なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

さぴお@ダイエット中

男性 - 東京都 (1991年生まれ)

例え、どんなにまずい一杯があったとしても、批評するオレよりもラーメンのほうが上だ! もし、ラーメンが残飯級でも、オレはそれをエサにしてしか生きていけないハエなんだ。 批評することは簡単だけど、創ることは難しいぜ!RDB 2017/2/16~

平均点 79.162点
最終レビュー日 2019年5月19日
752 498 3 4,816
レビュー 店舗 スキ いいね

「海老味噌ラーメン」@らーめん なぶら 京王八王子店の写真令和に入ってから一杯しかラーメン食べてません。
どうも、さぴおです。

まだ平成のお話。
こちらに来て見ました。

半分居酒屋のようなラーメン屋で、おつまみメニュー多数。
店内にラーメン女子が一人おりましたが、声をかけられぬ軟弱者です。

ラーメンメニューは食券購入。
番号を入力するタイプの食券ですね。
直近では拝島のラーメン凜々でお見かけしました。
限定のいか煮干しが気になりましたが、生憎の品切れ。
海老味噌ラーメンを購入です。

厨房は奥にあり、どんな作業しているか見えにくいですが、茹ではテボによるものでしたね。

⚫実食
お頭付きの海老がどーーんと載った味噌ラーメンです。
海老の風味満点ですが、これは香味油由来のような気がしますね。
そこそこのオイリーさを感じつつ、白味噌主体の味噌ダレにマッチ。
海老に味噌に分かりやすい味ですよ。

麺はプリっとした中太の加水そこそこの麺です。
うねりがあって、このタイプのスープとはよく合いますね。

麺は枕木のごとく大きいですが、柔らかめ。
チャーシュー君のことはどんなだったか覚えてません笑

この夜はこの一杯だけだったので、
この一杯を愛おしむように堪能しました。

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚味噌タンメン(肩ロース)」@波風タテヲの写真僕は「お腹すき夫」
どうも、さぴおです。

「濃厚ダダ漏れ!」
『常識を覆すタンメン!』
『いち早く食らいつけ!』

そんな宣伝文が店の前にあり、
写真からもダダ漏れまくっていたので
吸い込まれるように店内へ。チョロいものです。

男性1人と女性1人の2人で回してましたが、
恐らく店主はこの女性なよう。
ラーメンからは信じられませんね。

濃厚味噌は肉が揚げ肉と肩ロースが選べるよう。
既報を見ると揚げ肉が
「作り置きで、ただただオイリー」的なことが書いてあったので肩ロースをチョイスしました。

男性スタッフに何やら聞かれますが、カタコトなのでよく分からず。
とりあえず愛想笑いで「はい!お願いします」と答える日本人っぷりを発揮。

フォーリナースタッフは鍋を振るってガツガツ野菜を炒めます。

配膳寸前に女性店主が「あっ、ニンニク忘れてました」とドッサァと盛ってくれました。

この後仕事なんだけど、大丈夫かなぁ。

どうやらあのカタコトは
「モヤシとニンニク増せますが、どうしますか?」と聞いていたのでしょう。

⚫実食
タンメンというよりも萌やしですね。
ドロドロな背脂と仕上げオイルが、たっぷり。
濃厚っていうか、オイルがダダ漏れ。メンテしてない車のように。

食べやすい所にいるので、まずは肩ロースをパクリ。
柔らかくて肉質も感じる意外にもイケるチャーではありませんか。

思わず丸々一個イッちゃいました。

スープは背脂と仕上げオイルがかなり多いですが、濃厚さだけでは普通かな。
白味噌に動物系を合わせたような風合いですが、出汁感は控えめかな。
背脂にくわえてBPや山椒が野菜に振られているので、スープを飲んでると何かの粒子をかんじる食感でした。
飲んだ後には山椒由来の痺れがライトにやってきます。
これにより清涼アクセントを齎しているのでしょう。

麺はカネジン食品の中太の少し縮れた麺。

オイリーさに苦戦しつつ、スープはほとんど残しての完食。

ニンニクは刻みニンニクではなく擦りニンニクですから、卓上ではダメなんでしょうかね?
無理矢理二郎に寄せてる感を覚えました。

卓上にブレスケアが備え付けられているのが
嬉しかったです。

ラーメンよりも、煽り文句の方がうまかったかな。


ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「牛すじごま味噌らぁ麺+チャーシュー丼」@Soupmenの写真新宿に「生ビール一杯60円」のお店があると聞いて血眼になって探してます。
どうも、さぴおです。

⚫毎日がエブリデイ 日毎で提供メニューが異なる変幻自在の魅惑の麺屋

この日は土曜日に仕事が休めたのですが、起床したのは昼近く。
遠くへのラーメン遠征は無理だなぁ…と、比較的近所だけど馴染み薄い板橋方面へと繰り出しました。

ノブさん、おゆさんのレポで馴染み深くなっているこちらへとやっと初訪問。

屋号の「Soupmen」は「Supreme」に掛けてるのは間違いないでしょう。

土曜日とあって外待ち10人ほどと盛況。

アナウンスとかはないので、人が出てきたら入るシステム。

食券が奥にあるという下調べを忘れ、
口頭注文かと思って椅子に座ってしまいました。
また、食券でも表題メニューのボタンが左手1番下にあるので、随分と探すのに苦戦。
食券上にあるおしぼりも取り忘れたりとバタバタ。ハツホー丸出しです。

後客はみんな作法が分かっていて僕以外は卒無く提供を待ってますね。

不思議ちゃんと呼ばれる店主さんは色々な人に声を掛けて人柄を感じます。

辛さと山椒の有無を聞かれまして
「辛さ普通。山椒あり」とコール

⚫実食
炒められた牛すじと緑が差し色となった一杯は山椒の香りが立ち上るもの。

スープはごまと味噌の風合い豊かなもの。
出汁の豚は控えめで、ごま味噌タレで濃厚に仕立ておりますが、美味しいですよ!

大人の階段を登ったワタクシですから
後から香り立つ山椒の痺れを楽しむ余韻もあります。

麺は中太麺。少し畝りがあり、そこそこの加水あるもっちりとしたもの。
ジャストな茹で具合でして、存分にそのモチりとした弾力を楽しめます。

チャーシューポジションの牛すじは
柔らかくて美味い。

トピには海苔があります。
牛すじと海苔の組み合わせなんて、滅多にないのでせっかくですから海苔で巻いてパクリ。

連食予定なのに完飲してしまい、参ってしまいます。

⚫蛇足
帰り際「色々やってますんで、良かったらまたお願いします」と声をかけられます。

てっきり常連だらけなのだと思ったら、
お客さん全員に丁寧に声掛けしてたんですね。すごい。

以前、茨城レジェンド店に行った際にご店主が
「しょっちゅう味を変える店なんてのは、拘りがなくて信用ならないよ」という言葉を言ってました。
即座にこのお店を連想してまして、正直あまりいい印象がなかったんです。
けど、こだわりのスタイルだって色々あるよね。目からウロコの体験でした。

ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌チャーシューめん」@大島の写真『おおしま』と読んでました。
どうも、さぴおです。

⚫ラーメンTRY名店味噌部門5年連続大賞

二郎初心者君とのラーメンツアー1軒目。
開店1時間前でPP。
後続がすぐに現れて、続々と接続。
開店する頃には40人ほどの待ちでした。
先頭3名ほどが座れるベンチに座って優雅に時を過ごします。
列を見ると老若男女揃い踏み。万人に愛されてますね。

大島と言えば『味噌』。ハツホーですし、これ一択。
ただ、醤油などのメニューもあるんですねぇ。

店内はカウンターとテーブル席があり、
厨房は仕切りがあって良く見えません。
ただ、ラーメンTRYでもお馴染みの店主さんの顔を認めることができました。

ガツガツと鍋を振るう音。
そしてラードと生姜、ニンニクの香りにテンションMAX!
これがサッポロスタイルの醍醐味よ!

⚫実食
スープ表層に漂う白いものはなんなのだろうか?たぶん、麹的なサムシングかな。
フランス料理などに使われる生クリームを彷彿といたしますね。

スープから頂くと、
サッポロスタイルを感じるラードの油膜が張りつめたアッツアツの温度によるパンチ!

塩気の高いスープに生姜やニンニクの香味野菜の香りがぶわっと!

豚ガラベースのスープに白味噌のほっこりとしたコク深さが相まって美味しいですね。

麺は森往製麺のちぢれ麺。
サッポロ系によく見られる王道なもの。
ぷりりんとした弾力があって美味しいですよ!

チャーシューはしっとりとした煮豚。
厚さが丁度よくて、程よい塩気の豚の美味しさを感じられましたよ。

「薄めるスープあります」というPOPがありました。

確かにちょっと塩っぱいですが、
ゴクゴクと気付けば禁断のKKF。

白味噌仕立てだと、やっぱり1番うまいかもなぁ。

ごちそうさまでした。

⚫蛇足
同行した二郎初心者君は中目黒のサッポロスタイルの新店『八堂八』にも行っているんですが、『よく分からないけど、こっちのほうが美味しいと思った!』と好評でした。

麺とのマッチかなぁ?
僕は好きですが、八堂八の麺は素朴な印象がありますからね。

投稿(更新) | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件

「オマール海老の味噌らーめん ¥1200-」@CLAM&BONITO貝節麺RAIKの写真出来る男は悩まない。
(食券購入時に悩んだら2杯購入した時の僕のセリフ)
どうも、さぴおです。

この日は久しぶりにこちらへ。半年ぶりです。
いわゆる「疎遠スパイラル」が起きてました。
一度、お店にいかないと「最近来なかったね」の言葉が怖くて、行かなくなり、期間が空いて最早顔を見せることが出来なくなる現象です。

Twitterで面白そうな限定をしていたので凸げき。

お値段は1200円と豪奢。

2号店のほぼ店主である帽子の彼がオペをまわしてました。

なんか気まずくてずっと下を向いてコソコソしながら配膳を待ちます。

⚫実食
オマール海老の甲殻の香ばしさが漂っていますね。
濃厚そうな味噌と合わせてあります。

スープをすすると、味噌のざらみを感じるような濃厚なもの。

味変にはトマトペーストやら丼淵にバジルソースが。

トピの盛り付けもオシャレですね。

麺は三河屋製麺の中太麺。
少し固茹でな印象で、ムチンとした歯切れが印象的。小麦の甘みも感じられるかな。

味が濃いので、時折口に入る刻み玉ねぎが清涼剤に。
個人的にはちょっと多くて邪魔に感じてしまいました。

このお店らしく、トピによって味を重ねていく構造のラーメンでしたね。

ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (13) | このお店へのレビュー: 16件

「味噌/赤星 /牛すじ/もつ鍋/やっこ南蛮」@灼味噌らーめん 八堂八の写真『キムタクが如く』というゲームをやってるんですが、
キムタクでさえも、付き合うまでに5回くらいはデートしなきゃ行けないので、
僕も見習わないとと思った次第。
どうも、さぴおです。

⚫自家製も"味噌"からの時代

この日は味噌から自家製しているというこだわりの新店へ。
なんでも大豆から栽培しているという筋金入り。
※正しくは厳選した大豆を炊きあげているそうです。大豆は栽培してません。

中目黒から徒歩10分くらい。
寒さに震えながら向かいます。
ナカメのドンキ本店の向かいの路地裏にこのお店はあります。
知らなければ見つけることは叶わないロケーションです。

「ラーメン」と書かれた幟で頑張って主張してます。

中目黒らしく小綺麗な雰囲気の外観。

友人と上がり込みます。
早速香る炒めたニンニクの匂いにテンションあがりますね。
食券で標題を連打。

男は黙ってサッポロ。
友人は日本酒の国稀を選択。

かんぱーい!

・やっこ南蛮
・牛すじ
・もつ鍋

これらで軽く飲ります。

本当はもっとガッツリ飲む予定だったんですが、食券だとどうしてもワンクッション置くので面倒ですね。

頃合いを見て〆のラーメンを。
ガツガツカッカと中華鍋を振るう音が聞こえます。

⚫実食
配膳された瞬間から漂う炒められたニンニクの香りに昇天。

スープは屋号の通りに灼熱。
鶏豚魚介の清湯スープがベース。
野菜とひき肉をラードと味噌で炒めて、それを加えることで完成するサッポロスタイル。

油膜が張って屋号の通り灼熱。

今はいいけど、夏はどうするんだろう?
と、いらぬ心配をしてしまいます。

ニンニクのパンチ効いたスープは、白味噌のほっこりとした優しい風合いもあります。

スープには麹の粒が泳いでおり、味噌の素朴な美味しさがありますね。

・味噌の麹効いたコク
・鶏豚魚介ベースのスープ
・ニンニクのパンチ

この3つの要素がまとまって、得も言われぬヒキを生み出していますよ。

チャーシューの上には生姜があり、食べ進めるとともに味変。

メンマポジションは山くらげです。コリコリと美味しいですね。

麺は小林製麺の太麺平打ちぢれ。
ムニっと非常に弾力のある麺でして、ちぢれの食感が印象的です。

灼熱の一杯を食べ終わるころには、汗が吹きでます。

食べ終わった後でも、ニンニクの芳香が口の中に残っているので、
これをムギシュワでラストやっつけて完食。

ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「赤味噌そば」@中華そば きなりの写真ロイヤルゼリーにプロポリス。
そういうスイーツがあると思ってました。
どうも、さぴおです。

●ミシュランビグブルマン獲得店

後輩の尻拭いでこちら所沢へと外回り。
この日はめちゃんこ寒くて、前日から
「おれ…きなりで…みそ…タベル!」と原始人と化していました。

平日の某日。開店20分前で1人待ち。
開店時はなんだかんだで10人ほどいたことでしょう。
食券にて『赤味噌そば』を求めます。

実はきなりは、東中野のお店で醤油を頂いたものの、いまいちハマらず。
あまり期待することなく配膳を待っていました。

●実食
八丁味噌が濃厚さを放つ見た目ですね。

一口スープを飲むと・・・うまい。
寒風で冷えた身体に染み渡る温かさ。

赤味噌の麹が効いたような風合い濃厚でコクマロっとした味噌の風合いが口の中をいつまでも漂います。
味噌の甘さの中にも仄かな味噌由来の酸味が効いていて複雑かつ奥行きのある旨味となっています。

赤味噌って癖が強くて、いかがなものかと思っていたのですが、バランスいいですね。

少し甘い感じなのは恐らく味醂をお使い?

魚介中心の食材で、濃厚な味噌であるのに後味サラリとしてクドさがありません。

これはうまいな…夢中でレンゲ運動。

麺は三河屋製麺の得意そうな中太麺ちぢれ麺。
弾力のある加水が高い麺でして、噛みしめるとグニっとした歯ごたえ。
スープに絡みすぎないような感覚でして、濃いめの味噌スープにはこれくらいがいいかもね。

トピにはなんと油揚げ。
味噌汁のトピで一番好きなのは油揚げとしては、配膳された瞬間からテンションマックス。

鴨チャーはレア。熱いスープなので放っておくとどんどん熱が入っていくので注意です

そして、食べ進めるとシメジなどのきのこ類。
そして桜海老などの甲殻類。

えびちゃんが仄かな甲殻の香ばしさを、ゆず片が清涼さを齎して、その奥行ある味わいあるスープにさらなる深みを。

寒くて、このような味噌が食べたい気持ちにもマッチして、かなり響きました。

暫定今年の一位。

「正直、きなりにはあんま期待してないんだよねぇ」と思っていた数十分前の僕を打擲せしめたい。

連食予定でしたが勿論、完飲。

ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「極-Kiwami-みそSOBA 890円」@麺家 Shumen Doushiの写真家にネット回線を引いたので「海外ドラマを観まくって寝不足」というベタなことやってます。
どうも、さぴおです。

大宮からスタスタと歩いて100分ほど。
ベンチで休んだり、本を見たりとしていたので、すっかり遅くなりました。

こちらはキングさんのテリトリー。
Twitterで行くぞアピールしていたら、
キングさんが急遽、東大宮の狼煙の予定を切り上げて、来てくれました。
ありがとうございます!

美人店員ガッキーちゃんはいませんでしたが、キングさんがいれば百人力です。
ちなみに「待たせちゃったから」とお茶とエナジードリンクをいただきました。
ありがとうございます!!

お腹は全く空いてないので、あまり濃厚な気分ではなかったんですが、
このメニューにしてみました!

世界一うまいチャーハンをキングさんとシェア。
僕の方が多く貰ってしまってすみません。
牛すじが特徴で、ニンニクフレーバー漂い食欲増進、一気にペロリ。
おかわりしたい気分です笑
チャーハンデータベースに初投稿しました。

キングさんとラーメン話などに花を咲かせていると配膳。

●実食
味噌が濃厚ですね!
風合いもコクも豊かな味噌感がどっしり舌に走った後に、動物由来の甘いようなコクを感じてうまいです。
なんか色々な動物出汁を使っているのかな?
各素材が突出することなく調和した旨みをもたらしていますね。

麺は加水の低そうな中細麺を合わせています。
何故か黄色い太麺ちぢれかな~?と予想していたのでびっくりしました。
スープとの絡みがえげつないですよ笑

この分だと後半はダレるかな?と思っていたら、
ピンクペッパーの爽やかな香辛さがいいアクセントになっていました。
炙り豚チャー、牛の細切れ肉、鶏そぼろも堪能。

豚牛鶏そろい踏み。
肉祭りって感じでいいね。

後半は辛味噌やラー油などを加えていって辛さアップ!

気付けば完飲してしまい困ったものです。

お腹いっぱいなはずなのに、美味しい一杯に更なる空腹への呼び水になってしまいました。

もう一軒くらいは食べられるな~。と思いながらも流石にこの日はこれにて打ち止め。

有意義な代休を過ごせましたよ。

ご馳走さまでした。

投稿(更新) | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「【平日限定】みそラーメン」@濃菜麺 井の庄 荻窪店の写真一人黒い三連星と言われて傷付いたあの頃。
どうも、さぴおです。

⚫井の庄セカブラ2号店。

3日連続で荻窪出没。

「2号」とは、ヤ○ザ用語では愛人のことですね。
そんな関係ないことを思いつつ
「マーボーラーメン44」とどっちにしようか悩みこちらにしました。

キレイなカフェ風の店内。
女性客も多数いるのは、流石のコンセプト作り。
コの字カウンターは練馬と同じだね。

食券を眺めると「平日限定」のこの「みそラーメン」があり、ポチッとな。
ランチサービスでご飯も付けられるとのことでお願いしました。

⚫ジッ食
野菜たっぷりの山はこちららしい。
12時方向にはラー油がたら~っとかけられて、結構辛そう。
香辛料の香りもフワリとします。

こちらの名物『辛辛魚』を思えば辛いメニューであることは納得です。

豚骨が押し出されてトロンとしたスープを飲みます。

味噌主体の甘めの味わいが広がり、香辛料が香りのアクセントもたらしますね。

辛味がラストの甘さによらダレを抑えてスッキリと昇華。

麺はボソッとした低加水の中太麺。
普通の濃菜麺のつけ麺に使うようなあのメニューの方がいいような?
恐らくこのメニューのためにあしらえた麺だと思いますが、スープとのマッチはイマイチかな。

薄切りチャーシューを野菜で巻いたりとガツガツ食べます。
結構、野菜が多くて嬉しいけれど萌やしばかりのローコストタイプ。

ラストはご飯投下。

糖尿病一直線、禁断のKKF。

ご馳走さまでした。

投稿(更新) | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「チゲ味噌ラーメン」@日高屋 笹塚観音通店の写真小学生の頃、書初めで「人面獣心」と書いて、教師に嫌がられる。
どうも、さぴおです。

東京へ帰宅。
笹塚駅で友人を待ち合わせてましたが、30分ほど遅刻するとのこと。
この友人は病弱なのでラーメンが食べられません。
チャチャっと食べられるこちらへと時間潰しがてら。

ここのチゲ味噌好きなんだよね。

久しぶりに入店。店員さんは大陸な感じ。

手早い調理で5分ほど配膳されました。

●実食
ニラをはじめ野菜が玉子と炒められております。

スープは甘さ感じる味噌。
それに付随するように、チゲの辛みが。

甘い味噌で食わせる味わいで単調さは否めませんが、僕は好きだな。

麺は加水の高いちぢれ麺。

ムムム、かなり粉っぽいような風合いが…。うーん、美味しくない。

これならば、ライスドボンで、雑炊のようにして食べたいぞ。

後半は結構、この甘さ故にダレてきます。

銀あんどプーさんをマネてお酢プレイを試しますがイマイチ。

麺と後半の失速が気がかりなので点数はこの辺で。

ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件