なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

しゅん☆

男性 - 東京都

仕事は放送作家。ラーメン馬鹿でアイドル好き。写真は上戸彩ちゃんだけど、これほどそそるショットがあるか!?

20060918追記
1店舗1採点を貫き通しています。そして100点は絶対つけません。
世の中に100点はありませんから。これが私のポリシーです。

20070405追記
ようやく区切りの300採点となりました。
これまでコメントを頂いた皆さん、ありがとうございます。今後もな

平均点 76.465点
最終レビュー日 2007年11月5日
366 366 0 178
レビュー 店舗 スキ いいね
84

「焦がし味噌」@銀座 五行の写真070808昼
今年4月オープンした「一風堂」の系列店。店のコンセプトはHPによると「一流を知り、遊びこなす、大人たちが集まる銀座にふさわしい酒脱なラーメンダイニング。五行が大切にするのは、自然のもの、季節のもの、土地のもの。各地の豊かな風土が育む旬の食材ひとつひとつを、味わい深い一品料理へ。独自の技法で食材の風味を立てた存在感ある熱々の焦がし麺。素材の旨味が繊細に重なり合う塩。焦がしの要素を加えた新しい「とんこつ」。自家製麺の喉ごしも印象的なつけ麺。主役の麺は四種類の個性派です」とある。
店内は確かに、オシャレ。「MIST 表参道ヒルズ店」とイメージがダブる。店員は全てフレンチスタイルの制服だ。席は全てテーブルなのが逆に新鮮。
トレイに乗せられ運ばれて来たのは、ランチタイムなので「焦がし味噌」と胚芽米ライス、大根の漬物が付いている。とても良い焦がしの匂いが漂う。
ラーメン丼は、漆の椀を大きくしたような、黒く縦長でスタイリッシュ。スープを啜ると、西麻布の店をほぼ同じチューニングのようだ。熱々のスープは、芳醇でコクがあり、斬新な味噌ラーメンとしてトップクラスの味を維持している。玉ネギのみじん切りもスープに甘味を加え、プラス要素。ただ油分がかなり多いので、ややしつこさがあるようだ。
麺は中細麺。やや黒みかがっている。この麺も西麻布と同じものか。歯応えも良く文句なし。
具はチャーシュー、ナルト、半熟玉子、キャベツなど。キャベツがいいアクセントになっている。
ただ銀座料金にしても一杯1000円は高い。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「赤みそつけ麺」@めん弥の写真070705夜
2003年4月開店した味噌ラーメンと味噌つけ麺の専門店。場所は「源宗近」のほど近く。店はラーメン店というより、カウンターだけの飲み屋という感じ。先客4人共にビールを飲んでいる。厨房には親父1人。頑固な雰囲気を醸し出している。
メニューは味噌味中心で「味噌ラーメン」か「つけ麺」、もしくは「かまゆでつけ麺」かの3種類が中心。変わったところでは、「トムヤムらーめん」などもある。私は基本メニューの「赤みそつけ麺」を注文した。
店内にはつけ麺の食べ方が書かれている。これによると「最初に国産小麦麺を味わい、その後つけ汁をよくかき混ぜて食べて下さい」とある。たいそう自慢の麺であるようだ。
10分以上たっぷりと待たされた後、ようやくつけ麺が運ばれる。親父はちょっと高飛車に「まず麺だけ食べてね」と念をおされる。最初からそうするつもりだったので、ややムカッとする。麺を食べるとコシが強くムチムチしていて確かに美味しい。と同時にどこの麺なのかもすぐわかってしまった。
続いてつけ汁に浸して食べるが、この味噌ダレがお粗末。どういう狙いでこの調合にしているのか理解ができない。鶏ガラと魚介で出汁を取り、味噌で味付けというシンプルな組み合わせだが、味噌にした理由、味噌の良さが全く出ていない。食べ終わりスープ割りをお願いしようとしたら、また親父が「たまごおじやがおすすめなんだけど」と言う。断る理由もないので「たまごおじや」をいただく。正直な話、まあネコマンマとさして変わらない。旨くないのだ。そうか、このネコマンマを食べさせたくて味噌つけ麺にしているのかと勝手に想像した。
何ともまあ食後感が良くない。そこで帰り際親父に「この麺は三河屋の特注麺ですよね」と言ってやった。その時親父のギョとした顔ったら・・・。自家製麺ならまだしも製麺所の作った麺をさも自慢する態度は醜悪だ。そこそこ食べ歩いている人間に対してさえも納得できる味、そして接客をするのが本当のプロ。客をナメると必ずそのしっぺ返しがあるぜ。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「蒙古タンメン」@蒙古タンメン 中本 吉祥寺店の写真070616午後
土曜の午後、「中本」の辛味を味わいたい欲求が頂点までのぼり、まだ未食のこちらへ。新宿、池袋に続き3軒目となる。
「辛さの奥に旨味あり」そんなキャッチフレーズがピッタリな中本。赤々と唐辛子色で燃える店内は、食べ手の闘争心を煽るに充分な戦場だ。従業員は男4人。汗臭さが似合う、血気盛んな若者たちばかり。(決めつけか!)
カウンターで食券を渡し待つ事5分。久々の対決相手「蒙古タンメン」がやってきた。辛味たっぷりの特製麻婆豆腐がのった味噌タンメンだ。
まずは麻婆豆腐の餡を避け、ノーマルスープを啜る。この支店も下味がしっかりしている。この味噌味がちゃんとしていてこその「蒙古タンメン」だ。
続いて麻婆豆腐の餡を混ぜ一気に喰らう。スープは相変わらず辛味のバランスが良い。虜になるクセのある味に仕上がっている。
麺は中太のプリプリだが、今回は茹でのタイミングがややずれたのか、ややネチャっとしている。
具は豆腐、キャベツ、モヤシが入っているが「蒙古タンメン 中本 西池袋店」ほど煮込んでいないので、フレッシュなシャキシャキ感はあった。
トータルで言うと「蒙古タンメン 中本 西池袋店」には落ちるが充分合格点だ。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌らぁめん」@らぁめん 一福の写真070602午後
「幡ヶ谷」駅より徒歩15分くらいかかるという、立地条件がかなり悪いのにも関わらず、人気店であり続ける理由、それは店をきりもりするおかみさん、店主・石田さんの人柄によるところが大きいだろう。
土曜の昼下がりに訪れた。昼営業時間ぎりぎりに訪れたため、先客は2人のみ。厨房には石田さんがいる。他若手の男性従業員1人。アットホームな雰囲気が漂う。
基本の「味噌らぁめん」を注文。すると器を温めるところからスタートする。そして5分で到着。「写真撮っていいですか?」と尋ねると「写真撮ってくれてありがとうございます」の言葉。とても気持ちがいい。
スープを啜ると意外にあっさり。このところ濃厚な味噌ラーメンが多かっただけに、物足りない気もするが、飲み進めて行くと色々な味が複雑に絡み深みを感じていく。スープにはマイナスイオン水を使用。豚骨、鶏ガラ、煮干し、昆布、背脂、香味野菜等を煮込んでいるそうだ。そして味噌には5種類の味噌ダレがブレンドされているという。ニンニクも隠し味として溶け込んでいる。
麺は三河屋製麺の中太縮れ麺。環境に優しい備え付けの箸でいただく。やや固めに茹でられた麺は歯応えが良く好み。最近やたらと三河屋製麺の麺に出くわすが、裏切られることはない。確かに製麺のクオリティでは頭抜けている。
具はチャーシュー、メンマ、海苔、薬味ネギ、そしてクルトン。チャーシューは肉厚でボリューム満点。旨味が閉じ込められていて美味しい。面白いのはクルトン。ポタージュ系の洋風スープにお馴染みのクルトンだが、味噌スープにも合う。これは新しい出会いだった。
完食して「ご馳走様でした。美味しかったです」と店をでる時、おかみさんは「きれいに食べていただきありがとうございます」との言葉。これには嬉しくてまた来ようと思った。客に対しての思いやりと感謝。おかみさんの素晴らしい人間性を感じた豊かな時間だった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「特味噌こってり」@らーめんダイニング ど・みそ 京橋本店の写真070514昼
2006年3月にオープンした味噌ラーメンの専門店。味噌ラーメンが評判という「ら〜めん 両国ときせい」で修行した人物が店を立ち上げたそうだが、私は「ら〜めん 両国ときせい」で食べた事がないので味の保証はない。
午後1時過ぎに訪れたが、4人待ち。店内で着席するまで10分程待つ。券売機で一番のおすすめという「特味噌こってり」の食券を買い、店員に券を渡すと「麺は限定麺が選べますが、どうしますか?」とのこと。どうやら開店1周年ということで、「浅草開化楼」の謎の営業マンであるカラス氏(覆面プロレスラー負死鳥カラス)プロデュースの「コラボ麺」が選べるのだそうで、迷わず「限定麺でお願いします」と頼んだ。
店内は狭く、カウンターのみで、ショットバーの雰囲気。お酒も置いてあるので、夜は飲んだ〆でラーメンを食べるのだろう。
厨房には30代前半と思われる店主と若い男性店員の2人。「スペシャル」でお願いしますと、裏メニューを頼んでいるサラリーマンや「いつもので」と親しげに話すOLなど、常連が多いようだ。
それにしても席について10分は経過している。ゆっくりラーメンを作るのがこの店の流儀なのか・・・。
ようやく到着した味噌ラーメンは、2枚の海苔がピンと立ち、大判のチャーシュー、モヤシとコーン、ゆで玉子がどーんと入り具だくさん。
さて、スープを啜ると確かに濃厚こってりだ。豚骨ベースだと思われるが、背脂がたっぷりが投入され、旨味も強い。どこか 「麺処くるり」を思い出す味だ。
麺のコラボ麺とは、小麦の風味麺とモチプリの食感麺の2種類の麺をブレンドしたもの。中太と縮れ麺が混在しているが、「だからどうなんだ?」という印象。食感の違い、麺の味そのものなど、その良さを見出す事は出来なかった。
具はゆで玉子が意外に良かった。濃い味の口直しになる。これが味付け玉子であったら、くどさが更に増しただろう。
全体として食べ始めの前半は、食べるテンポも上がりなかなか美味しい。しかし後半に入ると食べるスピードがガクンと落ちる。かなりしつこく重たく感じてしまったのだ。大して麺の量が多いわけではないのに、完食するのがやや辛かった。したがってこの店のこってりスープはマイナス点もこってりと増えてしまった。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「辛つけそば」@麺屋武蔵 武骨外伝の写真061227昼
12月4日オープンの「麺屋武蔵 新宿本店」の6店舗目となる店。今回はつけめん専門店だ。どの辺りが「武骨外伝」なのかというと、男っぽいつけめんということで、店員も「武骨」と「武蔵」の精鋭で男のみ。更に山田氏の陣頭指揮というよりは、「武骨外伝」店長のアイデアを生かしたメニュー構成になっている。これは店員と話をしたのでほぼ正しいだろう。
店は京王井の頭線の線路の脇。雑多な飲食店の中に紛れて存在する。行列を嫌い、開店前より並んだが、店内は男臭さがムンムン。5人の店員全員がヒゲを生やし、開店前には大声ての掛け声。ラグビーの試合前のような雰囲気だ。
カウンターだけの店内。私は一番奥に座る。券売機で注文を何にするか迷ったが、何となく「辛つけそば」に。並は200g、中は300g、大は500gとあるが、全て同じ値段。このスタイルは最近多くなったな。
さて、威勢のいい声が響く中、「辛つけめん」が到着。まずつけ汁を飲むと、むむむ・・・辛味噌味だ。これは予想にしていなかった。私は味噌つけめんがあまり好きではない。このつけ汁も面白みが全くない。他のつけめんは醤油ベースの味だということだが、これは失敗した。
麺は素晴らしい。中太のコシの強い、自慢の麺だ。見事だった。
そして面白かったのがスープ割り。出てきたのは、器に入った真っ白なスープ。一口飲むと、片栗粉を溶かしたような味だ。聞くところ、麺に使う小麦粉を溶かしただけらしい。しかし、これがなかなかトロ味がつき、不思議。決して旨いというわけではないが、独創的で斬新なアイデアだ。これは店長の考案により作られた。
多分、蕎麦汁に蕎麦湯を入れるような感覚にしたかったのではないだろうか。
つけめん好きなら食べてみる価値はあり。ただし私の場合「辛つけそば」は失敗だった。初入店ならば店おすすめの「温玉肉餡かけつけそば」がいいのではないかと思う。

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「蒙古タンメン」@蒙古タンメン 中本 西池袋店の写真061021夕
この数年中毒になっている店がこの「中本」。元々辛い料理が好きな上、ラーメン好きとなると、この「中本」を超える店はなかなかない。旨辛いラーメンとして、トップに君臨している。本来なら月イチぐらいで寄りたいのだが、ずっとガマンしてほぼ一年ぶりに訪れた。今回は池袋店だ。土曜の夕方、L字カウンター席は満席。4人が立って並んでいる。相変わらずの人気だ。厨房にはイカツイ若い4人の従業員。金髪もいれば、ロンゲもいる。それぞれ頭を手ぬぐいで巻いているが、ちょっとヤダな。飲食店としてこれは減点対象だ。
さて、看板メニューの「蒙古タンメン」が運ばれてきた。味噌タンメンに激辛麻婆豆腐をたっぷり注いだもの。まずは味噌タンメン部分のスープを啜る。味噌の旨味と辛味がほど良いバランスだ。そこに激辛の麻婆豆腐の餡を混ぜると、辛辛になる。この辛さが堪らない。じんわりと汗が出てくる。
麺は中太麺。まあ、辛さが強いのでガシガシ喰える麺ではない。まあ、そこそこというところか。
具は、キャベツ、もやし、にんじん、玉ねぎ、ニンニク、木くらげと豚ばら肉を炒めを煮込んだもの。そして小口の麻婆豆腐がいくつか入っている。
これには文句がある!出来れば、仕込みの段階で煮込んだ野菜ではなく、注文を受けてから、フレッシュな野菜を短時間で煮込んで欲しい。タンメンとして、シャキシャキとした野菜が食べたい。それならもっと高得点なのにな。
ただ、あの辛さは病み付きになるね。隣の若者は、一番辛いスープの「冷し味噌ラーメン」を注文し、なおかつ、テーブルに置いてある一味(中国福建省産)をスープにたっぷり振りかけていた。異常だ・・・。ただこの「中本」はそんなジャンキーで溢れかえっている。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌ラーメン」@赤坂一点張の写真060905昼
おそらく最低ても20回以上は訪れているだろう。その大半は深夜。飲んだ〆として食べた。赤坂と言えば「赤坂ラーメン」が思い浮かぶが、圧倒的に私は「一点張」が好きだ。TBS関係者なら必ず訪れる店ではないだろうか。
店内は改装され、木の香りがするような木目調のインテリアになっている。
カウンターからベテラン職人たちの仕事ぶりを見ていた。大雑把なのだが、安心感がある。長年繁盛店を続けている余裕も感じる。
「一点張」と言えば味噌ラーメン。札幌系では押さえておきたい店のひとつであるのは言うまでもない。
さて、目を見張るほど大きな器で運ばれてきた。
北海道の白味噌と京都の赤味噌をブレンドした味噌ラーメン。まずはスープを飲む。若干薄目に感じるほど、塩分を抑えてマイルド!ずっと飲み続けていける濃度だ。
麺は中太縮れのプリプリ麺で、程よいモチモチ感が良い。
具はもやしのシャキシャキがいいアクセントになっている。ただ全体としては特別の味わいはない。でも、飲んだ後どうしても食べたくなるのは、飽きのこないあのスープの麻薬性なのかな。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「赤味噌とんこつ」@梟 銀座店の写真060821夕
「共楽」に行く予定だったが、夏季休業中。で、近くのこの店へ。人気店の「船見坂」、「萬福」も近くにあり、ちょっとした銀座のラーメンバトルを演じている。
店は店内は茶室をイメージしたそう。暗めの照明で落ち着きがある。コの字型のカウンター席だけの店内。厨房は奥にあるので、店員の動きはわからない。
資料によると、醤油、塩などのメニューが中心のように書かれているが、最近変わったのだろうか?販売機の先頭には、「赤味噌とんこつ」、「白味噌とんこつ」が書いてあり、ちょっと迷ったが「赤味噌とんこつ」を選択。味噌とんこつというジャンルは珍しい。かつて食べたことがあるのか思い出せない。
麺は自家製で細麺と太麺を用意してあり、注文時に選ぶことができる。私は太麺をチョイス。
注文から2分くらいで運ばれてきただろう。太麺なのに早!って思ったら、太麺とは名ばかりで、せいぜい中細麺だぜこれは。
スープをまず・・・。コクがあり、旨味もたっぷり、これは悪くない。期待していなかったので、かなり好印象。しかし東京とんこつを謳っているが、味噌が強すぎて、とんこつの味が死んでいる。
麺は中細のツルツルした麺だが、しっかりとした食感があり、そこそこいい。
具はチャーシューがデフォで5枚。薄いチャーシューだが、味もまあまあで、そのサービスぶりに拍手。ご飯がサービスなのも嬉しい。でも何かマニュアル通りな味というか・・・。
情報によると「天下一」系列のお店らしい。何か興醒め。チェーン店を毛嫌いするのも良くないと思うが、これだけは仕方ない。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「白味噌ラーメン」@らーめん 味香美の写真060522夕
去年5月中華料理からラーメン専門店にリニュアルオープンした店。
店内はカウンターのみで、リニューアルの際、店内も改装したのだろうか?
さて、何を食べようか迷い、ご主人に伺ったところ、「どれも平均的に出るが、一度白味噌ラーメンを食べて欲しい」ということで、白味噌ラーメンを注文。
厨房の作る様子を見てみると、中華鍋で野菜を炒めスープをあわせる調理法。まあ、味噌のノーマルな作り方だ。
まずはスープ。こってりした濃厚スープ。一緒に炒めた野菜や挽肉の旨味、甘味が加わっている。
ユニークなのは麺。麺は味噌ラーメンの麺には、そのまんま「味噌」が練りこまれている。それでも平打ちの中太麺は、歯応えがあり、コシもしっかり。ただし、麺から味噌の味わい感じなかったな。
その他、玉ネギ、チャーシューやコーンなど入っていて、それなりにまとまっている。ただし、病み付きなるほどではないか。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件