なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

しゅん☆

男性 - 東京都

仕事は放送作家。ラーメン馬鹿でアイドル好き。写真は上戸彩ちゃんだけど、これほどそそるショットがあるか!?

20060918追記
1店舗1採点を貫き通しています。そして100点は絶対つけません。
世の中に100点はありませんから。これが私のポリシーです。

20070405追記
ようやく区切りの300採点となりました。
これまでコメントを頂いた皆さん、ありがとうございます。今後もな

平均点 76.465点
最終レビュー日 2007年11月5日
366 366 0 178
レビュー 店舗 スキ いいね

「ラーメン」@ちゃぶ屋 とんこつらぁ麺-CHABUTON- 吉祥寺北口店の写真070714午後
ラーメン界のイチローこと森住康二氏には、今回、正直失望させられた。最近支店展開が急速に進んでいるなと思っていたが、そういうことだったのか・・・。
東京に台風がやってきたこの日の午後3時頃訪れた。品の良い内装の明るいカウンターのみの店内には、先客2人。店員は若い男性2人と女性1人。3人共アルバイトのように見える。
初めて訪れたのでノーマルな「ラーメン」をオーダー。麺が細いだけに早い早い、注文して僅か1分で到着だ。運ばれた細長いスタイリッシュなラーメン丼。ラーメン界きってのスマートな相変わらずのちゃぶ屋スタイル。因みにこの丼は有田焼のものだ。
ビジュアルは揚げネギも乗っているし、大好きな「ちゃぶ屋」のフォームを崩していない。
まずはスープ。豚骨臭は全くない。あっさり上品な味。それでいてしっかり旨味がある。ただ画一化された味というか、手づくり感を感じられないのだ。そこに職人の奥深さはない。
麺は中細ストレート。麺硬めに茹でられており、歯切れが良く、口当たりの良いものに仕上げている。悪くない麺だ。これは文句ない。
具のチャーシューはトロトロ系で、好みとは違うので加点とはならない。
全体の印象として無難にまとめられた万人向けラーメンという感じ。見た目はちゃぶ屋スタイルでも、こと味に関しては期待していた森住氏の職人技、拘りを感じることが出来なかった。
で、このコメントを書くにあたり、資料を調べていたら、謎が解けた。
この店は「ラーメン花月」ブランドで全国に200店舗以上を展開する「グロービートジャパン」と「ちゃぶ屋 本店」や「MIST 表参道ヒルズ店」を展開する「CHABUYA JAPAN」のコラボレーションだというのだ。つまり「ちゃぶ屋」のフランチャイズ化。更に言えばその主導権は「ラーメン花月」が持っていると言える。
どうやら「ちゃぶ屋」の素材とテイストを受け継ぎながら、フランチャイズとして全国どこでも均一な味と品質が保てるよう、レシピやオペレーションをパッケージ化したのである。
つまりこれは森住氏のラーメンではない。単なるものまねだ。このコメントを書きながら、空しさを感じている。
森住康二さん、あなたも金にまみれて魂を失ってしまったのですね・・・。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
74

「らぁめん」@麺徳の写真070605昼
この日も暑い。仕事の関係で九段下にいたため、以前から候補に上げていたこちらの店に行く事に。途中「九段 斑鳩」の20人以上の行列を眺めながら店に入る。店は店名にあるように赤い暖簾が目立つ。
この店は以前「福のれん」の名乗っていたこともあるようで、六本木の「赤のれん」との関係性がよくわからないが、器が「赤のれん」と同じものを使用しているので、まあ暖簾分けか支店なのだろう。
コの字カウンターに9人の先客。厨房には女2人、男性1人。ユニフォームのため、何か雰囲気はチェーン店のようで、かなり萎える。
基本メニューの「らぁめん」を注文。3分以内に到着する。
スープを啜るととんこつ臭なし。マイルドで食べやすい。コクもあり無難なスープだ。でもこれだけ豚骨臭を抑えると、逆に物足りなく感じてしまう。
麺は細ストレート。博多ラーメンの定番の麺であるこの細麺はどの製麺所のものかわからないが、正直他の麺との違いがわからない。博多のどの細麺もそれなりに歯応えも良いからだ。
トッピングはディフォルトでチャーシュー、メンマ、万能ネギが乗っている。感想は時にない。印象に残らなかった。
量が物足りなかったので、替え玉を麺カタで注文。すぐ小さな器に入れられ出てきた。こちらは替え玉用のスープを足し、紅しょうが、胡麻などを入れ味をアレンジしながら食べてみた。すると自分好みに変化する。
食後感としては、やはりチェーン店の画一化された味という印象でかなり残念だった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン」@熊本ラーメン ひごもんず 西荻窪店の写真070510夜
熊本ラーメンといえば、最近ではまずこの店の名前を挙げる人が多い。以前は「桂花」で決まりだったのだが、凋落ぶりは甚だしく、現在は目立たない存在になってしまった。「ひごもんず」の店主はその「桂花」で修行を積んだ人物だ。
平日の夜8時過ぎ訪れた。店内に入るとかなりの豚骨臭。これは強烈だ。店内はサラリーマン、OL、カップルの6人。私は壁沿いに設けられているカウンター席に座った。
入口正面奥が厨房になっている。店員は若い男性が2人。デカイ寸胴をかき回す姿など、男っぽさがプンプン漂う。
注文から6分で到着。まずはスープ。なるほどクリーミー。臭いはあるが、抵抗感はなく飲み進められる。旨味たっぷりで美味しい。スープは豚の頭を使用。しっかり血抜きをしてから丸2日間煮込むそうだ。仕上げに入れるニンニク油が風味を良くしている。
麺はコシのある中細ストレート麺。スープとよく絡み、相性がよい。
具は、チャーシュー、木耳、モヤシ、海苔、薬味ネギ。チャーシューはデフォで3枚入っていて、しかも肉厚。ボリュームとしてはありがたい。木耳はコリコリの歯応えがアクセントになって欠かせない具だ。
途中からテーブルにある高菜を入れ、またニンニククラッシャーにて絞ったニンニク一片を投入する。すると更に旨味が広がり楽しめた。こちらは充分合格点だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「辛味とんこつらーめん」@大分宝来軒の写真070411午後
2005年9月に開店した大分ラーメンの店。以前ここはベトナム料理店で、フォーを食べた用な記憶が・・・。いずれにせよ、コロコロ店が代わっている、鬼門とも言える場所の店舗なので、いつまで続くか心配・・・。
私は大分ラーメンの定義がよくわからない。基本は博多とんこつだろうが、後はどう違うのだろうか?
看板には「日本一のトンコツらーめん」と書かれてあり、こういう店に限って・・・。という先入観がよぎったが、「いやいや食べてみなくちゃわからない」と気を取り直し、店内に入った。
平日の午後3時過ぎの店内に、客は1階に3人、2階に数名程度でスカスカだった。ところが食べ終わったラーメン丼が片付けられていないところがいくつもありちょっと嫌な気分だった。
というのも厨房に店員は1人きり。途中でもう1人店員が増えたが、これでは手が回らないだろう。ホール担当を1人増やさないと無理だ。ということでオペレーションは全く良くない。
さて注文したのはおすすめと書かれていた「辛味とんこつらーめん」。『秘伝の辛味だれ くせになる旨さ』とも書いてある。それにしても出来上がりが何と遅いことか。10分以上はかかっただろう。細麺なので茹で上がりは早いはずなので、ちょっとちイライラが募る。
で登場したのは、ラー油が大量にかかり、スープもオレンジ色に染まった担担麺のようなもの。私としたことが一口飲んでむせてしまった。予想としてはちょい辛をイメージしていただけに、これは強烈だ。私は辛いの大好きだが、ラー油の辛さというのはまた別物だと思う。しかもこれではとんこつスープの味が全くわからなく、感想の言いようがない。
麺は細麺ストレート。麺に塩を練りこんでいるらしいが、こちらも確認できず。
やはり基本メニューを食べなきゃダメだよなとちょっと反省した。

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「豚骨麺」@ラーメン凪 豚王 渋谷店の写真070330昼
2006年6月オープン。昼間は「ラーメン専門店 凪」、夜は「麺酒場 夕凪」と店名が変わり、夜は酒も飲める店となっている。かつて新宿ゴールデン街のバーで夜間限定ラーメンを提供して話題となったが、渋谷に出店したと知って早く訪れたかった。
店は下北にありそうな、洋風居酒屋のような雰囲気。多分居抜きで物件を借りたのだろう。厨房と客が座るメインの場所が少し離れている。ちょうど12時を過ぎたばかりで、店内はサラリーマンであっという間に満席。もう少し遅かったら、座れなかっただろうな。
私はカウンターに座り、「豚骨麺」の麺カタメをオーダーした。それにしても若い男性店員の接客がとても良く気持ちがいい。
店内を見渡すと、カウンターの上には何種類ものカップ酒。壁の棚には一升瓶が並んでいる。夜は「焼きラーメン」を食べながら焼酎を煽るのもいいだろうなど想像していると、すぐに「豚骨麺」は到着した。
見るからにノーマルな豚骨ラーメン。一口スープを啜ると、マイルドで飲みやすい。臭みはほとんど無い。そして少し魚も感じる。資料によると、出汁はゲンコツと鶏ガラなどの動物系で取り、タレに鰹節など魚介系を入れているそうだ。私としてはややインパクトに欠ける味で期待していたほどの出来ではなかった。
テーブルの上に、陶器に入った鰹唐辛子ダレと鰹胡椒ダレがあり、途中で鰹胡椒ダレを加えてみた。すると少し味がしまったような気がする。
麺は細麺ストレート。福岡から取り寄せているそうで、歯応えが良い。実にオーソドックスな長浜の麺だ。ただ量が少ないため、替え玉を頼んだ。
具はデフォだと、バラ肉チャーシュー万能ネギのみ。チャーシューはトロトロタイプなので好みではない。
総合するともっと個性的な豚骨ラーメンをイメージしていただけに、やや不満が残る結果となった。
ここは鶏白湯など日替わりラーメンが色々あり、その中にはお気に入りのものもあるだろう。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン」@元祖長浜 大学ラーメンの写真070211昼
中神から移転し、2005年10月にオープン。私はオープン当時に一度訪れたことがある。その頃から「狼煙屋」とこの店は行列が出来ていた。この日は待つことなく店に入ることができたのでラッキー。
店内は長浜ラーメンのイメージからか、屋台バラック風。簡素な作りが逆にいい。
ラーメンを注文し、出来るまで、近くにあったラーメン本をペラペラとめくる。以前も感じた事だが、この店の不思議なところは、注文してから時間がかかるところだ。博多ラーメン店で早いところは、注文して1分以内で出来るのに、ここは遅い。ということで、更にラーメン本をペラペラめくる。
5分強でようやく登場した「ラーメン」は、見た目正統派の白濁だくだくした、とんこつラーメン。
まずはスープ。実にまろやかだ。豚骨の臭みはなく、コクもあり、豚骨が苦手な私でも、とても食べやすい。ひょっとして万人向けにアレンジし直したのかもしれない。前回よりも美味しくなっている印象がある。
麺は、当然細麺ストレート。「長浜 一番製麺所」から空輸していると、店内の貼り紙に書いてあった。麺は普通の硬さでお願いしたが、可もなく不可もなし。素早く食べられる及第点の麺だ。
具は、チャーシュー、キクラゲ、海苔、薬味ネギ。チャーシューは2枚入っていて、そこそこ旨い。
途中、卓上にある紅生姜、摺り胡麻を加えていくと、更に味わいが広がり、楽しくなる。
ただ圧倒的に麺の量が少ないので、替え玉は必至。こちらはバリ硬で頼んだが、私には普通で十分美味しくいただけたので、試す必要はなかった。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン」@御天 井草本店の写真070118夜
東京にある博多・長浜ラーメンの代表店といくつものラーメン本で称えている。確かに私のまわりでもこの店のファンは多い。私はどちらかというと苦手分野であるため今まで縁遠かった。だが新青梅街道沿いに店があるため、車で通る度に目に付く。避けて通れぬとも思っていた。
店主は「なんでんかんでん 東京本店」の出身。しかしあそこの凋落ぶりはどうしたものか・・・。私が思うに、出たがり社長がCDデビューしたあたりで、全てが○○したようだ。(では、○○とは何でしょう)
さて、そんな社長の暴挙に呆れたのかどうかしらないが(笑)店主をはじめ、何人かがこの「御天」立ち上げメンバーとして参加したようだ。
店は庶民的な雰囲気が漂うが、漂うのは雰囲気だけではなく強烈な豚臭が漂う。
さてラーメン食うぞ!っという意気込みだったが、私の隣のカウンター席の若い男性は「地鶏のたたき」をつまみにビールを煽っている。またテーブル席のいかつい二人組もラーメンではなく、「餃子」をつまみに焼酎を飲んでいる。夜は居酒屋状態なのだろうか?
そんな私はおとなしく「ラーメン」のみを注文。ほどなく運ばれてきたが、見た目で濃厚なのはわかる。あぶくを立てたスープは相当な濃さだろう。スープを一口飲むと、アンモニア臭が鼻を突き刺す。ここのスープは豚のゲンコツはもちろん、頭骨から、豚のシッポまで、豚全体の旨味のある部分を強火でじっくり煮込んだものだそう。そりゃ濃厚なスープになるわな。同じ杉並の濃厚豚骨の「萬福本舗」よりもワイルドだ。ねっとりとする濃い豚骨スープから放たれる臭いをガマンして、心を鎮め改めてスープを飲むと、コクと旨味はすごい。これにハマる人は多いのだろうと想像する。
続いて麺。博多直送の極細麺。麺の硬さは、順に「粉おとし」「ハリガネ」「バリカタ」「普通」「ヤワメン」「バリヤワ」の6段階あるが、何も言わなかったので普通で来た。それでも十分硬めだ。この麺は替え玉前提なので量も少ないが、食べやすい麺だった。
テーブルには、ゴマ、紅生姜、辛子高菜などが置いてあり、途中から少しずつ加えて食べたが、絶品なのは辛子高菜。物凄く辛味が強いが、これがスープに溶け込むとピリ辛になりとてもいい。これは通販でも手に入れたいほど惹かれた。
しかしあれだね、ここは、食べ手を選んでしまう、好みのはっきり分かれる店だよね。この店に来て、自分が理想とするラーメンの姿がよりはっきりしたと言っちゃうよー。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン」@博多長浜らーめん ぼたん 高田馬場店の写真061018昼
このラーメン激戦区に支店を出すというチャレンジ精神に、以前から注目していた店。
この「ぼたん」は、強烈な濃厚豚骨。大塚でも食べていて、もちろん「田中商店」の流れを組む事は知っている。
今回は、開店早々伺った。注文するとすぐに出来上がるのが長浜豚骨だが、ここもそうだ。
ルックスは、チャーシュー、木耳、博多ネギといかにも屋台の定番だ。スープを飲むと舌にネットリとまとわりつくような感触。ゼラチン質が溶け込み、味はやはり濃厚で、これだけワイルドな豚骨ラーメンは都内では少ない。
麺は長浜系ならではの極細ストレート。博多から直送しているそうだ。
この麺については、どこも同じと感じてしまうのは私だけだろうか・・・。違いがまるでわからない。
具の木耳の食感は素晴らしい。この木耳がなければ、魅力は半減する。カウンターには辛子高菜、紅生姜、ニンニク、白ゴマ、タレが置いてある。途中で、辛子高菜、紅生姜を入れて食べたが、高菜はそれだけで食べるととても辛いが、ラーメンに入れると、とてもいいアクセントになる。
ということで食べ進めると、あっという間に麺がなくなる。替え玉ありきのデフォなので、物凄く物足りない。なので、替え玉を頼んでしまう。バリカタ、さらにハリガネなど麺の硬さで味わうのも良いが、結果割高のラーメンということになる。なので総合点としては今ひとつだ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「長州ラーメン」@長州ラーメン 万龍軒 富士見店の写真061004昼
はじめて「長州ラーメン」なるものを食べた。後で長州ラーメンの定義を調べようとググッたが・・・結果、よくわからない。この店が勝手に名乗っているだけなのかもしれない。
店は三越の裏手の雑居ビルの2階という立地で、地味なところにある。店内は広い厨房を囲む形でL字カウンターが15席。これだけ広い厨房も珍しい。
店内へは開店まもなく一番乗りで行ったので閑散としている。注文してまもなく「長州ラーメン」が運ばれる。
スープを一口。柔らかくまろやかな豚骨スープ。豚骨というと男性的なイメージがあるが、この豚骨はむしろ女性的。ワイルドさを極力排除している印象だ。そして臭みは全くない。さっき調べたが、圧力釜を使用して豚骨スープをつくるのだとか。鶏エキスも入っているようで、これがまろやかさを引き出し、九州と一線を画しているところかもしれない。
麺は中細の縮れ麺で、そこそこいい。違和感なく食べ進めることができる。自家製ということだ。
具はチャーシューとメンマ。ところがこのチャーシューは、かなり甘い。甘味の強い醤油だれでつけ込でいるが、ここまで甘くしなくても・・・と、残したくなった。
トータルとしてはまずまず。豚骨好きがどう評価するか気になるところだ。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
80

「豚麺」@たまぞうの写真061001昼
三億円事件の舞台となった府中刑務所の裏手にある店。地元の人気店で、この日も行列4人。私たちのすぐ後には、十数人が並ぶという盛況ぶりだ。3人の男性店員が、リズミカルに仕事をしている。
15分ほどで席に着く。事前に食券を渡しているので、座ってから待つことはない。
「豚麺」が運ばれる。おう!ビジュアルが面白い。黒胡麻をおろしたもの、万能葱の小口切りがたっぷり添えられている。見た目に美しい。
さて豚骨スープは、臭みを取り除いた丁寧な仕事が伺える、上質でクリーミー、深みのある味。黒胡麻と混ぜると、複雑だが美味しい。かなりのレベルだ。
麺は中細ストレート。加水を押さえた麺で、スルスルいける。こちらもかなりいい。
具のチャーシュー、青菜は特段語ることはないが、違和感はなかった。ところが、食べ終わる頃になって、この豚麺の狙いが顔を出す。胡桃を砕いたもの?松の実?など木の実がスープに混ぜられているのだ。のっけから、オレオレと主張している黒胡麻の存在感とは裏腹に、バイプレーヤーたちは、かなり注意をしなければその姿を見せない。
これって!思い出した。多分この店主は上北沢の「天上天下唯我独尊」の影響を受けているのだろう。黒ゴマ、白ゴマ、松の実、胡桃、南瓜の種、カシューナッツ、アーモンドの七つの木の実をミックスした、七変化のオリジナル調味料「天上天下唯我独尊」。その複雑な味わいを大衆的にしたらこういう味になったということではないか。
オリジナリティということではないが、狙いは面白い。
そんなことを何も知らない同行者の妻は相当気に入ったようだ。
ブレイクする可能性はある!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件