なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ノブ(復活)

男性

人生なんて上手くいかなくて当たり前だよね。プライベートと仕事も麺活も楽しくイケればいいかな。

平均点 82.691点
最終レビュー日 2019年10月16日
418 268 3 9,773
レビュー 店舗 スキ いいね

「あぶり麦豚みそラーメン」@炙りチャーシューラーメン 口福軒の写真いよいよ9月も終わり消費税が増税だ。仕事も一年で一番忙しいシーズンに突入。
この日から2泊3日で群馬長野をぐるりと回るお仕事。
羽田空港からひとっ走りして到着したのは「峠の釜飯」で有名な横川駅のある安中。
上信越道の横川サービスエリア下り線で自由昼食との事なので以前訪問したコチラを再訪。仕事の合間の一杯。

券売機で780円の標題をチョイス。
約4分程でモニターに出来上がり番号が表示されアナウンスが入る。
提供カウンターへ出向き食券と引き換えにお盆に載せられた標題を持ち空いてる席へ。

赤い丼にはハーフカットの味玉とチャーシュー、メンマ、刻み葱、野沢菜といったメンツ。醤油と同じ具材だね。

早速スープから…薄っ!味噌の旨味はあるのだが想像よりかなりシャバい。濃厚とかトロミとかは皆無のスープだ。
豚鶏だろうか動物系の出汁に薄めの味噌。混ぜてみたが然程濃さは変わらず…。
塩分を気にされてる方にはいいのかもしれないが(笑)

麺は黄色味がかった中細縮れ麺。茹で加減はちょうど良く味噌に合うモチモチとした食感が印象的な麺。

チャーシューは小さいものが3枚程投入され、炙りが入り香ばしいが焼き肉みたいな味と食感。これは醤油の方が合うかな。
メンマと刻み葱は業務用的な印象。味玉は黄身が濃厚で美味しい。
珍しいのは野沢菜が使用されているところ。独特の青臭さがありちょっと味噌には合わない気がするが面白い具材だと思う。

高速のサービスエリアという事で期待感は薄かったがスープも薄めなのは残念。
もう少し味噌がガツンと来ればかなりイケるんじゃないかな?
時間のない方にはサクッといただけるフードコートの一杯は貴重だね。もちろん私もその一人だが。

ご馳走様でした☆

蛇足:いよいよ仕事がトップシーズンに突入。紅葉が終わり雪の便りを聞く頃までは多忙な日々が続く。
僅かなお休みの時、日帰り仕事の合間や宿泊先での麺活で細々とレポをあげていこうと思ってるので宜しくお願いします。

投稿 | コメント (24) | このお店へのレビュー: 2件

「北極ラーメン【辛さ度9】」@蒙古タンメン 中本 上板橋本店の写真久し振りの休日、辛旨ラーメンの雄「中本」さんを久しぶりに訪問。
駅前に移転する前に訪問して以来なのでかなりの年月が経った。
連休だけあって前客も後客も多数。中待ちもいるようだが外待ち6人に接続し、待つ事暫し…入店して券売機にて830円の標題をプッシュ。

店内に入るとむせるような唐辛子の香り。キャパ30人程の店内は常に満員状態で中待ちが発生している。
スタッフ5名が元気よく対応。
休日だからかファミリーが多めで回転は良くないね。
中待ちになって約15分程でカウンターへご案内。

店内は清潔で、スタッフの自己紹介写真がホストクラブのようだね(笑)
約8分程で真っ赤なスープを湛えて提供です。
うーん…辛そうだ。大丈夫かオレの胃袋…。

赤いスープに清涼なカラーのモヤシが映える。
まずはスープからいただいてみる…辛っ!熱っ!痛っ!もう唐辛子の辛味が優先でガツンと胃袋に響く。味噌の旨味に胡麻の甘さやニンニクの風味を感じるがやはり唐辛子の支配下。

麺は中加水の中太ウェーブ。茹で加減は若干硬めでスープにもよく絡む。ゆっくり啜らないとムセるね。

豚肉は旨味があるがこの辛さの前には無力に近い。
もちろんモヤシはスープに浸かる前にいただいたが僅かな箸休めに過ぎない印象。
水を飲むと辛さがより強調されるので、最後まで水は飲まずに一気に掻き込んで完食!
ヘタレとは思われたくないのでスープも完飲だ!
汗が止まらない…。身体の内部が燃えてる感覚だね。
お店を出て一階のファミマで缶ビールを購入しガブ飲み。もうすでにお腹が痛い…。

明日、黄門様が悲鳴を上げそうだが久しぶりの「中本」さんを堪能させていただきました。

ご馳走様でした☆

投稿(更新) | コメント (34) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺」@味処 のんき亭の写真8月5日、この日は新宿区の林間学校で2泊3日のお仕事の最終日。
子供達は体験館でほうとうとおやき作り。
私はお隣にある道の駅でお昼をいただく事にしましょう。

コチラの店舗は「道の駅 女神の里たてしな」に併設されたレストラン。
ラーメン系はラーメンと標題のつけ麺の2種。
他に、蕎麦やうどん、定食、軽食、アルコールも提供される。道の駅なのにアルコールがあるのは珍しいかな。

入り口左手の券売機にて標題を選択、店舗内は4名掛けのテーブルがメインで14〜15席はあるだろうか。
厨房内は地元のオジちゃんオバちゃん3名で切り盛り。客入りは4割程。待つ事約8分程で提供となりました。

緑のモロッコいんげんが目を惹く麺丼には、クラシカルな黄色味がかった中華麺にチャーシュー、モロッコいんげんと白髪ねぎ、メンマにハーフカットされた双子のゆで卵といった具材が載る。
つけダレはゴマ味噌風味のタレに刻み葱とゴマ。写真には写って無いがサービスでお新香が添えられる。

まずは麺だけをいただいてみる…。
モチムニとした食感の多加水の縮れ麺はよく見かけるタイプ。麺量は300g程あるようなボリューム。
しっかりと冷水で締められて水切りも充分。
ピリ辛なゴマ味噌ダレは濃厚。酸味も辛さも控えめでゴマの風味が良くクラシカルな麺とマッチしてるね。

チャーシューはバラロールが2枚、まずまずの厚みで驚く程の柔らか仕上げ。
味付けは薄味ながらも肉の旨味みに溢れその柔らかさは秀逸。
メンマは業務用かな…シャキ感のない柔らかメンマ、白髪ねぎはもう少し欲しいところ。
双子の卵は「与ろゐ屋」さん以来のものだがコチラはハード仕上げ。偶然ながらこの卵に当たるのは嬉しい。
モロッコいんげんは青臭さは若干残るものの美味しい夏野菜といったところかな。繊維質の歯応えが楽しい。

道の駅の一杯としてはまずまずなつけ麺だと思う。
長野とは言え35℃近い気温。つけ麺や冷やしが美味しい季節だね。
皆様も熱中症には注意して麺活しましょう!

ご馳走様でした☆

投稿(更新) | コメント (18) | このお店へのレビュー: 1件

「浅間火山ラーメン」@佐久平PA(上り)軽食コーナーの写真7月22日、東京に向けていざ出発!
途中、佐久平のパーキングに併設してる「パラダ」で子供達はオリエンテーション。
乗務員用のお食事チケットをいただき、それを駆使してコチラで早めのお昼です。

お昼前なので店内は4人程、皆さんトラックの運ちゃんですね。
標題を選択してチケットを提出し約5分程で提供となります。通常だと780円。

大きめな丼には、辛子ネギに辛子味噌、メンマに黄色味がかった縮れ麺。

それではスープから…若干赤みがかった背脂の浮くスープは穏やかな味噌味。
辛みは少なく動物系の旨味はあるが全体的に薄めでやや甘みを伴う。

麺は味噌にありがちな黄色味がかった縮れ麺。多加水でモチモチとした食感。若干柔らかめな茹で加減ながらもスープとの相性はまずまず。

辛子ネギはラーショのネギを彷彿とさせるね。
ショリショリした食感に辛みが合う。
メンマはかなりの薄切りタイプ。コリコリした歯応えで薄めの味付け。

辛子味噌は細かくみじん切りされたチャーシューと唐辛子、豆板醤に刻み葱かな。
コレが意外と辛い。スープの味も濃くなり中盤から一気に辛さをアップさせて汗だくで完食。スープは6割程いただきフィニッシュ!

火山と言う程の辛さではないが、辛いのが苦手な方には辛子味噌はキツいかな。
パーキングのラーメンという事でハードルを上げなかったのでそれ程残念な印象ではなかった。

特権を利用しての麺活だったのでレポを上げるか悩みましたが、まだレビューもなくどんな一杯なのか参考にして欲しくレビューしました。
これから夏休みで行楽の方も多くなりますが、皆さんどうぞ安全運転で!

ご馳走様でした☆

投稿(更新) | コメント (20) | このお店へのレビュー: 1件

「ほぐし味噌ラーメン」@ラーメンダイニング 雪あかり ブルースカイダイニング店の写真ちょっとレビューが前後しますが3月29日、羽田空港でお客様を迎えするまで少し時間があるのでコチラで早めの昼食。この後は信州は飯田まで走るので途中で食べてる時間はありません。

店舗は羽田空港第1ターミナルの到着階にあります。札幌ラーメンと看板に書いてあり新千歳空港の他、大阪の豊中にあるビジネスホテルにも店舗があるようです。
お昼前でもお客の入りは上々、春休みも手伝って家族連れが目立ちますね。実に賑やか。

空いてる席に案内され、札幌なら味噌と思い標題をメニュー表から口頭注文、930円とお高め。
まぁ羽田空港のテナント料を考えると妥当なのかな。
待つ事約7分でご対麺です♪

まずはスープを…鶏豚ガラのベースに昆布を加えたあっさり系の出汁に白味噌仕立てのスープ。特製の辣油が加わりピリ辛の仕上げです。脂分は程々。
オーソドックスな味噌なので卓上の一味唐辛子と辣油を加えてパンチを演出。うん、これ位の辛さが好み。
麺は黄色い麺肌で加水高めの細縮れ麺。茹で加減はまずまずでスープとの絡みもよく、つるんとした喉越しの味噌ラーメンによくあるタイプ。麺量は160g程か。

具材はほぐし肉に白髪ねぎ細モヤシ。
ほぐし肉はチャーシューをほぐしてピリ辛な味噌と合わせたものらしいですが、食感はシーチキンのようで辛さもさほど感じません。もそっとした食感。
白髪ねぎは新鮮で辛味もよく、モヤシは瑞々しいもので味噌スープとのバランスも良いですね。

サルベージ用のレンゲもありましたが、挽き肉じゃないしコーンも入ってないので使用せず(笑)
気づいたら完食完飲でした。
やはりこの内容じゃ少々お高く感じますが、忙しいサラリーマンや家族連れには便利なんでしょうね。
国際線にある有名どころが国内線にも入ってくれたらいいのにな。

ご馳走様でした☆

投稿(更新) | コメント (22) | このお店へのレビュー: 1件

「稲庭中華そば(限定味噌.半熟味付け玉子)」@食堂 七彩の写真3月4日、業務も無事完了し雨の中保谷の新店を目指すも定休日…。ツイてない…と言うか、ちゃんと調べない私がダメなんだが。
リカバリーをどこにしようか悩むも月曜定休が多い。
ウロウロしつつ決定したのは、以前訪問して好印象だったコチラ。

到着時前客7名、店内左手の券売機を見ると稲庭中華そばの味噌味が今日のみ復活という文字が∑(゚Д゚)
昼に「ヒバジ」で夜に味噌って、塩分過剰摂取かと思いますがここで逃す訳にはいきませんよね?
もちろん稲庭中華そばのボタンをプッシュしてスタッフさんに味噌でと伝えます。
約5分程でご対麺〜♪

相変わらず美しい麺線ですね。
味噌の芳しい香りが立ち上り、スープをいただくと味噌特有の甘みに深いコクと若干の辛味を伴う極上の味わい。2種の味噌をブレンドされてるとの事で単調にならず、荒々しくも厚みがある印象。
合わさる麺は乾麺の細ストレート。乾麺なのでスープを吸って味噌の旨さを麺からも堪能出来ます。
ツルンと滑るような喉越しが相変わらず気持ちいい。
鶏肉はチャーシュータイプではなく、皮付きのゴロっとした鶏もも肉。コレがホント旨い!ギュッと締まった肉感と鶏の旨味が堪らない。
珍しい具材のナメコはこの味噌スープにはホントに良く合います。多めに投入されてるのも嬉しい。
ショリショリした刻み葱とコリっとした支那竹は麺とナメコとは違った歯応えのある食感が楽しめる。
追加の味付け玉子は濃い卵黄が濃厚さをアピール。若干ハードな仕上げながらこの一杯には丁度いい仕様。

稲庭中華そばを味噌でいただく。偶然ながらいい一杯に出会えました。
味噌の旨味を感じて欲しく今回の画像は寄り気味です(笑)

ご馳走様でした☆

投稿(更新) | コメント (20) | このお店へのレビュー: 2件

「ピリ辛みそラーメン」@札幌ラーメン ユキンコの写真1月12日、ツアー最終日は天城高原から伊豆スカイラインを経由して十国峠へ。
生憎のお天気でしたがケーブルカーに乗ったりお土産を見たりしてお昼場所でもある小田原「鈴廣」さんへ。お客様はコチラでお昼ゴハンです。

私は駐車場から少し湯本方面へ戻ったコチラへ。
最近、諸兄の味噌レビューを拝読してたので味噌をと思いましたが、POPで推してる「辛みそ」を口頭注文。後会計式750円。
昔ながらの街中華を彷彿とさせる店内は広めで、カウンターとテーブルがあり相当数のお客様が入れそう。
この日も職人さんや家族連れなどの姿がありました。
待つ事約6分程で着丼です♪

味噌の風味が良い丼には、こんもり盛られたもやしに刻み葱、大判の海苔にコーンとゴマ、黄色味がかった中細のちぢれ麺といったメンツ。赤い欠片は唐辛子片かな。おや?お肉はないんだネ。

まずはスープから…適度なラードの脂を感じつつ甘辛い味噌がガツンと来ますネ。辛味は若干抑え気味かなと思いましたが、後からじわじわくるタイプです。
動物系の出汁は鶏ガラでしょうか、あっさり目の出汁感ですが味噌のコクがそれを補って意外と重厚さを感じます。
麺は地元、湯本製麺の加水高めの中細ちぢれ麺。黄色味がかった麺肌は美人さん。断面はスクエアでモチっとした食感よくツルリとした喉越しの麺です。
茹で加減は若干柔らかめなのが丁度いいですネ。
野菜は炒めたモノとは違い、茹でて刻み葱コーンと合わせたであろうサッパリしたもの。
シャキシャキした瑞々しさが味噌のスープに合います。
お肉が無いのは残念ですが、物足りなさは感じる事なく完食!
スープは少し残してのフィニッシュ。

「どさん子」系譜の味噌に似てるかな。
ちゃんぽんや醤油、塩などのメニューもあるので機会があったら試してみたいと思います。

ご馳走様でした☆

投稿(更新) | コメント (14) | このお店へのレビュー: 2件

「【限定】みそらーめん」@麺や 笑 ~Sho~の写真10月16日、何とか仕事を終わらせて21時15分、今日から提供された味噌をいただきに来店です。
前客3名、券売機で表題をポチっと押してカウンターへ。
今日は店主さんお一人のオペで忙しそうです。
約7分程でご対麺〜♪

芳醇な味噌の香りが立ち上る丼には、もやし椎茸ネギに玉葱ニラ豚小間、チャーシューに糸唐辛子などなど。

ではスープをひと口…脂分は控えめながら、北海道味噌「紅一点」を使用して深みとコクがあり、ニンニクの風味も良く濃厚な印象。
この味噌スープは好きですねー。
合わさる麺は、古丹製麺の平打ちの中太縮れ麺で、モチツルで小麦の風味よくスープとの絡みも抜群。
炒められた野菜もシャキ感が残っていて、食べ応えもあり各具材も味噌に合った面々。
チャーシューのパサ感は変わらずですが、柔らか仕上げで肉の旨味があります。

味が濃く量が多くてちょっと苦しみつつ完食完飲!
味玉頼まなかったの?いつも特製食べてない?と言われそうですが、ちょっとしたハプニングがあったのは内緒です(笑)
その為メニュー名もみそらーめんでレビューしました。

仕事が落ち着いたらまた来まーす!

ご馳走さまでした☆

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 24件

「味噌らーめん(餃子3ケ)」@ひなた屋の写真9月に入ってだんだんと体調も良くなり、少しずつ活動再開です(笑)

いつの間にか登録されてたコチラを目指して、宿から徒歩で向かいます。
店舗はちょっと分かりづらい場所にあるので、googleやRDBの地図などを参照に、温泉饅頭アタックのオジさん達がいる辺りの路地を入り込み坂を登ると見えて来ました(*゚∀゚*)

一瞬怖そうに見える体格の良い今時な髪型の店主さんに笑顔で迎え入れられ、掘り炬燵式のテーブルに着席します。
店主さんと色々とお話しをしつつ表題を選択、店内を眺めつつ待ちます。
店内はオリジナリティ溢れる構えで、10名程座れるテーブルと4名程座れるテーブル、カウンターは2席といったキャパですがテーブル席は掘り炬燵式で居心地は良いですね。
お店をSNS等で宣伝して欲しいとの事で、RDBはもちろんgoogleの口コミにも投稿をお約束。
すると店主さんからチャーシューのブルケッタがサービスされました。コレがまた旨ぇ〜(≧∀≦)
お酒のアテに最高だっちゅーの!(©︎パイレーツ)
表題より先に提供された餃子はモチモチの皮の中に、フレッシュなザクザクのキャベツが餡に投入され、肉のジューシーさと合わさり、シャキモチっとした食感で自家製辣油を絡めればこれまた旨〜♪

そして約10分程で鉄鍋に入った表題が登場!
鉄鍋に入ってるだけに熱々のスープ、散りばめられた白ゴマの風味よく、キャベツや刻み葱などの野菜、チャーシューにメンマ、ナルトにワカメ、中細の縮れ麺といったメンツです。

まずは恒例のスープから…鶏ガラベースでしょうか、ほんのりとした動物系出汁に優しく円やかなオリジナルブレンドの味噌がマッチしてます。
合わさる中細の縮れ麺は茹で加減ジャストで、モチっとした噛み応えにツルッとした喉越しが滑らかです。
麺量は180g位でしょうか。
メンマはちょっと濃いめの味付けでシャクシャクとしたもので、ワカメは生臭さを感じない磯風味でナイス。
ナルトはモチモチ感がすごく、新潟は一正のものを使用されてるとの事。
しっかりした食感で味噌のスープによく合いますよー。
キャベツと刻み葱の野菜はシャキシャキでフレッシュ感溢れる瑞々しさです。

味噌と言うとコッテリした印象があるかと思いますが、コチラの味噌はサッパリとしてますね。
飲んだ後でも全然イケます。
自家製辣油を入れても美味しいですよと言われましたが、今回はお店のお味を堪能させていただきました。
辛味噌と担々麺も試してみたいので、また訪問させていただきます。

ご馳走様でした☆

今回は麺類の他に注文したもの全てを含めた点数としてアップします。
次回からはラーメンだけの投稿と致しますので、宜しくお願い致します。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌つけ麺(魚介)」@麺匠 佐蔵の写真7月8日、とりでんさんからの連食でコチラへ二度目の訪問。
今回はつけ麺をいただいてみたく、12時ちょうどにこちらへー。
さすが日曜だけあって家族連れや、カップルさん、グループさんで賑わってますね。
前に5名家族さんの並びがありましたが、私は1人だったので先にカウンターへ通されました。
お待ちの方々すみませんm(_ _)m
入り口右手の券売機で表題をポチッとして、店員さんに食券を渡す時に魚介とコール。
カウンター一番奥に陣取り到着を待ちます。偶然にも前回訪問の時と同じ席(笑)

約8分程で着丼です♪
黄色みがかった中太の微ウェーブの麺が綺麗ですね。
麺量は250g位でしょうか、個人的には満足する量です。
つけ汁には刻んだチャーシューにナルト、モヤシに刻み葱、カットした穂先メンマに刻み玉ねぎと具材たっぷりで嬉しいですねー。

まずはそのまま麺をいただくと、モチっとした食感と滑らかな喉越しが旨い。
岩塩をちょっと振ってたべてみたいけど、卓上にお塩はないので断念(笑)
つけ汁の量が多めで、動物系出汁が下支えしながらほんのり香る魚介。
酸味がプラスされ、ちょっと甘めの味噌がしっかり前に出てますね。
醤油だともっと魚介を感じられたのかもしれませんが、味噌風味にやや打ち消されてる感じです。
個人的に味噌5魚介3動物系2の割合といった印象。
トピは葱と玉ねぎが爽やかで、カットした穂先メンマは若干柔らかめ。
チャーシューは柔らかながらもしっかり肉の旨味があり、多めに投入されてるのがいいですね!

ただ、つけ汁が濃いめなので、最初は麺を全身浴させるより半身浴位でいただくのがベターでしょう。
2/3位食べ進むと酸味がさらに感じられるようになり、この辺りが一番のピーク。
ここから全身浴OK牧場!

スープ割りをいただきたかったけど、連食なので麺とつけ汁の具材を完食してフィニッシュ!
冷やしもやってくれないかなぁ…

ご馳走様でした☆

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 2件