なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ノブ

男性

ラーメンを通じて皆さんとの交流を楽しみに活動しております。店主渾身の一杯を拘りを持って撮影。駄舌で駄文のレポですが少しでも伝わると嬉しいです。

平均点 82.963点
最終レビュー日 2019年6月18日
353 237 2 7,788
レビュー 店舗 スキ いいね
99

「すラーメン」@拉麺 時代遅れの写真6月16日、水ラーメンをいただいた後、後客もなく空いてるので連食を(笑)
個人的にはこの一杯をいただきに来たのでオヤジさんに頼みタイミングのいいトコでお願いします。

明日から伊豆への2泊仕事が待ってるし、ゆっくりもしてられないので15分程のインターバルでいただく事に。

少し待って提供されたのは見馴れたビジュアルの一杯。
鴨の香りが立ち上るスープには麺と2種のネギのみというシンプルこの上ない一杯。

熱々の鴨脂の香りが鼻腔を擽るスープから…黒糖を使用してるという甘みのあるスープは鴨のしっかりとした出汁感で醤油はあくまでも穏やかなれど重厚な旨味溢れるスープ。以前より旨味が増してる気がするのは私の気のせいだろうか。
加水高めの微ウェーブの中細麺はしっかりと湯切りされており茹で加減もジャスト。
スープの持ち上げもよくモチツルとした食感で喉越しもツルリとして旨い。
薬味の2種のネギと麺を楽しみつつ、コチラもあっという間の完食完飲。

人によっては好き嫌いがあると思うが、個人的にはこの一杯が最高に好き。
前回より旨味が増した感じと麺の茹で加減が完璧だった今回。満点も考えたが、満点にしてしまうと来店する機会が少なくなる気がしたので敢えてここは99点で。
僅かなお休みに大満足の麺活になった。
いつも優しい笑顔で迎えてくれるオヤジさんに感謝。
また来ます!

ご馳走様でした☆

店内写真にも載せましたが8月11日に「時代遅れ」さんからすぐの場所で「常総きぬ川花火大会」が開催されるよう。
特等席のコチラで飲み放題のイベントがあるようなので是非訪問したい。
8500円とお高めだが、花火大会を桟敷席のようなコチラで鑑賞出来るのは嬉しい。
タイミングが合う方は是非!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 9件

「水ラーメン」@拉麺 時代遅れの写真〈今シーズン初の冷やしは鴨の名店で鰹な一杯〉

6月16日、長く続いた日帰り仕事から解放されてひとときのお休み。明日からは12連続勤務が待ち受けてるので大好きなお店に行きたい。
そんな思いでやって来たのはコチラ!

久しぶりの訪問で胸が高鳴る。
オヤジさんの車も確認済みだし、入り口が開いてるのもチェックして駐車場へイン。
駐車場で待ってたが居ても立ってもいられず手土産持参でお店へ。
開店前だが「中で待ってなよ、お湯がまだ沸いてないんだよ」と相変わらず和やかなオヤジさん。
鬼怒川の流れを眺めつつゆっくり過ごしましょうかね。

とりあえず他のお客はいないのでセルフサービスでビールを取り出し、オヤジさんと乾杯です。
鴨の肉やメンマ、チャーシューなど沢山のアテをいただきありがとうございます(料理写真に載せておきました)!

6人分の提供が終わり、オヤジさんの手が空いた頃に「何にする?」とお声が。
前回は冬の訪問だったので提供されてなかった「水ラーメン」をチョイス、650円とリーズナブル。
程なく提供されたのは大きな氷がゴロッと入った淡麗さが際立つビジュアルの一杯。

まずはスープを…穏やかな動物感と鰹の魚介出汁が効いて角のない塩ダレが円やか。雑味のないクリアな味わい。
そのクリアな見た目からは想像出来ない程の出汁感で、しっかりとした厚みがあり物足りなさは微塵も感じない。
麺は昭和のラーメンなどと同一かな、断面がスクエアな微ウェーブの中細麺は茹で加減ジャスト。キッチリと冷水で締められモチッとした食感。
加水高めでツルリとした喉越しはこのスープによく合うね。
いつもは柔らかめな印象の麺だが、しっかりとした歯応えを残している。
チャーシューは肉厚の鶏むね肉。あっさりとした味付けで淡麗なスープとのバランスが秀逸。ほんのりと香る辣油がいいハーモニー。
刻まれた小口ネギは色合いをプラスしキリっとした辛味が全体を引き締めてくれる。
夢中で食べ進めあっという間の完食完飲!

鴨を使った一杯が有名だが冷やしも流石のレベル。
個人的にコレはハマった。暑くなるこれからの季節には最高の一杯だね。
近くなら毎日でも通いたいと思う程。

ご馳走様でした☆

もちろん続く(笑)

投稿 | コメント (18) | このお店へのレビュー: 9件
98

「すラーメン」@拉麺 時代遅れの写真12月9日、さて店内連食で絶対押さえておきたい「すラーメン」をいただきます!
以前は「昭和の素ラーメン」との表記でしたが、店内のメニュー表に「すラーメン」となってるのでそのまま引用してます。
オヤジさんに頼んでまたまた作ってもらいました。
「昭和のラーメン」も良いですが、個人的にはコチラがお勧め!

熱々のスープはビシっと効いた鴨出汁に、円やかなれど重厚さを感じる醤油ダレ、表面には高温の鴨油が香りとコクをプラスし、綺麗に折りたたまれた中細の美ウェーブ麺は小麦の風味豊かで、モチっとした食感とツルりとした喉越しがたまりません。
刻み葱と小葱の2種の薬味だけで味わうシンプルさが至高の一杯ですね。

私のボキャ貧なレビューでは伝わらないと思う一杯。
オヤジさんが長い年月をかけて創り出したものは、どんなトッピングも必要ないのかと思います。

何も考えず夢中で食べ続け、あっという間に完食完飲。至福の時間でした。

間も無くオヤジさんが信号を赤にして営業終了。
オヤジさんを囲んで麺友さんが持参した新潟の日本酒で乾杯!
とても素敵な時間が流れます。
オヤジさんのお話し、麺友さんのお話しその一つ一つが私に刺激を与えてくれます。

気分もとても良くなりそろそろ帰る時間…後ろ髪を引かれながらも最後はオヤジさんとの2ショットを撮らせていただきました。
大切な宝物の写真になりました!

ホント今日も楽しくてかけがえのないひと時をありがとうございました。

ご馳走様です☆

文末で恐縮ですが、今回ご一緒した麺友の皆さん、こんな私を暖かく迎えてくださる「時代遅れ」のオヤジさん、稚拙なレビューを読んでいただいた皆さんに感謝致します。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 9件
95

「鴨ラーメン」@拉麺 時代遅れの写真レポが溜まってたのでご一緒した麺友さんより少し遅れてアップ。

12月9日、待ちに待った「時代遅れ」さん再訪の日。
茨城ラーメン界レジェンドのオヤジさんに会いに、麺友さん達と4人やってまいりました!
前回訪問の時に雑誌の取材を受けるとおっしゃってたので、混雑が心配で1時間以上早く到着(笑)

この日は寒かったのでひとまず麺友さんと2人で偵察部隊(?)としてお店の前へ…あれ?オヤジさんの車が無い!しかも店舗前に「臨時休業」の札が…おいおい、ちょ待てよ(キムタク風)。
でも換気扇からはいい香りが漂って来るので大丈夫かなと思い、駐車場で待機してる麺友さん達を呼んで店前でシャッターズをしてるとオヤジさんが車で颯爽と登場〜!
いつもの笑顔で「お?もう来てるの?ネギを買いに行ってたんだよ。寒いから中で待ってなよ。」
とのお言葉を頂き店内で待つ事に。

鬼怒川の流れを眺めながら、開店前なのに一杯始めるとしましょうか。
アイスストッカーからビールを取り出し、早速オヤジさんと一緒に乾杯〜!うめぇ〜!
壁に貼られたメニューを眺めてると見覚えのないメニューが…。
鴨ラーメン(ない時もあるよ)¥1000-これは3日位前から提供されてるらしい新メニューのようです。
価格とメニュー名もちょっと変更されてますね。
昭和の素ラーメン¥450→すラーメン¥550-
昭和のラーメン¥650→¥850-
やはりここは初の「鴨ラーメン」いくしかないですよね!
オヤジさんに手が空いた時でいいのでとお願いしてビールを進めます。
オヤジさんからメンマとチャーシューを酒のアテにいただき、コレがまた美味しい事美味しい事、お酒がどんどんススム君ですよ(どこかで聞いたな)。

オヤジさんが「鴨ラーメン」をオペしながらオープン時間になり定刻オープン。他のお客さんも続々と入店。
その時に私達が注文したこの「鴨ラーメン」を見た方が同じ注文となりましたが「昭和のラーメン」のオーダーが多いですね。

暫くして目の前に提供されたのはコチラ…九条ネギと鴨肉が表面を覆い尽くす圧巻のビジュアルの一杯。
スープは昭和のラーメンと同じ鴨の出汁に少し甘みのある醤油ダレ。
麺は黄色味がかった中細の美ウェーブ麺、柔らかめの茹で加減ながら小麦の風味が良くスープとの絡みも秀逸。
メンマはコリコリとした食感で味付けがナイス。
大量に投入されたザク切りの九条ネギは辛味が効いてシャキシャキと新鮮、甘いスープとのコントラストが最高!
そして、主役級の艶々とした鴨肉はほんのりと甘く味付けされ、肉のプリプリとしたジューシーさと皮部の旨さがたまりませんね!
この鴨肉はお酒のアテにも格別ですよ。

少し残念だったのは、九条ネギが大量に投入されてる為に起こるスープの温度低下でした。
しかし、個人的にはそれらを含めても感動の一杯。

九条ネギと鴨の旨さを堪能しつつ完食完飲!
ビールもかなり進んで腹パンになりつつありますが、あと1杯頂く事にしまーす!

ご馳走様でした☆

つづく…(当たり前)

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 9件

「昭和の素ラーメン(ニラーメン)」@拉麺 時代遅れの写真9月16日、店内3連食は未経験…。
オヤジさんが丁寧にニラを刻んでます。
もしや、素ラーメンに入れる具材でしょうか?

ニコニコしながら提供されたそれは、いつもの素ラーメンにニラがドッサリと盛られた一品。
オヤジさん、「これは二ラーメンだな」と笑い飛ばしてます(笑)
大量に投入されたニラの下に見える麺線が美しい…そこに2種の刻み葱が載るシンプルなもの。
鴨油がニラを焦がしいい香りが漂います。

スープをひと口…先程の昭和のラーメン同様鴨出汁が効いて、醤油にバッチリとマッチ。
このスープ何リッター飲めるかな(笑)
麺は先程より少し硬めに茹でられ、モチっとした食感にムニっとした弾力を感じます。
2種の刻み葱と大量投入のニラが麺に絡まり旨ぁ〜!
このニラがいいアクセントですよ。

オヤジさんにニラはレギュラー化するのかお聞きすると、今回は試作みたいなものだとおっしゃってたので、次はニラはないかもしれませんね。

かなりお疲れになられてるオヤジさんが、信号を赤にして営業は終了。
この時16時位でしたでしょうか。
洗い物もたまり、お一人での営業の大変さを間近で見てたので下げ膳をお手伝い。

すると、オヤジさんがご自分で描いたラベルの日本酒を冷蔵庫から取り出して、私のグラスになみなみと注いでくれました。
そのラベルのデザインもセンス良く素晴らしい!
何度目かの乾杯をして、オヤジさんの今までの人生のお話を聞かせてくれました。
時には楽しく、時には重く、その言葉一つ一つがとても響くものでした。
ちょうど自分の親父と同じ年齢位で、中学の頃いなくなった親父の影を重ねて少し感傷的になってしまいました…。
そして、自分の息子と同い年位のイケメンのお兄ちゃん。引き止めてゴメンなさい。

今回は開店前からお邪魔して、閉店過ぎまで6時間以上もオヤジさんとご一緒させていただき、夢のようでした。また絶対伺います!
その波乱に満ちた人生のお話と、電話番号を聞かれたのが凄く嬉しかった。
ラーメンもお酒も、何よりオヤジさんの人柄が最高です!
仕事が落ち着いたらまたお邪魔したいと思います。

ご馳走様でした☆

文末で恐縮ですが、3日間に渡り私の「時代遅れ」さんへのレビューを読まれた皆さん、ありがとうございました。

投稿(更新) | コメント (12) | このお店へのレビュー: 9件

「昭和のラーメン」@拉麺 時代遅れの写真9月16日、続いては当店一番人気のコチラ「昭和のラーメン」。
来店されたお客様のほとんどが注文されてたメニューです。

カウンターの端に置き物のように陣取って飲みまくってるので、来店者様への提供の合間を見て作っていただきます。
具材は前回訪問時と変わらず、チャーシューにナルト、メンマに2種の刻み葱とシンプルながら整然と並べられセンスの良さが感じられますね。

まずはスープを…鴨の出汁に円やかな醤油、そこに熱々の鴨油の旨味がたまりませんね。
少し甘みを感じるスープが最高に旨い!
何かが突出する訳ではなく、出汁とカエシに鴨油のハーモニーが相変わらず素晴らしいです。
麺は中太の縮れ麺で、スープをよく拾いモチツルな食感で喉越しもいいですね。
チャーシューは甘めの味付けがバッチリ合い、メンマは細切りでコリコリ。
2種の刻み葱はシャキッとして辛味もありそれぞれの食感も楽しめます。
完成度の高いラーメンは、一言で昭和のラーメンと言えない旨味があります。
2杯目もサクッと完食!
お腹がだいぶ出て来ましたが眼中無し(笑)

オヤジさんが長い年月をかけて完成させたラーメン、堪能させていただきました。
オヤジさん、あまりにも忙しくてなかなか一緒に飲めないのが残念…。
いなせな作務衣にも汗が滲んで忙しさを実感。
でも時間はまだあるので(笑)

ご馳走様でした☆

そして最高の時間がこの後に…

投稿(更新) | コメント (12) | このお店へのレビュー: 9件

「ぶっかけ麺」@拉麺 時代遅れの写真9月16日、安室ちゃんが引退するこの日、前に訪問して衝撃を受けたコチラへ昼飲み予定で訪問。
開店30分前に到着するとタイミングよく店主さんが…「お、もう来てるの?まだお湯湧いてないんだよ。中で待ってなよ。」とおっしゃってくれたので、遠慮なく川沿いのテラス席で景色を眺めつつ待ちます。

15分程で店主さんにカウンターへ呼ばれ、端っこにスタンバイ。
とりあえずビールを頼むと、アイスストッカーにあるから勝手に出して来てくれ的な指示(笑)
アイスストッカーからビールとグラスを出し、栓を抜いて店主さんにも注いで乾杯〜♪
今日は気温がそこそこ上がってるのでビールが旨い!

店主さんから鴨肉やメンマなどをサービスしていただき、どんどんビールが進みます。
前にメニューになかった表題を、適当なトコで出して下さいとお願いするも、次から次へとお客さんが来店し、店主さん忙しそうです…。
片付けを手伝ったりしてやっと落ち着いたのが14時頃。
すでにビールは4本空いてます(笑)
そして、頼んでおいた丼が到着〜!

乱切りされた鴨肉に細切りメンマ、ミョウガにキュウリ、刻み葱に卵黄と太縮れ麺といったメンツ。
早速かき混ぜていただきまーす。

鴨出汁が効いた醤油ダレは少し濃いめながらも、上に乗った野菜が濃さを中和してくれて、ミョウガや刻み葱が爽やかさを演出。
このミョウガが絶妙〜♪
刻まれた鴨肉はゴマがまぶされ甘めな味付けがよく、卵黄と混ざると更に濃厚さが増して旨〜!
麺は平打ちの太縮れ麺で、茹で加減もよくモチモチ食感で、タレとの絡みもバッチリ。
コリコリ食感のメンマも相変わらずの旨さ。

緻密に計算された旨味溢れる一杯といった印象で、コレをいつ来ても食べれる(オヤジさんの気分次第らしいですが…)のは嬉しいですよ。
ビールを飲みつついただくぶっかけ麺。
この組み合わせは最高ですね!
あっという間に完食〜。

ご馳走さまでした☆

まだまだイキますよー(笑)

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 9件

「【夏季限定】冷やし肉そば(細麺)」@龍のひげの写真7月24日、お仕事で水戸駅前のホテルに宿泊。
こないだもココに泊まったなー。
先日は夕飯付きでしたが、今日は自由食なので前回水戸を訪れた際、次回宿泊の時は絶対訪問しようと思っていた「龍のひげ」さんを目指し、短い脚で必死に歩き18時45分初訪〜!
途中、ムクドリの大群に爆弾投下されそうになりながも無事到着ー。
駐車場にはかなり車が止まってるので焦りつつ店内へ…券売機で冷やしを探しますが見当たらない…。
店員さんに「冷やしはどれですか?」と尋ねると、限定Aだと言われたのでそこをポチっと押して細麺をチョイス。
前客11名、そのままテーブル席へのご案内です。

店内カウンターで5席、テーブルが2名掛け3つと4名掛けが2つといったキャパです。
汗だくのオッさんがアウェイ感丸出しで、店内をキョロキョロしてる間に着丼でーす♪

キンキンに冷えた丼には、刻まれた鷄チャーシューに水菜、ハーフカットの味玉と刻み葱のシンプルなメンツ。
まずは冷え冷えのスープから…じんわりとくる鷄の出汁に香味油でしょうか、若干のオイリーさがあり旨味を引き立てます。
それに合わさる醤油は芳醇で円やか、出汁との相性は抜群。これは美味いですねー!
丁度良い加水の自家製中細ストレート麺はしっかりと締められ、力強い弾力とコシで噛む度に小麦の風味を感じます。
しなやかで喉越しも滑らかですね。個人的に麺量は180g程に感じました。
刻まれた鷄肉は、冷えて硬いのかと思いきや、そんな事は無く歯応えの良い鷄の旨味を閉じ込めた逸品!
皮付きの部位も身の部位も鷄の臭みはなく美味しくいただけますね。
カットされた味玉は黄身がゼリー状で濃厚、1個分欲しい美味しさです。
水菜と刻み葱もシャキッとしたみずみずしさがガッチリと脇を固めてくれてますね。

あっと言う間のKKフィニッシュ!
いつのまにかしっかり汗もひいてました。
サイタマンの私に水戸はちょっと遠いのですが、仕事絡みではたまに訪問するので次回はレギュラーメニューをいただきに参りたいと思います。

ご馳走様でした☆

投稿(更新) | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件
92

「人生ラーメン」@人生の写真ラーメン時代遅れサンから川を挟んだこちらへ移動。
間髪置かず気合いの3杯目へと無謀なチャレンジ!
だって、両店ともいつも赤信号でフラれてましたから訪問は必須ですよね(笑)

先客多数でしたが待たずに入店。
メニュー表より表題を口頭注文して待ちます。
店内はカウンターとテーブル席多数で、相当数のお客様が入れそうです。
昭和の雰囲気漂う大衆食堂といった趣で実に和みますね。

そして約7分程でご対麺〜♪
少し濃い目の琥珀色のスープに2種の薬味のネギ、美しく折り畳まれた麺が泳いでます。

早速スープから…生姜の香りがなんとも芳しい。
時代遅れサンとは違い脂感はそんなになく、豚と鶏の出汁を感じながらもグッと押し出す醤油の味。
麺は少々柔らかめの茹で加減の中細麺、モチモチ食感でスープによく絡みます。
2種の薬味ネギを麺に絡めつつ…。

あっという間の完食ー!
このシンプルさがたまりませんね。
時代遅れサンよりあっさりしてるといった印象。
それにしてもこのクオリティでこのお値段で提供してるというのはホント驚きです。
また是非お伺いしたいと思います!

ご馳走様でした☆

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「昭和の素ラーメン」@拉麺 時代遅れの写真さて、時代遅れサンで昭和のラーメンをいただいた後、並びもなかったので店主さんに頼んで店内連食しちゃいますよー(≧∀≦)
やっと来れたので、1杯だけじゃもったいない…次はいつ来れるか分からないし…と思うと連食しちゃいますよね。
この旨さなら2杯は楽勝な気がします(笑)

待つ事5分程で着丼したそれは文字通り至ってシンプル!
美しく折り畳まれた麺に2種の薬味ネギ、琥珀色の鴨出汁スープに熱々の鴨油。
これはじっくりと麺の味を楽しめますね。
先程の昭和のラーメンより麺は少々硬め、これは多分店主さんの茹で加減だと思います(≧3≦)
ネギに絡めて麺をいただきますと、スッキリした中にも小麦の風味をより感じますね。
先程の昭和のラーメンと合わせても1150円と素晴らしいCPです!
ある意味他の事を考えずに麺とスープをひたすら味わえる幸せ感。
一気に完飲完食となりました(´∀`*)

「最近、落ち着いて来たんだよ、人気も下がってるみたいだなー」
なんておっしゃってましたが、このラーメンを食べに皆さん楽しみにしていらっしゃるんですから!
そう言う私もその一人、何度跳ね返されても訪問しますよー!
素敵なロケーションと、店主さんのキャラはホント癒されますね(*´ω`*)
これからもお元気で長く長く続けて欲しいと思います。

また是非伺わせていただきます!
ご馳走様でした☆

今度は一緒に飲みましょう♪

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 9件