なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

さぴお@腰痛により機能停止

男性 - 東京都 (1991年生まれ)

前振りが長いので『⚫実食 』から読むと便利です。RDB 2017/2/16~

平均点 79.394点
最終レビュー日 2019年10月12日
868 575 5 6,508
レビュー 店舗 スキ いいね

「濃厚みそつけ麺+ネギ」@らーめん 蓮の写真小さいミンミンゼミがいて「これ、小さいからニイニイゼミだね」と虫博士ぶったら「晩夏の季節にいる小型のセミだからツクツクボウシだと思うけど」と虫博士返しされました。
どうも、さぴおです

宍道湖しじみのお店のつけ麺に痺れた後はこちらに。
本当は家系の飛枠を視野に入れていたのですが、閉店1時間前で死刑宣告。

濃厚な気分だったので、がくさんのレポで気に留めていた花田系列の味噌に決めました。

来店時はほぼ満席でしたが、何とか滑り込み。
店内は香味野菜を炒める香りが漂い、食欲を刺激しますね。

ショットグラスの野菜ジュースが無料で貰えるので有難くいただきます。
カウンター奥のちっこいガラスケースの冷蔵庫に入ってます。
卓上には無限辛子モヤシが。待ってる間バクバク食べまくり。結構辛みが強いのでヘタレなかたは僕のように食い意地張っちゃダメですよ。

食券渡し時に「野菜とニンニクを無料で増せますが」とアナウンスがありました。

キッスの予定もないのでお願いします。

ガツガツと鍋を振るう音が聞こえてきます。
やっぱり味噌のお店はこうでなくっちゃ。

●実食
麺丼にまでネギがあるのはネギをトッピングしているから。
「つけ麺は麺が太いのでお時間をいただきます」とあったので、どんな麺なのかな?

ラーメンと同じやないかーい!
見る限りは、汁そばと同じ中太でゆるやかなうねりがあります。
加水高いようなモチモチ感ですが、少しだけ茹でが浅いかな?
モチ ではなく、モツっとしたような少し歯切れで印象を残す麺ですね。

つけダレに浸すと、THE濃厚東京味噌
白みそ仕立ての味噌感覚に豚骨、背脂によってコクを付与。
白みそのこの優しい甘さのある味噌、好きなんだよなぁ。

更には炒められた野菜のうま味とオイルが迎合してなかなかのこってり感。
つけダレの中に潜んでいる刻みチャーが脂を備えて、少し濃いめに味付けられています。
濃厚派には嬉しいチューニングですね。

ネギはシャクっとした食感とともに、結構辛みがあるタイプだね。

後半にはニンニクを加えれば説明不要のパワーアップ。

こんな濃いつけダレなのに割ももらわず、グビグビと半分以上飲んでしまいました。
逆に、完飲しなかったことを褒めてください。

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌ラーメン+餃子」@えのけんラーメンの写真地面でひっくり返ってムニムニと足を動かしてるミツバチがいて「可愛い」と言ったら「死にかけてるのに可愛いってサイコパスか?!」と突っ込まれました。
どうも、さぴおです

深夜の外回り。
アニメ制作会社データベース的なことを言うと近所にはA1picturesやマッパなどの一流アニメ制作会社の近所。
ましてや深夜営業。他のお客さんの会話に耳をすませば
「レイアウト」「カッティング」「線撮」「144dpi」と
アニメ業界用語が飛び交っています。

落ち着いた町中華な店内。
麺茹では大きい中華鍋で茹でていますね。
平ザルによるダイナミックな麺揚げです。
野菜もガツガツと鍋を振るっていてしっかり炒めていますよ。

⚫実食
濃厚なスープに胡麻がプカプカと浮いてますね。

デフォでも付いてくる半玉が崩れているのが何だか、可愛いです。

スープは味噌の味主体の濃ゆい味わい。
出汁だとか炒めた野菜のエキスなどはあまりないけれど、ノスタルジックな味噌ラーメンの味わいですね。アニマル主体で無難に豚かな?

食事として、食べてたので麺のことは覚えてません!
レビュアーも少ないお店なので、誰か行って確かめてください。

何気にトピのメンマが甘くて美味かったですねー
甘いメンマなんですが、不思議と嫌になりません。
どうやら自家製らしいですよ。

注文した餃子には甘味噌がタレとして着いてきました。
肉餡はなんだか、おからでも使ってるのかな?という感じのホロホロあっさり感でした。


ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (14) | このお店へのレビュー: 2件

「モツ野菜ラーメン」@日高屋 三鷹北口店の写真財布を落として、電車賃さえ払うお金がない。
どうも、さぴおです。

外回りで深夜の三鷹へ。

日高屋がやってますね。
ノイドさんの日高屋レポを読みたてホヤホヤだったので、誘われるように。

日高屋飲みという文化があり、ワタクシもそのご相伴に預かりたいところですが生憎の車。

大人しくこの表題メニューを口頭注文。

管を巻く疲れきったサラリーマン。
ちょっと怪しい会話をする熟年夫婦。
大声で直接厨房に「中華丼!あとビールね!」と注文する酔客。
イケメンで姿勢をきっちり正して食べる僕。

中島みゆきの『狼になりたい』を連想させるカオスっぷりです。

スピーディに5分ほどで配膳。

⚫実食
メニューと色彩がまったく違うのはご愛嬌。
スープの色がカレーのようですね。

レンゲを差し込みますと、結構な辛さ。
味噌主体でビン!と効いた化学のチカラを感じる旨味があります。

麺は多加水っぽいモチプリっとしたような中華麺。
やや太めで平打ちっぽい形状でしたね。

メニュー写真より小さい野菜のお山。
モツがグニグニと弾力強くて、満腹感を演出してくれますね。
このモツがもう少し上質な感じだと嬉しいんだけどなぁ。

固形物を片付けると、化学の旨味が露骨なスープにレンゲは進み、半分くらい飲んじゃいました。

ごちそうさまでした。

⚫蛇足
初めてのバイトの給料で買ったブランドものの財布。
10年以上使った愛用品の財布でしたが、これも天命なのでしょう。

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件

「爆裂つけ麺+味玉」@竹麓輔らーめん創作工房の写真Amazonの荷物が届かず、ブチ切れてたらポストに投函されてました。
どうも、さぴおです。

中野に外回りが発生。

中野通りの南口方面。
武道家の隣にいつの間にかこのようなお店が。

「爆烈」という言葉に惹かれる厨二病な僕。
どんな爆裂 苛烈 熾烈 卑劣 バケツな一杯を見せてくれるのか楽しみです。

店内は先客1。後客1。
右隣の武道家、左隣の花山がほぼ満席なことを考えると、ちょっと寂しいですね。

店内に入るとバイト君っぽい2人によるオペ。
一人はトントントントンと永遠に何かを刻んでいます。
きちんと声を出して挨拶をし頑張っていますね。

店内は『祝シンガポール店』
『LINEに友達登録で味玉無料!』
『SNSに写真投稿で牛骨ラーメン半額!』

などとお得情報がいっぱい。

ちなみにオーナーのビックリマン風のシールもいっぱいあります。
僕と同じく出たがりなんですね。

カウンターが高くてオペはよく見えないのですがテボ茹でであるのは確認しました。


⚫実食
牛すじの味噌煮込みをつけ麺にしちゃったような一杯。

つけダレはデフォでも辛さガッツリでホット!
そして、牛すじと白菜などのトピはアッツアツでホット!

辛さと熱さのWホット!これが「爆裂」のネーミングに繋がっているのでしょう。

味の探索をすると、味噌の風味が結構強いですね。おそらく合わせ味噌的なサムシングでしょう。そこに僅かに魚介もいるかな。

個人的には仕上げオイルがちょっとクドく感じてしまいました。

牛すじはちょっと ワイルドすぎちゃう風味なのもありましたね。

麺は思ったより細めの中太麺。
麺肌はツルリとして、弾力はまずまず。

味玉はちょこっと火が入りすぎたかな。

ちなみに皆さんの大好きなパクチーが潜んでるので注意です。

個人的にはいいアクセントになってると思いました。

麺を大盛りにすると、つけダレはちょこっと足りません。
追いライスしようと思っていたので、結果的にダイエットです。

ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌らー麺」@麺や 神笑の写真「和解できるタイプの進撃の巨人」と言われました。
どうも、さぴおです。
病院帰りに中野駅まで歩いて、久しぶりにこの界隈のラーメンを攻略しましょう。

酷暑照りつけ、身体から汗が吹き出ますが、
何を思ったのか僕は味噌のこのお店へ。

中野はランチ激戦区。
こちらのお店もご飯無料 おかわり無料などを掲げて頑張っていますね。

食券左上は辛味噌が筆頭。
暑いですし、喉の調子も良くないので通常の味噌を選択。

男女2名でのオペレーション。
女性はギャルな感じで、店主さんの恋人かな?
「ほうれん草大丈夫ですか?」と声をかけられお願いします。
『太麺細麺選べますが』には太麺を。
「ご飯も無料ですが」の声には「ダイエット中なので」とお断り。

店主さんが大火力でガツガツと鍋を振るってますよ。これは期待できます。

⚫実食
おっと、ほうれん草は生なんだね。
やっぱ何でも生がいいです。下ネタではありません。

野菜も多く、身体に良さそうではありませんか。
スープは豚の旨味たっぷりに白味噌仕立てのタレによって纏められています。
花道などの東京濃厚スタイルな感じの味噌のように思えました。
とろっと少し粘度があって、芯から温まるような仕様ですね〜。これは冬に食べたい!

濃厚なスープですから、生のほうれん草が薬味的な役割を果たし、非常にフレッシュ!
このトピはかなり仕事を果たしているね。

ひき肉もたっぷり入ってますから、炒めた肉の旨みがどんどんスープに溶けているのもグッド。

北海道のラーメン屋のように暖簾に『小林製麺謹製』とあるように麺は小林製麺。
中太のもっちりとした麺で、スープに負けない存在。
つるつるとした表面で、啜り応え良し。

連食予定のため、スープは少し残してフィニッシュ。

味噌は夏は天敵だと思いますが頑張ってください。

ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌海老つけ麺(全粒粉麺)」@俺の麺 春道の写真喉が痛みが悪化して諸見里みたいな話し方になってます。
どうも、さぴおです。

この日はこちらへ。
場所は青梅街道沿いにあり、移転前より遥かに分かりやすくなりましたね。
看板の感じが系列店の鳳仙花に似てます。
新宿でだいぶ幅を効かせてます。
店内はほぼ満員。若い店員さん2人で回してますね。

何だか濃厚な気持ちだったので、
味噌海老つけ麺にしました。
としくんさんのレポで無料で全粒粉に変えられることを知っていたので、そちらに。
やや時間がかかって配膳です。

⚫実食
全粒粉に変えられた麺は平打ちストレート。
噛み締めると固茹で仕様で、
ボキンザクンボロンといった歯切れ。
個人的にはあまり好きじゃないかな。
「こういう感じなんだね…」と
早々につけダレへとダイブ!!

味噌ダレの場合は海老の風味は程よく香り
味噌ダレのやや高めな塩気が、ちょうどいい味わいに仕上ってますね!
時折麺に絡んでくる桜海老にて、物理的な甲殻さを楽しめてなかなかではありませんか。

ああ、海苔って何故こんなにも濃厚豚魚に合うのか…
わりとラーメンに海苔は無くてもいいタイプですが、豚魚には絶対ほしい。
海苔が合うラーメンバトルは濃厚豚魚と家系で頂上決戦できますよ。

味噌にするとチャーシューは
薄切りのレアっぽいものに変わるんだね。
味噌ダレにたっぷり漬けてパクリ。

メンマは調味液の味が嫌らしいほどに濃く残ってますね。
これは酒のつまみにはなりそうですが、1杯としてのマッチはどうなのかな。

スープはわりと多めに残りましたが、
スープ割は貰わず「てやんでい!!」と一気に飲み干します。

濃くてうまい。

ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件

「海老味噌ラーメン」@らーめん なぶら 京王八王子店の写真令和に入ってから一杯しかラーメン食べてません。
どうも、さぴおです。

まだ平成のお話。
こちらに来て見ました。

半分居酒屋のようなラーメン屋で、おつまみメニュー多数。
店内にラーメン女子が一人おりましたが、声をかけられぬ軟弱者です。

ラーメンメニューは食券購入。
番号を入力するタイプの食券ですね。
直近では拝島のラーメン凜々でお見かけしました。
限定のいか煮干しが気になりましたが、生憎の品切れ。
海老味噌ラーメンを購入です。

厨房は奥にあり、どんな作業しているか見えにくいですが、茹ではテボによるものでしたね。

⚫実食
お頭付きの海老がどーーんと載った味噌ラーメンです。
海老の風味満点ですが、これは香味油由来のような気がしますね。
そこそこのオイリーさを感じつつ、白味噌主体の味噌ダレにマッチ。
海老に味噌に分かりやすい味ですよ。

麺はプリっとした中太の加水そこそこの麺です。
うねりがあって、このタイプのスープとはよく合いますね。

麺は枕木のごとく大きいですが、柔らかめ。
チャーシュー君のことはどんなだったか覚えてません笑

この夜はこの一杯だけだったので、
この一杯を愛おしむように堪能しました。

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚味噌タンメン(肩ロース)」@波風タテヲの写真僕は「お腹すき夫」
どうも、さぴおです。

「濃厚ダダ漏れ!」
『常識を覆すタンメン!』
『いち早く食らいつけ!』

そんな宣伝文が店の前にあり、
写真からもダダ漏れまくっていたので
吸い込まれるように店内へ。チョロいものです。

男性1人と女性1人の2人で回してましたが、
恐らく店主はこの女性なよう。
ラーメンからは信じられませんね。

濃厚味噌は肉が揚げ肉と肩ロースが選べるよう。
既報を見ると揚げ肉が
「作り置きで、ただただオイリー」的なことが書いてあったので肩ロースをチョイスしました。

男性スタッフに何やら聞かれますが、カタコトなのでよく分からず。
とりあえず愛想笑いで「はい!お願いします」と答える日本人っぷりを発揮。

フォーリナースタッフは鍋を振るってガツガツ野菜を炒めます。

配膳寸前に女性店主が「あっ、ニンニク忘れてました」とドッサァと盛ってくれました。

この後仕事なんだけど、大丈夫かなぁ。

どうやらあのカタコトは
「モヤシとニンニク増せますが、どうしますか?」と聞いていたのでしょう。

⚫実食
タンメンというよりも萌やしですね。
ドロドロな背脂と仕上げオイルが、たっぷり。
濃厚っていうか、オイルがダダ漏れ。メンテしてない車のように。

食べやすい所にいるので、まずは肩ロースをパクリ。
柔らかくて肉質も感じる意外にもイケるチャーではありませんか。

思わず丸々一個イッちゃいました。

スープは背脂と仕上げオイルがかなり多いですが、濃厚さだけでは普通かな。
白味噌に動物系を合わせたような風合いですが、出汁感は控えめかな。
背脂にくわえてBPや山椒が野菜に振られているので、スープを飲んでると何かの粒子をかんじる食感でした。
飲んだ後には山椒由来の痺れがライトにやってきます。
これにより清涼アクセントを齎しているのでしょう。

麺はカネジン食品の中太の少し縮れた麺。

オイリーさに苦戦しつつ、スープはほとんど残しての完食。

ニンニクは刻みニンニクではなく擦りニンニクですから、卓上ではダメなんでしょうかね?
無理矢理二郎に寄せてる感を覚えました。

卓上にブレスケアが備え付けられているのが
嬉しかったです。

ラーメンよりも、煽り文句の方がうまかったかな。


ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「牛すじごま味噌らぁ麺+チャーシュー丼」@Soupmenの写真新宿に「生ビール一杯60円」のお店があると聞いて血眼になって探してます。
どうも、さぴおです。

⚫毎日がエブリデイ 日毎で提供メニューが異なる変幻自在の魅惑の麺屋

この日は土曜日に仕事が休めたのですが、起床したのは昼近く。
遠くへのラーメン遠征は無理だなぁ…と、比較的近所だけど馴染み薄い板橋方面へと繰り出しました。

ノブさん、おゆさんのレポで馴染み深くなっているこちらへとやっと初訪問。

屋号の「Soupmen」は「Supreme」に掛けてるのは間違いないでしょう。

土曜日とあって外待ち10人ほどと盛況。

アナウンスとかはないので、人が出てきたら入るシステム。

食券が奥にあるという下調べを忘れ、
口頭注文かと思って椅子に座ってしまいました。
また、食券でも表題メニューのボタンが左手1番下にあるので、随分と探すのに苦戦。
食券上にあるおしぼりも取り忘れたりとバタバタ。ハツホー丸出しです。

後客はみんな作法が分かっていて僕以外は卒無く提供を待ってますね。

不思議ちゃんと呼ばれる店主さんは色々な人に声を掛けて人柄を感じます。

辛さと山椒の有無を聞かれまして
「辛さ普通。山椒あり」とコール

⚫実食
炒められた牛すじと緑が差し色となった一杯は山椒の香りが立ち上るもの。

スープはごまと味噌の風合い豊かなもの。
出汁の豚は控えめで、ごま味噌タレで濃厚に仕立ておりますが、美味しいですよ!

大人の階段を登ったワタクシですから
後から香り立つ山椒の痺れを楽しむ余韻もあります。

麺は中太麺。少し畝りがあり、そこそこの加水あるもっちりとしたもの。
ジャストな茹で具合でして、存分にそのモチりとした弾力を楽しめます。

チャーシューポジションの牛すじは
柔らかくて美味い。

トピには海苔があります。
牛すじと海苔の組み合わせなんて、滅多にないのでせっかくですから海苔で巻いてパクリ。

連食予定なのに完飲してしまい、参ってしまいます。

⚫蛇足
帰り際「色々やってますんで、良かったらまたお願いします」と声をかけられます。

てっきり常連だらけなのだと思ったら、
お客さん全員に丁寧に声掛けしてたんですね。すごい。

以前、茨城レジェンド店に行った際にご店主が
「しょっちゅう味を変える店なんてのは、拘りがなくて信用ならないよ」という言葉を言ってました。
即座にこのお店を連想してまして、正直あまりいい印象がなかったんです。
けど、こだわりのスタイルだって色々あるよね。目からウロコの体験でした。

ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌チャーシューめん」@大島の写真『おおしま』と読んでました。
どうも、さぴおです。

⚫ラーメンTRY名店味噌部門5年連続大賞

二郎初心者君とのラーメンツアー1軒目。
開店1時間前でPP。
後続がすぐに現れて、続々と接続。
開店する頃には40人ほどの待ちでした。
先頭3名ほどが座れるベンチに座って優雅に時を過ごします。
列を見ると老若男女揃い踏み。万人に愛されてますね。

大島と言えば『味噌』。ハツホーですし、これ一択。
ただ、醤油などのメニューもあるんですねぇ。

店内はカウンターとテーブル席があり、
厨房は仕切りがあって良く見えません。
ただ、ラーメンTRYでもお馴染みの店主さんの顔を認めることができました。

ガツガツと鍋を振るう音。
そしてラードと生姜、ニンニクの香りにテンションMAX!
これがサッポロスタイルの醍醐味よ!

⚫実食
スープ表層に漂う白いものはなんなのだろうか?たぶん、麹的なサムシングかな。
フランス料理などに使われる生クリームを彷彿といたしますね。

スープから頂くと、
サッポロスタイルを感じるラードの油膜が張りつめたアッツアツの温度によるパンチ!

塩気の高いスープに生姜やニンニクの香味野菜の香りがぶわっと!

豚ガラベースのスープに白味噌のほっこりとしたコク深さが相まって美味しいですね。

麺は森往製麺のちぢれ麺。
サッポロ系によく見られる王道なもの。
ぷりりんとした弾力があって美味しいですよ!

チャーシューはしっとりとした煮豚。
厚さが丁度よくて、程よい塩気の豚の美味しさを感じられましたよ。

「薄めるスープあります」というPOPがありました。

確かにちょっと塩っぱいですが、
ゴクゴクと気付けば禁断のKKF。

白味噌仕立てだと、やっぱり1番うまいかもなぁ。

ごちそうさまでした。

⚫蛇足
同行した二郎初心者君は中目黒のサッポロスタイルの新店『八堂八』にも行っているんですが、『よく分からないけど、こっちのほうが美味しいと思った!』と好評でした。

麺とのマッチかなぁ?
僕は好きですが、八堂八の麺は素朴な印象がありますからね。

投稿(更新) | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件