、空港関係者でごった返してます。
旅行中は朝から晩までオリオンビールと泡盛を飲みまくってたせいでこの日は朝から絶不調…。
とりあえず胃に何か入れようと標題を選択してテーブル席へ。
活気がある街の食堂といった雰囲気です。

約6分程で着丼♪
沖縄でよく見る一杯ですがスープ量が多いですねー。
具材は三枚肉に沖縄かまぼこ、小葱に紅生姜です。
沖縄そばとソーキそばでは肉が違って、沖縄かまぼこの有無もあるのかな。
卓上のコーレーグースを回し入れいただきます!

スープは豚ベースに鰹出汁の定番なもの。
コーレーグースが効いて旨いんですが、二日酔いの身体にはちとキツい…。
麺は小麦の風味よくやや硬めの茹で加減。
モチツル食感で歯ごたえのいい麺です。
肉はソーキではなく三枚肉でちょっと濃いめの味付け、沖縄かまぼこは美味しいですね。
もう少し紅生姜が欲しいところ。

何とか固形物をいただきスープは残してのフィニッシュ。
これ以上はシーサーではなくマーライオンになってしまう恐れが…。

さて、いよいよ帰京です。

ご馳走さまでした☆

投稿(更新) | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「ソーキそば(中)」@ひめゆりそばの写真12月24日、クリスマスイブなのに社員旅行…。
家族の事を全く無視した行程の行き先は沖縄。
何年振りだろ…。

そして空港から観光バス(同業ですが)に乗せられ着いたのはコチラ。
ひめゆり会館で昼食ですが途中で抜け出し、道路を挟んだコチラへ電撃訪問です。

標題を口頭注文し待つ事5分でご対麺〜☆
オーソドックスな沖縄そばのビジュアルです。
鰹と昆布由来の味付けのスープはこれぞソーキソバなもので、コーレーグスを投入すれば大好きなお味に。
麺はやや平打ちの中太麺でモチっとした食感と、加水は意外と少なめなのが印象的。

ソーキは4つ程乗ってますが、どれも硬めの仕上げ。
個人的に紅生姜はテーブル上にお好みで置いてある方がいいですね。
私は好きですがナイチャーには好き嫌いが分かれそうなので。

沖縄で初のRDBレビュー。
社員旅行なので色々制約はありますが、楽しく麺活してみまーす!

投稿(更新) | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件
78

「濃厚そば」@君に会い鯛の写真こちらも新店なので優先的にアップします。
12月3日、中板橋から東武練馬駅へ移動し、駅から歩いてすぐの場所、途中何軒かのラーメン屋さんをスルーして見えて来たのは洒落の効いた店名のコチラ。
10月にオープンした新店です。

店内に入るとPOPが賑やかですね。
カウンターが2箇所にあり合わせて8名程入れるキャパ。
メニュー表から標題を口頭注文し、後会計のシステム。
イケメン店主さんのワンオペで待つ事約6分程でご対麺です♪

縁が大きくとられた丼には、色鮮やかな野菜が彩り、2種のチャーシューに穂先メンマ、カイエンペッパーにバルサミコソースと、乾燥パセリに海苔の佃煮などのメンツ。

ますばスープから…宇和島産鯛のアラを白濁するまで煮込んだというそれは濃厚ながら粘度はそれ程ではなく、後味はアッサリしたもので若干のエグ味を感じます。
鶏も合わせてあるようで、鯛一辺倒ではないコクがありますね。
麺は低加水の中細ストレート麺で、小麦の風味を纏い歯応えも喉越しも良いもの。
チャーシューはオリジナリティを感じるもので、歯応えを残しつつも鯛の出汁にちょっと負けてるかな。
ラディッシュは酢漬けのような酸味があり、白菜や人参水菜はサラダ感覚でシャキシャキ、キンピラゴボウはごま油の風味が良いのですが、穂先メンマは若干の臭みが残ってたのが残念。
縁に付いた海苔の佃煮はあの「ごはんですよ」を彷彿とさせライスが欲しくなりますね(笑)
カイエンペッパーとバルサミコソースはスープに影響を与える量ではないので、ビジュアル重視のアイテムでしょうか。

和と洋を感じる事が出来、工夫をされますが鯛を使った一杯ならシンプルでいいのかなとも思います。
洋食の経験の長い店主さんという事なので、これからの展開に期待を込めて。

ご馳走様でした☆

投稿(更新) | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「麻婆麺(辛さ3.痺れ3)」@箸とレンゲの写真10月15日、仕事帰りに以前から気になってたコチラへ遠回りしての訪問〜♪
何だか久しぶりに阿佐ヶ谷へ来たような…。

路肩のパーキングメーターに車を停めて阿佐ヶ谷駅高架下を進むと見えて来ました。
時間的にも夕飯前なので空いてますね!
前客2名、後客1名全て女性です。

店内はお洒落で清潔感があり、女性から絶大な人気があるのも納得ですね。
店内はテーブルとカウンターを合わせると27名程入れるキャパ。
口頭で表題を注文して待つ事6分程でご対麺♪

白く深めな洒落た丼には、揚げ牛蒡に茄子、ニラに青菜、刻み葱に豆腐と挽肉などなど具沢山なメンツ。

では恒例のスープから…ってか、箸デカくない?
太くて長い箸がちょっと使いづらいですが、気を取り直して…。
おぉう∑(゚Д゚)山椒と辣油がガツーン!
コレはなかなかの辛味と痺れですねー。
ベースは鶏でしょうか、そこに合わさる麻婆的要素が独自の路線を築いてるといった印象。
脂分はほどほどで、辛さ痺れ一辺倒ではない奥深さがあり、どんどんスープがイケちゃいます。
麺はピロピロとした平打ちの太縮れ麺、程よくスープを吸い絡みも絶妙です。春雨のようなモノもさり気なく合わせてありヘルシーです。
和風な揚げ牛蒡はパリパリとして食感良く、茄子は瑞々しくて麻婆スープによく合う品。
麻婆の主役的存在の豆腐はフルフルで、大きめにカットされてますね。
穴あきレンゲで挽肉と刻み葱などをサルベージして辛味と共に味わいます。
そして極め付けはぶどう山椒のピリッとした刺激!
コレが何と言っても最高ですよー。

デフォだと辛さ2、痺れ2と言う事なので、辛さが苦手な方はご参考に。
今回は両方とも3に設定したのでかなり汗をかき、お洒落なお店で汗だくのオッさんが仕上がりました(笑)
ちょっと恥ずかしい(//∇//)

麺を豆腐や茹で野菜に変更出来たり、麺半分などの設定があるのも嬉しいですね。

違うメニューも気になるので、また訪問させていただきます!

ご馳走様でした☆

投稿(更新) | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「【9月限定】濃厚トマトつけ麺」@蒙古タンメン 中本 川越店の写真9月23日、川越泊まりのお仕事が入ったのですが行きたいトコは軒並み夜営業無し…。
気を取り直し、プラプラと歩きつつRDBをチェックするとコチラが。
R254、5本ケヤキの奥にあった頃伺いましたが、有名になり並びがエグくて足が遠のいてました。

この日は川越店ですが、店前に到着するも外並びは無し、これはチャンスとばかりに店内へ。
店内は満席で、表題を選択して背後霊でしばし待機。
中本さんは女性のお客さんが多いと聞いてましたが、4割は女性でアベックの姿もチラホラ(ウラヤマス…)。

5分程でカウンターへ昇格し、8分程でご対麺〜♪
つけ汁にはトマトに茄子、ひき肉にニンニク、中央に溶けるチーズがトッピング。
麺皿には中太麺とキャベツにほうれん草の面々。

まずはそのまま麺を…茹で加減ジャストな中太麺はモチモチした食感に、ふりかけられたバジルが爽やかに香り、つるりとした喉越し。
麺量は200g程でしょうか。
つけ汁をひと啜り…味噌ベース?にトマトの酸味がよく、濃度は低く塩分は控えめの印象でニンニクが少し強いかなー…辛みはほぼ感じませんねー。
麺を全身浴させていただくと、つけ汁の絡みはまずまずで、トマトの旨味にバジルが合わさりイタリアーン(もちろんイタリアには行った事ありません)。
茄子はちょうどいい柔らかさに仕上げてあり、麺皿のキャベツはシャキっとして、ほうれん草は茹で加減よくもう少し量があると嬉しいかなと。
チーズが溶けると濃度が増してパスタソースのように感じます。

つけ汁の具材を穴あきレンゲでサルベージしつつ完食〜!
ニンニクの味と香りが強いので、個人的にはトマトの押し出し感をもっと欲しいなと思いました。

はじめは北極をいただく予定でしたが、次の日のご老公の具合いと仕事の絡みを考えて遠慮しました(笑)
再訪の際は北極にしようと思います!

ご馳走様でした☆

投稿(更新) | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】しそのジェノ明太油そば(並)」@ラーメンくれはの写真6月22日、何気に会社近くの店舗のチェックをしつつ「くれは」さんのTwitterを見たら限定の紹介が。
レビューにもないので是非食べてみたいと言う事で、またまた会社帰りに訪問です。

看板の灯りが点いてなかったので休みかと思いましたがしっかり営業中、19時30分到着で前客1名後客1名、入り口入った右側の券売機の左下の限定ボタンをポチ。
麺量を聞かれたので並でお願いしました。
並盛りも中盛りも同様のお値段のようですね。
豚骨の匂いが充満する中しばしの待ちターイム(≧∀≦)

約8分程でご対麺〜♪
太麺に明太子ソースとしそで作られたジェノベーゼソース、チャーシューにシメジと刻み海苔。
別皿にレモンが添えられてて、チャーシューがベーコンなら見ためまんまパスタですね(笑)

レモンを絞りよーく混ぜ混ぜして早速一口…ベースソースは鶏白湯に生クリームでしょうか、円やかでクリーミー。
明太子の辛味とジェノベーゼソースがよく合います。
しその香りはそれ程強くなくほんのりと香る爽やかさ。
チャーシューは短冊切りでしっとり感があり、薄めの味付けがナイス。
ガラとバターで炒めと言うシメジは歯応え良く、風味の良い刻み海苔が和風パスタ感を加速させます。
ソースに絡む麺は、小麦の香りがしてしっかり芯が残るアルデンテ(笑)
モッチリとした食感と弾力がパスタ以上の存在感を主張してくれてます。

全体的に油っこさはほぼ感じられず、クリーミーさが際立つ一杯でした。
コレ、女子ウケもしそうな一杯ですね(≧∀≦)
初訪なのにデフォより限定に走ってしまいましたが、とても美味しく完食でーす。

次回は豚骨ラーメンをいただきにまいります。
ご馳走様でした☆

投稿(更新) | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「特製濃厚真鯛らーめん」@真鯛らーめん 麺魚の写真1月4日、錦糸町での適性検査の後、午前11時55分訪問。
外待ち11名に接続。後客15名程。
外まで届く鯛の香りに食欲が湧きます。

並びの割にはそんなに時間がかかる事なく、20分程で着席。
食券を先に渡していたので程なく着丼。

濃厚な鯛の香りがするスープに、中細のストレート麺、薄切りの幾重にも重なったレアチャーシュー、海苔、味玉、青菜、玉葱のすりおろし、柚子。
全てのバランスがよく、付け合わせもこのらーめんにはって感じでよく選ばれてます。
スープも濃厚な割にはグイグイいけますね!
麺との相性もバッチリ。

店員さんの接客もとても丁寧で、堪能させていただきました!

ご馳走様でした☆

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件