なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

さぴお@ダイエット中

男性 - 東京都 (1991年生まれ)

例え、どんなにまずい一杯があったとしても、批評するオレよりもラーメンのほうが上だ! もし、ラーメンが残飯級でも、オレはそれをエサにしてしか生きていけないハエなんだ。 批評することは簡単だけど、創ることは難しいぜ!RDB 2017/2/16~

平均点 79.162点
最終レビュー日 2019年5月19日
752 498 3 4,829
レビュー 店舗 スキ いいね

「まぜそば(大盛り)+小ライス」@麺屋 なつめの写真GWは恐らく10連勤。
どうも、さぴおです。

久しぶりにこちらへ。
アニメのお仕事をしてる人間であれば、
近所にガンダムなどを制作しているサンライズなどがありますから、1度は目にするお店ですね。
そんな夜に生きるアニメ業界人に向けてか、深夜までやってるので助かります。

店の前にある三河屋製麺の麺箱を確認し入店。

デフォメニューは煮干のようですが、気分はまぜそばだったので、こちらを。

食券を渡すと「ニンニクいれますか?」
思わず「ゼンマシで」と答えそうになるのを堪えて「お願いします」と返答。

テボで引き上げて、丹念に水洗いをした後に配膳です。

⚫実食
聞かれたニンニクはおろしニンニクなんだね。
ならば卓上トピではダメなのかしら。

ジューシーな豆板醤で味付けされた挽肉。
たっぷりのネギとニラが目につきます。

刻み海苔や魚粉もかかって、とぷんと玉子が乗ってバラエティ豊か。

グリグリ混ぜると、おっ、思ったよりも冷たいんだね。

三河屋製麺の中太麺は水によってしっかりと絞められています。
加水率高めでしっかりと茹でられているから、
むにんと歯で押し込みはできるんだけれど、
ぬちりと簡単にはちぎれない楽しい弾力がありますよ。

挽肉は豆板醤の反則的なうまさ。
トピをたっぷり絡めてとってもうまし。

ラストはサービスの小ライスをドボン!

これを言ったら終わりなのですが、
正直麺よりも合ってる疑惑があります笑

特筆して特別に美味しい部分はないけれど、
強いて言うと麺の弾力感が良くて、
近くにあったらお世話になっちゃうかな。

ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (14) | このお店へのレビュー: 2件

「汁無し麻辣坦々麺」@中華そば 二階堂の写真店員さんに「ライスと温玉はどうします?」と聞かれて「両方お願い致します」と答えちゃいました。
どうも、さぴおです。

某日。アフレコ後の九段下。
目の前に歩く暇そうな女性声優に声をかけることはできず、無念のラーメン活動へ。

potiさんのテリトリーと思われるこちらへと初訪問。
思ったより狭い店内はカウンターのみで、ほぼ満席でした。

ここは色々なメニューがあるイメージです。
初めてだし、デフォっぽい奴にしようと思ったのですが、口が求めているのは濃厚な中華餡。

ということで『汁無し麻辣坦々麺』をチョイス。
大人の階段を上り、痺れも克服しつつありますしね。

辛さと痺れが選択可能。
そしてライスor温玉が選べるよう。
ここで冒頭文に繋がる訳ですね。
二杯目もあるし、ダイエット中だし、ということで温玉ちゃんをチョイス。

⚫実食
挽肉とナッツがこんもりと盛られてます!
挽肉、ナッツ、辣油をそれぞれと味見。

高菜?と思われる青菜に花山椒がまぶされているんですね。

グリグリとかき混ぜます。
途中で面倒くさくなって、混ぜが不均等な内にがっついてしまいます。

麺は平ちぢれで長さが短めなもの。
啜りにくいようなストレスはありません。
プチンと切れるような歯切れで、瑞々しさがあふりてますね。

タレは辣油のキレに花山椒主体のまさしく麻辣味。
ナッツのツブツブとした食感が実に効いています。

挽肉には、中華醤で味付けられた
この日に僕の口が求めていた味です。
甜麺醤やら豆板醤やら芝麻醤への理解が乏しいので、よく分かりませんがコク深くてうまいね。

途中で温玉を投入。
ねっとりとした黄身が絡みます。

ラストは挽肉など残りまして「ライスドボンできたらな」と思いつつかっくらいました。

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「勝浦タンタン麺/ご飯」@ビンギリの写真ラーメン同人誌は完売しても25000円の赤が出るので断念。
どうも、さぴおです。

昼の外回りで荻窪の四面道へ。
せっかくこっちまで来たのだから、昼のみ2時間半営業と、ややハードル高いこちらへと久しぶりに。

こじんまりとしたお店です。
サインがいくつか飾られてます。
「ラーメン○○」という見出しが多いですよね。
僕も「ラーメン進行」と名乗れば、有名になれるかな?
以前のハツホー時にはかなり無愛想な印象でしたが、この日は愛想の塊でしたね。

お客さんに「こんな辛いラーメン初めて食べるよ~」とお茶目な人がいたからですかね。なかなかのコミュ力です。

サービスご飯をお願いして配膳を待ちます。

「ご飯の前にお水汲んどくねぇ」とおばちゃん。辛いラーメンですからね。助かります。

⚫実食
ニラと玉ねぎがたっぷり。
汁は並々。蓮華を回すとこぼれてしまいます。
肉味噌にファオジャンがまぶされていますね。

僕の三大苦手要素
「豚臭」「牛臭」「痺れ」の1つですね。

スープを啜ると
辛い!!そして、辛さに追随するような心地よい痺れ!

ん…?心地よい?

苦手なはずの痺れが心地よくなってしまう絶妙なチューニングです。

辛みがキツくて味の分析を丹念にするとやられてしまったので、あまりよく分かりません。
恐らく鶏と豚の清湯に醤油タレ的なサムシングを合わせてるのかな?白湯っぽい印象は受けませんでしたが、これはわかりません。

麺は大成食品の中細ちぢれストレート。
ちぢれ具合は緩やかなものです。
正直、この一杯において、麺は脇役です。

その麺の代わりとなるもの!

それが"ニラと玉ねぎ"なのです。

刻まれて大量に入っているこれらを穴あきスプーンでバクバク。

スプーンもステンレス製だからあっついね!

なんだか薬膳料理を食べているかのような、
身体にエネルギーが漲ります。

ラストはご飯にこのニラと玉ねぎをかけて、かきこみフィニッシュ!

滝汗、やみつき、ホット麺。

辛いラーメンですが、接客は甘いお店でした。

ご馳走さまでした。

投稿(更新) | コメント (11) | このお店へのレビュー: 2件

「担々麺(大盛)+煮豚」@麺庵ちとせの写真声優さんを飯に誘う勇気はない。
どうも、さぴおです。

某日。アフレコにて声優さんと触れ合った後に演出さんとこちらへ。

10回目の訪問。やっと二桁回。
ローテーション的には塩な気がしますが寒いので担々麺を。

平日昼過ぎでは流石に空いてるね。

声優さんに負けない可愛さを備えた奥さんに食券を渡して配膳を待ちます。

⚫実食
なかなかのスパイシーさが際立っています!
肉味噌は醤が強めのオリエンタルな風味。
芝麻醤の甘みは抑え目なチューニングとなり、本格的な担々麺使用にしたんだね。

肉味噌が濃く深くてうまいなぁ。

スープはベースは醤油。
羅臼昆布や貝などが合わさっていますから、
スパイシーの中にも奥深いコクがあります。

コク・アマ・辛
3つのバランスが素晴らしいスープですね。

麺はあれ?変わりましたか?
麺肌がつるりとしたような中細麺となっていますね。
グルテンの形成を感じる、すこし抵抗感ある麺の歯切れ。
ただ、個人的には前の麺が好きだったなぁ。

この麺の方がスープに馴染んでるような気はします。

煮豚はスープに沈めてバクり。

連食予定はなかったため
一杯入魂の完食完飲。

ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 10件

「担々麺+海老ワンタン+替え玉2玉」@創作麺工房 鳴龍の写真「寒くなったら着よう」と買った厚手のカーディガンを着てみたら、もう遅かった…。

どうも、さぴおです。

レビュー600本目を飾るために取っておいたレポを。

●担々麺の極致、ミシュラン暁星の輝きを。

この日は友人ら4人で開店95分前着。先客2人でPPならず。
こちらのワンタン醤油でワタクシの最高点を更新したことで、友人らの期待は爆上がり。
ワタクシ以外の3人は特製醤油を注文していました。
こちらの担々麺は、あの清湯醤油をベースにつくっているとのこと。
これには期待を上げざるを得ません。

味の極限、辛み酸味を克服し、甘み旨みを超越し、至高の真理に至りし真の一杯。
それを遂に頂くことが叶うのだとワクワクして待ちます。

三人の相親しむ者あれば、90分などあっという間だね。
開店時は40人ほどでほとんどがフォーリナーの方々でした。
食券にてポチポチと。連食予定はないですが節制して替え玉は2玉のみに。

斎藤店主のワンオペを眺め、配膳の時を待ちます。

●実食
チーマージャンは程よく染み渡り、綺麗にオレンジがかったスープの色です。
中央にネギが緑の差し色となり、その下にはやや大きめのひき肉があります。

置かれた瞬間から、ゴマや香辛料の香りが漂いますね。
表層から覗く麺は、博多豚骨にでも使われるような細麺ストレートです。

スープからいただくと、意外にも酸味先行型。
爽やかな辛みの風合いは自家製ラー油由来かな?新鮮な証左だね。

チーマージャンの柔和な口当たり。
ナッツ類と香辛料の香り高く、
ベースに使われている醤油清湯が三位一体となって押し寄せてきます。

食べ進めると、味に深み奥行きのようなものが分かります。
一杯の中に物語があるんだよね。

麺はザクパツとした細麺。けっこう固めなソリッドな印象。
プツンと切れて心地よく、円やかさがあるスープとの対比だね。
博多豚骨に合わせるような麺だったので驚きました。

タイミングを見計らい替え玉注文。
1~2分で出てきてスピーディ。

キングさんがおっしゃっていた通り、味玉を加えてもスープが薄くなりませんね。
隣のフォーリナーの方からの視線を感じながら2つめの替え玉もスルっと胃袋へ。

ラストに丼底へ沈殿したひき肉が味が染みててうまい。

正直、醤油ほどの感銘は受けませんでしたが、物語を感じることができた一杯に満足。

友人らの評価は軒並み「甲」評価。90分待たせた甲斐がありました。
【Mr.くらげ 友人のRDB】https://ramendb.supleks.jp/review/1193003.html

ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (11) | このお店へのレビュー: 3件

「胡麻香る汁無し担々麺」@無添くら寿司 武蔵野西久保店の写真やけに雨水が靴に染みるなぁ…と、思ったら靴底が半分剥がれて穴が空いてました。
どうも、さぴおです。

この日はくら寿司です。
最近、ネットでは『将太の寿司』が「変な寿司漫画」としてプチブームが起きてますね。
その波にワタクシや友人もすっかり乗りまして、寿司が食べたくなったので訪問。

流れてくる寿司ネタを見つめては、そのネタに合わせた将太の寿司のおもしろエピソードを語りながら食べました。

何とか20皿で抑えるために、サイドメニューであるこのメニューを頼んでみました。
パクパクと欲望のままに食べては、お金がかかって仕方ありませんからね。
醤油ラーメンやら味噌ラーメンやら色々あるんですね…。汁無しメニューであれば、そんなに外れないかな?と
「胡麻香る汁無し担々麺」を注文。370円である。
味の想像を掻き立てるネーミングですね。
ピポピポーン!という快活なSEとともにベルトコンベアに載って配膳。

⚫じっ食
お椀付きの丼です。
パカッとあけると、肉味噌、刻み玉ねぎ、刻み三つ葉がトピされていますね。
盛り付けが雑で分かり辛いかもですが…。
備え付けの玉子を割るとゆで玉子ですね。これは嬉しい誤算。

さっそく混ぜるとねっとりと麺がタレに絡み、色合いは立派な汁無し担々麺のように。

さっそくいただくと、麺はもっちり多加水麺。
ただ、かなり弾力などがないかなぁ。
もちゅ~と柔らかすぎな印象。

味付けはタレとひき肉がしっかり。
ひき肉の風合いは香ってきましたが、胡麻はそんなにかな?

さらさらっと食べれて一瞬でなくなりました。
370円とはいえ、ちょっと物足りない。
これ汁ありの方が満腹感を得られたかもなぁ。見誤った!追い飯もなかったですしね。

⚫蛇足
汁無し担々麺のおかげか、なんとか22皿で手を止めることができました。

ご馳走さまでした。

投稿(更新) | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件

「担々麺(大盛)+チャーシュー半増し」@麺庵ちとせの写真ラーメンデートが不発に終わったので、その後は新宿の格安居酒屋で管を巻いてました。
どうも、駄肉です。

⚫清湯への目覚めのきっかけ店へ

この日は女性を連れてこちらへシャッターズ。
この日はローテーション的に醤油か担々麺かで後者を。
女性は塩を選択しておりました。
他のお客さんが諸に「ラーメンデータベース」という単語を発してまして、ひょっとしたらコメ友さんかもしれないとドキドキ…。

相変わらず奥さんが美人だなぁ…と、ドキドキと目移りしていると配膳です。

【じっ食】
おおっ!ラー油のレッドさ漂う凶悪そうな麺顔ですよ!!
常にブラッシュアップを続ける三嶋店主、この時期の担々麺は辛みを意識しているのでしょうか。
一年前の担々麺はオレンジがかってましたが、こちらの一杯はレッドブラウン。

スープの間隙から覗く麺は加水が低そうなクツクツしていそうなものです。

まず、スープからいただきます!

肉味噌やチーマージャンによって少しとろみのあるスープですね。
飲みますと、ゴマの甘みと肉味噌のコクがスープに付与されていて、うまい!
このスープの分厚さを演出するのうに昆布などの魚介がサポートしています。
個人的にスープには沢山の出汁が入っている方が好みな駄舌ですから、ニッコリです。

辛味もコクアマウマという要素を引き立てるためのチューニングで僕の好みにドンピタ!

麺は加水低めの中細ストレート麺。
クツクツ感あるこの麺、好きなんです!
よく煮干しなどに使われるパツパツ麺とも違うような、パツっとしながらもホクっとするような食感がありグッド!!
毛細血管現象で担々なスープを十二分に担いでくれて最&高。

ナッツ類や挽き肉、ネギを自然と纏ってくるのもいいね!!

チャーシューは煮豚っぽく変わってます!
煮込まれたことによる脂身が増したクラシカルながらもうまいチャーシューへになってますね。
僕は低温調理系よりも実はこのタイプが好きなので、ハマりましたよ!

身体のことを気にかけてスープを4滴ほど残して、ご馳走さま!!

女性からは謎の「いやいや、ほとんど完飲じゃん!」という謎のツッコミが(すっとぼけ)

次のローテーションは醤油だね。

投稿(更新) | コメント (11) | このお店へのレビュー: 10件

「担々麺(大盛)」@ほっこり中華そば もつけの写真映画ドラえもんのび太のカチコチ大冒険のヒロイン『カーラ』に、僕もカチコチ。
どうも、駄肉です。

【八王子・ラーメン無双ツアー第1弾】

八王子の友人とプールで2500m泳いだ後にこちらへ。

無化調で手作りなラー油、チーマージャンが売りの表題を食べに来ました!!
12時46分着。先客7人。盛況です。

食券先買い制です。気をつけましょう!

友人と話ながらなので、オペはあまり拝見しておりませんが、一杯一杯きちんと店主が味見していて、信用できますね!

【じっ食】
風味豊かそうな濃厚ゴマペーストが全体をマイルドブラウンに染めつつ、自家製ラー油がきらびやかに差し色を帯びてます。
中央に肉味噌が鎮座し、青菜枠にはホウレン草。薬味枠はネギ。そして三時方向にたゆたう一反麺に目を惹き付けられますね!

ファオジャンなどの香辛料も漂ってますし、実に美味しそうですよ!!

スープから頂くと、大好物なやつです!!

ゴマの甘みが立っているタイプの担々麺。

大好物なやつです!!(ダブルヘッダー)
うまさに興奮して、全然ほっこりできませんよ~~🤣🤣

ラー油を頂くと、純正さあるキレある辛味が走り甘さとのナイスコントラスト!

辛さ普通で頼みましたが、しっかり辛くてマイウー。
ヘタレは「辛さ控えめ」にしておくんやで👊

自家製麺は僅かにうねりのあるストレート太麺。
舌にしっとりと吸い付くタイプで安心を覚えるムチムチ仕様。
噛み締めると、グルテンの甘みとともに玉子の甘さもふんわり優しく広がります。
この麺、グゥゥゥゥゥッッッド!!!

香辛料系は控えめで、僕のお子さま舌にも安心チューニング!!

完成度高い一杯に、ほっこりではなくガンギマリになりつつ完飲です!

投稿(更新) | コメント (11) | このお店へのレビュー: 2件

「汁無し担々麺(大盛)」@麺庵ちとせの写真僕が痩せるだなんて「スピルバーグでも想像しない」と言われました。
どうも、駄肉です。

この日は外回りついでにこちらへ!7回目ですね。
汁無しのローテの回です。最近、レポにも載っていないので丁度いいかな?
9/3 11:22着。シャッターズ4番手。2番手が女性の一人客でして軟派しようか悩んだのは秘密です。

シャッターズ中、暇だったので、ちとせについてTwitterでサーチしていたら、カンニング竹山氏が「最後の一滴までうまい!」とのこと。わかってますねぇ。

【実食】
汁無しちゃん、お久しぶり!!

フィットチーネ風の幅広平打ち麺がよく見えますね。
上には旨豚ひき肉が鎮座。下には自家製ラー油。チーマージャンもスタンバイOK。
この絶妙なる組み合わせが天国への道を開くんです。

まずは、タレから味見。
ラー油の鮮烈なる辛み一閃。こんなシャープな感じだったけ?
口の中で揉みこむと、辛みの中にも重層的なうま味がありますね!

混ぜていきます!
ねるねるねるねのごとく、よ~~っく混ぜ合わせて、いざ、いただきます!!

うわっ!!ゴマと肉みその甘みが~!!

コクマロシャープなラー油と一味唐辛子の鮮烈なる辛みがキリリと走った後にくるこの旨甘み!!
味のバランスとしては甘さが強めだけれども、絶えず辛みも共存。
そして、僕の嫌いなシビレを排除したベストマッチ汁無し担々麺。
個人的には花椒や山椒などのシビレはお呼びでないので、このスタイルが至高です。

甘い辛い旨いが3拍子そろった三冠王!
(ちなみに僕は不良社員の三冠王)
流石の出来栄えでした!!
麺をすべて片付け、名残り惜しみながら肉味噌を啜りこみました。ダイエット中のためライスは自粛。

次は汁そばをいただきます!!ローテ的には出汁醤油なのですが、
出汁醤油はどこ・・・?ここ・・・?

投稿(更新) | コメント (10) | このお店へのレビュー: 10件

「担々麺 ¥850-」@担々麺 ほおずきの写真毎日ビールが旨すぎる。
どうも、駄肉です。

7/25(水)11月18日
「梵」@東京都中野区中野5丁目57−4
こちらが本日オープンとのことで炎暑の中、40分ほど歩いてこちらへ。
そうすると、まだ改装準備もされてなく新店オープンの気配はゼロ。 パンツェッタゼローラモです。
リカバリーをどうするか?最近、ススルTVで紹介されていた五丁目ハウスは並びがあったのでスルーしまして、担々麺の老舗たるこちらへ!
開店5分前でPP。オープン後はカウンター席は満員になるほどの入り。
口頭注文後会計。ご飯サービスは勿論つけます。一度までならおかわり可。

カウンター奥席だったため、オペはよく見えませんでした。

配膳。

オレンジがかったスープに肉味噌と小松菜、干しエビにザーサイ。
丼奥にスープがかかった跡から分かるかもしれませんが、この丼、手前に傾いています。
口径が狭くて底が深いので、スープを冷ますことない工夫を感じますね。

【じっ食】
《酸味と干しエビ風味で食わせる甘さ控えめ担々麺》

まずは、スープをいただきマスオ兄さん。
意外にも、初めに感じたる酸味!
担々麺は普段食わず勉強不足でこれの正体は分かりませんッ!!
そしてラー油由来の辛味と干しエビの風味強く、ナッツのたぐいが仄かにくるような構成でしょうか。豚肉の炒めたコクよりも海鮮が立っているような印象でした。
辛さは控えめで万人受けタイプ。これなら大辛コールでよかったかな?
チーマージャンが抑えめで、甘さが引き立っている担々麺が好きなお子さま舌としては、合わなかったかな。

麺はライ麦の打ち込み感じる全粒粉中細ちぢれ。
ザクッとしたような歯切れ。コシもきちんとある力強さ。麺肌がポコポコしているので絡みも上々。
担々スープに負けていませんね。


小松菜はシャキシャキしてますが、思ったよりも苦くてお子さまな僕にダメージ。
ザーサイも味付けが濃くてうーん。
トピの調理が雑に感じてしまいました。

麺量は225g入ってるらしいです。
サービスライスを付けても1ミクロンも足りません……。しかし、ダイエット中だぞ!!
と己に言い聞かせて、会社へと向かいました。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件