なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

さぴお@腰痛により機能停止

男性 - 東京都 (1991年生まれ)

前振りが長いので『⚫実食 』から読むと便利です。RDB 2017/2/16~

平均点 79.387点
最終レビュー日 2019年10月16日
870 575 5 6,541
レビュー 店舗 スキ いいね

「【UberEATSメニュー】煮干まぜそば(大盛)1200円」@肉煮干し中華そば さいころの写真五日ぶりに話した人は病院の先生でした。
どうも、さぴおです。

ウーバーイーツという出前サービスが東京では広がってますね。
「UberEATSが使えない地域は東京にあらず」などと、飛ぶ鳥を落とす勢い。
よく自転車で走ってる人を最近見かけますね。
身動き取れないので、こちらを利用。

僕の地域では
中野の名店『さいころ』
下北沢の『凪』

この辺りがラーメン屋では利用可能なようです。

デフォのまぜそばが1050円。大盛り150円。
なかなかの割高感は否めませんが、
試しに頼んでみました。

ウーバーイーツは、アプリ内でリアルタイムに配達員がどこにいるのか表示されてます。
僕の家は若干分かりにくいので、右往左往してる様子をみて、アプリ内でのメッセージで、細かく教えてあげました。

⚫実食
プラスチック製の容器に、麺がミッチリ詰まってます。
大盛りも並盛も容器は併用してるんだね。
パカッと開けると煮干の本格的か香り。
チョコんと載ったナルトが可愛い。
なんだか久しぶりだなぁ〜とテンションあがります。

自分の汚い机があまり写りこまないように写真撮影。

仕方ないのかもしれませんが、麺がひっついて非常に混ぜにくいですね。コストかかるのかもしれませんが、容器は別にしたほうが。

麺はモチモチとした中太麺。
茹でがジャストだからなのか、配達が故のラグなのか、結構モチモチしてますね。
柔らかくムニムニとしていますよ。
噛み締めると結構小麦の甘さが分かるような麺ですね。
麺を食べるのが久しぶりだから、そう感じるのかなぁ。

タレ底には醤油ダレがあります。
油は煮干し油なのかなぁ?結構なオイリーテイストなので鶏油なような気もするんですが、
香る煮干しは強いので、判断できません。駄舌なので、すみません。

ガングロメンマは味染み良好。
チャーシューはペラくて旨味も薄いので残念な感じかな。
正直、値段的にも味的にも近所の中華料理屋さんから出前したほうが良かったかな。

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 2件

「濃厚烏賊煮干中華そば」@麺屋 ねむ瑠の写真肴は炙ったイカ"が"いい。
どうも、さぴおです

小池2号店の後はこちらに。
牡蠣煮干しな2号店は行ったことがあるのですが、本家は初めて。イカ煮干ですね。

昼過ぎに伺いまして、店内満席。外待ち一番手。
出てくる客と入れ替えで店内へと。

カウンター席に座ると、替え玉の食べ方指南が。ほとんど和え玉ですね。
カップルの男が「へー、ほとんど油そばな替え玉なんて珍しいね!」なんて言ってます。
珍しくも何ともないことを僕は知ってますが、
そんな知識はあれど、伴侶は無し。

スピーディな提供でした。5分以内でしょう。

スープがちょっと零れていてワイルド

⚫実食
スルメのような香りが漂うイカ煮干な1杯の登場です。
粘度は高めでして、鶏白湯仕立てでしょう。

スープは濃密なイカの乾物的な味わいが広がります。
「スルメみたいだな」と思ってしまう野暮天な舌です。

この1杯も後味にほんのりとした甘みが広がり、とっても後引く美味しさがありますよ!

麺はこの手の1杯には間違いのない低下水のザクパツ麺。
なんだかんだ割とこの麺との邂逅は久しぶり。
しっかりめに茹でられて、ソフトなタッチながらも小麦の香りがあります。
スープもたっぷり纏って、啜る度にイカの風合いが広がりイカ好きとしてはたまりません。

卓上アイテムにある山椒オイルを入れると、全体が引き締まります

替え玉という客単価を稼ぐその手のには乗らずに、完飲。

ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「のどぐろと宇和島産真鯛ラーメン」@Niiの写真「にー」という言葉を聞いたのが『この世界の片隅に』の結婚初夜で使われてた言葉なので、何だかいやらしいイメージがあります。
どうも、さぴおです

この日3軒目はこちら。
本郷三丁目から1時間ほど歩きました。

少しは運動しないとね。秋は食欲、ようよう肥えゆく腹際です。

14時半すぎだったので、ワンチャン鳴龍が空いてるのでは?と、目の前を通りましたが待ち30人ほど。もちろんスルー。


ここは「つけ麺たけもと」の2号店。
カッフェのようなオサレな店内には、おひとり様でラーメンをキメてる女子が2人もいました!
こんな日に限って、徹夜明けの髭面、髪もボサボサなんですねぇ。

食券にてのどぐろな一杯を。
何だか芸人のようなテンション高めの店員さんに本日の限定について説明されます。頑張っていますね。
何となく『GAG』の細い人に似てる気がしますが、まさか本人?

2分ほどのスピーディな配膳です。

⚫実食
縁が末広がりな最近よく見かける器ですね。
この手のタイプはスープを冷ましにくい特長がありますね。
ただ、丼からスープを飲むのは大変です。ぽたぽた横から零れ落ちてしまいます。

スープはとろんと、まろ味がありますね。
のどぐろの煮干強めな風合いと、その後にくる鯛の濃密な甘さがフックとなっています。
これは鯛白湯なのかな。

フックとなる甘さが上品なのが、とてもいいね。

麺は低加水な中太角ストレート麺。
しっかり茹でられていますが、適度にブツっとした歯切れがあります。
食べていると、ふわりと小麦の甘い風味がまた漂ってますよ。

甘い甘いと書いてますが、甘さを意識しまくらなければ
苦手な人でも全然いけちゃうチューニングかと。

チャーシューは外側が炙られて、
特製のタレの味が染み込んでいて、酒のつまみに良さそうな美味しいもの。

メンマは穂先メンマ。調味液の味が強めに残ってますね。

個人的にはこの2つのトピが味が強くて主人公すぎるかなぁ。

麦わら海賊団に悟空とナルトがいる感じですよ。

スープは健康のために少し残します。
ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】冷やし煮干しそば(濃い)」@鶏こく中華 すず喜の写真洗濯物を干すと雨が降るタイプの天気の子。
どうも、さぴおです。

三鷹に昼、外回りが発生したためこちらへ。
未訪問店も考えたんですが、クオリティが担保されてるすず喜さんにお邪魔しました。

地下への階段をツカツカと降りて、カウンターのラスト一席に滑り込み。
タイミングが良かったようで、出るころには外待ち4人。
ここ何日か限定で出している『冷やし煮干しそば』をコール。

すーさんこと、鈴木店主の勢いのあるオペが厨房で繰り広げられます。

⚫実食
「濃い」とありますが、清湯に合わせており、さらりとしていますね。

スープからいただくと、ヒンヤリとした冷たさとともに、吹き抜ける煮干しの苦味!
これは濃いね!!
エグみがあるとか、そんな苦味ではなく煮干しの味わいが凝縮されたような味風景なんです。

インパクトある煮干しにこれは強烈なヒキがありますよ。

麺は三河屋製麺の細麺で緩やかにウェーブがかっています。
しっかり水〆されてクキコキっとした食感が最高。
冷やしの麺にはこの噛みごたえを期待してますからね。

トピは刻まれた鴨チャー、三葉、海苔、味玉。
麺に絡むような配慮ですね。

けど、終盤に飽きが来てしまったのは否めないかな。
インパクトある味だと仕方ないのかな。

連食予定はないので、完飲(連食するんですが)

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 3件

「らぁ麺(煮干)」@麺屋 さくら井の写真漫才のことを『お漫』って言います。
どうも、さぴおです。

この日は約1年ぶりの三鷹の名店たるこちらへ。
ここは有名かつ名だたるレビュアーさんたちが絶賛。
けれど、イマイチ個人的には突き抜けることがありません。
そして妙に水曜日定休、火曜夜定休に行ってしまったりと何だか相性が悪い。
そんな折に去年の冷やし煮干しが突き抜けて美味く、イメージ一新。
今回は煮干しを頂いてメニューフルコンプといたします。

頭の理性を吹き飛ばす直射日光照りつけて、外待ち10人に接続。
タイミングが悪かったようで、後客はすべて待ち無しで入店してました。狙い目は14時半以降ですね。

予定通りに煮干しをポチリ。
連食よていもないので、大盛りも。

すると、煮干しは大盛り不可。
プラス50円して替え玉にしました。
店員さんが優しく教えてくれて、やっちまった!と焦った心も一安心。

さくらい店主、なんだか貫禄出てるなぁ〜。
丼はテボの上に置いて温めたり、注文を受けてチャーシューを切ってたりと丁寧なオペが垣間見えると配膳です。

⚫実食
濃いセメント色のスープはさらりとした粘度。
スープを啜ると、ふくよか。
『ギュッ!ときてガッとなってブワー!!』と文系全開の何とも頭の悪い感想が浮かびます。

そう言わざるを得ない煮干の旨みがググッと広がった旨味成分の固まりのようなインパクトが舌上を駆け抜けるんですよ。。
これは、やばうまです。

何だろ煮干しだけではなく、白醤油的なサムシングでもいるのかな?
煮干しの旨みを内包するような存在を感じて、間違いなく極上のスープ。
ニボビターではなく、ニボウマー。
塩気はジャスト。苦味は抑えめで万人がニッコリの王道の味。

麺は煮干し系スープに合わせられるような
小麦の配合率高めのパツ系の中細麺。
正直面白みはない麺ですが、スープとの相性や纏いは抜群だよね。

チャーはかなりのレアタイプ。
レアチャー好きくないマンですが、肉の生な美味さがピタリとくっつき、ほんのりと乳脂のようなコクも感じて抜群です。
このチャーをアテに日本酒をグビグビやれば、この世の高天原。天国ですね。

後半は海苔や玉ねぎがシャクシャク。
個人的にはこんな玉ねぎいらないかなぁ?
「煮干しの極旨スープをもっと味わいたいのに!」と、ちよいと邪魔でした。

もちろん、完飲。

ごちそうさまでした。

⚫宣伝
『テッペン』というコンビ名でM-1グランプリ1回戦出場します。
ラーメンに関するネタでお漫カマします。
【日時】8月18日(日) 16時20分頃
【場所】新宿シアターモリエール

投稿(更新) | コメント (13) | このお店へのレビュー: 5件

「ごくにぼMAX」@長尾中華そば 東京神田店の写真ブルーカラーを飛び越えてブラックカラー。
どうも、さぴおです。

仕事で中野の田舎者が都会へと出てきました。
この辺はオフィスが立ちならび、
サラリーマンやOLがいっぱい。
ホワイトカラーの巣窟って感じですね。

店内に入ると他のお客さんが
『間違って塩買っちゃったから変えてくれる?』
『どれがスタンダードなラーメンなのかな』
『ネギ抜き、麺少なめで頼むよぉ』

と、なんだか地方のラーメン屋さんのような雰囲気。
店内には津軽の方言が書かれた暖簾?が飾られたり、津軽への旅情感が味わえます。

食券機の右手に隠れるようにあった表題を。
油断してると『ごくにぼ』を買ってしまいそうになりますが、きっちりとMAXに。

店内奥でチャッチャカチャッチャカと二人オペで調理と盛り付けされていきます。

⚫実食
表題に偽りなしのド濃厚煮干しが到着です!

早速どの様な味わいなのかスープを啜ると
煮干しの酸味が押し出された、苦味は殆どないドロリッチスープでした。
てっきり苦味走ったニガエグみを予想していたので、これは意外でしたね。

麺は殆どかんすいを使ってないという中太麺。
もっちもちとうどんに近いような食感。
僕はもしかするとラーメンよりうどんの方が好きなのか?
そう、思えるほどにこの麺は個人的にストライク。
しかし、あくまでスープを主役にしてるので
やはり分類はラーメンなのだと思います。

チャーシューを捲ると、大量のネギが!
これは嬉しい!濃厚なスープですからね。
シャクネギっとリフレッシュ。

連食予定なのですが、スープはきっちり完飲。

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (16) | このお店へのレビュー: 1件

「十種類の煮干しそば」@Robson Friesの写真アンパンマンにラーメンモチーフのキャラがいなくて悲しい。
どうも、さぴおです。

4月19日
この日を最後に暫くラーメンの提供はお休み。
そんな悲報を聞きまして駆け付けました。

この日は10種類の煮干そばということで、
煮干がバラエティ満点であります。

せぐろ、いぶき、しいたけ、こんぶ、平子、イカ、カニ、鯖、エソ、カマス、アジ

お魚天国の歌詞か?!
と、粗品のようにツッコミたくなるほどのオールスターっぷりです。

⚫実食
おお~、配膳された瞬間から凄い匂いです。
特にイカの香りが一番濃ゆいかな。

スープを啜りますと、煮干の苦みエグ味は抑えられていて、何ともバラエティな味わいが千変万化するエキセントリックな味わい。
ただ、こうやって数種類の煮干をぶち込んで分かりますが、蟹やイカはかなり味が強いんですねぇ。
これだけ色々ぶち込まれてますが、
塩気はそこそこにほんのりと甘いですね。

麺は三河屋製麺の中細ストレート。
加水低めでザクッと仕様のこのお店でスタンダードに提供されてる奴です。

サラサラっと一瞬で完飲です。

これで最後の一杯かと思いきや
まさかの2杯目へ…

投稿(更新) | コメント (14) | このお店へのレビュー: 5件

「にぼらあ+ワンタン」@Homemade Ramen 麦苗の写真「俺は面白くない人間なんだ!」と布団の奥底で咽び泣く。
どうも、さぴおです。

続いて「にぼらあ」
こちらはワンタンをトッピングしております。

⚫実食
基本的なトピは変わりませんが、
紫の刻み玉ねぎが新たに登場してますね。

数種類の煮干をブレンドしたというスープを。
それにしてもここはブレンドするのが好きですね。

うん!
煮干の旨みがピンっ!と立っていて
ほんのりと仄かに柔らかな煮干のビターさが
広がっていて美味しいですね!

麺は醤油と同じ中細ストレート。
春よ恋使用の麺は流麗でいて、啜るのが楽しいしっかりとした茹で具合。
ちゅるんとした食感ですよ。

ワンタンは肉餡でした。
蘊蓄には海老と書いてあったのに!
驚きすぎて、味の吟味を怠りました。
恐らく鶏肉なんじゃないかと思いますが、
豚だったのかな?誰か確かめてください。
結構塩気強めの肉餡でしたね。

というか鶏か豚かも思い出せない悲しき駄舌です。

メンマは柑橘風味でさっぱりと。

醤油と食べ比べてみて、煮干しに軍配かな?
ごちそうさまでした。

⚫蛇足
ラーメン有識者は勘づいてるようですが
修行先はどこなのですか?
誰かコソッと教えてくだされ。

投稿(更新) | コメント (14) | このお店へのレビュー: 2件

「中華そば(大盛り)」@中華蕎麦 蘭鋳の写真グッピーよりも蘭鋳派。
どうも、さぴおです。

久しぶりにこちらへ。
何と九ヶ月ぶりですか。

夜20時20分に訪問。先客4人。後客1人。
20時30分に店終いしてました。
ちなみに後客は女性一人客。
キングさんの奥義「味玉、あちらから」を発動させようか悩みましたが止めました。

「中華そば大盛り」と口頭注文。
着席してすぐさまカウンター上の小皿を重しに英世1枚挟む"常連"アピールをカマシます。

夜のこちらは何とも風情があります。
出来るのであればムギシュワもやりたい。

丼を事前にお湯で温める丁寧なオペを拝見して配膳です。

⚫実食
おっと、こんな濃厚な混濁したようなスープだったかな?
煮干の旨みとほんのりビターのバランスが取れた、わりと重厚さあるスープですね。

じんわりと深い余韻の残るコクがたまらんですな。

麺は低加水の中細ストレート。
記憶よりも一回り細くダイエットしてる気が。
前もこんな太さだっけ?もっとボクン!としたような歯切れだった記憶してましたが、
ポツンポツンとした細やかな歯切れに。
そして大盛りだからか、かなりのクツクツさ。
言うなれば粉っぽさのようなものを感じてしまいました。

エロチャーは塩気と煮干の塩味によって肉の美味さが引きだっていてうまし。
香草というかBPの風合いもナイス。
この店は意外にも肉がうまいんだよね。

さらさら~っと完飲まで。

ごちそうさまでした。

⚫蛇足
勇気を出して店主に話しかけてみました。
「今度、塩やるんですね」と。
ワタクシのコミュ力不足で全然話は弾まず轟沈です。

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 10件

「【季節限定】濃厚煮干ラーメン+お茶漬けセット」@ラーメン屋ジョンの写真ラジオで『chay』ってアーティストがふわふわ声で可愛いくて好きだったのですが、先日テレビで初めてご尊顔を拝見し「あ、うん」となりました。
どうも、さぴおです。

武蔵関へ外回り。21時58分着。
22時まで営業のため、ぎりぎりこちらが空いていて滑り込み。
後客無しで、この日のラストマンスタンディング。

常連のノブさんも未食の塩を狙いにきましたが『季節限定』の言葉に弱い下卑助たるワタクシ。

二ボラーではありませんが気づけば濃厚煮干をポチリ。記憶にはありませんが、お茶漬けセットもポチってました。

前客多数で、ワンロッド2杯提供のため、しばし待っての配膳です。

⚫実食
デカい肉と濃厚セメドロ煮干に目が行きますねぇ!

汚な…豪快にバラ海苔が降り掛かっております!

肉から被りつくと、ホロとろっと柔らかくてグッド。
甘めの味付けがジュワっと広がるような美味しさがありますね、

スープは 粘土高めで、ニボビタさはありつつも苦味やエグみは程よい感じ。
動物系の出汁を合わせてマロみさを出していますが、煮干が圧勝です。
妙に美味く感じたけれど、それはこの手の濃厚煮干を食べるのが久しぶりだから?
それともジョン店主の腕でしょうか笑

メンマは調味液の味が濃いめに残ってて甘い感じ。
これがまた美味いんです!

苦味と甘みってあまりシナジーがないように思えるけど、この1杯には調和しておりましたね。

麺は低加水のザクパツ麺。
中細ストレートくらいの太さの印象です。
少し固めの茹で加減で、この手の煮干とはマブダチ。

お茶漬けセットはご飯にチャーシュー1切れと揚げ玉が鎮座。

それをご飯ドボンしてさらさら~っと。

ご飯と合わせる訳ですから、勿論スープは消え去ってました。

ごちそうさまでした。

⚫蛇足
他のお客さんもいなくなったので、
ジョン店主に「ノブさんのフレンドです」と話しかけてみました。
若干、何を言ってるか怪しいところはニッコリ笑顔で誤魔化します。

今月からまた昆布水つけ麺が始まるそうですよ

投稿(更新) | コメント (11) | このお店へのレビュー: 2件