なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

しゅん☆

男性 - 東京都

仕事は放送作家。ラーメン馬鹿でアイドル好き。写真は上戸彩ちゃんだけど、これほどそそるショットがあるか!?

20060918追記
1店舗1採点を貫き通しています。そして100点は絶対つけません。
世の中に100点はありませんから。これが私のポリシーです。

20070405追記
ようやく区切りの300採点となりました。
これまでコメントを頂いた皆さん、ありがとうございます。今後もな

平均点 76.465点
最終レビュー日 2007年11月5日
366 366 0 178
レビュー 店舗 スキ いいね

「支那そば」@支那そばけんの写真070811昼
家族で河口湖に遊びに行った際訪れた。ご主人と奥さんの家族経営の店だ。開店と同時に入店したので、客は私たちだけ。のんびりしていて、いかにも地方の鄙びたラーメン屋という感じだ。
小上がりのテーブルで待つ事5分程で到着。
見た目から超シンプルな「支那そば」。具もチャーシュー、メンマ、もやし、ホウレン草という、レトロな構成だ。
まずはスープ。都内の濃いスープを倍ぐらい薄めたような、とってもあっさりした、鶏と野菜で出汁を取った定番の味。
麺は手打ちで細ちぢれ麺。やや柔らかいので、もう少し固めにでコシを強く仕上げた方が良さそうだ。残念ながら手打ちの良さがあまりでていない。
具は先ほどラインナップを書いたが、どれも書くほどのことはない。片田舎で食べるラーメンなので、初めから期待していなかったが、もう少し特徴が欲しかった。また量が少ないので、自慢らしいチャーハンと合わせて注文した方がいいかもしれない。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ピリ辛つけ麺(特盛500グラム)」@つけ麺屋 大志の写真070809午後
新宿、青梅街道沿いにあるつけ麺専門店。店内は居酒屋風。実際酒も置いてあり、飲むために訪れる人も多いだろう。従業員は男性3人。ここはどこかの飲食店のラーメン部門なのか・・・そんなマニュアル化された雰囲気が漂う。カウンターに座ったが、灰皿が置いてある。タバコを吸えるのは良くないな。酒を飲むのが前提なので仕方ないことではあるが。
ここのつけ麺は、和風、ピリ辛、辛みその3種類のスープに、普通(300グラム)、大盛(400グラム)、特盛(500グラム)の麺から選び、いずれも680円。大食漢にはありがたい。私はピリ辛特盛500グラムを頼んだ。
10分程待ち到着。つけ汁を啜ると、コクがまるでない。どういう出汁の取り方をしているのかわからないが、これは近くにある「西新宿 つけそば 黒門」のつけ汁のように、鍋のつけ汁のようでダメだ。
麺は中太玉子麺。こちらも特徴がない麺。どういう打ち出しをしたいのか、丸でわからない。
具は、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、海苔、が入っているが、どれも書くほどのことはなし。久々にガッカリした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「支那そば醤油」@支那そば 一本気の写真070805昼
埼玉県内有数の実力店という情報があり訪れた。正午前に間に合ったので、どうにか店内で10分ほど並ぶだけで席に着くことができた。店は夫婦とアルバイトの女性の3人で切り盛りしているよう。
以前、東上線北朝霞駅そばにあり人気を博した店であるが、みずほ台に移転。6月7日にオープンしたばかりだ。新店らしく清潔感があるさっぱりとした店内。客席はL字型のカウンターで、製麺室もある。
この店は秋田の比内鶏を贅沢に使ったスープが特徴の店。「比内鶏つみれそば」が一番のウリだが、ここは敢えてノーマルの「支那そば醤油」をオーダーする。待っている間、食欲をそそるいい鶏の香りがする。
店内の暖簾に「一杯のラーメンでも世界一の真心をつくせる」と書かれている。かなり期待が出来そうだ。
席に着き5分ほどで運ばれる。見た目クリアな醤油スープ。ラードか油がやや多めだ。スープを啜ると鶏の旨味がしっかりして煮干が効いた上質のスープ。塩分の調節などが抜群にいい。これだけのコクとスマートとさを兼ね備えているスープは滅多にお目にかかれない。間違いなく一級品だ。小皿には柚子が添えられていて、お好みということだが、入れると清涼感が増し、更にスープの良さを引き立てる。
麺は自家製の中細縮れ麺。このスープに一番合うと考案された麺で、手揉みして縮れをだしていて、スープの持ち上げがよい。ただ、もう少しプリプリ感があった方がいいだろう。
具は、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、海苔、薬味ネギ。チャーシューは写真では海苔に隠れて見えないが、味付けがしっかりしていて、かなりの出来栄えだ。
埼玉県内では噂通り、最高ランクの店のひとつと言えよう。
店を出ると9人の行列。炎天下でも待つ人の表情は笑みを浮かべていると感じたのは気のせいだろうか・・・。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「つけめん」@らーめん やじるし 下北沢店の写真070721午後
土曜の昼下がり、久々に下北に訪れた。かつてこの街に住んでいたが、随分前に引っ越してから、かれこれ15年はここでラーメンを食べていないんじゃないかな。そんな中、街の変貌ぶりに驚き、しかも道に迷いに迷いながら、電信柱の看板の「↑」を頼りにようやく辿りついたのがこの店だ。店名の「やじるし」とは、そのままずばりのネーミングではないか。場所は路地の奥にあり、迷路の終点といった感じ。
店に入ると、喫茶店のようなウッディな店内。カウンターだけの小さな店だが、とても落ち着く店だ。先客は下北らしいファッションセンスの良い若いカップルだけ。店主だけで切り盛りしている店だが、これが職人タイプの30代。寡黙で背中を向けている時間がやたら長い。私は嫌いじゃないが、とても無愛想だ。この時点で評価を随分低くする人もいるだろう。
さて5分程で運ばれた「つけめん」。まずはお決まりでつけ汁だけを啜る。魚介系が立ち、酸味も強い。あっさりながら味がしっかりしている。全体的に甘辛酸のバランスが絶妙で、かなり上質のつけ汁に仕上がっている。かなりの出来栄えだ。どういう出汁のとり方をしているのだろうか?これまで全く出合ったことがないつけ汁。とても惹きつけられる味だ。
麺は中細麺ストレートの自家製麺。それほど腰があるわけではないが、食べやすい麺。レベルとして低くはないが、つけ麺に向いている麺とは言えない。
具のチャーシューはとっても薄くペラペラ。脂身が多く白っぽいバラロールチャーシューだ。見た目は全く美味しそうに見えなかったが・・・。ところが食べてみると軽く七輪で炙ったそのチャーシューは、とても味が豊かで美味しい。とっても繊細な味付けがされている。後で調べると、この炭火焼きチャーシューがウリのひとつのようだ。加えて細く切られたメンマも、しっかり下ごしらえがしてあり、歯応えもよろしい。スープ割りも大満足。
人目のつかない奥まった場所にあるだけに、穴場の店といえるのではないか。
かなり満足した。是非また訪れたい店となった。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「黒つけ麺」@黒潮屋の写真070712昼
小雨降る平日の昼下がりに訪れた。店内は私たちでちょうど満席。カウンターだけの小じんまりした店だが、客席もゆったり空間をとって設計してあり、厨房も広いため開放感がある。
こちらは夫婦経営の店だ。ご主人はいかにも生真面目そうで、ビニール手袋をはめて作業をしている。
メニューは「ラーメン」と「塩ラーメン」、「つけ麺」に「塩つけ麺」、さらに極太麺の「黒つけ麺」に「黒つけ麺塩」と色々とある。一番人気は「塩ラーメン」ということだが、こちらは妻に食べてもらうことにして、私は極太麺の「黒つけ麺」をオーダーした。
しかし茹で時間がかかるというのはわかるが、注文してたっぷり15分は待たされた。
到着した麺はネーミング通りグレーの麺。デフォで300グラム。小麦粉の種類でこういう色がついていると思うが、ちょっと珍しい。具は別盛り。ゆで卵半分、チャーシュー1枚、メンマ、キャベツ、もやし。ボリューム的には満足だ。
まずはつけ汁だけを飲んでみる。煮干し、鰹節の出汁を全面に出した醤油味。ただパンチ力がない。おとなしい猫パンチつけ汁。やや甘さもあり、あまり好みではないなー。岩海苔が入っているがこれも不要。
麺は、太麺縮れで一見田舎蕎麦のよう。その味わいもイメージ通りで、硬く、歯応えがある。後で調べたら「三河屋製麺」のもののようだ。店のすぐ近くに「三河屋製麺」があるから選んだのかどうかわからないが、大好きな「三河屋製麺」だが、この麺はあまり好きではない。
具については、量は多いが、これといった特徴はない。残念なのは、もやしなど野菜が冷たいため、つけ汁がすぐぬるくなってしまい、美味しさも半減した。
食べている途中カウンターに、ユズショウガとユズジャンというオリジナル薬味があったので加えてみた。味の変化としてはまずまず。
最後にスープ割りを頼むと、スープも別容器で運ばれてきた。「スープの濃度を自分で変えてください」という客への配慮だが、テーブルには4つの器が乗り、ちょっと邪魔になってしまう。客のためのサービスが仇になることもある。可能性はある店だと思うので、進化を期待する。
妻の「塩ラーメン」も少しいただいたが、こちらは極めて普通。一言で言うなら個性がない。やはり「つけ麺」で勝負する店なのだろう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「叉焼湯麺」@チャーリーハウスの写真070711昼
創業は1968年。渋谷でも古からあるラーメンの人気店。店は正確に言うと中華料理店の範疇に入る。店の入口には「香港の味」と書かれた小さな看板が。
炎天下の平日ちょうど正午に訪れた。カウンターだけの店内はほぼ満席。店はどこか昭和レトロな純喫茶みたいだ。1席空いているところに座ったが、隣との間がとても狭い。これは食べ終わるまで窮屈だった。厨房には男性中国人コック2人。注文は客席側にいる女性2人の担当だ。注文を取る際ジャスミンティを出されるが、これが熱い。夏は冷しジャスミンが良いのにな・・・。
オーダーしたのは「叉焼湯麺」(チャーシューメン)。事前のリサーチでチャーシューが絶品だと聞いていたからだ。因みにここはラーメンではなく湯麺(トンミン)と呼ぶ。
注文して5分程で到着。この店は具を別皿に出すというのが特徴で、皿には薄い叉焼(チャーシュー)が6枚乗っている。スープは実にクリア。丼の底まで見えるくらいだ。
まずスープをすすると、鶏ガラベースのとってもシンプルであっさり味。それだけにグイグイ飲めるスープだ。資料によると中華料理に使われる上湯と呼ばれるスープで、丸鶏と豚骨から出た脂を全て取り除いたもの。だから透明感があるというわけだ。とは言えあまりにシンプル過ぎて、物足りなさを感じるスープになっているのも確か。
麺は極細ストレート。そうめんぐらいの細さ。ところが歯応えが確かで、ツルツルと咽喉越しも抜群だ。この麺は卵だけをつなぎに使う「錦糸細麺」と呼ばれるものだそうだ。
お目当ての具の叉焼は、肉の旨味と甘味の調和が絶妙。これは蜂蜜に漬けたロース肉を炉でじっくり焼いたもので、とても美味しい。スープに浸して食べるというより、ビールのつまみにして味わいたい一品だった。
ただし900円という高い料金設定も踏まえると、再訪には時間がかかるだろう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
77

「ワンタンメン」@福寿の写真070623午後
仕事関係者から「日本一のラーメンがあるので、食べてくださいよ」と言われ、土曜の昼下がりに初めて訪れた。
創業は昭和26年という東京でも老舗中の老舗。地元商店街の出口付近にあるが、店に近づくと赤字で書かれた屋号の暖簾が目にとまる。そして古ぼけた木造の佇まい。枯れていてとても素晴らしい。そのまま民族資料館に保存したいほどだ。50年前の姿を今に留めている。
中は鄙びた店に親父1人。たまたま訪れていたに違いない、娘らしき女性が、就学前の子供を連れ、少しだけ手伝いをしている。店の中は創業当時から改装をしていないのではないか?それぐらいボロい。それ故に哀愁が漂う。客は3人。中年の夫婦と年配の男性。地元の人が遅い昼食を食べに来たのだろう。静かに時が流れている。
ワンタンメンを注文する。初老の主人は、ゆったりとした動きで大鍋に麺を投げ入れる。混雑していてもきっと急ぐ事がないのだろう。
5分ほどでワンタンメンが到着。見た目、スープの色が濃い。スープを一口啜ると、まろやかなシンプル中華そば。甘味を感じるスープだ。
麺は細縮れ。昔からよく食べた中華麺のひとつ。加水率が低くややぱさつきを感じるのが残念。でも子供の時はこの麺でも充分美味しかったんだろうな・・・。
具はチャーシュー、メンマ、薬味ネギとトッピングのワンタン。チャーシューは薄くベラベラ。ワンタンは中に具が入っていないのでベロベロ。具に関しては褒めるところが見当たらない。
スープを飲み干すと、丼の底にに日本一の文字が浮かびあがる。「おお、これが日本一のラーメン」ということか。テーブルには割り箸入れの容器があり、ここにも日本一の文字が書かれている。何かほっとする。
どうやら日本一とは店が醸し出す雰囲気のことのようだ。それぐらい癒しを感じる。
この店で秋の夕暮れを迎えられたとしたら、黄昏て、涙してしまうかもしれない。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「和風つけ麺(大盛)」@和風ラーメン処 燦亭の写真070606昼
1999年7月オープンした新井薬師駅前北口商店街の中ほどにある店。こちらも以前からの宿題店のひとつで、ようやく今回訪れることができた。
店内はカウンター7席。やや暗めの小じんまりした小料理屋の雰囲気。年配のご主人が1人厨房に立つ。先客は1人。学生らしき若者がスポーツ新聞を読んでいる。のんびりした平日の光景だ。
この日はうだる暑さで汗タラタラ。ちょっと熱々ラーメンは辛い。丁度おすすめということもあり「和風つけ麺」を注文。大盛は無料サービスだ。しかも味付玉子付きで600円とは安い。
ゆっくり時が流れる中、注文して10分近く待っただろうか、ようやく出来上がる。一目見るとそのインパクトは強烈だ。とにかく真っ黒なつけ汁なのだ。ここまで黒いつけ汁は見たことがないかも。
しかしその汁を口含むと、意外とあっさりしている。そしてやや甘くピリ辛だ。ただし濃厚ではない。醤油の種類が特別なのだろう。たまり醤油系ではあるまいか・・・。このつけ汁は、鰹など魚介が中心で、野菜などは使用していないようだ。
店のこだわりとして、「素材はすべて身体が喜ぶ天然物を使用し、化学調味料に頼らないうまさをラーメンを通じて感じていただきたい」ということで、健康食材のみを使った体にやさしいラーメンが店のコンセプトのようだ。
麺は細縮れ麺で、黄色く、卵黄入りの多加水熟成麺。つけ汁の中に入れると、黒く変色し、スープの持ち上げは良い。ただ圧倒的にコシが弱い麺で、私の好みではない。パサパサした食感がNGだ。
具のチャーシュー、メンマ、味付玉子はいずれも同じ醤油で味付けされていて、黒ずんでいる。ただしチャーシューは超薄くて物足りない。味付け玉子はかなり濃い味だが、こちらはなかなか美味しい。
最後にスープ割りしてもらうと醤油がスープにのびて旨味が広がる。麺が弱いのが難点ではあるが、この醤油の味わいはかなりレアな体験だった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「手打ちラーメン」@中華そば集来の写真070530昼
オフィス街なので、行列を気にして、12時前に入店した。店はあえて照明を暗くしているのか、薄暗い。また店内はとても古めかしい作りで、昭和レトロを感じる。店は既に7分の入りだ。女性ばかり4人がせかせか動いている。私はカウンターに座り、お目当てだった「手打ちラーメン」を注文した。この店は30円をプラスすると手打ち麺に代えてもらうことが出来るのだ。ただ他の客の注文を聞いていると、タンメンが多いようだ。
5分程でラーメンが到着。まさに見本のようなな中華そば。やや醤油の色が濃い。スープを啜ると、とてもあっさり。鶏がら魚介と野菜で出汁を取った典型的なシンプルラーメン。醤油の塩加減も濃いというわけではなく、ほど良い感じ。まあどこにでもある街中のラーメンだ。
麺は平打ちの手打ち麺。ビロビロの幅は一定ではなく、佐野らーめんのような感じか。ますまずかな・・・。
具は、チャーシュー、メンマ、ナルト、海苔、薬味ネギと、ことごとくオーソドックス。味も見た目も昭和そのもののラーメンだ。
半分ぐらい食べた頃には店内はいっぱい。行列になりそうだ。そんな時、厨房に白い中華服姿の店主が到着。何か真打登場という感じで、それまで柔らかい女性だけの空気を一変させた。60代と思われる店主の存在感は圧倒的だった。
再訪するような店ではないが、名物ぽいタンメンはいずれ味わってみたい。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ワンタンメンミックス」@支那そば いしはらの写真070526午後
2006年12月にオープンした店。こちらは浜田山「たんたん亭」の創業者が開いたお店。ご主人の石原氏は「たんたん亭」の経営が軌道に乗った後、店の向かい側におでん屋「たこ石」を開店。その後「さぬきうどん原屋」を始めたのだが、今回原点回帰ということで、自らその腕を振るうため、このお店を始めることになったそうだ。
この「たんたん亭」から巣立ったラーメン店は「八雲」、「支那ソバ かづ屋」、「はるばるてい」などの人気店が多いというのはラーメン通の常識。
店の外観は、木製の引き戸に青の暖簾という小料理屋の雰囲気。店内もカウンター7席のみ。質素で飾り気がない。平成の新店であっても昭和の名残りがどことなく漂うのが不思議だ。先客はひとり。年配の男性がゆるりとスープを啜っている。厨房には60代か店主の石原氏がいる。後はバイトの女性1人。石原氏は黙々と作業をしている。一見強面風だが、写真をお願いすると、「どうぞどうぞ」と腰が低い。更に話をすると気さくな人だった。
注文したのは「ワンタンメンミックス」。やはり「たんたん亭」系列はこれを頼むのが相応しいだろう。
5分程で到着。見た目は想像通り、正統派支那そば。スープを一口。うーん、まろやかだ・・・。丼に醤油ダレとラードを入れて、寸胴からスープを入れるという極めてシンプルな作り方だが、スープは鶏、鰹節と煮干しの出汁がほど良く溶け込み、見事なバランスを保っている。店主はラーメン店としてブランクがあるため、腕が落ちているのではないかと思ったが、全くその心配はなかった。
麺は中細ストレート。やや硬めの茹で加減で、ツルツル、かなり弾力のある麺。なかなかいい麺だ。
具はチャーシュー、茶褐色の小口メンマ、海苔、薬味ネギ。それにトッピングの挽肉のワンタン2とエビワンタン2。特にエビワンタンはプリプリで絶品。これは食べる価値がある。
値段は900円とやや高い点がマイナスだが、充分満足できる店だった。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件