なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

さぴお@ダイエット中

男性 - 東京都 (1991年生まれ)

例え、どんなにまずい一杯があったとしても、批評するオレよりもラーメンのほうが上だ! もし、ラーメンが残飯級でも、オレはそれをエサにしてしか生きていけないハエなんだ。 批評することは簡単だけど、創ることは難しいぜ!RDB 2017/2/16~

平均点 79.150点
最終レビュー日 2019年5月21日
753 499 3 4,844
レビュー 店舗 スキ いいね

「つけそば大」@つけそば 周の写真髪が伸びすぎて、無理矢理髪をジェルで固めてもボリュームが出てしまいONE-PIECEの敵キャラみたいになってしまう。
どうも、さぴおです

この日は何とか隙間を見つけてラーメン活動。
板橋の気になっていたこちらへと転がり込みます。
隠れた小料理屋のようないい雰囲気のお店ですね。
お店に入る時、間違って厨房側に入っていきそうになったのはご愛嬌。

店内は8割の入りでしたが、出る頃には待ち6人発生してました。

ダイエッターなので「極盛り600gにしよ~」っと食券機を眺めると赤ランプ…。
泣く泣く大450gです。これじゃ連食しちゃうよ。サイドメニューにチャーシュー丼とかはない模様。

お店は熟年夫婦が切り盛り。
優しい雰囲気があるからか、カウンターのみのお店で、子連れファミリーが2組もおりました。

待ってると「はい、お野菜」と画像12時方向の小皿が。
卓上にあるドレッシングはこいつにかけるためのものなんですね。

⚫実食
特製と見紛う豪気なトピ。
つけダレの中に大きい煮豚も潜んでますよ。

麺は多加水麺で瑞々しさが、見るだけで伝わってきます。

早速つけダレに漬けて食べてみます。

これは、うまい。
つるつるとした瑞々しい麺肌に、グニッとした程よい弾力。この歯を押し戻す抵抗力に思わずニッコリ。
豊かな小麦の香りがありお見事。
そこに甘さは酸味、塩気には頼らない濃厚な豚骨の味わいがメインの豚魚が共演。

魚介は支えな印象でした。見た目には仕上げオイルがくどそうに見えますが、気になりません。
粘度は高めでしっかりと下拵えをしているのが伝わり頭が下がります。

豚骨の自然な甘さでチューニングされていて、
麺の爽やかな小麦の風合いを引き出してる極上麺ですね!

タレは濃厚であるのに、麺は瑞々しくスッキリ美味し。

何というか全てが丁度いいジャストフィットなつけ麺なんです。

「そうそう!こういうのが食べたかったの!」と450gの麺はどんどんなくなります。
ただし、つけダレもどんどんと無くなり、
おかわりの可否なども店内には全く掲示されてないので、後半は節約生活。

ちょん漬けで食べていたので、
自ずと口の中はスッキリして、小麦風味を堪能できました。

つけダレの煮豚は魚介の甘さも染みて、柔らかく美味い。

メンマも味玉も精度が高いですね。

気づけば完食。
そして食べた側から「また食べたい」と強く思ってしまいました。

ちょっと久しぶりに感動したつけ麺だったなぁ。

ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】トマトマトマトマトマトつけ麺」@麺処 いし川の写真令和の目標は「痩せる」
どうも、さぴおです。

実は食べていたこちらでの連食。
限定麺はトマト的なつけ麺ですか。
メニュー名に遊び心がありますね。

麺は五ノ神製麺所製ということで、
てっきりあんな感じの太い角胚芽麺だと思っていたら意表を突かれる麺ですね?

⚫実食
麺は多加水な平打ち気味の中太麺。
少しうねった麺はタレとの絡みが良好だね。

つかダレはシャバめのトマト豚魚といった味わい。
トマトトマトしてる訳ではなく、節とのハーモニーを楽しむような仕様でしょうか。

奥底にはニンニクが少しいて、つけダレにコクマロさを付与してくれてますね。

こちらのメニューも勿論完飲。

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (17) | このお店へのレビュー: 2件

「【ご厚意】ら道そば(仮名)」@Robson Friesの写真「このサカナクションの曲いいなぁ」と聴いてたら「門出」という全く別のアーティストでした。
どうも、さぴおです。

4月19日
この日を最後にラーメンの提供を暫くお休み。
ということで駆け付けました。

標題はまさかの2杯目。

オーナーさんに「さぴおさん『ら道』って知ってますか?」と聞かれまして、不勉強な僕は首を横に振ります。

なんでも関西の完全予約制のラーメン屋で
スープを通販販売しているそう。
3ヶ月待ちでスープを手に入れたとのこと。
どんな味なのか果てしなく気になってると

「よかったら食べますか?」と嬉しいお言葉!
お幾らか伺うと「転売になっちゃいますから」と何とご厚意でいただけることになりました!
有難うございます!!

メニュー名は伺わなかったので、仮名で付けました。

しかも素ラーメンかと思っていたら、
しっかりトピまであるじゃないですか。
テンション上がってしまいます。

最近、漫才のネタ作りに悩んでいて落ち込み気味だったのに、現金なものです。

普通だったら絶対に食べられなかったであろう「ら道」スープをいざ、いただきます。

⚫実食
豚骨の香りは抑えめのクリーミーそうな豚骨ですね?

臭みは抑えめでかなりまったりとした豚骨の旨みが凝縮されていますよ!
これは豚頭なのかな?
豚だけではなく、鶏白湯的なサムシングもありますね。
加えて昆布などの乾物や節などの魚介も組み合わせられた複合的な豚骨醤油ですよ!

しっかりとしたオイリーさも兼ね備えて
こってりさを演出。
「中華そば」ではなく「ラーメン」という印象のスープです。

化学調味料的なサムシングなのか、乾物が変に効いてるのか分かりませんが、ややエキセントリックな風合いもありました。

独特の後味が、オイルと豚骨のまろみさと共にやってきてヒキになってますよ。
これは好きな人は好きだろうね。

麺はこちらでいつも頂いている三河屋製麺の中細低加水麺です。

トピのチャーは柔らかくて美味しいです。

丹念に食べて完飲まで。
珍しいラーメンを食べられたこと、
嬉しいご厚意に満足度は勿論100点でした。

ラーメンの提供はしばらくお休みとのことで残念です。
僕より全然食べ歩きされてるオーナーさんなのできっとブラッシュアップして帰ってきてくれるでしょう。

皆さん、本業のカナディアンポテトも美味しいので食べてみてください!

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (15) | このお店へのレビュー: 5件

「濃厚つけ麺(特)」@松戸富田麺絆の写真KITTEとekitteの違いがよく分からない。
どうも、さぴおです。

この日は桐龍会なのですがデートを優先。
しかし何とデートをドタキャンされました。バチが当たりましたかね。
せっかく服も着替えたりしているので、ラーメンを食べようと何が食べたいか自分と対話。
「あっ!濃厚豚が食べたいんだねぇ!」
1周回って好きになってきている濃厚豚魚で憂さを晴らしましょう。
となれば、KITTEのB1ラーメン激戦区コーナーにオープンしたこちらでしょう!

丸の内線からだと、階層を変えることなくKITTEの方向に歩いて行けば着くので分かりやすいですね。

16時頃と時間を外しましたが、先待ち15人。
しかし店箱がでかいので、そんなに待ちませんね。

とみ田本店に行った時に店前で案内してたスキンヘッドの方がメインで店を回してるようですね。
この方もやがて暖簾分けされるのでしょうか。
まだ上津さんしかされてないですが、どういう基準なんでしょうかね。

「前の人に続いて食券どうぞ~」とやたらアナウンス。
恐らくこのハイテク券売機は発券内容を厨房に伝達するシステムなんでしょうね。
ちなみに松屋とかはそういうシステムです。

連食予定だったんですが、お腹が空いていたし、本店のあの麺が気に入っていたので、特盛をチョイス。といっても450gのミニマムサイズです。

⚫実食
とみ田といえば、これよ。
魚粉がかかった濃厚豚魚ダレに麺線揃った麺。
麺は特盛だからか、やや乱れ気味かな。

まずは麺から。
む?本店で食べた時とは随分違うような。

もっと舌に張り付くしっとり感があり、
モチッとしていて、粘着性のあるような麺だったと記憶しているのですが…

この麺は麺肌つるっとした、どこの濃厚豚魚でも食べられるような角麺っぽい太麺ですね。

とみ田はちょこちょこブラッシュアップするというので、この麺に変えたのかな。
それとも茹でなどの調理、製法でここまで変わるのか。
「これなら特盛にしなくてよかったなぁ」とちょいとガッカリ。

つけダレは説明不要の濃厚豚魚。
魚粉が少ないような気がするのは気の所為?

濃厚なアマジョッパー。そして仄かな魚介の酸味を感じつつ、トピの柚子片が後口をリフレッシュ。

やっぱり美味しいですねぇ!

既報にある通り、つけダレは殆ど遜色ないように思えましたよ。

特盛量ですが、スープが足らなくなることがないのも嬉しいね。

ラストは割を頼まず「てやんでい!」とそのままゴクリ。

濃くて美味しい。

ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (15) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺特盛」@麺処 井の庄の写真麻雀に激ハマって昼まで徹マン。本日のラーメン遠征を寝過ごしました。
どうも、さぴおです。

懇意なアニメ制作会社がないため、西東京エリアなのにあまり来ることがない石神井公園。

長年の課題店を片付けるためにやってきました。
飲み屋やスナックひしめく地下にこのお店はあるのですね。

閉店間際の23:29入店。
この日のラストマンスタンディングでした。
辛辛魚にしようか悩んだのですが歯茎の傷が塞がらないことを考慮して表題を。
特盛では絶対に足りないのは火を見るよりも明らか。チャー丼に指が・・・
しかし、この身はダイエッター。煩悩無量誓願断。食欲への未練を断ち切ります。

中待ち4人でしたが、回転よくすぐにカウンター席へと昇格。
カウンターはこの系列の馴染み深いコの字カウンター。

男性二人、女性二人で活気がありますね。

「スープのおかわり自由です。お申し付けください!」と配膳。

お、それは嬉しい。
つけダレの残りを気にして食べていては心のガスは抜けませんからね。

●実食
魚粉の山が印象的なつけダレ。
麺は多加水中太ストレート麺。
なんとなくこの手のつけ麺においては細すぎる印象。

つけダレに浸すと、おっとかなりの豚骨感。
魚介成分は魚粉頼りな部分が大きいね。
また塩気を甘味もこの魚粉を溶かしていくことで増していきます。

つけダレおかわり自由ですからジャブジャブとつけダレをまとわせて食べ進めます。
わりと粘土は低いからこの麺でも負けてません。
ちゅるるんとした啜り応えとプリっとした弾力を堪能しました。

つけダレ内にはサイコロ型のチャーやメンマが。

メンマはぐにゃりとかなり柔らか仕様。

チャーシューはほろりとして肉質感じる煮豚。少しだけうま味が抜けてしまった印象があるもまずまず。

2回くらいおかわりしようと思いましたが、1回で十分。

おかわりつけダレにもきちんと魚粉の山はできてました。

基本的には濃厚民族なワタクシ。

割は所望することなく「てやんでい!」と完飲です。濃くて美味い。

西東京の名店にやっとハツホー決められて幸甚の極み。

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺(こてこて)」@三鷹食堂いなりの写真自炊の時は化学調味料をガンガン使います。
どうも、さぴおです。

この日は外回りのついででこちらへ。
ここはタツノコプロやプロダクションI.Gのすぐ近くにあります。
17時開店はありがたや。17時10分頃に伺いましてノーゲストでした。

カウンターのみの店内は居酒屋の居抜きのよう。
事実、おつまみメニューも充実しておりますね。

食券機にて「つけ麺」をチョイス。

お腹が空いていたので、大盛です。

300か400かを選べるようで、もちろん後者を。

気付けばライスも頼んでいました。

⚫実食
味玉も何もトピに付けてないので、パッと見は質素ですね。

麺は三河屋製麺の平打ちちぢれ太麺。
そのまま噛み締めるとミチっとしたコシと、グルテンな風合いが広がるつけ麺らしい美味しい麺ですね。
楕円のように潰れた形の麺は、啜りやすく、表面はつるりとしております。

つけダレは濃厚豚骨。
「こてこて」というよりかは「こてしゃば」くらいの粘度かな。
甘さが結構強めで、酸味や塩気は低いようなチューニング。

中には鶏ももチャーがコロコロといくつか入っています。
「豚じゃないんだね」と噛み締めると結構なワイルドな風合い。

丼底には刻み玉ねぎや柚子片が沈んであり、
味変を意識されていましたね。

屋号のように、油揚げなどは入っておりませんでした。

サクッと完食。

帰り際、男性店主と3秒くらい目が合いましたが、特に言うこともなく退店。

女性店主だったら恋が芽生えたのでしょうか。

ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚つけ麺」@麺や百日紅の写真座右の銘は『歩の無い将棋は負け将棋』
将棋、指したことありませんが。

どうも、さぴおです。

日曜日の夜の新宿はラーメン不毛地帯。
課題店は軒並み休みでした。
ならば、マタオマ豚魚に目覚めているので、
新宿三丁目駅B2出口から直結で行けるこちらへと。

店内は一昔前のラーメン屋。
あまり小綺麗ではありませんが、女性客もチラホラ。

食券のPPは濃厚煮干でしたが、気分は豚魚でしてので、標題を。

迷うことなく特盛をプッシュ。

店員に渡すと「特盛で大丈夫ですか?」と質問があり「はい」と回答。
とはいったものの、二郎なみの量なのか?!
と、ドキドキしながら配膳を待ちます。

配膳。

全然少なくてちょっとガッカリ。

⚫実食
つけダレは粘度の低いシャバ系。
豚魚と節が主体で、甘さと酸味が際立っているタレですね。

豚魚にはこの酸味感があると個人的には嬉しいです。

麺は中太で加水が高く、つけ麺の教科書のよう。
噛み締めると、小麦の風味はまずまずで、しっかりと弾力がありますな。

ただ、シャバ系のスープです。
麺が優勢すぎるような…。
麺を全て片付けても8割以上は残ってました。
この粘度の低さにに【1萎えぽよ】

濃厚というより、濃いとあっさりの中間。
「こっさり」くらいが妥当かと。

水切りも甘く、麺底にはかなり水が…【2萎えぽよ】
量は特盛でも体感400gといった所。
とても足りません。

メンマは、結構沢山入ってるね。
クキコキっとした食感強く、漬けてる液?の味を強めに感じますね。

チャーシューは角煮のように甘くて脂身が多いです。
冷えているので、油の食感が…【3萎えぽよ】

かの楊貴妃はその美しい白い肌を「凝脂」(固まった脂のように艶やかで白い)と称えられたそうですが、これはラーメンですからね。

タレもスープ割もすることなく8割残して、席を立ちました。

ご馳走さまでした。

⚫蛇足
このフロアのトイレは飲食店からコインをもらい、それを投入して出入りする仕様でした。
慌てて店に戻り、コインを貰おうとすると
「いらっしゃいませ」と声かけられ「トイレのコインを」というと、
大義そうに「食券の横にありますんで」とアナウンス。
まるでトイレのコインを貰うためだけに来た野暮天扱い。
…さっきまで食べてた客の顔も覚えてないんだ…。

と、非常にガッカリ…【4萎えぽよ】

採点は味のみですが、
満足度だけでいうと、かなり低い点数になりますね…

投稿(更新) | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「つけめん並」@狼煙 〜NOROSHI〜の写真RPGの魔王が、おどろおどろしい所に何故住んでるのか気になる。
僕が魔王ならハワイとかに住むのに…。
どうも、さぴおです。

⚫埼玉濃厚豚魚のエース

蓮田にてはまぐりな一杯を頂いた後は、テクテクと歩いてこちらへ。
またしても2時間くらいかかってしまいましたが、全然お腹は空きません。

やっと来れた…。
狼煙の前に立つと感慨深いものがあります。
キングさんのレポを読むたびに「早くいかなきゃ!!」と焦ってました。
実は狼煙系列は全くの未食なんです。
師匠の『俺の空』があるだけ。

食券を眺めると並盛と中盛が同額。
しかし、満腹ですので並にしました。

待ってる間は「これがナカムラー油かぁ」と遠足気分でキョロキョロ。

ややもして配膳。
「熱いのでお気を付けてください」と言われ、触るとアッチィ!
猫舌ならぬ猫ハンドなので、降ろすのに苦戦しました。

⚫実食
麺だけすすると、ミチミチっと小麦の詰まりを感じるパワフルな麺。
噛み締めれば、ぶわっと小麦の香りや甘さが広がる素晴らしいものですね。

つけダレは濃厚魚介豚骨かくや!
ドロッと粘度が高く、スープ漉しに手抜きはありません。

つけダレは甘ジョッパ豚魚。
王道を征く味わいです。

マタオマが流行り、淘汰されて。近年まで残ってる豚魚は、優しい豚魚が多いですが、これくらいハードテイストが好きですね。
後半はナカムラー油をブチ込んでジャンクさを醸します!!

元も子もないことをいいますが「濃くて美味しい」
麺が少ないですから、一口でたっぷり全身浴させて、濃厚な時を過ごします。うまい。

満腹だったはずなのに…
舌には塩気が重なっていたのに…

サクッと完食。

この美味さで並しか頼まないのは惜しいことをしました。まだ食べたかったな。

ご馳走さまでした。

この日5軒目へ…

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「肉つけ麺(大盛り)」@澤神の写真アニメの素材回収に行ったら、今度は違反切符を切られる…。
どうも、さぴおです。

しかも、素材はまだ上がってないという…
いつも通り電車で行っていたら…。
「まだ上がってないよ」と作業者から一言あれば起きなかったと思うと歯痒くてたまりません。

そんなフラストレーションを発散するには、
バキッと弾力のある麺を食うしかない。

そして豚魚も食べたい気分だぞ!

未訪問のお店の中にピッタリなものがありましたので、早速ハツホー。

駅からテクテク歩くと「つけ麺」の電灯掲示板。
ボロボロの暖簾が掛かったお店がありました。

店内は飾り気のないカウンターのみの店内。

RDBの店舗情報に「奥さんのブログが可愛くて萌え」なんてありますが、
店内に広がるのは無骨な男の世界。
可愛らしい小物なども一切ありません。
店主さんも武骨で精悍なお方。

食券にて「肉つけ麺大盛」をチョイス。1090円。ちょいとお高い。
大盛り400gではお腹が空きそうなので肉増しに。

きっちり計量してからのテボ茹ででした。

⚫実食
麺はグ二グ二とうねりのある力強い麺。
きっちり水締めされて、全粒粉を感じる粒が見て取れます。

噛み締めると、グ二っと強い弾力。
ハリボーグミもかくやの食感。
みちっ!と噛み締めることで、フラストレーションを解放。
これよ〜!これこれ!!

つけダレは甘み強めの豚魚。
少しだけシャバってて、もっとドロンドロンでもいいんだぜ?
節の風合いも強くて、無骨さあり。
なんだかんだで豚魚は美味しいね。

トピのキャベツは漬けられていて、甘酸っぱい。
肉はレンガ型に切られたものがゴロゴロ入り、トロリと柔らかく甘みがあるもので美味しいです。

甘いモノが大好きな僕には得てして満足。
ただ、麺の水切りが少し甘いかな…。

こういう小さいことの積み重ねが有名店への布石になるんだと思うんだけどな。

ご馳走さまでした。

投稿(更新) | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「得らーめん」@らーめん文蔵の写真iPhoneデビューして、Shiriの嫁っぷりにビックリ。
どうも、さぴおです。

1/15 14:00
昼に三鷹に来られました。
ついつい吸い込まれてしまうさくら井を振り切り、こちらへと。
実は以前13時に訪問して麺切れ終了を食らったのでドキドキ。

無事空いておりました。運悪く店内満席。一人で外にて待ちます。
そうすると娘さん?が店内へと案内。

店主さんは人の好さそうな雰囲気。何となく気難しい印象だったので意外でした。

ダイエットを意識して連食封印中のため、この「得らーめん」をチョイス。

●実食
優しそうな豚魚です。

スープは少し節煮干しの粉のザラつきを感じつつ、豚由来の旨みと甘みが訪れほっこり。
魚介由来の渋酸味を伴いつつ「ふくよか」という言葉がよく似合う、優しい豚魚スープです。

自家製と思われる麺は中太ストレート。
もちっとしながらも、柔らかい感覚。歯入れも変にブツンとすることなく調和していますね。
ここで変に弾力とかあったら冷めてしまうよ。
やっとそういうことに気づき始めました。

チャーシューも柔らかくうま。
ちょっと肉の臭みが残っていたのは残念だったかな。

全体的に優しさ溢れてました。

場所柄か『魔女の宅急便』の主題歌を歌っちゃいます。

「優しさに~包まれたなら~ 完飲!!」

ご馳走さまでした。

投稿(更新) | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件