なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ノブ

男性

ラーメンを通じて皆さんとの交流を楽しみに活動してます。店主渾身の一杯を拘りをもって撮影。採点はあくまでも個人的なものなので悪しからず。麺活は仕事によってかなり左右されます(笑)

平均点 82.599点
最終レビュー日 2019年10月23日
424 273 3 9,914
レビュー 店舗 スキ いいね

「アリランチャーシュー(中)」@アリランラーメン 八平の写真11月1日、この日は以前訪問しようと思いつつも、時間的に断念した千葉三大ラーメンの一つのコチラへ満を持しての訪問!
開店15分前に到着でセカンドポジションゲット!
ウェイティングボードに名前を書こうとすると、最初のお客さんと同姓だったのでややこしくなると思い、仮名で記入しました(笑)
開店前にオバちゃんが注文を聞きに来るので表題を選択して縁側に一番乗りのお客さんと日向ぼっこ。
うーん…山に囲まれたど田舎ロケーション(失礼)は福岡のど田舎出身なので癒されますねー。

定刻に暖簾が出されて開店です。
店内はモロに古民家で梁が丸出しの店内、エアコンはありますが作動してなく、土間の席なのでちょっと寒いですね。

厨房は地元のオバちゃん4人で切り盛り。
入店から提供まで約30分と、ファーストロットに入らないととんでもなく待たされますよコレは。
この日はファーストロット12杯でした。

やっと提供されスープからいただくと、玉ねぎの甘みとネギやニラとニンニクの香りよく、ピリ辛な醤油味がスタミナラーメンを彷彿とさせます。
飴色になった玉ねぎの甘さと、少し歯触りを残した玉ねぎがあるような…。
肉はチャーシューの他にも豚小間が入ってますねー。
麺は自家製の中太ストレートで、茹で加減は柔らかめながら、このスープにはこの麺でベストマッチだと感じます。
メインの具材であろうチャーシューは、肉厚で味付けも柔らかさも絶品!コレは旨い!
竹岡式のアチラもそうですが、コチラもチャーシューがかなりのインパクトです。
卓上のBPを振りかけるとパンチが効いて、飽きが来る中盤以降は効果的です。

このチャーシュー麺で1250円とかなりの強気な設定ですが、次々とやって来るお客さんに人気の高さを実感。
ちなみに、このアリランチャーシュー、小の設定は無く中と大からの選択になりますが、中でも難なくイケる量だと思います。
ジャンク感ある千葉のご当地ラーメン。
「勝タン」「竹岡式」に続き千葉三大ラーメンを遅ればせながら攻略成功。

こんな場所に?と思ってしまう山の中の人気店。
訪問出来たという事だけでも大満足です!

どうやら市原に「いちはらーめん」というご当地ラーメンがあるようなので、機会があれば伺ってみたいですね。

ご馳走様でした☆

投稿(更新) | コメント (15) | このお店へのレビュー: 1件

「牛麺(味玉)」@らーめん 鷹の羽の写真10月31日、千葉市内でもう1店舗をと思い、地元には無くなった牛をメニューに提供してるコチラへ。
繁華街から少し入った場所にひっそりとある感じが個人的にツボ(笑)

店内左手の券売機にて表題を選択してカウンターへ座り店主さんにチケットを渡します。
キャパはカウンター2ヶ所で8席、テーブル1ヶ所で5席といった感じ。
清潔な店内はバーを想像させるお洒落な雰囲気。

待つ事約6分程でご対麺〜♪

清潔感ある白い丼には、牛チャーシューと味玉、細切りの筍に水菜、青葱にナルト、大判の海苔に糸唐辛子、そして細ストレート麺といったメンツ。

まずはスープからいただきます…おっ!牛の甘みと醤油が混ざり合い、魚介は下支えに徹した感で尖りのない円やかなスープでアッサリめのチューニングです。
使用してる下総醤油が円やかで牛の旨味を引き立ててますね。
合わさる細ストレート麺は、茹で加減ジャストでプツっと気持ちよく噛み切れ、スープとの絡みもまずまず。
牛チャーシューは小さめながら牛の旨味を閉じ込めて、若干濃いめの味付けが焼肉ライクで旨ぁ〜!
追加トッピングを牛チャーシューにすれば良かった(T ^ T)
細切りの筍はシャキシャキした歯応えがたまりませんねー!水菜のフレッシュ感は牛スープの甘さを和ませてくれます。
追加トピの味玉は絶品!プリプリした白身と濃厚なトロミ加減の黄身が最高の品です。

最近、淡麗系や煮干しを食べてたのでかなり新鮮な一杯でした。
店主さんも気さくで、少ししかお話し出来ませんでしたが、次回機会があったらもっと色々お話ししてみたいです。

久しぶりの牛を使った一杯、堪能させていただきました。

ご馳走様でした☆

投稿(更新) | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「煮干濃麺HV(味玉)」@濃麺 海月の写真10月31日、注射のおかげで腰の具合いもだいぶよくなったので以前からの課題店で千葉の人気店のコチラへプチ遠征。
また忙しくなりそうなので今のうちに(笑)

開店10分後に到着すると店内満席外待ち10名。
そのまま接続し、店員さんからの声掛けでチケットを買いに店内へ。
表題を選択した後、列に戻りチケットを回収されるといったシステム。
約20分程で店内へとご案内。
店内はカウンターのみで7席の模様です。

待つ事約5分程でご対麺〜♪
大きめの白い丼にはチャーシューに味玉、刻み玉ねぎに大判の海苔、穂先メンマに中細ストレート麺のメンツ。

まずは恒例のスープからいただきます…煮干し感たっぷりのトロミがあるスープは、伊吹いりこ2種と九十九里背黒の煮干しを使用との事で、塩分濃度は高めで独特のエグミもありますがコレがまた旨い!
麺は中細のストレート麺で加水は低めで、ザクポキとした濃厚煮干しには定番の麺ですね。
チャーシューは肉厚ではないものの、薫香良くとても仕上がりの良い逸品。
刻み玉ねぎは濃厚煮干しによくありますが、シャリシャリと食感とフレッシュな辛味がマッチ。
追加の味玉は漬け加減よく卵黄は濃厚なゼリー状、大判の海苔は炙りが入ってるでしょうか、香りがとてもいいものです。
麺顔が諸兄のレビューと違いがありますが、その時その時で変更してるのでしょうか。

とてもハイレベルな濃厚な一杯。
他のメニューも気になるのでまた訪問したいと思います。

ご馳走様でした☆

投稿(更新) | コメント (16) | このお店へのレビュー: 1件
76

「ラーメン(やくみ)」@梅乃家の写真8月2日、臨海学校のお仕事で岩井海岸へ。
出発まで時間があるので宿の方に車をお借りしてレッツゴー!

やってまいりました「梅乃屋」さんは、竹岡式ラーメンの老舗、年中行列が絶えない人気店です!
この日は昼過ぎで微妙な時間だったので待つ事なく店内へ。
エアコン回ってますが、玄関も裏ドアも窓も換気扇も扇風機も全開です。
とにかく、トイレの扉以外開けられるトコは全部開いてるといった、プライバシー皆無な感じで、オバちゃん達が手拭いを頭に巻いで汗だくで作業されてます。
前客は14名と賑わってますねー。
本日、チャーシューの出来が少なく、ラーメンと大盛りだけの提供のようです…残念…。

約15分程で着丼です♪
相変わらずスープが溢れまくってます(笑)
店内やオペ模様、具材などは前レポ参照して下さい。
決して書くのが面倒だった訳じゃありません(≧∀≦)

今回のスープはめっちゃ塩っぱく感じましたね。
やくみ=玉ねぎの粗みじん切りがなかったら完食出来なかったかも…。
チャーシューは安定の旨さで、4枚だけだったのが残念ですが、分厚くて食べ応えはありありでしたね。
麺は相変わらずの乾麺です。
今回は硬めの茹で加減だったのが珍しいなぁ。
グルリと天地返しをして、柔らかくなる前に卓上の胡椒と七味をかけて一気にフィニッシュ!

かなりショッパーでしたが、夏は塩分奪われてるから丁度いい補給源になったかな?

ご馳走様でした☆
いつか梅割り頼みたい…。

投稿(更新) | コメント (14) | このお店へのレビュー: 2件

「半熟味玉つけめん(小)」@中華蕎麦 とみ田の写真6月15日、明日訪問予定だったとみ田さんの前を通るとまだ営業中。
最終の案内に間に合うようですが、店頭でとみ田さんのツイッターを見ながらどうしようか悩んでいると…明日明後日は臨時休業との事∑(゚Д゚)
そりゃエライこっちゃ!明日の予定を今日にして、いただく事にしまーす٩( 'ω' )و

てな訳で、出て来たスタッフさんの案内で食券を買い、最終16時40分に再集合のチケットを預かって解散。
10分程前にお店に再訪問して5分程度待機してると店員さんから店内へご案内です。
店内の様子は前レビューをご参照下さい(笑)

丸い氷が入った綺麗なグラスのお冷やをいただき、待つ事10分程でご対麺〜♪
濃厚なつけダレには、チャーシューに材木メンマ、刻み葱にナルト、海苔そして魚粉に柚子が香ります。
麺は自家製太麺のストレート。そこにトピの半熟味玉が載ってます。

今日はスープより先に麺だけを2本程啜ります。
存在感ある麺はモチモチとしてて、噛むと押し戻されるような小麦が凝縮された自家製麺。
断面が角張ってて良くスープに絡みそうです。
そしてスープを少々レンゲでいただきます…パンチのある濃厚な味で旨味が溢れます。
今日は魚介系の方が強く感じられますね。
そこに柚子がスーッと香り、濃厚さの中に爽やかな風味をプラスしています。

麺をスープに入れると、これがまた素晴らしい!
トロトロのスープが麺に纏わり、いくらでも入っていく感覚です。
チャーシューもホロホロで、この濃厚スープの中にいても味が変わる事なく肉の存在を主張してます。
半熟味玉はもう何も言う事は無い位のトロ加減で最高の逸品!
極太のメンマは相変わらずの歯応えの品。
この太さがたまりませんね(≧∀≦)

そして、最後にスープ割りをいただき、熱々のスープを一気に。
いや、もう至福ですね。最高です!
いつも店に立ち調理をする店主さん、笑顔の素敵なスタッフの皆さん。
来店の度にその味と接客に感動します。
また是非伺わせていただきたいと思います!

ご馳走様でした☆

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 2件

「チャーシュー麺(やくみ)」@梅乃家の写真4月5日、竹岡式ラーメンの有名店梅乃屋さんへ10時初訪!
タイミングを合わせたんですが、開店してないようで待ち6名に接続、程なくで開店です。
駐車場はありますが、何しろ地元以外の人は車じゃないと来店出来ないような不便な場所なので、すぐに駐車場もいっぱいになりますね。

店内はテーブルが2つ、小上がり席が2つでびっちり入れれば24〜5名は入れるでしょうか。
当然のごとく相席が求められますので、出入りしやすいようにうまく着席です。

口頭で表題を注文し、店内をキョロキョロしながら待ちます。昭和の地元大衆食堂といった雰囲気で和みますねー。
お仕事終わりの漁師さんでしょうか、梅割りにおつまみチャーシューで一杯やられてます(笑)
こちらも一杯イキたいトコですが、車なので我慢我慢。

地元のオバちゃんらしき3名でのオペ。注文したラーメンと格好を合わせて誰が何を頼んだか覚えてるみたいですが、何故か私のトコで間違えて、慌てて通常のラーメンをチャーシュー麺にしてやくみをプラスしたので、やくみが若干少ない模様(笑)
その間、営業を確認する電話がひっきりなしにかかって来て人気の高さがうかがえます。

そして約10分でスープが溢れながら着丼〜♪
とにかく、チャーシューの存在感が( ̄▽ ̄;)スゴイ!
なみなみと注がれた真っ黒いスープにチャーシュー、メンマに海苔、中細縮れ麺にトピのやくみといった布陣。

まずはスープから…、ん?ぬるい…しかも見た目と違って味が薄い…。
地元の方が卓上のコショウと七味をガンガンにかけてたので、真似していただいてみるとなるほどパンチが出ました(笑)
スープ自体チャーシューの煮汁をお湯で割ったものなので、味わいよりもしょっぱさ優先ですね。

麺は所謂乾麺。厨房でガス仕様にした七輪にボウルを載せてお湯を入れ麺を茹でてました。
ファーストロットの最終だったのでそんなに柔らかくはなかったですが、ほぐれてないトコもありましたね。
ある意味家庭的?(笑)
チャーシューの下に麺が潜り込んでるので、早く救出しないとかなりしょっぱくなり伸びちゃうと思います。

チャーシューはこれでもかっ!って量がゴロゴロ。
切り取った部位により柔らかいトコ、歯応えもあるトコとあって飽きません。
味付けは絶品としか言いようがないですね。
個人的には、チャーシューがなきゃこのラーメンを食べる意味がないって感じです。

やくみのザク切り玉ねぎは、しょっぱい味付けの中でフレッシュです。
ただ、これも量が多いので後味にかなり残ります。

海苔は小振りでスープに完全水没しててクタクタ…このラーメンには海苔の風味は弱すぎるので必要ないんじゃないかと感じました。

好き嫌いが別れるであろうラーメンですが、初の竹岡式に満足満足。
ご馳走様でした☆

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件
82

「チャーシュー担々麺」@江ざわの写真4月4日14時50分、霞ヶ浦の近くからひたすら走り、勝浦担々麺の名店江ざわサンへ初訪!
前客14名待たずに入店&着席、後客も次々にやって来ます。
さすが人気店ですね。

メニューを眺めつつ、インパクトのあるものをって訳で、DBのレビューの中で気になったチャーシュー担々麺を口頭で注文、約5分でご対麺〜♪

表面を覆う赤いラー油と対称的な真っ白な白髪ネギが中央に鎮座、大きめなバラチャーシューと、玉ねぎにひき肉、黄色くウェーブかかった細めの麺といったメンツです。

早速スープからいただきます!
辛い中にも玉ねぎの甘みとひき肉の旨味が感じられて、とても深い味わいになってますね。
辛いだけではなく、具材の旨さを感じる事が出来ます。

麺は黄色味のウェーブがかった細麺。
少し柔らかな茹で具合です。
インパクトのある辛さに、この麺では少し物足りないかと思いましたが、スープとの絡みも良く、これはこれでいいのかもしれませんね。

チャーシューは炙った香ばしさが感じられ、柔らかさと歯応えを感じる部分とが両立しててスープにも合う存在感です。

担々麺を好んで食べる方ではありませんが、ご当地勝浦の味、汗をかきながら完飲完食!

ただちょっと残念なのは、常連さんと一見さんの接客に差があるなーなんて感じた事でしょうか。
笑顔での対応がなかったのがマイナスポイントですね。

何はともあれ、味には満足。
ご馳走様でした☆

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば(小)+厳選チャーシュートッピング」@中華蕎麦 とみ田の写真今回の遠征のメインは、念願叶ってついに初訪のコチラ!!!
2月13日、朝6時50分に整理券を求め、超有名店とみ田さんへ。

すでに5名様が並んでる後ろに接続、後客8名程。
皆さん朝早いですねー。
7時より券売機で表題を選択し来店時間を決めていただきます。
一番早い時間に設定、10時30分に再訪問のチケットを受け取ります。
ちなみに、再訪問の際に整理券を持たずに来られたお客様は15時からのご案内だそうです(^_^;)
さすが…

そして、指定時間より15分程早く到着して開店を待ちます。
10時40分を少し回ったところで店員さんからご案内です!
着席して丁寧なお仕事を眺めつつ10分程で着丼〜(≧∀≦)

濃い目な感じのつけ汁に自家製中太麺、刻み葱に極太のメンマ、海苔にナルトに柚子が彩ります。
厳選チャーシューは別盛りでの提供。
こちらも美しい仕上がり具合です!

まずはつけ汁をいただいてみます…
これはもう何と言っていいのか、凝縮された旨味がガツンと来ます。
個人的にどストライクです!
動物系のそれもですが、魚介の風味が爽やかに香りますね。
見た目は濃厚な感じですが、そんなにしつこくないです。
自家製麺は丁度良い茹で加減、つけ汁によく絡みます。
チャーシューはカウンター前にある厳選素材の内容を見ながらいただきました。
どれも美味しく仕上がっていますね!

店員さんからスープ割りも出来ますと言われましたが、そのままのお味を楽しみたく今回は割り無しで。
いくらでも飲めそうです(笑)
あっという間の完食完飲!

ラーメンのお味もそうですが、お店の方々の笑顔と接客にも大変感動しました。
DB堂々の1位、噂に違わぬ絶品に大満足!
度々来れる場所ではないので再訪はいつになるか分かりませんが、また是非是非お伺いしたいと思わせるお店でした。

ご馳走さまでした☆

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件
80

「特製角ふじラーメン」@麺屋こうじの写真調子にのって本日2杯目!
2月12日22時20分訪問。
初めての街でDBをチェックしてると人気店のこちらが近くにありました!
前客多数、待ちなしでテーブル席へ。

表題を選択しましたが、昼営業と夜営業ではメニューが違う模様です。

待つ事10分少々…すっごいのが来ました(^_^;)
高々と盛り付けられた強烈なインパクト!
その丼にビビりながらも、モヤシを…。
シャキシャキした歯応えで美味しいです。
適度な硬さのモヤシとメンマを食べながら下から麺を…。
中太な縮れ麺は硬めの茹で具合で食べ応え有り!
ゴロゴロと入ったチャーシューも柔らかく香ばしいです。
スープは背脂が浮いてますが、それ程くどくなくて程よい甘みと醤油の辛さが合ってます。
味玉は半熟のが好きなんですけどねー…。

…にしてもこの量。
食べてもちっとも減りません(笑)
時間をかけてなんとか完食しましたが、スープは少しお残し。
ごめんなさい。

初訪で下調べもせず、麺屋こうじの名前だけで入店しましたが、美味しくいただきました!

ご馳走さまでした☆

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件