なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

3ちゃん

レベル39

2011/12/16 「ラーショを愛する会」千葉支部 柏方面部長を拝命致しました。コメント等出来なかったり遅れて申し訳ありません。(_ _)

平均点 79.099点
最終レビュー日 2018年3月26日
1,741 858 8 5,516
レビュー 店舗 スキ いいね

「呉冷麺(大)800円」@珍来軒の写真休日13:00 外待ち15に接続。
モリスから呉冷麺の元祖へ。少しは行列が減ったかな。。聞けば土日はいつも行列だそうです。。
30分掛からないくらいで店内へ。

タレは甘辛酸のバランスが取れたもので、尖ることなく全体的にまろやか。
食べたときにゴマと生姜の風味が鼻に抜けますね。コクがあるのにスッキリ。
平打ち麺はモチッとしたコシのあるもので、噛んでゆくとほんのり甘みも出てきて美味い。
タレとの相性も良いですね。後半に酢辛子を掛けると味が締まって、一段とサッパリピリ辛になりました。具はチャーシューとゆで玉子、キュウリ、エビ。冷やし系の具材として、いい感じに機能していましたね。

大でも麺量200g程度なので、あっさり完食。
非常にシンプルな出で立ちも、甘酸っぱさと辛さのバランスが絶妙。コチラも再訪必至ですね。

ご馳走様でした。_(_^_)_

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ぶた入り赤道スープ抜き(中盛/全マシ)800円」@にかいやの写真メニュー詳細:ぶた入り赤道スープ抜き(中盛/全マシ)600+100+100=800円

休日9:10頃訪問、自分で満席。後客5名。

以前はよく来ていたが、建て替えられてから初めての訪問で4年半振りでしたよ。
開店時間直後に訪問し、無事駐車場は確保も早い時間から混み合っています。
「にかいや」では無くなっちゃいましたが、独特の雰囲気は相変わらず。
ここに来たら、「赤道」しか選択肢はありません。(笑)

唐辛子ペーストのオロチョンと上にかかった一味が正しく「赤道」。ビジュアルは派手でも辛さ的には然程ではありません。
そこに少し入っているタレとスープを馴染ませながら食べ進めます。
タレとオロチョン、豚や背脂が混ざりこんで、にかいやならではの独特な味わい。メッチャ辛ウマ~。
麺は太ストレート標準の仕上がり。従前通りのパスタっぽい食感で風味豊かな麺は秀逸ですね。
麺量中盛300g程度。

具材は前述のオロチョン/豚/モヤシ/にんにく/玉ねぎで全マシコールは従前より大人しくなった印象だが、未だデフォ600円で頑張っているので、仕方のないところか。
豚はウデで脂身少なめも柔らかくうまい豚でしたよ。

後半は当然の如く「スープ割り」。
別丼でスープが登場。ライトな豚骨スープにカエシで味を整え、つけ麺やラーメンに変化させて完食。

超久しぶりでしたが、相変わらず好みにハマった一杯でしたね。
休日は早くからお店を開けていますので、朝飯がてら、積極的に訪問したいと思います。

ご馳走様でした。。_(_^_)_

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 11件
このレビューは移転前のものです。

「あぶらそば 300円」@煮干乱舞の写真休日7:20頃訪問、満席。後客5名。
※昨年末のレビです。悪しからず。

連食です(^^)

中華そばを食べ終えた頃に丁度出て参りましたよ。

これも美味い。麺は汁系と同じコリパツで茹で加減はカタメの仕上がり。
カエシと多めの鶏油が底に沈んでおります。カエシは結構立つものですが、塩分濃度的には丁度いいかな。
麺とタレをよく混ぜ込んで口に放り込みます。口の中に鶏油の所謂バターの様な芳醇な香りが立ち上ります。
これは旨いですな。麺量140g弱程度。

少し残してあった中華そばのスープを啜りつつ食したり、卓上の辛味を塗したり。。色々と楽しめますね。

具はバラチャーシューと玉葱。300円のものにもちゃんと一枚載ってきます。嬉しい限り。
これはこれで当然旨いが、混ぜるのが前提ですから、端っこでの小間チャもアリかな。玉葱は言うまでもなくここでもマストアイテム。
よく合いますね。

程なく完食。所謂、和え麺ですね。
1食目だけでは量的に少し足りない分を美味しく補填できました。

ご馳走様でした。。_(_^_)_

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 5件

「台湾まぜそば 800円」@麺 やまらぁの写真平日20:30頃到着。。先客2、後客3。

残業後、ラーメン好きの上司と訪問。
初見なんですが、軽く飲みながらということで、今回、おつまみにもなる台湾まぜそばを選択しました。

台湾ミンチ/海苔/ネギ/ニラ/卵黄。。
麺屋はなびを参考にしたとのことなので、見た目はよく似ていますね。

こちらで辛みのメインは山椒系のいわゆる「痺れ」が強いですね。四川麻婆みたいに舌にピリピリ響きます。
辛味は結構ビシッときますので、苦手な方はご注意を。。
辛さの中に台湾ミンチの甘辛さと肉感、ミンチから出るニンニクの風味。黄身のまろやかさ、海苔やニラの風味。
様々な味わいや風味が口の中で広がりますね。とてもバランスがいい!

麺は四角い太麺。適度な弾力と歯ごたえで、タレや具とも良く絡み、風味も良く美味いですね。
麺量は200g程度ですが、実量以上に食べごたえがあります。

麺を食べ切ったあと、残った具材とサービスの「追い飯」。タレを混ぜこんで掻き込み、完飲完食。
旗店舗のものは戴いたことはありませんが、色々な素材輻輳して口の中に広がる味わいは癖になりそうですね。

ご馳走様でした。_(_^_)_

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「【期間限定】汁なしラーメン辛子明太子豆腐半チャーハンセット」@日高屋 北松戸店の写真メニュー詳細:【期間限定】汁なしラーメン辛子明太子豆腐半チャーハンセット 790円

平日23:00頃到着。先客10、後客5。

飲んだ後に訪問。
面白そうなメニューがあったので、頼んでみましたよ。

一見は麻婆麺ですが、確かにスープはありませんね。
麻婆方向ではなく、確かに明太子の辛味が効いています。よく見るとタラコの粒が見えますね。
辛さは中辛位でしょうか。ピリっときますが、それ程でもありません。
正しく「麻婆豆腐の辛味を明太子で取ったような味わい」ですよ。

麺は細ウェーブ。所謂中華麺。
多分日高屋で標準的に使われているものと共通でしょうかね。
ハッキリ言って麺自体の存在感はほとんどないが、ドロドロとした餡がネットリ麺に絡みついて、
これが意外といけるんですよ。何故か悪くない。なんとも面白いですね。。
麺量は140g程度でしょう。

具材は絹豆腐/ブロッコリー/薬味ネギ。一体になっていますので、個々にどうかとは言えませんかね。
ブロッコリーは完全に火が通っているので、これは好き嫌いが出そう。

程なく完食。

どっちを向いているのかよく分からないメニューではありますが、面白かったですよ。
ハイボール飲みながらおいしく戴けました。

ご馳走様でした。_(_^_)_

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「中汁なし(麺減量300g)900円」@立川マシマシ 神田駅前店の写真平日22:00 満席。後客3。
メニュー詳細:中汁なし(麺減量300g/ニンニクマシマシ/アブラ/トウガラシ)900円

飲んだ帰りの訪問だったため、麺量300gへ変更を申し入れ。問題なく対応いただけました。

甘めのタレにキレキレのニンニクコラボ。
アブラも増したのもあって、マシマシしたニンニクの苦い位のキレとパンチ効いた味わいは個人的にバッチリ。トウガラシコールは余り効果はありません。
ニンニクはレンゲ山盛り1杯、アブラは小お玉1杯で液体混ざるも汁なしなので影響は少ない。

麺は極太平打ちウェーブ。
茹で加減は標準。風味の良いモチモチした食感の麺でタレとの馴染みも良く、汁なしの方が相性いいかも。
麺量は300g指定。しっかりありますね。

野菜はもやし中心。コールはしませんでしたが、少な目のお店で「マシ」以上はありますね。
消費量が多いからか都度茹で上がりのフレッシュもやしが提供される。混ぜには甘辛の挽肉味噌が入り、これが旨さを更に引き立てておりますね。

豚は画像にありませんが巻き豚1枚搭載。
今回は赤身は柔らかく、脂がしっとりして味が良くしみたものになっていますね。旨い。

なお、スープ割にも対応しており、画像右下の通りラーメン用のドンブリになみなみと提供。。しかも別ドンブリ。
スープはそのままではカエシが入っていないので、ベーススープを直接楽しめますね。!(^^)!

ベーススープを堪能したのちに半分ほど残した麺に投入。
カエシで調整するとラーメンとしても堪能でき、一粒で二度美味しいものとなります。
ここに別トッピングした豆腐を投入するのも面白いかもしれない。

総量減らしたため、余裕の完食。
ラーメンも良かったが、色々な楽しみ方が出来る汁なしもいいわ~
最近、マシライスなるものも登場し、これがまた旨いとのこと。

引き続き楽しみなお店です。

ご馳走様でした。_(_^_)_

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 2件

「【夏季限定】麻婆麺 800円」@しゅうまい屋の写真平日21:30頃到着。先客2。

上司から移転してきた情報が入っていたのもあって、同僚と千住で飲んだ後に〆にコチラへ。
ハイボールで喉を潤し、数種類の焼売をつまんだ後、メニュー写真からツマミにもなりそうだった此方を注文しましたよ。
デフォ系は先送り。

名前は「麻婆」だが、掛かっている餡は花山椒の辛味と甘さを兼ね備え、ネットリとした舌触りの「ジャージャー風」。
味わいもどちらかというとそっち向きで、それ自体嫌いではないのだが、通常のマーボーを期待していただけに複雑。
食べた印象としては、「夏」を意識しているような感じですね。。
具材は細切りの胡瓜と刻みネギ。そして麻婆。胡瓜が涼しさを醸し出します。

麺は中太ウェーブ。同行者のは細麺でしたので、専用若しくはつけ麺用かと。
茹で加減適当で適度なコシもあって中々旨い。
麺量は200g強かな。

程なく完食。

通常出てくる麻婆のそれを期待すると肩透かしを食らうかもしれませんが、出てきたもの自体は暑い時期でも美味しくいただける一杯でした。
デフォルトのラーメンも当然ながら気になるところですし、焼売は色々な種類があって、単体でもツマミでもいい感じ。
金町チョイ飲みのお店としても十分に楽しめそうですね。

ご馳走様でした。_(_^_)_

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定/皐月の一杯】胡麻だれ冷やし棒々鶏(S) 1,500円」@MENYA 食い味の道有楽の写真休日13:00頃到着。。先客5、後客5。

気になっていたのですが、ギリギリになっちゃいました。
店主に在庫確認の上、表記食券購入です。

名前の通り、見た目は「棒々鶏」。ちゃんと麺も控えております。
胡麻ダレは濃厚。。なのに爽やかな酸味でスッキリと仕上がっている。
店主も「そこいらじゃ満足できないから、作ったのよ。」とのこと。。確かに冷やし系によく合う味わいで旨い。
「棒々鶏」だけあって、きゅうりは外せませんね。。あるとないとでは大違いかと思います。。
デカいキクラゲは食感が楽しいですし、蒸し鶏も風味よく出来がいい。

麺はいつもの極太麺。
茹で時間は通常よりも長いとのこと。
しかし、キンキンに冷やされているためか、物凄いコシの立った麺ですよ。
麺量は250gかと。

さて。。辛肉を余計に戴いたので、ここで最初の味変。。辛さの中に立つ甘みと酸味がいい。

ままよ。。と。柑橘系を仕込んだ柘榴(ザクロ)酢を調整しながら入れてみます。
併せて、別皿提供の具材(鶏モモと低温のチャーシュー/ザーサイ/温玉)をここで投入。
確かに胡麻だれ冷やし中華。高級感ある味わいですね~
チャーシューは肉厚で食べ応えありますね。

爽やかな味わいを楽しみつつ、サクッと完食。
全体的に華やかで具沢山のため、結構腹パンになりますね。

この日は偶々暑かったのと空調が効いてなかったのもあって、より一層旨かったですよ。
梅雨入りも間近ですね。。梅雨が明けたら、再登場して欲しいのですが。。


ご馳走様でした。_(_^_)_

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 119件

「【限定】冷やし中華 890円」@麺や ひだまりの写真平日20:30頃到着。先客4、後客4
冷やしが始まったとのことで上司と仕事帰りに訪問。。
千駄木駅から道灌坂方向へ5~6分位で到着。
コチラにはチョイ飲みセットがあり、ビールで乾杯。
谷中餃子辺りもアテにもう一杯飲み終えるころに戴くこととしました。

スープ。
冷たい鶏スープがベース。味変用の甘酢が別提供されます。
濃い目の醤油色のスープですが塩辛いことはなく丁度良い塩梅。
酸味はスッキリした仕上がりになっていますね。このままでもかなり美味しい。
甘酢を回しかけるとリンゴの優しい甘みが加わり、一層味わい深くなるとともに
酸味が味をキリリと纏めてくれます。何より香りが良いんです。

麺は中細微ウェーブ。茹で方は丁度いい感じ。加水は高めで少量だが挽きぐるみが見えます。
冷水で〆られており、とても弾力性が高く、しっかりコシが張ってとてもいい食感ですね。
スープもよく拾って相性もいいもので美味しい。
麺量は150g程度。

具材はチャーシュー/味玉/炙りトマト/胡瓜/大葉/しらす/刻み海苔。
チャーシューは鶏胸肉。しっかり目の食感がいいですね。
ローストされたトマトは甘みが深くさわやかな酸味が好印象。その他の具材も効果的なもの。

程なく完食。
こいつは旨かったですね。。上等な冷やし中華。
また、スープ、麺、具材、どれも一つ一つその温度まで管理されているようで、気を使われており、最後まで美味しく戴けました。

コチラも会社帰りに行きやすく、チョイチョイと寄りたいお店になりました。
今度はコチラの看板である「塩」を戴きたいです。

ご馳走様でした。_(_^_)_

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「博多焼きラーメン 780円」@博多ラーメン よねちゃんの写真平日19:00頃到着。。先客5、後客多数。

業務後、友人とチョイと引っ掛けて、博多ラーメンで〆ましょうといった具合で訪問。
その道中、おつまみとして注文しました。

博多麺で作る「焼きラーメン」。
豚骨スープ、野菜やさつま揚げを炒め出汁、卵黄に茹でた麺の溶けた小麦粉とが見事に馴染んでます。
具材の量もたっぷりでボリュームもあり旨い。
KENZOで食べたことはありますが遜色ないどころか。。東京で食べられる幸せ。

麺は極細博多麺。標準の茹で加減。。
適度な歯ごたえあり、炒められたためかモチモチ感もあって旨いですね~
麺量は140g程度かな。2人で食べるには丁度いい量ですね。

その他、おつまみも豊富で旨い。アルコールも手ごろな価格でボトルキープも可能。

ボトルキープしちゃったので定期訪問確定ですね!
では〆のラーメンも。。。(笑)

ご馳走様でした。_(_^_)_

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 4件