なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

さぴお@ダイエット中

男性 - 東京都 (1991年生まれ)

例え、どんなにまずい一杯があったとしても、批評するオレよりもラーメンのほうが上だ! もし、ラーメンが残飯級でも、オレはそれをエサにしてしか生きていけないハエなんだ。 批評することは簡単だけど、創ることは難しいぜ!RDB 2017/2/16~

平均点 79.150点
最終レビュー日 2019年5月21日
753 499 3 4,838
レビュー 店舗 スキ いいね

「まぜそば(大盛り)+小ライス」@麺屋 なつめの写真GWは恐らく10連勤。
どうも、さぴおです。

久しぶりにこちらへ。
アニメのお仕事をしてる人間であれば、
近所にガンダムなどを制作しているサンライズなどがありますから、1度は目にするお店ですね。
そんな夜に生きるアニメ業界人に向けてか、深夜までやってるので助かります。

店の前にある三河屋製麺の麺箱を確認し入店。

デフォメニューは煮干のようですが、気分はまぜそばだったので、こちらを。

食券を渡すと「ニンニクいれますか?」
思わず「ゼンマシで」と答えそうになるのを堪えて「お願いします」と返答。

テボで引き上げて、丹念に水洗いをした後に配膳です。

⚫実食
聞かれたニンニクはおろしニンニクなんだね。
ならば卓上トピではダメなのかしら。

ジューシーな豆板醤で味付けされた挽肉。
たっぷりのネギとニラが目につきます。

刻み海苔や魚粉もかかって、とぷんと玉子が乗ってバラエティ豊か。

グリグリ混ぜると、おっ、思ったよりも冷たいんだね。

三河屋製麺の中太麺は水によってしっかりと絞められています。
加水率高めでしっかりと茹でられているから、
むにんと歯で押し込みはできるんだけれど、
ぬちりと簡単にはちぎれない楽しい弾力がありますよ。

挽肉は豆板醤の反則的なうまさ。
トピをたっぷり絡めてとってもうまし。

ラストはサービスの小ライスをドボン!

これを言ったら終わりなのですが、
正直麺よりも合ってる疑惑があります笑

特筆して特別に美味しい部分はないけれど、
強いて言うと麺の弾力感が良くて、
近くにあったらお世話になっちゃうかな。

ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (14) | このお店へのレビュー: 2件

「汁無し麻辣坦々麺」@中華そば 二階堂の写真店員さんに「ライスと温玉はどうします?」と聞かれて「両方お願い致します」と答えちゃいました。
どうも、さぴおです。

某日。アフレコ後の九段下。
目の前に歩く暇そうな女性声優に声をかけることはできず、無念のラーメン活動へ。

potiさんのテリトリーと思われるこちらへと初訪問。
思ったより狭い店内はカウンターのみで、ほぼ満席でした。

ここは色々なメニューがあるイメージです。
初めてだし、デフォっぽい奴にしようと思ったのですが、口が求めているのは濃厚な中華餡。

ということで『汁無し麻辣坦々麺』をチョイス。
大人の階段を上り、痺れも克服しつつありますしね。

辛さと痺れが選択可能。
そしてライスor温玉が選べるよう。
ここで冒頭文に繋がる訳ですね。
二杯目もあるし、ダイエット中だし、ということで温玉ちゃんをチョイス。

⚫実食
挽肉とナッツがこんもりと盛られてます!
挽肉、ナッツ、辣油をそれぞれと味見。

高菜?と思われる青菜に花山椒がまぶされているんですね。

グリグリとかき混ぜます。
途中で面倒くさくなって、混ぜが不均等な内にがっついてしまいます。

麺は平ちぢれで長さが短めなもの。
啜りにくいようなストレスはありません。
プチンと切れるような歯切れで、瑞々しさがあふりてますね。

タレは辣油のキレに花山椒主体のまさしく麻辣味。
ナッツのツブツブとした食感が実に効いています。

挽肉には、中華醤で味付けられた
この日に僕の口が求めていた味です。
甜麺醤やら豆板醤やら芝麻醤への理解が乏しいので、よく分かりませんがコク深くてうまいね。

途中で温玉を投入。
ねっとりとした黄身が絡みます。

ラストは挽肉など残りまして「ライスドボンできたらな」と思いつつかっくらいました。

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「小 汁無し」@ラーメン二郎 環七一之江店の写真マッチングアプリを使えば、ラーメン女子とも繋がれるという有益な情報を得ました。
どうも、さぴおです。

今朝方、RDBの重鎮諸氏が集っていた越谷を尻目にこちらへとハツホー。
12時ごろに到着。列が2つに分かれた長蛇の列。30人待ちくらいかな。
分かれた列は歩道橋の柱によって見えません。
初見殺しで店の前にある列に並んでしまう人が多数。

越谷開店で空いてるかな〜?と思いましたが、1ミクロン関係ないよう。むしろ、混んでるくらい?

列には子どもや女性もいるし、比較的優しそう。
待ち6番目になったり食券を買うようです。
店内に「小麦アレルギーのため、声を張れずにご案内してます」というPOPがなんともエモい。

二郎初心者を連れ出して、僕は汁無し。
初心者君は小ラーメンを食べました。

平ザル捌きを見届けて配膳です。

⚫実食
二郎にしてはかなり可愛い見た目。
多分15口くらいで食べてしまいました。

この一杯の主役は自家製麺。
平打ち気味のうねりある二郎らしい太麺。
少し柔らかい茹で加減で、ブルンとした啜り応えがいいね。
オーション使用と思われる麺はパンのごとき甘い小麦の風合いを放ってますよ。

カエシはそこまで塩気のない豚の油が溶けたようなFZの効いたもの。
萌やし9割と、キャベは三毛猫のオスくらいしかいませんね。
カエシに絡めて即席オイルサラダです。

豚は腕肉かな。肉質の旨みを感じられるもの。
好みになりますが、でも僕はバラが好きかな。

汁無しが高得点連発。
「気絶するほどうまい!」と書かれているものだから、ちょっと期待しすぎたでしょうか。

有料トピも玉子しかないので、ネギやら粉チーズがあればいいのに…と、もの足りなさが先行しちゃったかな。

二郎初心者君は、少食なのもあり半分ほどレスキュー。
個人的にはラーメンも食べられてラッキー!

ごちそうさまでした。

⚫蛇足
この日、一睡もせずのラーメン活動だったため、体調が急転直下に悪化。
3店舗目に予定してた「長男、もんたいちお」は見送りました。
「寝不足の二郎、ダメ、ゼッタイ!」

投稿(更新) | コメント (13) | このお店へのレビュー: 2件

「油そば特盛/ネギ/スープ」@珍々亭の写真目がメガ痒い
どうも、さぴおです。

⚫油そば発祥店
0から1を作れない僕には、このようなお店へは畏敬の念が絶えません。

方南町の某チェーン家系の看板に「方南町名物油そば」とありますが、完全になんちゃって系。
一方、ここの油そばは、まさにグレートオールドワン。

亜細亜大学の近くにあるこちらへとやっと初訪問が叶いました。

道沿いとはいえ、そこまで車通りがないであろう通りに老舗な店構えでこちらはありました。
引き戸には張り紙があります。
「出入口はこちら」「こちらは出入り口ではありません」「ここは締め切り」
一番左側の引き戸を開けて入店。いきなり目の前に会計場所が現れます。

7割くらいの入りで繁盛してますね。

お冷を持って来てもらったタイミングで、
口頭注文でして「油そば特盛にネギとスープをお願いします」と注文。
特盛は435gとのこと。

僕は水をガンガン飲むタイプなので「はい、お水いれるねぇ」と何度も汲ませることになってしまい少し申し訳ない気持ちに。
驚いたのは、手が空いていたら店主のおじいちゃんも汲んでくれたことですね。

厨房奥を盗み見ていると平ザルで湯切りしているのだけ辛うじて確認いたしました。

●実食
醤油ダレに鶏油がたっぷり入った油そばらしいタレですね。
塩気などはジャストでして、しょっぱ過ぎることなくいい塩梅です。
独特のヒキのようなものはなく、無心で食べられます。

麺は中太でして、かなりのモチモチさ。
個人的には思ったより細い感じの麺で意表をつかれました。
麺が引き付けあって纏まるような構造です。
ただ、ちょこっとボソッした印象を受けるかな。

途中でスープを飲みます。
中華スープのよくあるタイプ。
口の中が思ったより油でやられてることが分かります。リセットにはいいアイテムかと。
結構ダレてくるので、ネギ増しも正解でした。

埋まっていてよく見えませんが、チャーシューの煮豚はしっとりとし、豚の旨みも閉じこめられていて、ナイスでしたよ。
失礼ながら、パサ気味のものを予想してました。

ラストは一味や酢をかけて、魔改造。

サクッと完食。

店内には年配の常連と亜細亜大学の若者が入り乱れてました。

まだまだ愛されてますね。

ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「汁なしマーボー麺」@中華 光陽楼の写真男の憧れは割れた腹筋。
僕のお腹はいつまでも5÷3(割り切れない)
どうも、さぴおです。

昨日の某番組の麻婆豆腐特集を見て、一気に麻婆欲が。
調べると荻窪にいい麻婆豆腐麺を出すお店があるではありませんか。

開店10分前に到着。
外観は味のある老舗感。食品サンプルが店前に陳列されていると、より昭和レトロを感じますね。
町中華で開店前に並ぶのは何だか恥ずかしいので、隣の路地裏でしばし時間を潰してから、開店1分前に店前へと。

しかし定刻になっても開かず。【1ゆるっとポイント】
老夫婦が後ろにやってきて「あれ?まだ空いてないのかねぇ」と会話します。

約10分後に開店。

中は古いながらも清潔さがある雰囲気。

カウンター席はなく、テーブル席オンリー。【2ゆるっとポイント】

1人なので、どこに座ったものか…。

当初から決めていた『汁なしマーボー麺』を注文。
100円増しで、ご飯と漬物が付くセットメニューもありましたがスルーです。

「定食でなく単品で大丈夫ですか?」との確認があり、嬉しいものですね。

厨房は奥にあり、よく見えません。
おっと、ホール内に皿洗い場がありますね。【3ゆるっとポイント】
中華鍋の音がカツンカツンと響き聞こえる中、ゆっくりと待ちます。

配膳はお盆などではなく、手で直接持って。
割り箸が「橋渡し」状態【4ゆるっとポイント】
せっかくなので、そのまま撮影しました。

⚫実食
おっと…結構本格的な麻婆豆腐の見た目をしてますよ。
山椒系の香辛料もまぶされていて、
ただ甘いだけの日本人向け町中華麻婆豆腐ではないことがわかります。

とろんとした麻婆餡は、想定していたより気持ち緩めかな。

しっかりとした辣油由来の辛さが一閃。
大木を割る雷のごとく図太い辛みが響きます。

刺激的な味わいの後に、心地よい痺れと強めの甘さがやってきますね。
甜麺醤だか豆板醤をどういう配合してるのか分かりませんが、辛さが効いてなかったら後半飽きるだろうな…ってくらいしっかり甘いですね。

汁無しとありますが、
恐らくベースの麻婆餡に、鶏ガラと思われる出汁を少し付与しているのかな?
コク深い味わいがあるので、恐らくそうでしょうが未確認です。

甘みが強い餡から、この痺れがナイスですよ。

痺れは苦手なはずなんですが、
ここのチューニングもOK牧場。

豆腐はフルフルとした滑らかな絹豆腐。

挽肉はたっぷり入ってます。

健康のために、定食にしませんでしたが、
やはりライスがほしくなりますね。

麺は町中華にしてはらーめん専門店のようなもっちりとした中太麺。
これまた小麦の甘さが引き立った麺ですな。

店はゆるっとしてますが、
この1杯はシャッキリとシャープで相対的な味わい。

タンメンが推しのメニューなようですので、いずれ。

ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚鶏出汁混ぜそば」@53'sNoodleの写真好きな女優は「杉咲花」。
僕もAmazonやZOZOTOWNの社長になれば付き合えるかな。

どうも、さぴおです。

⚫天国家譲りの超純水採麺

用田にある「よなかそば」を狙おうと思うも、今は年末年始。フラれたらリカバリーが効きません。

ハツホーの時にイマイチ響かなかったこちらへとやってきました。

湘南らしいオシャレな店内には大学が多めでフ○ック。
湘南台は学生街ですからね。

「塩」を頂こうか悩むも限定のこちらをいただきました。

イケメン店主が、子どもの客に「ラーメン好きなの?」とにこやかに話しかける様子を見ながら待ちます。

⚫ジッ食
卵黄ドボンが印象的な麺顔だ。
鶏オイルとカエシはデフォのものなのかな?
汁そばか?ってくらいにはタプタプです。

醤油と鶏オイルのいい匂いが鼻腔をくすぐりますよ。
グリグリ混ぜて、麺を引き上げます。

平打ち中太麺ですね。
この麺は、好きなやつですよ。

つるつると瑞々しくも、小麦さを感じる麺。
シコシコとしていて、啜るのも楽しい。

この麺が、鶏オイルが纏って、バターのような芳香とカエシの味わいが広がってうまいね。

卵黄もねっとりと絡んでて、鶏油の油っぽさをいい感じに潤滑なものにしてくれてますよ。
卵黄の潤滑効果でのど越しもいいねぇ。

正直、トピの印象は薄めかな。
記憶に残ってないからカロリーゼロでしょう。

ジホーして再確認して良かったです。

ご馳走さまでした。

投稿(更新) | コメント (12) | このお店へのレビュー: 2件

「胡麻香る汁無し担々麺」@無添くら寿司 武蔵野西久保店の写真やけに雨水が靴に染みるなぁ…と、思ったら靴底が半分剥がれて穴が空いてました。
どうも、さぴおです。

この日はくら寿司です。
最近、ネットでは『将太の寿司』が「変な寿司漫画」としてプチブームが起きてますね。
その波にワタクシや友人もすっかり乗りまして、寿司が食べたくなったので訪問。

流れてくる寿司ネタを見つめては、そのネタに合わせた将太の寿司のおもしろエピソードを語りながら食べました。

何とか20皿で抑えるために、サイドメニューであるこのメニューを頼んでみました。
パクパクと欲望のままに食べては、お金がかかって仕方ありませんからね。
醤油ラーメンやら味噌ラーメンやら色々あるんですね…。汁無しメニューであれば、そんなに外れないかな?と
「胡麻香る汁無し担々麺」を注文。370円である。
味の想像を掻き立てるネーミングですね。
ピポピポーン!という快活なSEとともにベルトコンベアに載って配膳。

⚫じっ食
お椀付きの丼です。
パカッとあけると、肉味噌、刻み玉ねぎ、刻み三つ葉がトピされていますね。
盛り付けが雑で分かり辛いかもですが…。
備え付けの玉子を割るとゆで玉子ですね。これは嬉しい誤算。

さっそく混ぜるとねっとりと麺がタレに絡み、色合いは立派な汁無し担々麺のように。

さっそくいただくと、麺はもっちり多加水麺。
ただ、かなり弾力などがないかなぁ。
もちゅ~と柔らかすぎな印象。

味付けはタレとひき肉がしっかり。
ひき肉の風合いは香ってきましたが、胡麻はそんなにかな?

さらさらっと食べれて一瞬でなくなりました。
370円とはいえ、ちょっと物足りない。
これ汁ありの方が満腹感を得られたかもなぁ。見誤った!追い飯もなかったですしね。

⚫蛇足
汁無し担々麺のおかげか、なんとか22皿で手を止めることができました。

ご馳走さまでした。

投稿(更新) | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件

「まぜそば+生姜+マヨネーズ 麺増し500g」@麺屋 桐龍の写真トイレの姿見に写った僕の姿がクロちゃんとあまり変わらなくて凹む。
どうも、駄肉です。

禁断の土地 戸塚安行にやってまいりました(ガイナ立ち)
本日は桐龍会。すなわち悪夢の饗宴…バッドトリップオブデス。

赤羽岩淵でボーっとしてたらまさかの逆向き列車に乗ってしまい戸塚安行から猛ダッシュ決めます。サンプラザ中野くんです。

食券先買いしまして、イイダのベンチに。
重役参加してしまい恥ずかしい限りであります。
キングさんに「痩せた?」と聞かれ「2キロほど…」と返すと、ジョーカーさんに「女子か!」と突っ込まれたのが印象的です

イケオジのキングさんに麺増しの方法をレクチャーされまして、申請は500g。
最近は少食気味なので、これくらいでないと怖い所です。
キングさんも「じゃあ俺も500g」と同量申請です。

オペを眺めてると、ガランと取り出されるすり鉢が……😱😱
まさか僕のではないだろうとドギマギシンキング、ときめきメモリアルです。これが恋ですか?

ショーン君さんに「ゼンマシ」と呪文を唱えて配膳を待ちます。

【じっ食】
まず圧倒的安堵!!

よかった~~~~、すり鉢じゃない!!
すり鉢って、簡単に言ってますけど、すり鉢ですからね?
キングさんのレビューを見ればいかにとち狂った大きさかが分かります。

ゼンマシにしたので、
「マヨ」「かつお節」「フラガリ」 「生姜」「生玉子」「七味」「アブラ」「ニンニク」
この7つゾーンがしっかりと形成されています。

まぜそばなのに、ろくに混ぜず、
ゾーンによって食べ分けていくゾーンディフェンス敢行です!

濃ゆい濃ゆいドロドロつけダレをそれぞれの調味料で堪能してゆきます。
麺はフルフルとちぢれが強いもので、うまいんですが、調味料に練り固められたタレなのでよく分かりません!笑

味の説明は「ジャンク」その一言につきますね笑
しかし、ジャンクなものは心を打つんだ!!

今回も500gが一瞬で消え去りました…。ホントに500gあった??キングさんの所に行ってませんか??
これなら700申請なども視野なんですが、
ヘタをすると蛇(すり鉢)が登場するので怖いですね…。

そして、今回は頭が固い僕では思い付かなかったのですが
マヨなどの調味料のチケットを2枚買うなどはありですね!

次回はラーメンを600申請で頂きたいところです。
生玉子を2つにカエシ、胡椒、柑橘酢の3Kを加えてかっくらいたいと思います!!

【蛇足】
この日、ラーメンを食べた罪ほろぼしに桐龍から方南町の家まで歩いて帰りましたが、疲れすぎて文字通り死ぬかと思いました。

初めは尾崎紀世彦の「また逢う日まで」を下ネタソングに替え歌ったり、
すれ違う女子を見ては「ナンパしようかな?うーん、お近づきになりたい」などと楽しんでましたが、
ラスト15分は「この世界に希望はあるのか」などと意味不明なことを口走る消耗っぷりでしたね。

これで少しは痩せてればいいんですが…

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 2件

「謙まぜそば+ネギ ¥830-」@まぜそば 謙の写真神奈川県開成町の管理釣り場に行き、6000円払って、6時間釣りをした結果、坊主。
どうも、駄肉です。

麺と未来の後はこちらで連食と相成りました。
2300m泳いだし、いいよね!

こちらは「やじるし」の跡地。
すなわち、スーパー分かりにくいポイントにあります。スマフォで地図ガン見が必須。
通りから、入ると奥にあるビストロのさらに奥に入るとこのお店があります。
知らなければ、訪れることはないだろうね。

現代のRPGを堪能し、こちらにハツホー!

店箱はエスニックでロックなカオス。
スプレーペイントで『まぜそば謙』などと看板があり、下北沢らしさが出てますよ。
下北の麺屋はかくありき!といった内装ですね。

9月8日(土) 13時19分 先客0人、後客0人。
場所的に仕方ないのか、この入り用です。

食券で表題を。SNS投稿で100円トピサービスされるとあってネギを貰いました。

店主(恐らく謙さん)のオススメはトピのオススメは追い飯。
ただ、ダイエット中の身の上としてはスルーせざるを得ません。

【じっ食】
提供された一杯は斯様な具だくさんな一杯。
ネギがこんもりと盛られていますよ!
チャーシューは脂身が多いタイプが刻まれて、鰹節も踊ってますね!
味玉が半玉あるのも嬉しいです!

まぜそばをよく交ぜていただきます!

醤油魚介ベースのタレが濃いめに効いていますね!
わりとマタオマなまぜそばではありますが!

が!

メンマが印象的でした!
かなり味染みのあるものでして、かなりのショッパー。
だが、それが丁度いいアクセントになってまして、心に残ってます😌
このまぜそばはビールと一緒にやりたい奴ですよ。

オススメの食べ方は途中でタバスコか昆布酢を入れるとのことです。
ただ、僕は夢中でパクついていたので忘れてしまいました😁

これはリベンジをせねば、ですが
やはり次に来るのは痩せてからかなぁ。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「汁無し担々麺(大盛)」@麺庵ちとせの写真僕が痩せるだなんて「スピルバーグでも想像しない」と言われました。
どうも、駄肉です。

この日は外回りついでにこちらへ!7回目ですね。
汁無しのローテの回です。最近、レポにも載っていないので丁度いいかな?
9/3 11:22着。シャッターズ4番手。2番手が女性の一人客でして軟派しようか悩んだのは秘密です。

シャッターズ中、暇だったので、ちとせについてTwitterでサーチしていたら、カンニング竹山氏が「最後の一滴までうまい!」とのこと。わかってますねぇ。

【実食】
汁無しちゃん、お久しぶり!!

フィットチーネ風の幅広平打ち麺がよく見えますね。
上には旨豚ひき肉が鎮座。下には自家製ラー油。チーマージャンもスタンバイOK。
この絶妙なる組み合わせが天国への道を開くんです。

まずは、タレから味見。
ラー油の鮮烈なる辛み一閃。こんなシャープな感じだったけ?
口の中で揉みこむと、辛みの中にも重層的なうま味がありますね!

混ぜていきます!
ねるねるねるねのごとく、よ~~っく混ぜ合わせて、いざ、いただきます!!

うわっ!!ゴマと肉みその甘みが~!!

コクマロシャープなラー油と一味唐辛子の鮮烈なる辛みがキリリと走った後にくるこの旨甘み!!
味のバランスとしては甘さが強めだけれども、絶えず辛みも共存。
そして、僕の嫌いなシビレを排除したベストマッチ汁無し担々麺。
個人的には花椒や山椒などのシビレはお呼びでないので、このスタイルが至高です。

甘い辛い旨いが3拍子そろった三冠王!
(ちなみに僕は不良社員の三冠王)
流石の出来栄えでした!!
麺をすべて片付け、名残り惜しみながら肉味噌を啜りこみました。ダイエット中のためライスは自粛。

次は汁そばをいただきます!!ローテ的には出汁醤油なのですが、
出汁醤油はどこ・・・?ここ・・・?

投稿(更新) | コメント (10) | このお店へのレビュー: 10件