なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

しゅん☆

男性 - 東京都

仕事は放送作家。ラーメン馬鹿でアイドル好き。写真は上戸彩ちゃんだけど、これほどそそるショットがあるか!?

20060918追記
1店舗1採点を貫き通しています。そして100点は絶対つけません。
世の中に100点はありませんから。これが私のポリシーです。

20070405追記
ようやく区切りの300採点となりました。
これまでコメントを頂いた皆さん、ありがとうございます。今後もな

平均点 76.465点
最終レビュー日 2007年11月5日
366 366 0 178
レビュー 店舗 スキ いいね

「ピリ辛つけ麺(特盛500グラム)」@つけ麺屋 大志の写真070809午後
新宿、青梅街道沿いにあるつけ麺専門店。店内は居酒屋風。実際酒も置いてあり、飲むために訪れる人も多いだろう。従業員は男性3人。ここはどこかの飲食店のラーメン部門なのか・・・そんなマニュアル化された雰囲気が漂う。カウンターに座ったが、灰皿が置いてある。タバコを吸えるのは良くないな。酒を飲むのが前提なので仕方ないことではあるが。
ここのつけ麺は、和風、ピリ辛、辛みその3種類のスープに、普通(300グラム)、大盛(400グラム)、特盛(500グラム)の麺から選び、いずれも680円。大食漢にはありがたい。私はピリ辛特盛500グラムを頼んだ。
10分程待ち到着。つけ汁を啜ると、コクがまるでない。どういう出汁の取り方をしているのかわからないが、これは近くにある「西新宿 つけそば 黒門」のつけ汁のように、鍋のつけ汁のようでダメだ。
麺は中太玉子麺。こちらも特徴がない麺。どういう打ち出しをしたいのか、丸でわからない。
具は、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、海苔、が入っているが、どれも書くほどのことはなし。久々にガッカリした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけめん」@らーめん やじるし 下北沢店の写真070721午後
土曜の昼下がり、久々に下北に訪れた。かつてこの街に住んでいたが、随分前に引っ越してから、かれこれ15年はここでラーメンを食べていないんじゃないかな。そんな中、街の変貌ぶりに驚き、しかも道に迷いに迷いながら、電信柱の看板の「↑」を頼りにようやく辿りついたのがこの店だ。店名の「やじるし」とは、そのままずばりのネーミングではないか。場所は路地の奥にあり、迷路の終点といった感じ。
店に入ると、喫茶店のようなウッディな店内。カウンターだけの小さな店だが、とても落ち着く店だ。先客は下北らしいファッションセンスの良い若いカップルだけ。店主だけで切り盛りしている店だが、これが職人タイプの30代。寡黙で背中を向けている時間がやたら長い。私は嫌いじゃないが、とても無愛想だ。この時点で評価を随分低くする人もいるだろう。
さて5分程で運ばれた「つけめん」。まずはお決まりでつけ汁だけを啜る。魚介系が立ち、酸味も強い。あっさりながら味がしっかりしている。全体的に甘辛酸のバランスが絶妙で、かなり上質のつけ汁に仕上がっている。かなりの出来栄えだ。どういう出汁のとり方をしているのだろうか?これまで全く出合ったことがないつけ汁。とても惹きつけられる味だ。
麺は中細麺ストレートの自家製麺。それほど腰があるわけではないが、食べやすい麺。レベルとして低くはないが、つけ麺に向いている麺とは言えない。
具のチャーシューはとっても薄くペラペラ。脂身が多く白っぽいバラロールチャーシューだ。見た目は全く美味しそうに見えなかったが・・・。ところが食べてみると軽く七輪で炙ったそのチャーシューは、とても味が豊かで美味しい。とっても繊細な味付けがされている。後で調べると、この炭火焼きチャーシューがウリのひとつのようだ。加えて細く切られたメンマも、しっかり下ごしらえがしてあり、歯応えもよろしい。スープ割りも大満足。
人目のつかない奥まった場所にあるだけに、穴場の店といえるのではないか。
かなり満足した。是非また訪れたい店となった。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「黒つけ麺」@黒潮屋の写真070712昼
小雨降る平日の昼下がりに訪れた。店内は私たちでちょうど満席。カウンターだけの小じんまりした店だが、客席もゆったり空間をとって設計してあり、厨房も広いため開放感がある。
こちらは夫婦経営の店だ。ご主人はいかにも生真面目そうで、ビニール手袋をはめて作業をしている。
メニューは「ラーメン」と「塩ラーメン」、「つけ麺」に「塩つけ麺」、さらに極太麺の「黒つけ麺」に「黒つけ麺塩」と色々とある。一番人気は「塩ラーメン」ということだが、こちらは妻に食べてもらうことにして、私は極太麺の「黒つけ麺」をオーダーした。
しかし茹で時間がかかるというのはわかるが、注文してたっぷり15分は待たされた。
到着した麺はネーミング通りグレーの麺。デフォで300グラム。小麦粉の種類でこういう色がついていると思うが、ちょっと珍しい。具は別盛り。ゆで卵半分、チャーシュー1枚、メンマ、キャベツ、もやし。ボリューム的には満足だ。
まずはつけ汁だけを飲んでみる。煮干し、鰹節の出汁を全面に出した醤油味。ただパンチ力がない。おとなしい猫パンチつけ汁。やや甘さもあり、あまり好みではないなー。岩海苔が入っているがこれも不要。
麺は、太麺縮れで一見田舎蕎麦のよう。その味わいもイメージ通りで、硬く、歯応えがある。後で調べたら「三河屋製麺」のもののようだ。店のすぐ近くに「三河屋製麺」があるから選んだのかどうかわからないが、大好きな「三河屋製麺」だが、この麺はあまり好きではない。
具については、量は多いが、これといった特徴はない。残念なのは、もやしなど野菜が冷たいため、つけ汁がすぐぬるくなってしまい、美味しさも半減した。
食べている途中カウンターに、ユズショウガとユズジャンというオリジナル薬味があったので加えてみた。味の変化としてはまずまず。
最後にスープ割りを頼むと、スープも別容器で運ばれてきた。「スープの濃度を自分で変えてください」という客への配慮だが、テーブルには4つの器が乗り、ちょっと邪魔になってしまう。客のためのサービスが仇になることもある。可能性はある店だと思うので、進化を期待する。
妻の「塩ラーメン」も少しいただいたが、こちらは極めて普通。一言で言うなら個性がない。やはり「つけ麺」で勝負する店なのだろう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけそば(中盛)」@麺彩房 中野本店の写真070718昼
中野区の製麺所である「大成食品」のアンテナショップがこの店。この店で修行し、独立した人も多い。人気店では「麺屋 夢うさぎ」のご主人などもそうだ。
比較的麺切れが早いと聞き、13時半過ぎに訪れた。
店は木材の温かみを全面に出した内装で、清潔感があり、広く開放感がある。カウンターとテーブル席に分かれていて、実にお座敷もある。なかなかの大型店だ。
6人の店員が横長の厨房で、黒いTシャツに頭にタオルを巻いて作業している。全体を仕切っているのが体格の良いおばさんだ。シャキシャキしていて下町の肝っ玉お母さんのようで、好感が持てる。
この店は、つけそばが普通200グラム、中盛300グラム、大盛400グラム全て同じ料金。流石製麺所の直営店だけに大判振る舞いだ。更にランチタイムはライスと沢庵サービスがある。腹いっぱい食べるには御誂え向きの店じゃないかな。私は腹の具合と相談し、中盛にした。
待つ事7分、「つけそば」が運ばれて来た。つけ汁をすすると、濃厚豚骨魚介。スープを濃縮した粘度の高いつけ汁だ。魚介系の出汁は鰹、サバ、煮干しと良質の素材を惜しげもなく使っていることがわかる。かなりの褒め言葉で表現すると「麺屋吉左右」に似たテイストのつけ汁だ。かなりレベルが高い。
問題は麺だ。製麺所が熟成から茹で上げまでベストの状態で提供しているハズ。失敗は許されない。太麺で弱いウェーブがかかっているが、ほぼストレート。まず何もつけずに麺だけ味わう。歯応えの良さは確認。続いてつけ汁に浸すと、よく麺と絡み、つけ麺にはとてもマッチしている麺だ。コシもなかなか。リサーチによると、「つけそば用特製麺。かんすい控えめ、切刃15番使用の極太ストレート麺」だということだ。ただし私には完成された麺とは思えない。もう少しかんすいは多めで、卵黄を加えたら私好みの麺に仕上がるなと勝手に想像する。
具はチャーシューとメンマ。チャーシューは短冊で食べやすく味も合格点。メンマはコリコリでこちらもとてもいい。
最後はポットに入っているスープ割りを入れて、飲み干し〆る。
まずまず食べきった満足感がある。それでも何か幸せ度が足りない。それは何故か。それは職人の顔が、心意気が見えないせいだろう。小さい店ならば店主とカウンター越しで相対した時、素敵な店は職人の情熱を垣間見ることが出来るものだ。店主が傾けるひたむきな姿勢が伝わると、そのありがたみがプラスアルファとなり、食べ終わった時に、幸せ度が増すのだ。それがこの店にはない。アンテナショップという形態だけにそれは無理なことで、自ずと限界点がここにある。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「赤みそつけ麺」@めん弥の写真070705夜
2003年4月開店した味噌ラーメンと味噌つけ麺の専門店。場所は「源宗近」のほど近く。店はラーメン店というより、カウンターだけの飲み屋という感じ。先客4人共にビールを飲んでいる。厨房には親父1人。頑固な雰囲気を醸し出している。
メニューは味噌味中心で「味噌ラーメン」か「つけ麺」、もしくは「かまゆでつけ麺」かの3種類が中心。変わったところでは、「トムヤムらーめん」などもある。私は基本メニューの「赤みそつけ麺」を注文した。
店内にはつけ麺の食べ方が書かれている。これによると「最初に国産小麦麺を味わい、その後つけ汁をよくかき混ぜて食べて下さい」とある。たいそう自慢の麺であるようだ。
10分以上たっぷりと待たされた後、ようやくつけ麺が運ばれる。親父はちょっと高飛車に「まず麺だけ食べてね」と念をおされる。最初からそうするつもりだったので、ややムカッとする。麺を食べるとコシが強くムチムチしていて確かに美味しい。と同時にどこの麺なのかもすぐわかってしまった。
続いてつけ汁に浸して食べるが、この味噌ダレがお粗末。どういう狙いでこの調合にしているのか理解ができない。鶏ガラと魚介で出汁を取り、味噌で味付けというシンプルな組み合わせだが、味噌にした理由、味噌の良さが全く出ていない。食べ終わりスープ割りをお願いしようとしたら、また親父が「たまごおじやがおすすめなんだけど」と言う。断る理由もないので「たまごおじや」をいただく。正直な話、まあネコマンマとさして変わらない。旨くないのだ。そうか、このネコマンマを食べさせたくて味噌つけ麺にしているのかと勝手に想像した。
何ともまあ食後感が良くない。そこで帰り際親父に「この麺は三河屋の特注麺ですよね」と言ってやった。その時親父のギョとした顔ったら・・・。自家製麺ならまだしも製麺所の作った麺をさも自慢する態度は醜悪だ。そこそこ食べ歩いている人間に対してさえも納得できる味、そして接客をするのが本当のプロ。客をナメると必ずそのしっぺ返しがあるぜ。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件
78

「つけめん」@竹屋 田無店の写真070701昼
田無といえば南口には人気店の「麺家 宝」があるが、そこに対抗すべく北口に1年前の7月14日オープンしたのがこの店。ラーメン通ならご存知「つけ麺・らあめん 竹屋」の系列店だ。日曜日の昼間に訪れたが、ちょうど満席。しばし外で待つことに。
店内に入ると、とても狭い。厨房も狭く、Tシャツに赤キャップの男性店員3人が肩がぶつかるぐらいのスペースで作業している。
店内は昔の映画ポスターなどが貼られ、昭和レトロを演出している。ただ店のコンセプトとどう関係があるのかわからない。
席に座ってすぐわかるのは、カウンターの幅が狭いこと。これは「つけ麺・らあめん 竹屋」譲りか。
5分ほどでつけめんが到着。麺は300グラムはあるだろう、かなりのボリュームだ。まずつけ汁をすするとしっかりとした魚介豚骨で、やや甘味を感じる。ただし「つけ麺・らあめん 竹屋」ほど強くはない。同じ系列店の「竹屋 新秋津店」と近いかもしれない。また酸味もほとんど感じないので、平板な味というか、ややぼやけた感じがする。
麺は中太卵麺。コシもなかなかで平均点以上だろうが、特徴があまりない。
具は薄いトロトロチャーシュー。これも好みではなく、印象が悪い。
全体としてまとまとまっていて多摩地域の地元店と考えれば充分合格点で、何度も足を運ぶに違いない。ただこれを全国レベルで捉えると、かなり厳しく、再訪は難しいだろう。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件
71

「つけめん」@和麺屋 長介の写真070613昼
2006年2月開店という新橋の飲んだくれ街の一角にある店。暑い平日のこの日、リーマンの昼休みの混雑を避けようと、開店時間と思われる11時半に訪れるが、まだしっかりシャッターが降りている。「あれれ、臨時休業なの?」と思ったが、中でガサゴソ音がしている・・・。どうやら人がいるようなので、ぐるっと一回りして12時前に再び到着。ようやく開ける気配。当然一番乗りだ。
中に入るととても狭い店内。カウンター6席。店主1人で切り盛りしている店で、まだ開店準備に追われている。店主はいかつい職人タイプ。
店主におすすめを聞くと、「どれもおすすめ。ただこのところはつけめんが多く出ている」ということで、ノーマルつけめんを注文。店主に促され一番奥に座る。ジャスミンティを出され、出来上がりを待つとリーマン、OLのグループが押し寄せ、狭い店内すぐに満席。そこにつけめんが出された。
まずもってビジュアルが珍しい。ドロっとした茶褐色のつけ汁には大量の黒胡麻白胡麻、揚げネギ(赤玉ネギらしい)が浮かんでいる。まずはつけ汁だけをすする。と・・・???何だろう?複雑でどういう出汁の取り方をしているのか、わからない。見た目と違い、あっさりとしているが、醤油が立ち過ぎているいるようだ。資料によると、熟成かえし醤油を使用したタレがベースで、無化調だという。
黒胡麻がふられた麺は、中細のやや縮れた麺。冷水でしっかり絞め、シャッキリしていて歯応えもいい。「丸富製麺」特注の生卵麺とのことだ。ただ量が少なく不満足。
具は麺の上にチャーシュー、メンマ、カイワレ大根など。濃い茶色のメンマはちょっと特徴的な作り方のようで、コリコリとしてなかなか良かった。
スープ割りをしてもらい、飲み干すがどうも中途半端で満足感はあまりなかった。
外にでると7人の行列ができていた。やはり開店前に来て正解だったが、次回再訪の予定はないだろう。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「醤油とんこつつけ麺」@豚骨らーめん いちご家の写真070607昼
5月の終りコンバット越前さんからこの店の開店情報をいただき、次回本庄に行った際寄ろうと思っていたところ、運良く子供の体育祭がこの日にどんぴしゃ!なので記念すべき開店日に訪れることができた。
店に着いたのは12時を少し過ぎたところ。店内は満員で5人の行列。数本の花輪が出ている。デジカメの写真で確認すると店のルーツらしき「麺屋 大谷」の花輪も置いてある。
私は「麺屋 大谷」へ行ったことがないのでわからないが、“呼び戻し”という技法が最大の特徴らしい。
ということで、店の看板に書いてあった文言をメモって来た。特製スープ呼び戻しとは「熱効率の良羽釜を豚骨を強火で十五時間炊き開店以来カラにしたことのないスープに新しいスープを注ぎ足し作る、呼び戻しという技法のスープ。油にたよらず豚骨本来の旨味を凝縮したスープです」とある。
なので一応ツッ込みを入れさせていただくが、開店以来カラにしたことのないスープに・・・ということは、きょう作ったばっかジャンかよ!(笑)
まぁまぁご愛嬌ということで・・・。さて、ようやくテーブル席に着く。店内は広く空間たっぷり。店主の男性が厨房で調理。女性従業員3人が配膳をしている。従業員全員が黒Tシャツのお揃いだ。
この日もかなり暑かったので私は「醤油とんこつつけ麺」を注文。カミさんには「醤油とんこつラーメン」を頼んでもらった。麺は細麺と太麺が選べるが、私たちは細麺にした。
さあ、ここからがアクシデント発生だ!とにかく注文してから時間がかかるのだ。10分が経過したところで、私の後から来た人にラーメンが先に出る。更に他のつけ麺と続き、私たちの前はスルー。いい加減20分ほど経過したところで、「ここはまだですか?」と女性の1人に尋ねると、「何でしたっけ?」とのリアクション。どうやら注文した紙がどこかに消えてしまい、オーダーが通っていないと言う。何〜〜〜!これにはキレかかる。「すみません、もう一度注文お願いします」だと。初日とは言え、この接客はヒドイ。この時点で帰っても良かったのだが、そこをぐっと我慢、再注文した。この私と店員とのやり取りは当然他の客にも聞こえ、店内の雰囲気が明らかに悪くなる。
そんな中、私の隣に座った客が注文の際、「和風とんこつと醤油とんこつの違いは何ですか?」と尋ねていたが、「わかりません」という答え。これはマズイ!店主が教育をしていないということがバレバレだ。仕舞いにはその客に「醤油とんこつ」を細麺で注文したのに、太麺を出してしまったようで、客は猛烈に怒って食べずに帰ってしまった。
店内は更に異様な緊張の度合いがます。一種、店員はパニック近い状態で、店内を右往左往するだけ。「初日からこれじゃ思いやられる」と、その様子を窺っていた厨房の店主の憔悴しきった表情が印象的だった。まあ厳しいようだが、これは店主の自業自得である。
ということでやっとこ「醤油とんこつつけ麺」が到着した。つけ汁は濃厚な豚骨の旨味がたっぷりで醤油とも馴染み、そこそこ美味しかっただったのではないだろうか。正直、細かい味については覚えていない。
店主は私たちに何度も「申し訳ありませんでした」と繰り返していた。
帰り開店サービスにバラの花をプレゼントしていたが、配る方も受け取る方もとても空しく感じたことだろう。希望に満ちた開店日が台無しになってしまった。この日ミスを素直に反省し、是非とも味・サービスの向上に精進して欲しい。
オープン日ということで料金が半額だったのが唯一の救い。そうでなければもっと点数を低くしていた。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「和風つけ麺(大盛)」@和風ラーメン処 燦亭の写真070606昼
1999年7月オープンした新井薬師駅前北口商店街の中ほどにある店。こちらも以前からの宿題店のひとつで、ようやく今回訪れることができた。
店内はカウンター7席。やや暗めの小じんまりした小料理屋の雰囲気。年配のご主人が1人厨房に立つ。先客は1人。学生らしき若者がスポーツ新聞を読んでいる。のんびりした平日の光景だ。
この日はうだる暑さで汗タラタラ。ちょっと熱々ラーメンは辛い。丁度おすすめということもあり「和風つけ麺」を注文。大盛は無料サービスだ。しかも味付玉子付きで600円とは安い。
ゆっくり時が流れる中、注文して10分近く待っただろうか、ようやく出来上がる。一目見るとそのインパクトは強烈だ。とにかく真っ黒なつけ汁なのだ。ここまで黒いつけ汁は見たことがないかも。
しかしその汁を口含むと、意外とあっさりしている。そしてやや甘くピリ辛だ。ただし濃厚ではない。醤油の種類が特別なのだろう。たまり醤油系ではあるまいか・・・。このつけ汁は、鰹など魚介が中心で、野菜などは使用していないようだ。
店のこだわりとして、「素材はすべて身体が喜ぶ天然物を使用し、化学調味料に頼らないうまさをラーメンを通じて感じていただきたい」ということで、健康食材のみを使った体にやさしいラーメンが店のコンセプトのようだ。
麺は細縮れ麺で、黄色く、卵黄入りの多加水熟成麺。つけ汁の中に入れると、黒く変色し、スープの持ち上げは良い。ただ圧倒的にコシが弱い麺で、私の好みではない。パサパサした食感がNGだ。
具のチャーシュー、メンマ、味付玉子はいずれも同じ醤油で味付けされていて、黒ずんでいる。ただしチャーシューは超薄くて物足りない。味付け玉子はかなり濃い味だが、こちらはなかなか美味しい。
最後にスープ割りしてもらうと醤油がスープにのびて旨味が広がる。麺が弱いのが難点ではあるが、この醤油の味わいはかなりレアな体験だった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
79

「つけ麺」@麺や 庄のの写真070528夕
夜の部のスタートである5時半の開店5分前に到着。店内では開店前の店員の掛け声が響いている。なんかこの光景「麺屋武蔵 武骨外伝」で見かけたな。店主が武蔵系の出身なのかどうか知らないが、こうして士気を高めているのだ。でも居酒屋のチェーン店ぽくって、ちょっと嫌だな。外の看板には今月の創作は「旨味焦がし汁」と書かれている。毎月新作を出しているようだ。
店内に入り、券売機でつけ麺をチョイス。厨房には紫のTシャツのユニホームを着た男性3人。頭にはタオルを巻いていてやはり武蔵を連想してしまう。出された麦茶を飲み待つこと7分で到着した。
つけ汁をまず啜るとトロトロの粘度が強い豚骨魚介。豚骨を煮出した良さが出ている。まず現在最もスタンダードなつけ麺スープだろう。レベルはそこそこ高いが、際立つインパクトはない。流行の中に埋没しているといった感じか。
麺は中太ストレート。こちらもレベルは標準以上。ツルコシ度は高いが、何故かワシワシ食べ進めたくなる麺というわけではないのだ。
具のチャーシューは敢えて薄味にしていているようだが、この狙いは成功しているように思えない。更にパサパサに感じた。
最後にスープ割りにして飲み干したが、どうも後味がスッキリしない。レベルが低いわけではないのに、この空しさはなんなのだろう。

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件